秋の紫の実が美しい庭木|ムラサキシキブとコムラサキの見分け方

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

ムラサキシキブ

ムラサキシキブは、秋に実る紫の実が美しい日本に自生している落葉低木です。このムラサキシキブの近縁である園芸種のコムラサキとの違いや見分け方をご紹介します。

目次

ムラサキシキブとコムラサキ

ムラサキシキブ  ムラサキシキブは古くから山地の湿地や森林に自生しています。葉の色は実がなりだす初秋の緑から、秋が深まってくると葉が黄色く紅葉し、紫色の実との色合いがとても美しく、英名ではJapanese beautyberryとも言われています。実は葉が落葉した後もしばらくついていますが、冬に自然に落下します。

ムラサキシキブ

ムラサキシキブは古くから山地の湿地や森林に自生しています。葉の色は実がなりだす初秋の緑から、秋が深まってくると紫色に変化します。黄色く紅葉した葉と紫色の実との色合いがとても美しく、英名ではJapanese beautyberryとも言われています。実は葉が落葉した後もしばらくついていますが、冬に自然に落下します。

ムラサキシキブ(紫式部)

  • ムラサキシキブ(紫式部)は、秋の紫の実が美しい日本原産の落葉低木です。古くから山地の湿地や森林に自生しています。葉の色は実がなりだす初秋の緑から、秋が深まってくると黄色く紅葉し、紫色の実との色合いがとても美しい光景で、英名ではJapanese beautyberryとも言われています。実は葉が落葉した後もしばらくついていますが、冬に自然に落下します。

    ムラサキシキブ(紫式部)の近縁にコムラサキがあり、流通上はコムラサキも含めてムラサキシキブ(紫式部)として販売されていることが多く、園芸店で販売されているムラサキシキブ(紫式部)はコムラサキであることの方が多いため、個人宅や公園などの公共スペースの植栽で見られるのはコムラサキです。それぞれは樹高や実の付き方に違いがありますが(下記参照)、育て方に違いはありません。

    コムラサキの園芸種でシロシキブ(白式部)と言って、実が白の種類もあります。

園芸店で販売されているのはほとんどがコムラサキ

コムラサキ  ムラサキシキブの近縁の園芸種にコムラサキがあります。(コムラサキシキブと呼ばれることもあります)  流通上はコムラサキも含めてムラサキシキブして販売されていることが多く、園芸店で販売されているムラサキシキブはコムラサキであることが多いため、個人宅や公園などの公共スペースの植栽で見られる、たわわに紫の実がついた庭木はほとんどがコムラサキです。

コムラサキ

ムラサキシキブの近縁の園芸種にコムラサキがあります。(コムラサキシキブと呼ばれることもあります)

流通上はコムラサキも含めてムラサキシキブして販売されていることが多く、園芸店で販売されているムラサキシキブはコムラサキであることが多いため、個人宅や公園などの公共スペースの植栽で見られる、たわわに紫の実がついた庭木はほとんどがコムラサキです。

また、花屋さんで枝もの花材として流通している実がたわわについている枝ものもコムラサキのことがほとんどです。枝垂れるような枝を生かした花あしらいやリースの素材としてもおすすめです。

ムラサキシキブとコムラサキは、それぞれ樹高や枝ぶり、実の付き方に違いがありますが、育て方に違いはありません。

今回は植栽されている庭木がムラサキシキブなのか、それともコムラサキなのか、その見分け方をご紹介します。

目次に戻る≫

ムラサキシキブとコムラサキの見分け方

ムラサキシキブとコムラサキの見分け方

コムラサキ

花丈

ムラサキシキブは樹高2~3m、コムラサキは1~2m。コムラサキの方がコンパクトで低めです。

実のつき方

ムラサキシキブは枝にまばらにつくのに対して、コムラサキは枝に固まってびっしりと実ります。

枝ぶり

ムラサキシキブは上や横に生長するのに対して、コムラサキは枝垂れるように垂れて生長します。ムラサキシキブの枝は枝垂れるようなことはありません。紫の実がびっしりついて枝垂れるような枝ぶりであればコムラサキです。

ムラサキシキブの葉は、縁(ふち)が全体的に鋸歯(きょし)でギザギザしています。コムラサキは葉の先端の半分が鋸歯です。実がついていない時期は、葉で見分けることができます。

葉と実の位置

ムラサキシキブは葉と実がほとんど同じ部分から出ますが、コムラサキは葉と実の茎から出る位置が2~3ミリ離れています。

目次に戻る≫

お散歩中に出会ったのがどちらなのかを知りたい方は、葉や実がついている時期なら違いを知っていると簡単に見分けることができます。冬の落葉中はわかりにくいかもしれませんが、背丈が高くて上や横に広がるような枝ぶりならムラサキシキブ、背丈が低くて枝が枝垂れているようならコムラサキと見分けるとよいでしょう。

お店で購入される場合は販売されているプランツタグに「ムラサキシキブ」と書かれていても「コムラサキ」であることが多いようです。もしもあえて「ムラサキシキブ」をお探しの方は、両方を販売されているお店で購入すると安心ですね。

 

 

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「秋の紫の実が美しい庭木|ムラサキシキブとコムラサキの見分け方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料】観葉葉物 2個セット アクアテラポット 陶器鉢 ホワイト ペペロミアイザベラ×ホヤカルノーサ

販売価格:4,950円(税込)

【送料無料】ベゴニア 原種 マクラータワイティ

販売価格:5,280円(税込)

【送料無料】観葉葉物 2個セット アクアテラポット 陶器鉢 ホワイト パキラ×サンスベリア

販売価格:4,950円(税込)

『庭木・シンボルツリー』デイリーアクセスランキング

SPECIAL

おすすめ