インテリアに合うおしゃれな観葉植物はこれ!おすすめの種類、育て方ポイント

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

インテリアと相性良く、初心者でも育てやすい観葉植物を集めました。育て方のポイントや、おしゃれな鉢、グッズなども一緒にご紹介します。部屋に合う観葉植物を探してみませんか。インテリアグリーンを楽しむ参考にしてください。

目次

インテリアに合わせた観葉植物の選び方

観葉植物を選ぶときに、この種類の観葉植物は育てやすい? 部屋のイメージに合うかな? など考えてしまって、何を選べばよいのか悩んでしまうことも。

また、お気に入りの観葉植物を買ってきても、時間が経つにつれて観葉植物の管理方法がよくわからなくなったり、植物の調子が悪くなってきてすぐ枯れてしまい、観葉植物を育てることに自信がなくなってしまうということも多いようです。

インテリアに合わせて観葉植物を購入してみよう! と思ったときは3つのポイントを参考に、インテリアを楽しみながらも自分に合った育て方ができる観葉植物を選んでみませんか?

【日当たり】観葉植物を置きたい場所の環境をチェック

観葉植物の生長に欠かせないのが「日光」。

窓際、リビングやソファーの横、棚など。どこに観葉植物を置きたいですか?観葉植物を育てる場所を決めて、その場所の日当たりを確認してみましょう。 

日当たりが悪いと観葉植物は育てられないということはありません。観葉植物の育て方のポイントを押さえれば北向きの部屋や、窓際から少し離れたところでも育てることができる種類もあります。

<日当たりが悪い場所におすすめの観葉植物>

※週2~3回は、窓辺の日の当たる場所に置いて日光浴させましょう。

【水やり】毎日は不要。便利な機能付を選ぶのも◎

観葉植物の水やり

観葉植物は、土が乾いてから水やりをします。水の量はちょろっとではなく鉢底穴から流れでるくらいたっぷりと与えます。とは言え、土が乾くタイミングがわからない、水やりを忘れてしまいそうという人におすすめのなのが、底面給水機能付きの鉢に植えた観葉植物です。

底面給水機能は、観葉植物の鉢が2層になっていて、内側の鉢の底に設置された給水スティックが土を湿らせることで、観葉植物に適度な水分を補給します。観葉植物の品種や時期によっても異なりますが、1~2週間水をキープすることができます。

<底面給水機能付きの観葉植物>

 

【個性】枝や葉の形など観葉植物の表情を見つける

日当たりなど置き場も確認し、自分に合いそうな観葉植物が見つかったら、欲しい観葉植物をよーく見てみてください。それぞれの樹形や葉の付き方、全体的なフォルムが異なっているのが分かります。選ぶ時には、個性を見つけてみると愛着が湧き、育てる楽しさが出てきます。

通販の場合など、株を自分で選べない場合もあります。葉姿、形、茎など生長過程を楽しんでみましょう。樹形や葉の付き方が変わってきたり、新芽が出てきたり、観葉植物の魅力を発見してみてください。

<フォルムや新芽の生長などを楽しめる観葉植物>

目次に戻る≫

インテリアグリーンで人気の観葉植物

インテリアと相性の良い観葉植物を集めました。置くだけでおしゃれな雰囲気も増しそう。初心者にも育てやすい種類で選んでいますので、引っ越し祝いなどのギフトにもおすすめです。

個性的なフォルムを楽しみたい「ガジュマル」

個性的なフォルムを楽しみたい「ガジュマル」

定番の観葉植物が、ガジュマル。丈夫で育てやすいのはもちろん、沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる精霊が宿ると言われていることもあり縁起物としても人気があります。

ガジュマルの魅力といえば、なんといっても幹。ひとつひとつ個性的なシルエットを楽しめます。仕立て方ひとつでいろんな表情を見せてくれます。冬以外は屋外でも管理が可能です。

 

夜に眠る木「エバーフレッシュ」

夜に眠る木「エバーフレッシュ」

人気のインテリアグリーン、エバーフレッシュ。最大の特徴は夜に葉を閉じて眠り、明るくなると葉を広げるという動きを見られること。実は健康バロメーター的な見方もできます。昼間になっても葉を閉じている場合は水不足のサインでもあります。寒さには強くはないので冬場は暖かい場所で管理してください。

 

