ホウレンソウ栽培(春まき約45日)|間引きから収穫まで

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

ホウレンソウの種まき後の、「間引き作業の様子」と「収穫のタイミング」をレポートします。3月に種をまいたホウレンソウは、種まきから収穫まで約45日。まだ小さい間引き菜はサラダにしたり、普通サイズに育ったホウレンソウはソテーやお浸しにして美味しくいただきます。

(撮影協力/アグリス成城)

目次

ホウレンソウの間引きって何?

ホウレンソウ 間引き 収穫 タイミング 

ホウレンソウの種を1.5cm~2cm間隔でまき、発芽した後そのままにしていると、株と株の間が窮屈になって大きく育つことができず、日当たりも悪くなりヒョロヒョロと徒長したり、風通しも悪く病害虫が発生してしまいます。

そこで、美味しいホウレンソウを収穫するために、不要な株を引き抜いて株と株の間隔をあける作業(間引き)が必須となります。せっかく芽が出てきて育っているのに抜いてしまうの?と思うかもしれませんが、間引きをしないと結局すべての株がよく育たなくなってしまいます。もちろん間引き菜も食べることができるので、捨てることなく美味しくいただくことにして、間引きをしっかり行いましょう!

種まきから発芽の様子は、前回の記事でご覧くださいね。

▼ホウレンソウの種まきと発芽の様子はこちら

 

目次に戻る≫

ホウレンソウの間引きのタイミングと作業の様子

ホウレンソウ 間引き 収穫 タイミング 

種まきから約30日ほどの様子です。

不織布をかぶせて育てているのですが、不織布をはずすとホウレンソウがこんなふうに育っています。周りに雑草が生えてくるので、小さいうちに必ず抜き取りましょう。

ホウレンソウの間引きは、本葉1~2枚の頃に3~4cm間隔に、本葉3~4枚の頃に5~6cm間隔に間引くなどの説明がありますが、それはあくまでも目安で、正直なところ家庭菜園の場合は株が窮屈にならない程度に自分のペースで行ってもよいのかなと思います。

今回、加工された緑色の種を使ったのでとてもまきやすく、まきすぎてしまうことがなかったため、間引きがとても楽でした。

 

ホウレンソウ 間引き 収穫 タイミング 

1回目の間引きは、だいたい株の間を1本ずつ抜いて間隔をあけました。間引きをすると、土の表面が崩れて残った株がぐらついたり根がむき出しになるので、周りの土を株元に寄せておきます。再び不織布をかぶせて、水やりをしました。

 

ホウレンソウ 間引き 収穫 タイミング 

1回目の間引きから1週間後の様子です。葉がぐんと大きくなりました!

 

ホウレンソウ 間引き 収穫 タイミング 

2回目の間引きは、株の間を1~2本ずつ抜いて間隔をあけました。間引き菜もサイズ感が立派になってきましたね。

 

ホウレンソウ 間引き 収穫 タイミング 

今回も土寄せをして、不織布をかぶせてから水やりをしました。不織布をかぶせて育てているので、虫がつかず葉がとてもきれいに育っていますね。来週は普通サイズのホウレンソウが収穫できそうな勢いで育っています。

目次に戻る≫

ホウレンソウの間引き菜を使ったサラダ

ホウレンソウ 間引き 収穫 タイミング 間引き菜 サラダ

1回目の間引き菜です。ホウレンソウ以外にも、ルッコラとスイスチャードの間引き菜が入っています。

畑から家に持ち帰るとしなしなしていましたが、冷水に浸けるとパリっとしました。また、小さいのでハサミで根を切る下処理が大変なのですが、いつも発芽のパワーを丸ごといただきたい一心で根を切って洗っています。

オリーブオイル、お好みの酢、粉チーズ、砕いたナッツをかけていただきます。新鮮で美味しくて、下処理を頑張って良かったと思う瞬間です。

 

ホウレンソウ 間引き 収穫 タイミング 間引き菜 サラダ

2回目の間引き菜です。まだベビーリーフではありますが、1回目とサイズが全然違いますね。

このサイズだと、ハサミで根を切る作業がとても楽です。パスタやピザにのせてもフレッシュで美味しいですし、ニンニクとオリーブオイル、塩で軽く炒めて粉チーズをかけてもいいですね!

目次に戻る≫

ホウレンソウの収穫の様子

ホウレンソウ 間引き 収穫 タイミング 

2回目の間引きから1週間後の様子です。種まきからは、45日ほどがたちました。茎が太くしっかりして、葉も大きく育ちました。

 

ホウレンソウ 間引き 収穫 タイミング 

根が真っすぐ下に張っているので、引き抜くと爽快感があり、収穫の喜びを感じます。ほぼ普通サイズに育ったので全部収穫してもよいのですが、全部収穫しても食べきれないため、半分収穫して残りの半分は翌週まで置いておくことにしました。土寄せをして、不織布をかけて水やりをします。

 

ホウレンソウ 間引き 収穫 タイミング 

翌週の様子です。さらに生長し、葉の緑色が濃くなったように思います。

 

ホウレンソウ 間引き 収穫 タイミング 

種まきから50日ほどで、収穫完了。収穫したホウレンソウは、早速ソテーにして食しました。葉が柔らかくてフワフワで、苦みが無くて美味しかったです!アク抜きも不要でした。

 

ホウレンソウ 間引き 収穫 タイミング とうが立つ

ちなみに収穫適期を逃して畑に残しておくと、写真のようにとうが立って茎が伸び、葉が硬くなって美味しくなくなります。でもここまで育てたら、どんな花が咲くか咲かせてみても楽しいですね!

目次に戻る≫

家庭菜園でホウレンソウを育てよう!

ホウレンソウ 間引き 収穫 タイミング 

ホウレンソウは、緑黄色野菜の代表と言われるほど栄養価が高く、人気の野菜です。ホウレンソウの缶詰を食べると超人的なパワーを出す「ポパイ」というキャラクターからも、ホウレンソウを食べると元気になれることがイメージできますよね。

ホウレンソウは基本的に冷涼な気候を好み、寒さに強く暑さに弱い性質ですが、耐暑性に優れた品種もあります。家庭菜園で年間を通じて育てると、いつでも自分の育てたホウレンソウで料理ができますし、自分で育てると農薬や肥料をどれだけ使ったかもわかるので安心です。ちなみに、今回育てたホウレンソウは有機元肥を混ぜ込んだだけで、農薬は使っていません。収穫まで不織布をかけていたので、虫食いもなく美しく育ちました。皆様もぜひ、ホウレンソウを育ててみてくださいね。

目次に戻る≫

 

▼ホウレンソウの育て方はこちら

ほうれん草(ホウレンソウ)

  • ほうれん草(ホウレンソウ)はアカザ科の野菜で、漢字では「菠薐草」と書きます。「菠薐」とはペルシャのことで、ほうれん草(ホウレンソウ)の栽培の起源の場所です。 ペルシャで始ったほうれん草(ホウレンソウ)の栽培が中国に渡り、そこで発達していったほうれん草(ホウレンソウ)は、葉がぎざぎざで株元が赤くなる東洋種になりました。 それとは別に、葉の厚みがあり、丸い形をしている西洋種というほうれん草(ホウレンソウ)の種類があります。この西洋種も東洋種と同じように、ペルシャから西洋へ伝わったものです。 この東洋種・西洋種の両方の長所をいかした品種改良も行われたことで、日本でもほうれん草(ホウレンソウ)が広まりました。 ほうれん草(ホウレンソウ)の種は硬実種子といって固い殻に包まれています。(ちなみに、ほうれん草(ホウレンソウ)の種は、殻の形が角ばった種と丸みのある種とがあります。)そのため、ほうれん草(ホウレンソウ)の発芽率が他の野菜と比べ低いため、ネーキッド種子といって硬い殻を取り除き、中の種を取り出した加工をされた種が売られています。ほうれん草(ホウレンソウ)の種袋を確認してみましょう。 冬に生育するほうれん草(ホウレンソウ)は、放射状に葉を広げて、まんべんなく太陽の光を浴びることができます。吹き付ける寒風にも耐えられるその形は、素晴らしい植物の進化を物語ります。 ほうれん草(ホウレンソウ)の花は、イチョウなどと同じように、雌株と雄株に最初から分かれています。しかし、ほうれん草(ホウレンソウ)は花が咲く前に収穫することから、そのほうれん草(ホウレンソウ)が雄株なのか、雌株なのか判断することは難しいです。中には雌・雄両性の花をもつ株もあるようです。

▼ホウレンソウの花言葉はこちら

 

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ホウレンソウ栽培(春まき約45日)|間引きから収穫まで」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス