【季節の庭仕事】2月~3月は楽しい春苗探しの時期です!

金子三保子

金子三保子

79304views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

節分を過ぎて、暦の上ではいよいよ春。

まだまだ寒くてガーデニング日和とは言えないかもしれませんが、春に盛りを迎える春の苗が一番多くに出回るのは、2月~3月です。なぜかと言うと、どんな苗でも植え付けてしばらくは、根付いて環境に慣れるまでに時間がかかります。そのため、花の最盛期になる前に植え付けておく必要があるのです。

そんなわけで流通的にも、春の草花苗が一番多く出回るのは3月くらいまで。4月になると、初夏~夏向きの苗に急に変わってきます。

今回は、一般的な苗の選び方や自分の環境にあった苗選びなどのポイントをご紹介します。

 

目次

ポット苗の選び方

自分の育てる環境にあった植物を選ぼう

花の開花時期を調べる

春に咲く草花の苗

春の球根苗

 

ポット苗の選び方

2017012920

葉っぱが緑で生き生きとして、しまった苗(ヒョロヒョロしていない株)を選びましょう。

葉っぱが黄色かったり、ヒョロヒョロとした苗は弱っている可能性があります。

たくさん花がついているより、つぼみがたくさんあるものを選んでください。

目次に戻る≫

 

自分の育てる環境にあった植物を選ぶ

長くたくさんの花を楽しみたいのなら、置き場所の環境にあった植物を選ぶことが重要です。

お日様が好きな植物、半日くらい日が当たればいい植物など、それぞれの植物によって好みの光の量があります。

育てる環境が日当たりがいいのか、あまり日が当たらないかによって植物を選ぶと、結果的に長くたくさんの花を咲かせてくれます。

目次に戻る≫

 

花の開花時期を調べる

まずどれだけ必要か(植えるスペースがあるのか)を考えて、購入する株数を決めましょう。

まずどれだけの苗数が必要か(植えるスペースがあるのか)を考えて、購入する株数を決めましょう。

複数の種類をひとつのコンテナに寄せ植えしたい場合は、この花の開花時期を調べることはとても重要です!

植えた時が一番素敵なのではなく、植え付け後、それぞれの植物が共存してひとつの世界が創り出せたらいいですよね。

それには、それぞれの植物の開花時期をチェックして、例えば開花時期が4月~5月の草花とグリーンという組み合わせにすると、メンテナンスが最小限の寄せ植えを作ることができます。

最近は冬でも夏の草花が流通していることもありますので、春の寄せ植えを作りたいなら、春に咲く草花の苗を選びましょう。

目次に戻る≫

春に咲く草花をご紹介!

パンジー、ビオラ

開花期間が長期間で長く楽しめる冬から春の一年草です。

開花期間が長期間で長く楽しめる冬から春の一年草です。

花色が豊富なので、春の寄せ植えにはかかせない植物のひとつ。

初冬から出回っているので、すでに植えこんだ方も多いのでは。

苗の出荷のピークは、そろそろ終わりの時期を迎えています。早めに探すことをおすすめします!

 

シックなブラック系

シックなブラック系

 

紫系

紫系

 

明るい黄色

明るい黄色

 

わすれな草

ブルーの他、ピンク、白があります。

わすれな草は、春に小さなかわいい花を無数に咲かせる草花です。色はブルーの他、ピンク、白があります。

最近は、丈の長いタイプや、花の大きさが大きなタイプなど品種もたくさん!

環境に合えば、こぼれ種で翌シーズンも開花します。

 

シレネ・ピンクパンサー

ピンク系の花が好きな方におすすめ。たくさん花が咲きます!

ピンク系の花が好きな方におすすめ。たくさん花が咲きます!

 

クリスマスローズ

半日陰でも大丈夫な多年草です。

半日陰でも大丈夫な多年草です。

2月~3月は花つきの開花苗が出回りますので、花を見て買いたい方はこの時期に!

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

▼関連ワード

「【季節の庭仕事】2月~3月は楽しい春苗探しの時期です!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

おすすめ