大きさは様々で育てやすい「コルジリネ」

大きさはさまざまで育てやすい「コルジリネ」

コルジリネ(コルディリネ)は葉模様が美しいのでインテリアに合わせて選びたい観葉植物。サイズも小さいものからあるので、置く場所に合わせて選べます。小さめのコルジリネはデスクに置いて、テレワークのお供にしてもいいですね。霧吹きで葉水を定期的に行うことでハダニなどの発生を予防することができます。

 

リビングに置きたい「フィカス・ベンガレンシス」

リビングに置きたい「フィカス・ベンガレンシス」

こちらも定番人気の観葉植物、フィカス・ベンガレンシス。

ライトグリーンで可愛らしい卵型の葉を持つベンガレンシスは、家族団らんのリビングに和やかな雰囲気をもたらしてくれるインテリアグリーンになること間違いなし。丈夫で育てやすいため初心者におすすめ。

 

コウモリラン(ビカクシダ)」はお部屋のアクセントに

コウモリラン(ビカクシダ)ハンギンググリーン

まっさらな壁や、窓辺に吊るしてお部屋のアクセントになるのがコウモリラン。おしゃれな部屋やインテリアショップでもよく見かける人気の観葉植物です。ビカクシダとも呼ばれています。鹿の角のような姿の葉は、まるでオブジェのよう。ワンルームや置く場所が限られている場合は、吊るして飾ることができます。寒さにはそんなに強くないので、冬は暖かい場所で管理をしてください。

 

どんな空間もおしゃれにする「フィカス・ウンベラータ

どんな空間もおしゃれにする「フィカス・ウンベラータ」

明るくハート型の葉っぱが印象的なフィカス・ウンベラータ。おしゃれな観葉植物の代表格と言っても過言ではないのでは。一人暮らしのワンルームに、ファミリーのリビングに一鉢置くだけで、ぐっとおしゃれな雰囲気に演出してくれます。

 

ギフトとしても定番人気の「パキラ

どんな場所にも馴染む「パキラ」

大人気の観葉植物パキラ。ぱっと開いた5つの葉が特徴的です。春から秋は屋外でも管理ができます。リビングにはもちろんお部屋のアクセントにもなります。

パキラを売ったらお金持ちになったという言い伝えから「発財樹(マネーツリー)」という別名があります。そのため開業祝いなどのギフトとしても人気です。

 

乾燥に強く育てやすい「サンスベリア

乾燥に強く育てやすい「サンスベリア」

多肉質な葉で、乾燥に強いサンスベリア。サイズや種類も多く丈夫で育てやすい観葉植物です。種類によっては縦に生長するので、幅を取りたくはないけれど植物を飾りたい場合にも向いています。深いグリーンの葉はインテリアとしてお部屋で映えます。

 

 デスクやシェルフにもちょうどいい「テーブルヤシ

 デスクやシェルフにもちょうどいい「テーブルヤシ」

南国らしい雰囲気を持つテーブルヤシ。その名前の通り、テーブルに飾れるくらいのサイズ感ですが、生長に合わせて鉢増し(鉢を大きくしていくこと)することで大きく生長します。じっくりゆっくり育てるのも楽しめます。最初はテーブルやデスクで楽しんで、将来はリビングのシンボルツリーになるかも?

 

 丈夫でおしゃれで育てやすい「シェフレラ」

白い模様が入った葉が目を惹くホワイトシェフレラトリネッティ。柄物のラグやキッチンマットにも良く合うおしゃれな観葉植物で、卓上を彩ってくれます。

丈夫、耐陰性ありでさらにおしゃれという、嬉しいポイント3拍子!がシェフレラです。ホワイトシェフレラ・トリネッティは白い模様が入った葉が目を惹く。柄物のラグやキッチンマットにも良く合うおしゃれな観葉植物で、卓上を彩ってくれますよ。

 

グリーンで癒しの空間を演出するなら「シュガーバイン」

爽やかなグリーンのつる性観葉植物シュガーバイン。ボリュームもあり、つるが伸びるにつれてインテリア性もアップ。テーブル、玄関、窓辺に置くだけで、緑が美しい癒しの空間に。

爽やかなグリーンのつる性観葉植物シュガーバイン。ボリュームもあり、つるが伸びるように生長します。テーブル、玄関、窓辺に置くだけで、緑が美しい癒しの空間に。

 

