月兎耳(ツキトジ)の育て方|植物図鑑

植物名
月兎耳(ツキトジ)
学名

Kalanchoe tomentosa

科名
ベンケイソウ
属名
カランコエ
原産地
マダガスカル

月兎耳(ツキトジ)の特徴

名前のとおり、葉っぱが兎の耳に似た形をしている人気の多肉植物です。ふわふわした白っぽい毛に覆われ、葉の淵に沿って茶色いラインが入ります。また、そのラインの入り方や葉の色が異なる品種、斑入りの品種があります。それぞれ「福兎耳」「黒兎耳」「月兎耳錦」と名前で流通しており、その他に数種類の月兎耳シリーズが存在。

 

月兎耳(ツキトジ)の詳細情報

園芸分類 多肉植物、カランコエ
草丈・樹高 10cm~50cm
耐寒性 やや弱い
耐暑性 普通
花色 ピンク,白,赤
開花時期 春~秋

月兎耳(ツキトジ)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け・植替え
肥料

月兎耳(ツキトジ)の栽培環境

日当たり・置き場所

日当たり・風通しの良いところを好みます。暑すぎる環境がやや苦手なため、真夏は半日陰の場所で管理をしましょう。それ以外の季節はたくさん日に当てましょう。
寒さに弱いので、5度以下になる場合は暖かい所で管理をします。

温度

5度~25度

用土

多肉植物の土、観葉植物の土、さらさらとしていて排水性の良い土をおススメします。 水やりの頻度を変えれば培養土でも構いません。

月兎耳(ツキトジ)の育て方のポイント

水やり

土が乾いたらたっぷりと与えます。夏は朝や夜にお水をあげましょう。冬は月に1度程度で、量は表面が湿るくらいの量で大丈夫です。休眠期ですので、大量に与えると枯れてしまう原因に。

肥料

3~5月、10月~11月に緩効性の置くタイプの肥料または薄めた液体肥料を与えます。

病害虫

特につきません

月兎耳(ツキトジ)の詳しい育て方

選び方

葉がピンと立っているもの、茎がしっかりとしたものを選びましょう。

植え付け

真夏と真冬以外に行いましょう。春か秋がおすすめです。

剪定・切り戻し

上にどんどん伸びていきますので、好きな位置でカットしましょう。切った場所から芽が吹き、バランスの良い株になります。

植え替え・鉢替え

真夏と真冬以外に行いましょう。春か秋がおすすめです。

春~秋にかけて開花します。福兎耳のほうが花は咲きやすいですが、あまり花を見る機会は少ないでしょう。
白~ピンク花弁が4枚の花が咲きます。

夏越し

半日陰の風通し良いところに置きましょう。
高温多湿を嫌いますので、水の与えすぎに注意を。1,2週間に1度、涼しい時間帯に土の表面が軽く湿る程度の量をあげましょう。

冬越し

5度以下になるようであれば暖かい場所に移動させます。また霜に当たると枯れてしまいますので注意します。
水やりは月に1回程度に抑え、量も土の表面が湿る程度にします。3日以上湿っている状態にならないようにしましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

株分け,挿し芽,葉挿しができます。春か秋に行うのがベストです。特に春。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング