虫は苦手だけど植物を育てたい!虫がつきにくい植物5選

深見彩乃

深見彩乃

32264views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

虫が苦手…でも植物を育てたい!そんな方に、育てる上で注意すること、そして虫がつきにくいといわれている植物をご紹介します。

 

目次

育てる上で虫がつかないようにするには?

虫がつきにくく育てやすい植物5選!

 

育てる上で虫がつかないようにするには?

虫をつきにくくするためには管理が大切です。

有機肥料は基本的に与えない

観葉植物の土などあらかじめ養分が入っているものは、肥料をあげなくても大丈夫なことが多いです。

大きな観葉植物や生育が心配だという場合は、刺すタイプの液肥(化成液体肥料)を施肥しておきましょう

有機肥料を土の表面に置いておくと虫がよってきやすいです。

そして、出来るだけ使わない方が良い肥料は油かすです。これをつかうと尋常じゃないくらいのコバエが発生してしまうことがあります。

受け皿に溜まった水は必ず捨てる

虫たちは水が大好きです。

水が溜まったままにしておくと虫がよってきて卵を産んだりするので必ず水を捨てるようにしましょう。

また、皆さんの嫌いなゴキブリも水を飲みによってきてしまいます…。

しかし、葉っぱが乾燥し過ぎると虫や病気が発生しやすくなるので定期的に葉水をしましょう。

外に出さないこと

植物的には外にだして日の光に当てることがいいのですが、同時に虫もよってきてしまいます。

可能ならば外には出さずに部屋の中から日の光に当てるようにしてください。

目次に戻る≫

 

虫がつきにくく育てやすい植物5選!

1.風水的にもいいガジュマル

沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる火の精霊が宿るといわれています。  ガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布する常緑高木なので暖かくて日光のある場所を好みます。  日光にあてること、水のやり方には気を配る必要がありますが、基本的には育てやすい観葉植物です。  ガジュマルは風水の効果も期待でき、風水ではこの生命力のパワーに満ちたガジュマルを置くことで良い運気を引き寄せてくれるそうで、幸福の木とも呼ばれています。  金運アップや恋愛運アップなどにつながり、観葉植物の中でもより効果が期待できるとして人気があります。

沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる火の精霊が宿るといわれています。

ガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布する常緑高木なので暖かくて日光のある場所を好みます。

日光にあてること、水のやり方には気を配る必要がありますが、基本的には育てやすい観葉植物です。

ガジュマルは風水の効果も期待でき、風水ではこの生命力のパワーに満ちたガジュマルを置くことで良い運気を引き寄せてくれるそうで、幸福の木とも呼ばれています。

金運アップや恋愛運アップなどにつながり、観葉植物の中でもより効果が期待できるとして人気があります。

 

ガジュマル

  • ガジュマルは人気の観葉植物です。沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる火の精霊が宿るといわれています。

    ガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布する常緑高木なので暖かくて日光のある場所を好みます。日光にあてること、水のやり方には気を配る必要がありますが、基本的には育てやすい観葉植物です。

    また、ガジュマルは、幹の途中から気根という根をだしています。気根が地中に付くと太くなり、ガジュマルの木を支える支柱根となります。

    地植えにされているガジュマルはこの気根が多く、風に揺れる気根は不思議な雰囲気を醸し出しています。

    その太い幹と、まるく厚みがある濃い緑色をしている葉は、生命力を感じさせ、独特な形をしているので人気があります。

    鹿児島県沖永良部島の国頭小学校の校庭には樹齢100年を超える日本一のガジュマルが植えられています。

 

2.空気清浄をしてくれるサンスベリア

サンスベリアの主な産地はアフリカで、赤道に近い国特有の焼けるような暑さととても乾燥した自然環境という過酷な条件下でも枯れずに力強く成長するので世界一丈夫と言われるぐらいの観葉植物だそうです。  サンスベリアはアメリカのNASAが発表した、空気清浄効果のある50種のエコプランツのうち、特に空気清浄効果の高いものと評価されているようです。  風水的にも、良い気をを作り出し、悪い気を浄化する作用があるそう。  また、「虎の尾」といわれる模様の種類は、魔除けや厄除け効果があるといわれ、玄関や窓辺に飾るといいでしょう。

サンスベリアの主な産地はアフリカで、赤道に近い国特有の焼けるような暑さとても乾燥した自然環境という過酷な条件下でも枯れずに力強く成長するので世界一丈夫と言われるぐらいの観葉植物だそうです。

サンスベリアはアメリカのNASAが発表した、空気清浄効果のある50種のエコプランツのうち、特に空気清浄効果の高いものと評価されているようです。

風水的にも、良い気をを作り出し、悪い気を浄化する作用があるそう。

また、「虎の尾」といわれる模様の種類は、魔除けや厄除け効果があるといわれ、玄関や窓辺に飾るといいでしょう。

 

サンスベリア・トリファスキアタ・ローレンティ

  • サンスベリア(サンセベリア)はキジカクシ科サンスベリア属に分類される熱帯アフリカが原産の観葉植物です。

    和名はチトセランで、トリファスキアタ・ローレンティは覆輪斑であるためフクリンチトセランとも呼ばれています。しかし、ローレンティもフクリンチトセランもあまり一般的ではないようで、流通する場合はサンスベリアやトラノオ(虎の尾)という名前が多いようです。

    トラノオはそのままの意味で、見た目が虎の尾に似ているからそう呼ばれるようになったそうです。

    サンスベリアは空気清浄能力が高く、さらには金運をアップさせる開運植物として売られることもあります。

    葉に水分を蓄えることが出来るため、乾燥に強く、逆に蒸れに弱いです。

 

3.虫を寄せつけないペパーミント

ペパーミントには、コバエや蚊が嫌いな香りが含まれているようです。  また、疲れを感じたとき、気分が乗らないときにリフレッシュしたり集中力を上げる効果があると言われています。  暑さ寒さに強く、よく増えるため地植えにはせずに鉢植えで楽しむことをおすすめします。

ペパーミントには、コバエや蚊が嫌いな香りが含まれているようです。

また、疲れを感じたとき、気分が乗らないときにリフレッシュしたり集中力を上げる効果があると言われています。

暑さ寒さに強く、よく増えるため地植えにはせずに鉢植えで楽しむことをおすすめします。

 

ペパーミント

  • ペパーミントは古来から薬草や薬味として使用され、花を蒸留して精油を抽出し、香料として使うなどして愛用されてきた植物です。ニホンハッカに比べると、メントール含有量は50~60%と低めですが、それでも強いメントールの香りを楽しむことができます。非常に繁殖力が強いので植える場所には注意が必要です。

 

4.ハイドロカルチャーで育つシェフレラ(カポック)

ハイドロカルチャーで育てることができるため、病虫害も発生しにくく育てやすいです。  暗くても育ちますが、明るい日陰にもたまに置いてあげた方がいいです。  出かける前にレースのカーテン越しなどに置いたり、明るい日陰の方がより元気に成長します。  斑入りのホンコンカポックという品種もあります。

ハイドロカルチャーで育てることができるため、病虫害も発生しにくく育てやすいです。

暗くても育ちますが、明るい日陰にもたまに置いてあげた方がいいです。

出かける前にレースのカーテン越しなどに置いたり、明るい日陰の方がより元気に成長します。

斑入りのホンコンカポックという品種もあります。

 

カポック(シェフレラ)

  • カポックは世界の温帯~亜熱帯に分布している観葉植物で、シェフレラとも呼ばれており、約600種もあるそうです。

    カポックは非常に強健で、霜が降りず、最低気温0℃以上の地域ならば、秋のうちから寒さに馴らしておけば屋外で越冬することも可能です。

    カポックでよく流通しているのはホンコンという品種で、斑入りのホンコン・ハッピーイエローというのも園芸店やインテリアショップなどで流通しています。

    性質は強健で、初心者の方にもおすすめの観葉植物です。

 

5.マリーゴールド

マリーゴールドは「緑肥」(りょくひ)として活用できます。  緑肥とは、肥料効果のある植物を栽培したり、収穫をしないでそのまま田畑の土と一緒に耕し、そこに栽培する作物の肥料効果を高めることです。  またはそのための植物のことです。マリーゴールドの根から分泌されているαテルチエニルという物質が、地中にいる線虫の忌避剤となるようです。  ※土壌環境や育成環境などにより効果の程度は変化します。

マリーゴールドは「緑肥」(りょくひ)として活用できます。

緑肥とは、肥料効果のある植物を栽培したり、収穫をしないでそのまま田畑の土と一緒に耕し、そこに栽培する作物の肥料効果を高めることです。

またはそのための植物のことです。マリーゴールドの根から分泌されているαテルチエニルという物質が、地中にいる線虫の忌避剤となるようです。

※土壌環境や育成環境などにより効果の程度は変化します。

 

マリーゴールド

  • マリーゴールドは草丈20~100cmの暑さには強く寒さには弱い一年草です。開花時期が長く初心者にも育てやすい花です山吹色、オレンジ色、クリーム色、黄色などの色があります。花の大きさは4~7cmくらいです。日当たりのよい場所であればよく育ちます。マリーゴールドには医療用と観賞用の二つの種類があります。医療用はカレンデュラ、観賞用はフレンチマリーゴールドと呼ばれています。カンデュラの語源はカレンダーの意味を持ちます。花が1か月もつことから月経のサイクルに例えられたともいわれています。

    マリーゴールドは大きく分けて、フレンチマリーゴールドとアフリカンマリーゴールドに分けられます。

    フレンチマリーゴールド

    開花期5~7、9~11月で八重咲きと一重咲きがあります。色は赤・橙・黄で草丈は20~30センチ、 猛暑にはあまり強くない性質です。

    アフリカンマリーゴールド

    開花期5~11月でボール咲き・大輪のものが多いです。色は橙・黄・白で草丈は30~100cm、暑さにはフレンチ系より強いです。

     

目次に戻る≫

 

いかがでしたか?

ご紹介した植物は比較的虫がつきにくいものなので、虫が苦手方は参考にしてくださいね!

 

▼関連記事

 

「虫は苦手だけど植物を育てたい!虫がつきにくい植物5選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
深見彩乃
深見彩乃

1996年生まれの横浜育ち。2017年にメディア系の専門学校を卒業。入社後、LOVEGREEN編集部にて動画・写真を担当し、現在はアカウントプランナー。幼少期から植物が溢れるほどのベランダと植物のことを”みどりちゃん”と呼ぶ家で育つ。しかし、自身は植物についてはまだ駆け出し。

オススメ特集