秋から育てる!温かいスープで食べたい冬採れ野菜3選

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

春夏野菜の収穫も一段落つき、そろそろ秋冬野菜の予定を考える季節です。今年の秋冬は何を育てますか?

寒い季節になると、温かいスープが食べたくなりますよね。そのスープの具材が自分で育てた野菜だったら、体もさらにポカポカ温まります♪

心も体も温まるスープの具材、秋から材料を用意しませんか? 温かいスープで食べたい冬野菜3選をご紹介します。

目次

スープの材料にもおすすめ!育てやすい野菜3選

おいしいスープにはやっぱり根菜類は欠かせません。ですから今回おすすめしたい野菜も根菜類が基本になってしまいます。3つに絞るのも難しいのですが、今回はあまり手がかからず育てやすい野菜をご紹介したいと思います。

ジャガイモ

皆さんはベランダで栽培する野菜で思いつくものは何ですか? ハーブ、ベビーリーフ、ミニトマト…? 今回ご紹介するのはジャガイモなんです。 ジャガイモといえば大きな畑で豪快に収穫するイメージですが、じつはご家庭のベランダのちょっとしたスペースでも育てることができるんです。 しかも芽かきや土寄せなどしてあげれば、あとは意外と簡単に育てることができるジャガイモの育て方のコツをご紹介します。

みなさんはジャガイモを育てたことはありますか? 掘りたてのじゃがいもは格別です!ホクホクしてとってもおいしいのです。しかも、ジャガイモの育て方は本当に簡単で、麻袋でも育てることができます。ほとんどほったらかしの状態で栽培するのでうまくいったら嬉しいですし、失敗してもそんなに悔しくありません(笑)。忙しい方におすすめしたい野菜なんです。

秋冬のシーズンのジャガイモは、春夏の時期に比べて気温も低いことから若干収穫量が落ちますが、味に変わりはありません。たくさんジャガイモ収穫を目指すなら、春夏の時よりも多めに植え付けたほうが良いでしょう。

・ジャガイモの植え付け:8月下旬~9月上旬

・ジャガイモの収穫:11~12月

ジャガイモ(馬鈴薯)

  • ジャガイモは、薄紫や白の小さな花が咲きます。 実はミニトマトのような形をしていますが、食べられません。花や実はなりますが、ジャガイモの生長に栄養分を使いたいので、花や実は取り除くことが多いです。 ジャガイモはサツマイモに比べて先端が丸くなっており、表面もツルツルとしています。サツマイモのような根の部分とは違い、ジャガイモは地下茎の先端が肥大したものです。その証拠に、ジャガイモが日に当たると緑色に変色します。緑色に変色したものや小ぶりなものは毒性が強くなっているので食べないようにしましょう。 他に毒性のあるものとして、ジャガイモの芽にはソラニンという成分があるため、調理前に取り除く必要があります。包丁の角でえぐるように取ると簡単に取れます。 ジャガイモの栄養価はカリウムや、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンCなどでビタミンがでんぷんによって調理の熱から 守られているため、効果的に栄養を体内に取り入れることができます。比較的乾燥した地域でも生育し、一年中栽培されるため世界中で好まれて食されています。 見た目がふっくらとしてしわがなく重量感があるものがおいしいとされています。新じゃがはみずみずしく 皮が薄いのが特徴です。春、秋、冬作と一年中収穫されており、収穫したあと乾燥させて保存すれば長く持ちます。

 

玉ねぎ(葉タマネギ)

「葉タマネギ」というのは品種名ではありません。玉ねぎの玉の部分が膨らみかけたくらいの時に葉付きのまま収穫した玉ねぎの呼び名です。この葉タマネギの最大の特徴は、玉ネギと青ネギの両方の美味しさを楽しめることです。  玉ねぎが育つ過程のお好みの段階で収穫できるため、ひとつは葉ネギの部分が多いもの、もう一つは葉は枯れてしまいますが玉ねぎの部分を大きく育てて料理に使うことができるため、自分で育てていないと絶対に楽しめません。  病害虫の被害も他の野菜に比べてとても少ないので、初心者でも簡単に育てることができます。植え付けてからは、月に1度の追肥さえ忘れなければ、土寄せ・芽かき作業のあるジャガイモよりももっと簡単に育てることができます。  独特の香りで、虫を寄せ付けない性質を持っているため、コンパニオンプランツとして他の秋冬野菜と一緒に育てると良く生長します。