小さな葉はインテリアとも相性抜群「ワイヤープランツ

観葉植物 ワイヤープランツ

小さな丸い葉が特徴のつる性観葉植物「ワイヤープランツ」。
棚、机上、窓辺。小さなスペースにさりげなくグリーンを添えられます。


 

クシャッとした葉が存在感を放つ「フィカス・プミラ」

フィカス・プミラ ミニマ

ミニマは通常のフィカス・プミラよりも葉が小さくてより可愛らしい品種です。つる性の性質を活かして、プラントハンガーなどで吊るして飾っても素敵です。

 

玄関に飾る観葉植物にもぴったりなフィカスプミラミニマ。

耐陰性があるので、多少日当たりが悪い場所でも育てることはできます。とはいえ、日光を好み日当たりの良い環境の方が健やかに育ちます。冬以外はベランダ、庭でも管理が可能です。その場合、気温が10度以下になる前に室内に取り込んでください。

 

ほのかに色づくピンクがアクセント「ホヤ・カルノーサ」

ホヤカルノーサの特徴はほのかにピンク色が差している形の良い葉を持つ観葉植物。 シンプルな空間にもひとつ置くだけでインテリアのポイントになってくれます。

ホヤ・カルノーサの特徴はほのかにピンク色が差している葉。シンプルな空間にもひとつ置くだけでインテリアのポイントになってくれます。

 

「ペペロミア・イザベラ」

明るいグリーンのアングラータイザベラ。日の入るキッチンの窓辺などに置いてみるのもいいですね。キッチンの雰囲気がガラリと変わります。

ペペロミアはコショウ科を代表するグループで、様々な形態がある常緑多年草です。明るいグリーンのペペロミア・イザベラは小さな葉っぱ垂れ下がるように生長します。葉の流れを活かしてシェルフに置いたり、吊るして飾ったりするのも良さそう。

 

日当たりがイマイチの場所に「ネフロレピス・ツデー」

ハンギングで楽しみながら、日当たりがイマイチな場所で育てられるネフロレピス。くしゃくしゃと縮れた葉がユニークなシダ系植物です。生長すると羽のように優雅に波打った姿となり、素敵なインテリアとして存在感を放つ観葉植物。

日当たりがイマイチな場所で育てられるネフロレピス。くしゃくしゃと縮れた葉がユニークなシダ系植物です。生長すると羽のように優雅に波打った姿となり、素敵なインテリアとして存在感を放つインテリアグリーンです。窓辺で管理をする場合、強すぎる日光は葉が乾燥したり、焼ける原因になるのでレースカーテン越しに飾るか、窓辺から少し離すなどの工夫をするようにしましょう。

 

暗めの部屋でも育つ「ベゴニア」

花咲く観葉植物、ベゴニアは個性的な葉が人気でインテリア性抜群

ベゴニアは柔らかめの光を好むため、多少薄暗い環境でも育てることができます。そのため、日当たりの悪い場所でも楽しむことができます。

ベゴニア・アルボピクタ

つやめくドット柄の細い葉はお部屋でインテリアとして活躍するアルボピクタ。テーブルなどに飾っても素敵です。

つやめくドット柄の細い葉が特徴のアルボピクタ。テーブルなどに飾っても素敵です。

 

ベゴニアとして珍しいライムグリーンの花を咲かせてくれます。丈夫な四季咲き品種なので開花が楽しみの観葉植物です。

ベゴニアとして珍しいライムグリーンの花を咲かせてくれます。丈夫な四季咲き品種なので長く花を楽しめるのは嬉しいですね。

 

葉も花も絵になる「流れ星」

水玉模様の葉はそこにあるだけで絵画のようでインテリア性として人気の観葉植物。生産者花郷園オリジナル品種の「流れ星」を購入できる場所はごくわずか。  流れ星の魅力は何と言っても花!花を咲かせる時は、ハート型の雄花が咲いては散ってを6回繰り返し、最後のフィナーレで雌花が咲きます。その期間は約2ヶ月。

水玉模様の葉はそこにあるだけで絵画のよう。まさしくアートな観葉植物として注目を浴びているのが花郷園オリジナル品種の「流れ星」。

葉だけではなく、流れ星の魅力は花なんです。花を咲かせる時は、ハート型の雄花が咲いては散ってを6回繰り返し、最後のフィナーレで雌花が咲きます。約2ヶ月の間花の変化を見ることができます。

 

