【4月~5月に花が咲く庭木】花も紅葉も素敵な落葉樹、ニシキギ(錦木)

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

ニシキギ(錦木)

今日ご紹介するのは「ニシキギ(錦木)」。ニシキギ(錦木)と言えば、秋の紅葉が美しいのが有名なニシキギ科の落葉低木です。でも、今日ご紹介したいのはニシキギ(錦木)の花。

ニシキギ(錦木) 花

ニシキギ(錦木)の花は、4月~5月の春、枝一面にご覧のような黄緑色の小さな花を枝一面に咲かせます。春は、桜を始め、ツツジ、ハナミズキ…とたくさんの華やかな花が開花する時期なので、このニシキギ(錦木)の花は正直地味。でも見つけた時には思わず駆け寄ってしまいたくなる愛らしい花です。ニシキギ(錦木)は、刈り込みにも耐える丈夫な木のため、公園や川沿いの植栽などの公共空間にもたくさん植栽されています。

 

ニシキギ(錦木) 紅葉

こちらはニシキギ(錦木)の紅葉。錦木の名は、紅葉の美しさを「錦」に例えて錦木と命名されたそうです。それはそれは美しく色づいて目を引きます。

 

ニシキギ(錦木)の枝 翼

もうひとつのニシキギ(錦木)の特徴と言えば枝。翼(よく)と呼ばれるコルク質の羽が枝についていて、落葉中の姿も存在感があります。落葉中も枝もの花材として流通していて、生け花やフラワーアレンジの花材として使われます。落葉中の枝は、見た目がちょっとユニークで、オブジェのような趣も。

秋の紅葉は、ひときわ目立つ存在ですが、春の花もぜひ見ていただきたいかわいらしさのニシキギ(錦木)。お散歩される時に花を探してみてくださいね。

 

▼ニシキギ(錦木)の育て方

ニシキギ(錦木)

  • ニシキギ(錦木)は、秋の紅葉が美しいニシキギ科の落葉低木です。北海道、本州、四国、九州など、日本各地に自生しています。秋の紅葉の美しさが「錦」に例えられて錦木と命名されました。春に淡い黄緑色の小さな花が開花した後に実ができ、晩秋にその実がはじけてオレンジ色の種が顔を覗かせ、枝にぶら下がります。 ニシキギ(錦木)は、翼(よく)と呼ばれるコルク質の羽が枝についている特徴があり、落葉中の姿も存在感があります。 真っ赤に染まる紅葉が美しく、刈り込みにも耐えて丈夫であることから、庭木や公園樹などにも多数利用されています。枝ものとして、生け花やフラワーアレンジの花材としても流通しています。

 

▼ニシキギ(錦木)の花言葉

 

▼こちらもおすすめ!

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【4月~5月に花が咲く庭木】花も紅葉も素敵な落葉樹、ニシキギ(錦木)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー、ライター。 2022年6月、日東書院本社より「植物のきもち ~がんばりすぎないガーデニング」出版。 ギフトや装花などのフラワーコーディネート、自身でコーディネートした作品の撮影、雑誌や会員情報誌への提案など幅広く活動中。現在は植物に関する記事の執筆にも携わる。庭仕事はライフワーク。映画「余命1ヶ月の花嫁」ブーケ製作。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス