初心者でも簡単!「球根ベゴニアを使った3ポットで作る秋の寄せ植え」おすすめの組み合わせ

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

3ポットで作る寄せ植え「球根ベゴニアを使った秋の組み合わせ」

植物は、秋になると生長がゆっくりになります。暑さで蒸れる心配も無いので、秋は寄せ植え作りに適したシーズンです。 今回は秋の寄せ植えの主役として、「フォーチュンベゴニア」と「虹色フォーチュンベゴニア」をおすすめします。おすすめの理由は、まずカラーバリエーションが豊富なこと。そして、「フォーチュンベゴニア」と「虹色フォーチュンベゴニア」の花は気温が下がるにつれて大きくなり、色も良くなり、花もちも良くなることがあげられます。

植物は、秋になると生長がゆっくりになります。暑さで蒸れる心配も無いので、秋は寄せ植え作りに適したシーズンです。

今回は秋の寄せ植えの主役として、「フォーチュンベゴニア」と「虹色フォーチュンベゴニア」をおすすめします。おすすめの理由は、まずカラーバリエーションが豊富なこと。そして、「フォーチュンベゴニア」と「虹色フォーチュンベゴニア」の花は気温が下がるにつれて大きくなり、色も良くなり、花もちも良くなることがあげられます。

 

「フォーチュンベゴニア」は春にもよく出回るのですが、夏の高温多湿が苦手なので秋に植えた方がその美しさを存分に楽しめます。「虹色フォーチュンベゴニア」は国内生産は飯塚園芸さんのみだそうなので、見かけたらぜひ育ててみて下さい。日当たりの良い場所から半日陰の場所が好きです。植え付け後は冬に強い霜にあてずに凍らないように管理をすると、春に再び芽が出て初夏に花が咲きます。 それでは、そんなフォーチュンベゴニアと虹色フォーチュンベゴニアを主役に3ポットで作る秋の寄せ植えの組み合わせを考えてみましょう!

「フォーチュンベゴニア」は春にもよく出回るのですが、夏の高温多湿が苦手なので秋に植えた方がその美しさを存分に楽しめます。「虹色フォーチュンベゴニア」は国内生産は飯塚園芸さんのみだそうなので、見かけたらぜひ育ててみて下さい。日当たりの良い場所から半日陰の場所が好きです。植え付け後は冬に強い霜にあてずに凍らないように管理をすると、春に再び芽が出て初夏に花が咲きます。

それでは、そんなフォーチュンベゴニアと虹色フォーチュンベゴニアを主役に3ポットで作る秋の寄せ植えの組み合わせを考えてみましょう!

ピンクのフォーチュンベゴニアをメインにした組み合わせ

ピンクのフォーチュンベゴニア(写真:真ん中)をメインに、「上に伸びる系」のヒペリカム(写真:右)と、「下に垂れる系」のハツユキカズラ(写真:左)を合わせました。3ポットすべてにピンク系の色が入っているので、全体的にピンクの可愛らしい雰囲気になりました。

ピンクのフォーチュンベゴニア(写真:真ん中)をメインに、「上に伸びる系」のヒペリカム(写真:右)と、「下に垂れる系」のハツユキカズラ(写真:左)を合わせました。3ポットすべてにピンク系の色が入っているので、全体的にピンクの可愛らしい雰囲気になりました。

白のフォーチュンベゴニアをメインにした組み合わせ

白のフォーチュンベゴニア(写真:左)をメインに、「上に伸びる系」のヨウシュコバンノキ(写真:右)と、「下に垂れる系」のグレコマ(写真:真ん中)を合わせました。爽やかな白系でまとめ、やわらかいリーフを使った優しいイメージの組み合わせができました。

白のフォーチュンベゴニア(写真:左)をメインに、「上に伸びる系」のヨウシュコバンノキ(写真:右)と、「下に垂れる系」のグレコマ(写真:真ん中)を合わせました。爽やかな白系でまとめ、やわらかいリーフを使った優しいイメージの組み合わせができました。