ベゴニア・アコニテイフォリア

自然が作り出したメタリックなシルバー模様はまるでアート。アコニテイフォリアはマイルームのアクセントになること間違いなし。本棚などに飾ってもおしゃれです。

部屋のアクセントになること間違いなしのアコニテイフォリア。ペイントしたようなメタリックシルバーの模様は自然が作り出したもの。存在感がある葉姿はどこに飾ってもおしゃれです。

 

ネオンぽいカラーがインテリアのポイントに「リスターダ」

ベゴニア リスターダ

個性的な葉で印象的なベゴニア、リスターダ。葉の中心にネオンライトのようなライン、全体は赤い繊毛に覆われた絨毯のような質感。丈夫で乾燥にも比較的強いため、忙しい人や初心者も育てやすい種類です。

 

花は可愛らしく、インテリアにあう観葉植物としてもインパクトが抜群!

可愛らしい花も楽しめる観葉植物です。

 

クリスマスの頃に花が咲く「キャサリンメイヤー」

キャサリンメイヤーに花は、春〜秋ごろとクリスマスの時期に咲かせます。葉も小さく小型品種です。柊に似た葉をしていることから、冬はミニクリスマスツリーとして飾ってみてもいいかも。

キャサリンメイヤーに花は、春〜秋ごろとクリスマスの時期に咲かせます。葉も小さく小型品種です。柊に似た葉をしていることから、冬はミニクリスマスツリーとして飾ってみてもいいかも。

 

リビングをグッとおしゃれにする「ストレリチア」

リビングの隅やソファーの横に。熱帯の植物らしい光沢のある大きな葉が特徴のストレリチア。置くだけで、室内でも南国気分が味わえる人気の観葉植物。ストレチア・オーガスタはオレンジ色の花を咲かせます。

熱帯の植物らしい光沢のある大きな葉が特徴のストレリチア。置くだけで、室内でも南国気分が味わえる人気の観葉植物です。ストレチア・オーガスタはオレンジ色の花を咲かせます。大きく育つと存在感大なので、鉢数少なく緑量が欲しい場合にも良ささそう。

 

あらゆるスタイルに意外と馴染む「モンステラ」

抜群の存在感でワンルームのお部屋の雰囲気がワンランクアップ! 海外風のおしゃれなお部屋を演出してくれる王道の観葉植物モンステラ。株分けして増やすこともできます。

大きく切れ込みの入った葉が特徴で、海外風のおしゃれなお部屋を演出してくれる王道の観葉植物モンステラ。まだ若い葉の時は切れ込みが少ないものもあります。縦にというより、横にも広がるように育つので大きくなると幅も出てきます。ストレリチア同様、1鉢でそれなりにボリュームが欲しい場合におすすめです。株分けして増やすこともできます。剪定した葉は生けて飾ることもできます。

 

青みがかった葉がおしゃれ「フレボディウム・アウレウム

アートなインテリアとしてリビングの窓辺に置きたい観葉植物。  ヤシのように大きく裂ける葉の形は、和でも洋でもなく、熱帯風でありながらクールなアート的雰囲気にあふれています。また、光に当たると青白く輝く葉は非常に美しく、光が入り込むリビングの窓辺で鑑賞するのにぴったりの観葉植物です。

 フレボディウム・アウレウムはシダ植物の仲間です。そのため耐陰性があり、室内で日がはいる場所なら育てることができます。強すぎる日光は避けて管理してください。窓辺の場合は直射日光が当たらないようにレースカーテン越しか、窓から離れた場所で管理をしてください。湿度を好むため、こまめに霧吹きで葉水をしてください。光に当たると青白く輝く葉は非常に美しく、光が入り込むリビングの窓辺で鑑賞するのにぴったりの観葉植物です。

 

窓際に吊るして楽しむなら「ヘデラ」

初心者でも育てやすく、観葉植物デビューにはおすすめのヘデラ。爽やかなグリーンと淡い模様は、お部屋の窓辺に最適なインテリアグリーンです。

寄せ植えでもお馴染みのへデラ。アイビーとも呼ばれています。丈夫で初心者でも育てやすく定番人気の植物です。生長した部分をカットして水栽培することもできます。爽やかなグリーンの葉は置く場所を明るくしてくれます。

 

くるくるした葉がアクセント「フィカス・ベンジャミン・バロック

くるくるした葉は存在感抜群の観葉植物! インテリアとの相性もよく、リビングでは程よいアクセントになってくれるはず。テレビ台の横やソファーのそばなどに置くだけで、お部屋の雰囲気がガラリと変わります。

くるくるした葉でユニークな見た目の観葉植物が「フィカス・ベンジャミン・バロック」。個性的なルックスとは裏腹にインテリアとの相性もよく、リビングでは程よいアクセントになってくれるはず。ウンベラータやガジュマルなどの定番観葉植物からのステップアップの1鉢としても楽しめるはず。

 

紫の葉が美しい「トラデスカンチア」

トラデスカンチア(トラディスカンティア)は葉の光沢と紫色が派手で美しいツユクサの仲間。日当たりが良いと紫色が強くなり、美しい姿を見せてくれます。非常に強健な植物のため初心者の方にもおすすめの植物です。カットして生花のアレンジに使うこともできます。

目次に戻る≫

観葉植物の管理ポイント

日当たり・置き場所

観葉植物は日当たりのよい場所を好みます。買ってきたばかりの観葉植物や長い間室内で育てていた観葉植物をいきなり屋外に出してしまうと、春や夏の強い日差しに負けて葉焼けを起こす場合があるため注意しましょう。  室内で育てる時は、なるべく日当たりのよい場所に置くようにします。耐陰性のある種類もありますが、観葉植物は本来は日当たりを好む植物であるため、あまりにも日が当たらないと徒長や根腐れなどを起こす場合があります。耐陰性のある観葉植物を日の当たりにくい場所で育てる時は、週2~3回は、日当たりの良い場所に置くようにしましょう。  また、エアコンの風が直接当たる場所に置いてしまうと葉が傷んでしまうので、なるべく空調の風が直接当たらない場所に置くようにします。

観葉植物は日当たりの良い場所を好みます。買ってきたばかりの観葉植物や長い間室内で育てていた観葉植物をいきなり屋外に出してしまうと、春や夏の強い日差しに負けて葉焼けを起こす場合があるため注意しましょう。

室内で育てる時は、なるべく日当たりの良い場所に置くようにしてください。耐陰性のある種類もありますが、観葉植物は本来は日当たりを好む植物であるため、あまりにも日が当たらないと徒長や根腐れなどを起こす場合があります。耐陰性のある観葉植物を日当たりの悪い場所で育てる時は、週2~3回は日当たりの良い場所に置くようにしましょう。ベランダや庭がある場合、午前中だけでも外に出すのもあり。その場合日当たりが強すぎる場所は避けてください。

また、エアコンの風が直接当たる場所に置いてしまうと葉が傷んでしまうので、なるべく空調の風が直接当たらない場所に置くようにします。

 

水やり

観葉植物の生長期(春~秋ごろ)は土の表面が乾燥したら水やりを行います。逆に休眠し生長がストップする冬場などは乾燥気味に育てます。冬場の目安としては鉢の表面の土が乾燥してから2~3日経った頃に水やりをするようにします。  また、葉水などで空中湿度を一時的に高く保つことも害虫対策になり重要です。

観葉植物の生長期(春~秋ごろ)は土の表面が乾燥したら水やりします。逆に休眠し生長がストップする冬場などは乾燥気味に育てます。冬場の目安としては鉢の表面の土が乾燥してから2~3日経った頃に水やりをするようにします。

また、葉水などで空中湿度を一時的に高く保つことも害虫対策になり重要です。

 

植え替え

観葉植物の生長や病害虫対策のためにも、観葉植物の植え替えは必要になってきます。

観葉植物の生長や病害虫対策のためにも、観葉植物の植え替えは必要になってきます。植え替えのタイミングは植物によって異なりますが大体の観葉植物は春〜秋(真夏の猛暑日を除く)が適しています。鉢底を見て鉢底穴から根が出ている場合は、鉢の中が根でぱんぱんになっていて植え替えのサインです。そのまま放っておくと根詰まりしてしまい、傷む原因になります。一回り大きいサイズの鉢に植え替えることで生育が良くなります。

 

コバエが気になる時は?

