おしゃれな観葉植物!インテリアとも合うおすすめの種類10選

松本卓

松本卓

このライターの記事一覧

公開日 :

お部屋におしゃれな観葉植物を飾りたいと思ったことはありませんか? でもおしゃれな観葉植物ってどんなものがあるんでしょうか…。そこで今回はお部屋に飾りたくなるおしゃれな観葉植物をご紹介します。

目次

1.シラフカズラ

2.ディスキディア

3.トキワシノブ

4.ウンベラータ

5.リプサリス

6.ギガンティア

7.レッドチェストナット

8.ハッピーイエロー

9.アラレア

10.獅子葉ヒトツバ

 

1.シラフカズラ

シラフカズラはスキンダプサスと言う名前でも流通しています。  シラフとは白斑のことで、確かに葉に斑が入っていますよね。そこががとってもおしゃれです!  耐陰性もあるので明るい室内で育てることができます。  つる性を意味するカズラという名がついているだけあり、どんどん這うように生長していきます。置いて垂らして飾っても素敵です。ぶら下げて葉を垂らすのも、おしゃれに飾るポイントだと思います。

シラフカズラ(白い鉢に入っている植物)はスキンダプサスと言う名前でも流通しています。

シラフとは白斑のことで、確かに葉に斑が入っていますよね。そこががとってもおしゃれです!

耐陰性もあるので明るい室内で育てることができます。つる性を意味するカズラという名がついているだけあり、どんどん這うように生長していきます。置いて垂らして飾っても素敵です。ぶら下げて葉を垂らすのも、おしゃれに飾るポイントだと思います。

目次に戻る≫

2.ディスキディア

垂れるように葉っぱが伸びていくディスキディアです。  多肉質な葉っぱが可愛らしいんです。プラントハンガーで飾れば、ちょっとした森のような癒しの空間になります!  画像のディスキディアはカンガルーポケットという品種で、袋状の貯水嚢と呼ばれる器官があります。とても変わっていて魅力的ですよね♪  とにかく吊るして飾りたいおしゃれ観葉植物のひとつです。

垂れるように葉っぱが伸びていくディスキディアです。

多肉質な葉っぱが可愛らしいんです。プラントハンガーで飾れば、ちょっとした森のような癒しの空間になります!画像のディスキディアはカンガルーポケットという品種で、袋状の貯水嚢と呼ばれる器官があります。とても変わっていて魅力的ですよね♪とにかく吊るして飾りたいおしゃれ観葉植物のひとつです。

目次に戻る≫

3.トキワシノブ

トキワシノブはシダ植物の仲間で、根が非常に魅力的な観葉植物です。成長していくにつれて根が伸びていき、丸く球のようになっていきます。  着生植物のためアレンジがしやすく、苔玉などに植え込み盆栽仕立てにすることもできます。  純和風の空間だけでなく、和洋折衷の空間づくりにいかがでしょうか?

トキワシノブはシダ植物の仲間で、根が非常に魅力的な観葉植物です。成長していくにつれて根が伸びていき、丸く球のようになっていきます。

着生植物のためアレンジがしやすく、苔玉などに植え込み盆栽仕立てにすることもできます。純和風の空間だけでなく、和洋折衷の空間づくりにいかがでしょうか?

トキワシノブ

  • トキワシノブは着生植物です。着生植物とは、地面に根を生やし自生するのではなく、他の植物に着生し自生する植物のことです。

    なので通常は土の上で栽培しませんが、コケや水分の多い土を使用することによって鉢植えで育てることが可能です。栽培し年を増すごとに根茎が渦巻き、ぐるぐるになってヘビがとぐろを巻いている格好に見えるのが特徴です。

    またトキワシノブの葉は、葉の根元から先端に掛けて、長い葉から短い葉へと変化していきます。逆三角形の様に生えるのです。これらの形を整えて楽しむことが出来るので、盆栽として需要が非常に増えています。

    また、トキワシノブは生長するにつれて鉢を包み込むように丸くなっていきます。岩にも着生できるのでアイディア次第でとても面白い仕立て方が出来るのも魅力の一つです。

目次に戻る≫

4.ウンベラータ

絶大な人気を誇るゴムの木の仲間であるフィカス・ウンベラータです。  ハートのような大きい葉は、生長期にグングンと大きくなります!インテリア、雑貨屋さん、カフェ、美容室など様々なところで見かけます。室内のおしゃれなシンボルツリーとして飾りたいですね。

絶大な人気を誇るゴムの木の仲間であるフィカス・ウンベラータです。

ハートのような大きい葉は、生長期にグングンと大きくなります!インテリア、雑貨屋さん、カフェ、美容室など様々なところで見かけます。室内のおしゃれなシンボルツリーとして飾りたいですね。

フィカス・ウンベラータ

  • フィカス・ウンベラータは熱帯アフリカの低地が原産の常緑樹です。葉が広く、ハート型をしており人気の高い観葉植物です。

    ウンベラータは美容室や各種サロン、雑貨屋、インテリアショップ、オフィスグリーンなどの定番の観葉植物となっており、CMや雑誌、マンション広告などにもウンベラータが出ており「ハイグレードな暮らし」をイメージさせる観葉植物となっているようです。

    ウンベラータは強健で日本の気候にも馴染みやすく、育てやすい観葉植物と言われています。生長も遅くはないので、しっかり仕立てると非常に美しい草姿になります。

目次に戻る≫

5.リプサリス

森林性サボテンと言われているリプサリスです。  リプサリスの故郷は、ジャングルの様に植物が密生しているところなので、直射日光に弱いです。強い太陽光では葉焼けをおこしてしまいます。  風通しの良い明るいところで管理してあげましょう。プラントハンガーなどで吊るして飾ると、おしゃれな空間になります!  お部屋や自宅に、ひとつ個性的でおしゃれな植物を置くと楽しい空間になると思いますよ!