赤のフォーチュンベゴニアをメインにした組み合わせ

赤のフォーチュンベゴニア(写真:真ん中)をメインに、「ラインがきれい系」のカレックス(写真:右)とロニセラ(写真:左)を合わせました。「ラインがきれい系」を2つ使いましたが、低木のロニセラは多年草のカレックスに比べて背も高くなり力強さもあるので、異なる魅力が引き立て合い見栄えのする組み合わせになっています。

赤のフォーチュンベゴニア(写真:真ん中)をメインに、「ラインがきれい系」のカレックス(写真:右)とロニセラ(写真:左)を合わせました。「ラインがきれい系」を2つ使いましたが、低木のロニセラは多年草のカレックスに比べて背も高くなり力強さもあるので、異なる魅力が引き立て合い見栄えのする組み合わせになっています。

オレンジの虹色フォーチュンベゴニアをメインにした組み合わせ

オオレンジの虹色フォーチュンベゴニア(写真:真ん中)をメインに、「こんもり育つ系」のトウガラシ(写真:左)と、「ラインがきれい系」のカレックス(写真:右)を合わせました。虹色フォーチュンベゴニアとトウガラシの2つが「こんもり育つ系」ですが、「ラインがきれい系」のカレックスを組み合わせることで動きが出て「こんもり育つ系」の2つの可愛らしさが目立ち、互いに引き立て合っています。

オレンジの虹色フォーチュンベゴニア(写真:真ん中)をメインに、「こんもり育つ系」のトウガラシ(写真:左)と、「ラインがきれい系」のカレックス(写真:右)を合わせました。虹色フォーチュンベゴニアとトウガラシの2つが「こんもり育つ系」ですが、「ラインがきれい系」のカレックスを組み合わせることで動きが出て「こんもり育つ系」の2つの可愛らしさが目立ち、互いに引き立て合っています。

観賞用トウガラシ(唐辛子)

  • 観賞用トウガラシはトウガラシの仲間ですが、あくまでも観賞専門で食用にはできません。食用のトウガラシと同じく、ナス科の一年草です。

    色は、赤、黄色、オレンジ、黒、紫などカラフルな色合いで、実の形も食用のトウガラシのような形の他、丸い実など様々です。実を鑑賞して楽しむ植物ですが、最近は葉っぱにもこだわった観賞用トウガラシもあり、カラーリーフの素材としても注目が集まっています。

    原産は南アメリカ~北アメリカの熱帯地域で、暑いのは得意ですが寒さは苦手なため初夏から秋までの一年草です。観賞期間は6月~12月と長く、最近は葉ものだけでも鑑賞価値が高い品種も多いので、花壇や寄せ植えなど、様々な用途で利用できる植物です。

    トウガラシは、カプサイシンの成分が含まれるので、種を収穫した手で、目をこすったりするとヒリヒリする場合があるので注意しましょう。

ピンクの虹色フォーチュンベゴニアをメインにした組み合わせ

花びらの縁取りがピンクの虹色フォーチュンベゴニア(写真:真ん中)をメインに、ベゴニアと同じく「こんもり育つ系」のフットニア(写真:右)と、「上に伸びる系」のアスパラガス(写真:左)を合わせました。この組み合わせも「こんもり育つ系」が2つ入っているのですが、縁取りがピンクの虹色フォーチュンベゴニアと、フットニアのピンク色の葉が良く合い、「上に伸びる系」のふわふわしたアスパラガスの爽やかな葉とのバランスが絶妙です。フットニアとアスパラガスは観葉植物として室内に飾ることもできるので、室内の窓辺で花を育てたい方にもおすすめの組み合わせです。

花びらの縁取りがピンクの虹色フォーチュンベゴニア(写真:真ん中)をメインに、ベゴニアと同じく「こんもり育つ系」のフットニア(写真:右)と、「上に伸びる系」のアスパラガス(写真:左)を合わせました。この組み合わせも「こんもり育つ系」が2つ入っているのですが、縁取りがピンクの虹色フォーチュンベゴニアと、フットニアのピンク色の葉が良く合い、「上に伸びる系」のふわふわしたアスパラガスの爽やかな葉とのバランスが絶妙です。フットニアとアスパラガスは観葉植物として室内に飾ることもできるので、室内の窓辺で花を育てたい方にもおすすめの組み合わせです。

目次に戻る≫

3ポットで作る寄せ植えを気軽に楽しもう!