観葉植物を室内で育てる時に気になるのがコバエ。

コバエは、主に土の状態で発生しにくくなります。土の通気性を良くして、無機質の用土を使い、受け皿の水を捨てればコバエが発生しにくくなります。

コバエの生態や予防方法をチェックして植物のある空間をよりよくしましょう。

植物図鑑で観葉植物の詳しい育て方をチェック>>>

目次に戻る≫

インテリアに合わせて選びたい観葉植物の鉢

部屋のスタイルや置く場所に合わせて、鉢も選びたいところ。素材も陶器以外にもおしゃれで映える鉢があります。それぞれ特徴もあるので参考にしてください。

ミニプランツにおすすめの鉢

環境に優しい土に還る鉢

【受け皿付】スプラウトエコポット

マットな質感で、シンプルな形の植木鉢はどんな植物にも相性よく使えます。スプラウトエコポットは天然の廃棄するもみ殻やバンブーファイバー等、土に還る素材でできています。そのため使用後砕いて埋めると分解されます。おしゃれで環境にも優しく、さらに軽量なのもうれしい。

 

ナチュラルな素材感を楽しむ

リサイクルウッドを使用しいているため、木の風合いが残るエコポットです。デザイン性も良く、インテリアと合わせやすい鉢です。軽くておしゃれな鉢を探している人にはおすすめ。

 

おしゃれな色味が目を惹く鉢

「カラーグレーズドポット」は観葉植物や多肉植物、サボテンなどどんな植物も合わせやすく、お部屋のインテリアのアクセントにもなる鉢です。

 

カッコよく仕立てたいときに活躍する鉢

スクエアでシャープな印象に

コンクリートの質感とスクエア型でカッコよく。観葉植物や塊根植物、サボテンなどと相性抜群です。

 

オールマイティーに使える不織布タイプ

ルーツポーチ

ルーツポーチはリサイクルペットボトルと天然素材をミックスしで作られた、地球に優しいサスティナブルな鉢です。  通気性や透水性がよい「不織布製」なので根腐れの心配が少なく、細い根にもしっかり水が行き届いてくれるので植物が元気に育ちます。  観葉植物や多肉植物はもちろん、ハーブや野菜などの家庭菜園にもぴったり。もちろん鉢カバーとしてもお使いいただけます。持ち手付きのタイプは持ち運びしやすく果物や野菜の収穫カゴなどにも。

ルーツポーチはリサイクルペットボトルと天然素材をミックスしで作られた、地球に優しいサスティナブルな鉢です。

通気性や透水性がよい「不織布製」なので根腐れの心配が少なく、細い根にもしっかり水が行き届いてくれるので植物が元気に育ちます。

観葉植物や多肉植物はもちろん、ハーブや野菜などの家庭菜園にもぴったり。もちろん鉢カバーとしてもお使いいただけます。持ち手付きのタイプは持ち運びしやすく果物や野菜の収穫カゴなどにも。

植え替えしなくても、部屋の雰囲気に合わせやすい鉢カバー

植え替えできない時期は、鉢カバーで簡単に植物の雰囲気を衣替え!

キャンバスにペイントを施した手触りが堅めの生地は、シンプルな色みとデザインでお部屋馴染みが◎。

インナービニールがついているので、そのまま水やりもできるのがうれしいところ。

目次に戻る≫

一緒に揃えたい園芸グッズ

観葉植物、鉢に合わせて園芸グッズもおしゃれなもので揃えませんか。水やりや植え替えなどの管理する時間がより充実した時間になるはず。

大きい観葉植物におすすめの鉢トレー

プランタブル

底にキャスターが付いた「移動できる鉢トレー」。室内で観葉植物を育てている方に一度は体感してもらいたい便利アイテムです。大きな観葉植物から、小さな観葉植物まで、お掃除や日光浴の際の移動が驚くほど快適になります。  プランタブルはキャスターが見えないような造りになっているため、すっきりとしたデザインが魅力。インテリアとしても違和感なくお部屋に馴染みます。  さらに、光沢のないマットな質感によりどんな素材の鉢でも合います。シンプルなカラーということもあり、幅広く観葉植物を合わせることが可能に。

底にキャスターが付いた「移動できる鉢トレー」。室内で観葉植物を育てている方に一度は体感してもらいたい便利アイテムです。大きな観葉植物から、小さな観葉植物まで、お掃除や日光浴の際の移動が驚くほど快適になります。

プランタブルはキャスターが見えないような造りになっているため、すっきりとしたデザインが魅力。インテリアとしても違和感なくお部屋に馴染みます。

さらに、光沢のないマットな質感によりどんな素材の鉢でも合います。シンプルなカラーということもあり、幅広く観葉植物を合わせることが可能に。

 

