キュウリの育て方 〜お手入れ編〜

古幡真恵

古幡真恵

公開日 :

今回はキュウリのお手入れについてご紹介します。

みなさんのキュウリは順調に育っていますか?

病害虫、追肥、水やりなど日頃のお手入れを適度にすると、野菜はそれに答えてくれるように元気に育ってくれます。

目次

キュウリの病害虫チェック

キュウリの追肥

キュウリの水やりなど

キュウリの病害虫チェック

キュウリの病害虫で圧倒的に多いのは、うどん粉病です。日当たりが悪く、風通しの悪い環境で、乾燥すると発生しやすいため、注意が必要です。  万が一発生してしまったら、重曹を500倍程度に希釈し葉にスプレーします。濃度が濃すぎると逆に葉を痛めてしまいますので注意しましょう。うどん粉病が全体に広がってしまう前に、この希釈した重曹水で洗い流すようにスプレーしましょう。  日頃からニームや木酢液などを希釈したスプレーをかけて、病害虫の予防をしましょう。  また、スプレーすることで、病害虫を防ぐだけでなく、ニームや木酢液は葉に栄養も与えることができます。  スプレー後希釈液が余ったら、土にそのまま与えても肥料代わりとなります。

キュウリの病害虫で圧倒的に多いのは、うどん粉病です。日当たりが悪く、風通しの悪い環境で、乾燥すると発生しやすいため、注意が必要です。

万が一発生してしまったら、重曹を500倍程度に希釈し葉にスプレーします。濃度が濃すぎると逆に葉を痛めてしまいますので注意しましょう。うどん粉病が全体に広がってしまう前に、この希釈した重曹水で洗い流すようにスプレーしましょう。

日頃からニームや木酢液などを希釈したスプレーをかけて、病害虫の予防をしましょう

また、スプレーすることで、病害虫を防ぐだけでなく、ニームや木酢液は葉に栄養も与えることができます。

スプレー後希釈液が余ったら、土にそのまま与えても肥料代わりとなります。

 

目次に戻る≫

キュウリの追肥

肥料が足りているか、足りていないかの見分け方をご存知ですか?  曲がりキュウリ➡肥料が足りない、水が足りない。  じつは、キュウリが曲がっているかどうかで見分けることができます。曲がっているのは、肥料や水が足りない証拠です。  しかし、そこで焦って肥料を多く与えてはいけません。一気にキュウリに肥料を与えすぎると、今度はうどん粉病にかかりやすくなってしまいます。  したがって、キュウリの肥料は一気に与えず控えめに施し、植え付けから2週間ごとに追肥をしましょう。

キュウリの苗に肥料が足りているか、足りていないかの見分け方をご存知ですか?

例えば…

曲がりキュウリ➡肥料が足りない、水が足りない。

こんなふうに、キュウリが曲がっているかどうか等の生育の状況から、肥料や水が足りないということを見分けることができます。

しかし、そこで焦って肥料を多く与えてはいけません。一気にキュウリに肥料を与えすぎると、今度はうどん粉病にかかりやすくなってしまいます。

したがって、キュウリの肥料は一気に与えず控えめに施し、植え付けから2週間ごとに追肥をしましょう。

目次に戻る≫

キュウリの水やりなど

キュウリはお水を好む性質があります。日頃から乾燥させないように管理しましょう。通常畑で栽培する際は、雨のはね返りによる病害虫を防いだり、夏の乾燥を防ぐために敷きわらを敷きます。  春夏のプランター栽培は、バーク堆肥などを敷いて梅雨時期の雨のはね返り・乾燥を予防すると、いくぶんそれらを防ぐことができますのでお試しください。

キュウリはお水を好む性質があります日頃から乾燥させないように管理しましょう。通常畑で栽培する際は、雨のはね返りによる病害虫を防いだり、夏の乾燥を防ぐために敷きわらを敷きます。

春夏のプランター栽培は、バーク堆肥などを敷いて梅雨時期の雨のはね返り・乾燥を予防すると、いくぶんそれらを防ぐことができますのでお試しください。

▼編集部のおすすめ

きゅうり(キュウリ・胡瓜)

  • きゅうりはつる性の植物で、そばにあるものに巻き付くように伸びて生長していきます。

    きゅうりは未熟果を収穫する野菜のため、関東地方では5月初旬に植えつけると6月には収穫時期を迎え、代表的な春夏野菜の中では一番最初に収穫できる野菜です。種から育てても、収穫するまでの日数は2か月間位しかかかりません。

    きゅうりの果実の生長は著しく、1日で3cm以上も大きくなるため採り遅れると巨大化してしまいます。

    きゅうりの外側の表面の白い粉のようなものは、ブルームといって乾燥や雨などからきゅうりを守るために自然にできた物質です。最近のきゅうりの品種は、このブルームがあまりない、艶々のきゅうりが市場に多く出回っています。

    きゅうりの歴史は3000年ほど前と言われており、日本では1000年前から栽培されていたとされています。そんな歴史あるきゅうりも、切り口が徳川家の葵の紋に似ていたことから江戸時代には大変不人気の野菜だったそうです。

目次に戻る≫

 

▼関連ワード

「キュウリの育て方 〜お手入れ編〜」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

おすすめ