3ポットで寄せ植えを作るイメージは広がりましたか?ぜひ、気に入った3ポットの組み合わせを見つけて寄せ植えを作ってみて下さい。見た目の好みとともに、日当たりなどの好きな環境が似ている植物を組み合わせることも忘れずにチェックしてくださいね。

3ポットで寄せ植えを作るイメージは広がりましたか?ぜひ、気に入った3ポットの組み合わせを見つけて寄せ植えを作ってみて下さい。見た目の好みとともに、日当たりなどの好きな環境が似ている植物を組み合わせることも忘れずにチェックしてくださいね。

目次に戻る≫

3ポットで作る寄せ植えを教わった樺澤先生をご紹介

樺澤 智江 さん 日本ハンギングバスケット協会本部講師、日本家庭園芸普及協会グリーンアドバイザー。ハンギングバスケットやコンテナガーデン各種コンクールにおいてグランプリ、他受賞多数。 園芸店やカルチャーセンターなどで、寄せ植えやハンギングバスケットの講師をしたり、今回の撮影で訪れた渋谷園芸のスタッフとしても活躍しています。Botapiiの寄せ植えページでは、何度も素敵な寄せ植えのレクチャーをしてもらっています!

樺澤 智江 さん

日本ハンギングバスケット協会本部講師、日本家庭園芸普及協会グリーンアドバイザー。ハンギングバスケットやコンテナガーデン各種コンクールにおいてグランプリ、他受賞多数。

園芸店やカルチャーセンターなどで、寄せ植えやハンギングバスケットの講師をしたり、今回の撮影で訪れた渋谷園芸のスタッフとしても活躍しています。Botapiiの寄せ植えページでは、何度も素敵な寄せ植えのレクチャーをしてもらっています!

▼樺澤智江さんに教わったフォーチュンベゴニアの寄せ植え記事はこちら

 

今回は、飯塚園芸さんの球根ベゴニア(フォーチュンベゴニア・虹色フォーチュンベゴニア)を主役に、3ポットで作る秋の寄せ植えの組み合わせを紹介してもらいました。秋が深まるほどに美しく咲くフォーチュンベゴニアや虹色フォーチュンベゴニアを使って、秋ならではの寄せ植えを作ってみてはいかがですか。 苗売り場で3ポットの組み合わせをあれこれ考えるのはとても楽しい時間です。苗が豊富にそろっているお気に入りの園芸店を見つけて出かけましょう!

今回は、飯塚園芸さんの球根ベゴニア(フォーチュンベゴニア・虹色フォーチュンベゴニア)を主役に、3ポットで作る秋の寄せ植えの組み合わせを紹介してもらいました。秋が深まるほどに美しく咲くフォーチュンベゴニアや虹色フォーチュンベゴニアを使って、秋ならではの寄せ植えを作ってみてはいかがですか。

苗売り場で3ポットの組み合わせをあれこれ考えるのはとても楽しい時間です。苗が豊富にそろっているお気に入りの園芸店を見つけて出かけましょう!

▼樺澤智江さんにインタビューした記事はこちら

▼今回取材で訪れた渋谷園芸練馬本店はこちら

渋谷園芸 本店

  • 最寄駅 : 練馬駅
  • アクセス : 西武池袋線・都営有楽町線・都営大江戸線練馬駅南口より京王バス中野駅行き「豊玉小学校」下車徒歩1分
  • 住所 : 東京都練馬区豊玉中4-11−22

閑静な住宅街の真中にある園芸関係の専門店です。
広い敷地にはガーデニング向きのグリーンの鉢植え、季節の花が数多くあります。
温室も広く南洋の樹や花も種類が豊富。
もちろんガーデングローブ、ハンギングプランターなど小物も充実しています。

▼フォーチュンベゴニアと虹色フォーチュンベゴニアの飯塚園芸さんにインタビューした記事はこちら

▼寄せ植えの基本についてはこちら

▼秋の寄せ植えはこちら

目次に戻る≫

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「初心者でも簡単!「球根ベゴニアを使った3ポットで作る秋の寄せ植え」おすすめの組み合わせ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

おすすめ