森林性サボテンと言われているリプサリスです。

リプサリスの故郷は、ジャングルの様に植物が密生しているところなので、直射日光に弱いです。強い太陽光では葉焼けをおこしてしまいます。風通しの良い明るいところで管理してあげましょう。プラントハンガーなどで吊るして飾ると、おしゃれな空間になります!

リプサリス

  • リプサリスは紐のような見た目が特徴的なサボテンです。主に熱帯雨林に分布しており、樹木の幹や枝に着生していることから森林サボテンとも呼ばれています。サボテンの一種ではありますが、とげは無く、多肉植物のような見た目をしています。開花時期になると葉先に可愛らしい花を咲かせます。

 

目次に戻る≫

6.フリーセア・ギガンティア

エアプランツの仲間のフリーセア属に分類されているフリーセア・ギガンティアです。

タンクブロメリアと呼ばれる株の中心部と葉の間に水を溜める性質を持っており、最大で1m近くまで成長します。葉に斑が入っており美しく、リビングなど広めのお部屋に置いておくとおしゃれで迫力満点です!

目次に戻る≫

7.フリーセア・レッドチェストナット

先ほどのギガンティアと同じフリーセアのレッドチェストナットです。

赤い葉にトラ模様が入った姿は美しく、日当たりのいい場所に置いておくと発色もよくなります。こちらも比較的大きくなりますが、ギガンティアほどではないです。目立つ色をしているのでお部屋のワンポイントにいかがでしょうか。

目次に戻る≫

8.ハッピーイエロー(ホンコンカポック

斑入り品種であるハッピーイエローです。名前も可愛いですが、黄斑が入った葉も非常に可愛らしいです。

丈夫で育てやすく、成長も早いため初心者の方にもおすすめです。基本的に緑葉が多い観葉植物の中でいいアクセントとなるのではないでしょうか。

ホンコンカポック(ハッピーイエロー)

  • ホンコンカポックの黄斑入りの園芸品種です。

    カポックは非常に強健で、霜が降りず秋のうちから寒さに馴らしておけば屋外で越冬することも可能です。

目次に戻る≫

9.アラレア

繊細なイメージを与える濃いグリーンの細い葉は縁が波打っており、非常に美しいです。

シェフレラの仲間であるため手を広げたような形に葉が展開しており、可愛らしくも感じます。葉が細いため枝数が多くなっても邪魔にならず、剪定の手間があまり必要ないのではないでしょうか。涼し気な雰囲気なので夏にピッタリですよ。

アラレア(ディジゴセカ)

  • アラレア(ディジゴセカ)はニューカレドニア固有のウコギ科の植物になります。現在アラレア(ディジゴセカ)で流通しているのは基本的にプレランドラ・エレガンティシマになります。アラレア(ディジゴセカ)の特徴である細く縁が波打った葉は幼株時の特徴で、成株時には葉の幅が太くなり、ウコギ科特有の見た目になります。
    また、プレランドラ・エレガンティシマは当初、アラレア属に登録されていましたが、その後ディジゴセカ属、シェフレラ属を経て現在はプレランドラ属に分類されています。シェフレラ属とプレランドラ属の分類に関しては非常にややこしい側面があるため、研究者でなければプレランドラ・エレガンティシマだと言うことが相手に伝われば、旧属名の呼び名であるアラレアでも、ディジゴセカでもどちらでも良いと思います。
    ※この図鑑ではプレランドラ・エレガンティシマよりもアラレア(ディジゴセカ)が一般的に普及している名称のため、アラレア(ディジゴセカ)という名称を用いて進行していきます。

目次に戻る≫

10.獅子葉ヒトツバ(綴化ヒトツバ)

古典園芸植物として昔から親しまれている獅子葉ヒトツバです。

ヒトツバは日本に自生しているシダの仲間で、木や岩などに着生している着生植物になります。一般的な観葉植物に比べると乾燥や温度変化に強く、日本の気候に合っています。また、獅子葉と呼ばれる葉の先端が分岐しており、普通の観葉植物には見られない姿をしています。ワイルドでカッコいいのでシックなインテリアに合わせるとおしゃれになるのではないでしょうか。

目次に戻る≫

いかがでしたでしょうか。お部屋や自宅に、ひとつ個性的でおしゃれな植物を置くと楽しい空間になると思いますよ!

 

 
キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「おしゃれな観葉植物!インテリアとも合うおすすめの種類10選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

松本卓
松本卓

趣味はチランジアの管理と爬虫類の世話。些細なきっかけでチランジアを育て始めたが、チランジア好きが派生して現在は日本ブロメリア協会にも所属。チランジアは小型で花の綺麗なものが好きで、チランジアを眺めているときが至福のひと時。最近の悩みは自宅で育てているチランジアが多くなりすぎて置き場所が無くなってきたこと。

このライターの記事一覧

おすすめ