ミニトマトの育て方 〜グッズ準備編〜

古幡真恵

古幡真恵

公開日 :

ベランダ菜園の人気野菜「ミニトマト」を育てることが決まったら、次は植え付けに必要な土や鉢などを選びましょう!

定番の野菜だけれど実際に育ててみると、とても奥が深いミニトマト。選ぶ「土」や「鉢」の大きさによっても育ち方に差が出る作物なんです。

目次

ミニトマトの土の選び方

ミニトマトの鉢の選び方

その他に準備するミニトマトに必要なグッズ

 

ミニトマトの土の選び方

野菜を栽培するときの土は、どんなものでも良いというわけではありません。作物を栽培するために適した土を用意することが必要になります。

土の選び方

初めてミニトマトを育てる方は園芸店やホームセンターで販売されている野菜用の培養土、もしくはトマト専用の培養土を用意しましょう。  培養土とは、基本となる用土に腐葉土などの堆肥や土壌改良材、酸度を調整するための石灰、作物の栄養となる肥料を混ぜ合わせ調整された土ですので、気軽に家庭菜園をスタートすることができます。

初めてミニトマトを育てる方は園芸店やホームセンターで販売されている野菜用の培養土、もしくはトマト専用の培養土を用意しましょう。

培養土とは、基本となる用土に腐葉土などの堆肥や土壌改良材、酸度を調整するための石灰、作物の栄養となる肥料を混ぜ合わせ調整された土ですので、気軽に家庭菜園をスタートすることができます。

野菜用の培養土

ミニトマト以外にも使用できる野菜用の培養土です。

特にベランダで育てる方は、軽い培養土は運ぶ時に楽ちんですね♪

プロトリーフ 花野菜用かる〜い培養土 25L

 

トマト専用の培養土

トマトに適した用土と肥料があらかじめ配合された培養土です。

しかも、培養土の袋に直にミニトマトの苗を植え付けることができるのでプランターも用意することなく、すぐに栽培をスタートでき、水を与えるだけでOK!

デルモンテ キッチンガーデン培養土 トマト用 15L

目次に戻る≫

ミニトマトの鉢の選び方

ミニトマトの根は横に張る根と、下に深く伸びる根があります。そのため、プランターはある程度土の量が多く入るものを用意しましょう。

とはいうものの、ご自身のベランダの広さに合う、無理のないプランターを選んでかまいませんが、植物も人間と同じで、鉢という「器」によって実る大きさも量も違うということを覚えておきましょう。

ミニトマトのプランター

育てるときに最初に気になるのがプランター。お好みのプランターを探してみませんか?

プラスチックプランター

プランター  高さ、幅、奥行き共に30cm以上の約28~50リットル以上のサイズが良く育つと思います。

高さ、幅、奥行き共に30cm以上の約28~50L以上のサイズが良く育つと思います。

不織布プランター

不織布プランター  布製のため持ち運びにも便利な不織布プランターは、最近人気のプランターです。  この不織布のプランターは、通気性・透水性・排水性も優れ、植物の根の生長が良くなるともいわれています。  土も底から流れず、虫も鉢底から入ることができないので害虫予防にもなる優れものです♪

布製のため持ち運びにも便利な不織布プランターは、最近人気のプランターです。

この不織布のプランターは、通気性・透水性・排水性も優れ、植物の根の生長が良くなるともいわれています。

土も底から流れず、虫も鉢底から入ることができないので害虫予防にもなる優れものです♪

目次に戻る≫

その他に準備するミニトマトに必要なグッズ

支柱と麻ひも

最初は小さめの75cm位の支柱を用意します。

最初は小さめの75cm位の支柱を用意します。

 

小さめの支柱は、ミニトマトの苗を植え付けた後、強風でミニトマトの茎が折れたりしないように、苗から少し離れたところに立てて麻ひもで固定します。(ミニトマトが大きくなったら生長に合わせて120~180cm位の大きめの支柱に立て直していきます。)

小さめの支柱は、ミニトマトの苗を植え付けた後、強風でミニトマトの茎が折れたりしないように、苗から少し離れたところに立てて麻ひもで固定します(ミニトマトが大きくなったら生長に合わせて120~180cm位の大きめの支柱に立て直していきます)。

植え付けに必要なグッズを用意したら、いよいよ次はミニトマトの植え付け編ですね♪

▼関連記事

目次に戻る≫

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS 10%OFFキャンペーン実施中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ミニトマトの育て方 〜グッズ準備編〜」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

おすすめ