観葉植物の土を隠してをキレイに見せるバークチップ

マルチングに使えるバークチップ。マルチングとは、観葉植物を植えた表面の土を小石やバークチップ、ワラなどで覆うことです。  特に室内では観葉植物の土部分を隠し、見栄えを良くするだけでなく、土の乾燥を防いだり、水やりの泥はねから起こる植物の病気を予防する効果があります。  オーガニックで高品質な土のシリーズでお馴染みの「evo」のバークチップは、自然の樹皮を使ったもの。パッケージが可愛らしいのも嬉しいポイント。

マルチングに使えるバークチップ。マルチングとは、観葉植物を植えた表面の土を小石やバークチップ、ワラなどで覆うことです。

特に室内では観葉植物の土部分を隠し、見栄えを良くするだけでなく、土の乾燥を防いだり、水やりの泥はねから起こる植物の病気を予防する効果があります。

オーガニックで高品質な土のシリーズでお馴染みの「evo」のバークチップは、自然の樹皮を使ったもの。パッケージが可愛らしいのも嬉しいポイント。

 

インテリア性抜群のジョーロ

「デザイン性と機能性、どちらも妥協せずに選びたい……!」そんな方には「ミッテ」のジョーロがぴったり! 使いやすく、デザインも素晴らしい、定番のロングセラーアイテムです。  角度がついたスタイリッシュで洗練されたフォルム。すっきりシンプルなデザインなので収納してしまうのがもったいないほどです。フックなどにかけてみたり、植物の隣に置いたり。まさに見せたくなるアイテム。室内で植物と一緒に飾るように置けば、たちまちおしゃれなインテリアに大変身。  細い注ぎ口によって、ネフロレピスのように葉が重なるように生える観葉植物の水やりもしやすくなっています。

「デザイン性と機能性、どちらも妥協せずに選びたい……!」そんな方には「ミッテ」のジョーロがぴったり! 使いやすく、デザインも素晴らしい、定番のロングセラーアイテムです。

角度がついたスタイリッシュで洗練されたフォルム。すっきりシンプルなデザインなので収納してしまうのがもったいないほどです。フックなどにかけてみたり、植物の隣に置いたり。まさに見せたくなるアイテム。室内で植物と一緒に飾るように置けば、たちまちおしゃれなインテリアに大変身。

 

一生使い続けたい剪定鋏

SYU secateur

SYU indoor plantsは、ピンセットのように細い刃先によって、植物の入り組んだ狭い箇所の剪定作業がスムーズにできます。 観葉・多肉植物の細部のお手入れや芽の摘み取りにも向いています。一度使ったら、この使いやすさに惚れ惚れするはず。  また、SYU indoor plantsは古くから金物の町として栄えてきた新潟県三条市で古くから刃物を作る「外山刃物」が生み出した剪定鋏です。長年受け継がてきた伝統技術による安心と信頼の品質。その切れ味と使いやすさをぜひ体感してみてください。

SYU secateurは古くから金物の町として栄えてきた新潟県三条市で古くから刃物を作る「外山刃物」が生み出した剪定鋏です。長年受け継がてきた伝統技術による安心と信頼の品質。その切れ味と使いやすさをぜひ体感してみてください。

 

植え替えなどに活躍のガーデンスコップ

作業性と携帯性◎ のこだわりスコップ

ガーデニングスコップ FIELD GOOD ON SPINACH

金属加工の産地として有名な、新潟県燕三条市に大正初期に創業の有限会社永塚製作所が作るスコップ「FIELD GOOD」

しばらく植え替えていない鉢植え、手入れをしていなかった花壇や庭など、時間の経過によって硬くなった土はほぐすのも一苦労。スコップが負けて変形することもあります。そんな硬い土にも耐えられるタフさも兼ね備えています。長く使えるツールをこだわって選ぶのもいいですね。

目次に戻る≫

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「インテリアに合うおしゃれな観葉植物はこれ!おすすめの種類、育て方ポイント」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・3~4月発送予約注文】雑草対策のグランドカバー 「タピアン」 (宿根草バーベナ)3色6苗セット

販売価格:3,080円(税込)

【送料無料・12/24以降お届け】春の花 チューリップ 花束 ミックス 15本入り ギフト

販売価格:4,400円(税込)

【送料無料】クリスマスローズ おまかせ3株セット (開花予定株 約13.5cmポット苗)

販売価格:5,940円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A