「葉タマネギ」というのは品種名ではありません。玉ねぎの玉の部分が膨らみかけたくらいの時に葉付きのまま収穫した玉ねぎの呼び名です。この葉タマネギの最大の特徴は、玉ネギと青ネギの両方の美味しさを楽しめることです。

玉ねぎが育つ過程のお好みの段階で収穫できるため、ひとつは葉ネギの部分が多いもの、もう一つは葉は枯れてしまいますが玉ねぎの部分を大きく育てて料理に使うことができるため、自分で育てていないと絶対に楽しめません。

病害虫の被害も他の野菜に比べてとても少ないので、初心者でも簡単に育てることができます。植え付けてからは、月に1度の追肥さえ忘れなければ、土寄せ・芽かき作業のあるジャガイモよりももっと簡単に育てることができます。

独特の香りで、虫を寄せ付けない性質を持っているため、コンパニオンプランツとして他の秋冬野菜と一緒に育てると良く生長します。

オニオンセットの植え付け

種をまいたり、苗を植え付ける方法もありますが、ベランダでのプランター栽培には「オニオンセット(種球)」をおすすめします。ミニサイズの玉ねぎのような、オニオンセット(種球)を植え付けると、簡単に育てることができます。
このオニオンセット(種球)は7~8月に出回り、8月下旬~9月上旬には植え付けます。

植え付けるときは、オニオンセット(種球)の先が少し見える程度に植え付けます。この時先端をむいて植えると、芽が出やすいですが、絶対に先端を傷つけによう注意しましょう。

玉の部分がピンポン玉より大きくなってきたら、お好みの大きさで収穫しましょう。10月下旬~2月頃まで、お好みの段階の収穫ができます。

・オニオンセットの植え付け:8月下旬~9月上旬

・葉玉ねぎの収穫:10月下旬~2月

▼玉ねぎの育て方はコチラ

タマネギ(玉ねぎ)

  • タマネギ(玉ねぎ)の起源は古く、中央アジアといわれていますが、野生種については未だ発見されていないため、原産地が特定できていません。 ピラミッド建設時代にはエジプトで栽培され、建設に従事する労働者に「にんにく」、「だいこん」と一緒に「タマネギ」が配給されていたという記録が残されています。 タマネギ(玉ねぎ)は日本へは江戸時代に南蛮船によって長崎に伝えられますが、観賞用にとどまり、あまり普及しませんでした。 本格的にタマネギ(玉ねぎ)の栽培が始まったのは明治時代で、コレラが流行した際に「タマネギ(玉ねぎ)を食べるとコレラにかからない」という噂が広まり、その後広く食べられるようになったと言われています。 ちなみに、日本で一番タマネギ(玉ねぎ)を生産されているのは北海道です。その中でも北見地域は半分近くを占めており、タマネギ(玉ねぎ)栽培地として有名です。全国の中でも日照時間が長く、降水量が少ないため、たくさんの太陽をあびて生長し、球のしまりがよく、熱を加えることでとても甘くなるという特長があるそうです。  

 

\次は芽キャベツです/

続きを読む

Pages: 1 2
LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「秋から育てる!温かいスープで食べたい冬採れ野菜3選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【数量限定・送料無料】"世界で1つだけの苔玉” みんなで作ろう!ストアオリジナル・初めての苔玉DIYキット(ポトス・グローバルグリーン)【10/29発送】

販売価格:3,850円(税込)

【事前予約・11月上旬発送】チューリップ 球根 スラワ 5球入り

販売価格:660円(税込)

【限定販売・10/27〆切】寒さに強く・長く咲く!フリル咲きビオラ「ミルフル 3苗」栽培セット(鉢・土・鉢底石付き)

販売価格:1,980円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A