コンパニオンプランツで病害虫から野菜を守ろう!秋冬野菜編

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

秋冬野菜の植え付けの季節がやってきました。今年の計画をたてながら、前回よりもう一段階レベルアップしたいと思いませんか?

また、家庭菜園を経験した方なら病害虫に悩まされた経験があるのではないでしょうか。新芽にアブラムシがびっしりついていたり、葉が丸ごと食べられていたり、病気になってしまったり…そのせいで、もう二度と家庭菜園をしたくないと思っているのでは?

そんなあなたに病害虫に負けない栽培方法の一つ「コンパニオンプランツ」についてご紹介します。

目次

コンパニオンプランツとは

秋冬野菜のコパニオンプランツ

コンパニオンプランツのおとり植物って?

コンパニオンプランツの忌避植物って?

コンパニオンプランツの代表格〜ねぎ

コンパニオンプランツとは

簡単に説明すると、一緒に植えると互いに良い影響を与え合う植物同士のことを意味します。

簡単に説明すると、一緒に植えると互いに良い影響を与え合う植物同士のことを意味します。

コンパニオンプランツの4つの効果

1. 病害虫忌避(バンカープランツ、忌避植物、おとり作物)

病害虫被害を押さえる効果が期待できます。ネギ類やパセリ・セロリ、ハーブ類のような匂いの強い野菜で害虫を遠ざけます。

2. 結実促進

マリーゴールド、ナスタチウム、ボリジ、カモマイルなどを植えると、受粉を助けてくれるハチやアブなどを集めることができます。スイカやズッキーニなどの受粉が結実に欠かせない作物の良い助けになってくれます。

3. 病害予防(対抗植物)

ネギ類やマリーゴールドの根には、病害を防いだり、減らしたりする働きがあります。特にマリーゴールドは、ネコブセンチュウ等に対する殺虫効果、作物に対する病害の抑制にも効果があると考えられているため、一緒に植えたり緑肥として土にすき込むのに使用される植物です。

4. 相互作用(アレロパシー)

肥料がたくさん必要な野菜は、肥料をそれほど必要としない野菜の余分な肥料分を吸収してくれます。また、日照を多く必要とする野菜の根元に、日陰でも育つ野菜を植え付けることで、お互いを補うことができます。

目次に戻る≫

秋冬野菜のコパニオンプランツ

このように生育が促進されたり、病害虫を防ぐことができる性質を用いてコンパニオンプランツは栽培されます。主にハーブ類と野菜を組み合わせて栽培されることが多いのですが、化学的に証明されていないため根拠は経験からくるものがほとんどです。

しかし、実際に育ててみるとお互いの生育に良い効果が出ることから、コンパニオンといわれている植物と野菜を一緒に育てる価値はあります!

続いて秋冬野菜に適していると考えられているコンパニオンプランツについてご紹介します。

ブロッコリーのコンパニオンプランツ〜ネギ類

ブロッコリーはアブラナ科の野菜です。害虫はアオムシやヨトウムシ、コナガなどにねらわれ、排水性が悪いと軟腐病や黒腐病にかかりやすくなります。一方のネギはコンパニオンプランツの代表格。様々な植物の生育に有益に働きます。ネギの根についている微生物がブロッコリーの病気の発生を抑え、ネギ類の独特の臭いにより害虫も防いでくれる効果が期待できます。

ブロッコリー

  • ブロッコリーはアブラナ科のケールの仲間です。そのため、ケールやその仲間であるカリフラワーなどと、幼苗の形がとても良く似ています。

    このケールから、突然変異や品種改良を経て、花の蕾を食用に改良したのがブロッコリーや茎ブロッコリー、カリフラワーになります。

    ブロッコリーは野菜ではありますが、花蕾(からい)を食べるため「エディブルフラワー」ということもできます。

    ブロッコリーの花蕾(からい)は、モコモコとした濃い緑色をしています。花蕾のため収穫をせずに育て続けると、黄色やクリーム色の花をたくさんつけます。

    ブロッコリーは古代ローマ時代から親しまれていた野菜ですが、15世紀くらいになってようやく栽培されるようになりました。日本に来たのは明治の初期で、第二次世界大戦後に本格的に栽培されはじめ、1980年頃から普及しました。

ネギ(ねぎ・葱)

  • ネギ属は数多く種類が存在し、ネギ以外にも玉ねぎ・ニラ・ニンニク・分葱(ワケギ)・浅葱(アサツキ)・ラッキョウなどたくさんの種類があります。

    ネギを形態的、生態的特性からみて大きく分けると加賀群、千住群、九条群の3つに大別することができます。

    加賀「夏ネギ型」

    冬になると地上部が枯れて休眠する品種です。耐寒性が強く東北、北陸など寒い地域で多く栽培されている品種です。白い部分が多い下仁田ネギのような特徴のネギです。

    千住「冬ネギ型」

    冬期に休眠せずにゆっくり生長を続ける品種です。耐寒性があまり強くないため、主に関東地方を中心に栽培されています。

    スーパーで売っているネギ(白ネギ)のほとんどは、この千住群の品種です。

    九条ねぎ「冬ネギ型」

    九条ねぎは千住ネギと同じように冬ネギ型ですが、土寄せをする白ネギとは違い、主に緑色の葉の部分が多い葉ネギの品種です。

 

キャベツのコンパニオンプランツ〜パクチー(コリアンダー)

代表的な秋冬野菜はアブラナ科の野菜のオンパレードです。キャベツもアブラナ科の野菜のため、コナガなどの害虫が好んで食害します。独特のにおいのあるパクチー(コリアンダー)は、キャベツの害虫であるコナガやアブラムシなどを遠ざけるようです。

キャベツ

  • 大きく開いた葉の中に、結球したキャベツが大きく実ります。

    キャベツの花は、アブラナ科特有の花びらで、十字についた黄色い菜の花を咲かせます。

    春キャベツは、柔らかくあまり巻きが強くなく、みずみずしいのが特徴です。

    夏、秋キャベツは比較的柔らかく甘いですが、形は春キャベツよりもしっかりと結球しています。

    冬キャベツは固く、葉の断面もまっすぐです。

    一般に、 春キャベツは3月~5月、夏秋キャベツは 7月~8月、冬キャベツは1月~3月に出回っているもののことを指します。

    キャベツを選ぶときは、外葉が濃い緑色でつやつやしているもので、芯が新鮮で、ずっしりとしているものが良いでしょう。

パクチー(コリアンダー)

  • パクチーは、世界的には非常に歴史が古く、そのころからパクチーの薬用効能があると言われていたそうです。春か秋に種まきをして、葉が育ってきたら収穫します。夏の日差しを浴びすぎると、花が咲き、葉が硬くなるので、寒冷地以外では秋まきの方が向いています。土をあまり乾燥させすぎないように気をつけます。ちなみに、「パクチー」はタイ語での呼び名です。英名だと「コリアンダー」です。

 

いちごのコンパニオンプランツ〜にんにく

いちごは灰色かび病、うどんこ病になりやすく、害虫はアブラムシが寄り付きます。にんにくは植物のほぼ全般と相性が良いため、優秀なコンパニオンプランツの代表格ともいえます。にんにくの強い臭いのもとである香り成分アリシンが、アブラムシやネキリムシなどの害虫を遠ざけるだけでなく、イチゴやウリ科の野菜と混植することで病気も防ぐ効果が期待できます。
植物全般と相性の良いにんにくですが、マメ科の植物やキャベツと混植させると生育が悪くなると言われているため、にんにくを育てた後同じ場所に植え付けるのことも避けたほうが良いでしょう。

いちご(イチゴ・苺)

  • 甘くて美味しいフルーツとして人気のあるいちごですが、じつは野菜の仲間です。

    「野菜とは草本性の植物」という意味で、いちごはスイカやメロンと同様に苗を植えて1年で収穫することから一般的な野菜と同じ草本性として分類されています。

    ハウス栽培が盛んで、夏の一時期を除いてほぼ一年中出回っていますが、春から初夏にかけてが本来の旬です。

    いちごは、軸に近い部分より先端の方が糖度が高く、果肉の中心よりも表面の方が甘いとされています。ビタミンCや葉酸が多く含まれます。

    いちごの実と思って食べている部分は、花托(かたく)又は花床(かしょう)といって花の付け根の部分が発達して食用部となったものです。 いちごの本当の実の部分はいちごの「粒々(実)部分」です。ちなみに、いちごを縦に切って、断面図を見てみるとこの粒々(実)部分に1本1本の筋が水分や栄養を送っているのが分かります。この粒々の中に種がありますので、種をまくときはこの粒々部分を土にまきます。

    いちごは、親株からランナーを伸ばし、子株、孫株と株を増やし、越冬して実を付ける多年草です。

    この親株から伸びたランナーの向きと反対方向にいちごの花房が出るので、苗を購入して植え付けるときは、ランナーを北側に向けてると花や実に光を当てることができます。また、ランナーを通路側とは反対方向に向けて植え付けると、いちごが収穫しやすいように工夫することができます。

    園芸店などで販売されているいちごの苗は、植え付けてから実がなるまで半年ほどの長い期間を必要とします。

    現在食べられているいちごは、近年の品種改良によるものですが、野生のイチゴは、はるか昔から世界的に食べられていました。

    野いちごの種類も豊富で、クサイチゴ、クマイチゴ、バライチゴ、モミジイチゴ、ナワシロイチゴなど。同じバラ科ですが、これらの野いちごは全てキイチゴ属です。私たちが現在食べているいちごは、オランダイチゴ属といいます。野生のいちごとは違い、栽培された大粒のいちごが江戸時代にオランダより持ち込まれました。

ニンニク(にんにく・大蒜)

  • ニンニクはネギ属の仲間で、ガーリックの名でも親しまれています。鱗茎(りんけい)は強い辛味と特有の臭気があり、香辛料として料理に欠かせない存在です。

    若い葉を収穫した葉ニンニクや若い花茎を食用にする茎ニンニク(ニンニクの芽)があります。

    玉ねぎなどと共に、古代エジプトでは、ピラミッドをつくった作業員たちに強壮剤として支給されていたのがニンニクだったそうです。彼らが粗末な食生活にもかかわらず、重労働に耐えられたのはニンニクの効用のおかげだったのでしょうか。

    ネギ科の仲間である玉ねぎ同様、ニンニクの原産地自体が定かではなく、野生のニンニク種というものが見つかっていません。

 

目次に戻る≫

コンパニオンプランツのおとり作物って?

おとり作物とは、病気のもととなる病原菌を自らに寄せ付ける性質があるにもかかわらず、病原菌が増えないように抑えることができる作物です。

おとり作物とは、病気のもととなる病原菌を自らに寄せ付ける性質があるにもかかわらず、病原菌が増えないように抑えることができる作物です。この他にも、害虫の発生を監視するために育てられたり、害虫をおびき寄せるために育てられる作物のことです。今回はその中でも病気対策にスポットを当ててご紹介します。

病原菌の「根こぶ病」とおとり作物の「大根」の関係

病原菌が増えないように育てる野菜…?具体的にどんな病原菌にどんな種類のおとり作物が効果があるのかご紹介します。

病原菌〜根こぶ病

アブラナ科植物にのみ発生する土壌病害「根こぶ病」は、根の表面に凸凹とこぶのようなものが作られるため、根の機能が低下して枯れていく病気です。土の中で根こぶ病の病原体は休眠胞子の状態で4年以上生存するといわれていることから、排除することが難しい土壌病害といわれています。

おとり作物〜大根

この根こぶ病に対抗するおとり作物として有名なのが大根なんです。

大根をはじめラディッシュなどのダイコン類は根こぶ病の抵抗性が高く、根こぶ病に感染しても発病することがありません。そのため、大根を根こぶ病の病原体のおとり作物として植え付けることで、土壌中の根こぶ病の発生確率を減少させることができます。

例えていうならば、おとり作物である大根と病原菌の根こぶ病が結婚しても病原菌の赤ちゃんは生まれず、元気に生育した大根だけが収穫できるため、病原菌の数が減っていく仕組みです。

目次に戻る≫

コンパニオンプランツの忌避(きひ)植物って?

害虫には植物の香りで虫を寄せ付けないようにする忌避(きひ)植物というものがあります。この代表的な組み合わせが、アブラナ科植物とキク科・セリ科の植物の組み合わせです。

アブラナ科とキク科・セリ科の組み合わせ

キャベツなどのアブラナ科野菜を好む害虫モンシロチョウやコナガをキク科やセリ科野菜の特有の香りで成虫を遠ざけ、卵を産みつけないように忌避(きひ)します。

 

セリ科のニンジンとアブラナ科の大根

ニンジンやパセリなどセリ科の植物が大好物の害虫はキアゲハの幼虫です。この幼虫が1匹いるだけで、葉が食害を受けて丸裸にされてしまいます。そうならないために、アブラナ科のカブや大根を一緒に植えることでキアゲハがあまり寄り付かなくなります。  反対にアブラナ科野菜のカブや大根によくいる害虫アオムシやコナガは、ニンジンやパセリなどを一緒に植えることで寄り付かなくなるのです。  虫は本当に不思議です。確かにニンジンやパセリを食べているアオムシを見たことはありませんから、意外に害虫といわれる虫たちは好みがうるさいのかもしれませんね。

ニンジンやパセリなどセリ科の植物が大好物の害虫はキアゲハの幼虫です。この幼虫が1匹いるだけで、葉が食害を受けて丸裸にされてしまいます。そうならないために、アブラナ科のカブや大根を一緒に植えることでキアゲハがあまり寄り付かなくなります。

反対にアブラナ科野菜のカブや大根によくいる害虫アオムシやコナガは、ニンジンやパセリなどを一緒に植えることで寄り付かなくなるのです。

虫は本当に不思議です。確かにニンジンやパセリを食べているアオムシを見たことはありませんから、意外に害虫といわれる虫たちは好みがうるさいのかもしれませんね。

ダイコン(大根)

  • 大根はアブラナ科の主に肥大した根の部分を食用とする野菜で、古くから栽培されてきたために、地域ごとに在来品種が多く存在します。

    また、昔から品種改良がおこなわれてきたので、長いものや丸いものなどバリエーションが豊富で、大根の品種としては少なくとも200種類以上はあるともいわれています。辛みが特徴の辛み大根や、中国大根とよばれる内部が鮮やかな紅色や緑色の大根もあります。土地の名前が付いた品種も多く、その土地の食文化とも結びついています。

    大根の原種は、ほとんど根が太らないもので、いまでもヨーロッパでは大根と言えば二十日大根のように小さいものをイメージされます。それが日本に渡った後に、長い年月をかけて品種改良が重ねられ、今では世界一の重さを誇る「桜島大根」や、世界一長い「守口大根」が作られるようになりました。日本の大根の品種数や味のレベル、バリエーション、生産量、消費量は世界一です。

    「大根は根の部分を食べている」と、ほとんどの人が思っていますが、厳密にいえ胚軸と根が合わさった部分を食べています。その証拠に、大根の下の方は根の付いていた痕跡のひげ根がありますが、上の方は表面がつるんとしています。畑でも大根の上の方は、土の上にはみだしているのが分かります。大根の新芽である、かいわれ大根をよく観察すると、双葉の下に長く伸びた白い部分があります。これが胚軸部分です。

    大根の栽培時期は、厳寒地以外は春まきと秋まき、どちらも栽培できるので、時期に合った品種を選ぶことが大切です。

    プランターで栽培する場合は、できるだけ深さのあるプランターを選び、培養土は粒子の細かいものを選びましょう。培養土の袋やペットボトルを使って栽培することもできます。

ニンジン(人参・にんじん)

  • 人参(にんじん)はパセリやセロリの仲間で、セリ科の1年草です。三寸人参、五寸人参、春まき人参などの種類により、収穫するまでの栽培日数も違ってきます。

    人参(にんじん)は直根性のため移植には不向きです。直に、プランターや畑に種をまいて育てます。種をまいた後、主根を地中深く伸ばしながら、側根が生長します。主根の生長が終わると、根の上の方から少しずつ太りだし、大きくなっていきます。その証拠に、人参(にんじん)を輪切りにしてみると、断面図が木の年輪のようになっています。

    人参(にんじん)は根を肥大させた部分を食べますが、人参(にんじん)の細く繊細な葉にもとても栄養があり、葉が小さくて柔らかいうちはサラダにしたり、大きい葉になり少し硬くなると天ぷらなどにして食べることができます。

    人参(にんじん)の色はオレンジ色が一般的ですが、金時ニンジンのように赤い色、黄色や紫、白い人参(にんじん)まで様々な色があります。

 

目次に戻る≫

コンパニオンプランツの代表格〜ねぎ

ねぎには独特な香りが特徴的な「アリシン」と呼ばれる物質と、土中の病原菌に相反する「拮抗(きっこう)微生物」が寄生しており、この「拮抗拮抗(きっこう)微生物」が、病原菌に対抗する「抗菌物質」を作っているといわれています。  このねぎの「アリシン」と「抗菌物質」により、ウリ科に多いつる割れ病などの病原菌を防ぐことができるといわれています。

ねぎには独特な香りが特徴的な「アリシン」と呼ばれる物質と、土中の病原菌に相反する「拮抗(きっこう)微生物」が寄生しており、この「拮抗拮抗(きっこう)微生物」が、病原菌に対抗する「抗菌物質」を作っているといわれています。

このねぎの「アリシン」と「抗菌物質」により、ウリ科に多いつる割れ病などの病原菌を防ぐことができるといわれています。

ねぎと相性の良い野菜

ねぎと相性が良いといわれている野菜はとても多いんです。

きゅうり(キュウリ・胡瓜)

  • きゅうりはつる性の植物で、そばにあるものに巻き付くように伸びて生長していきます。

    きゅうりは未熟果を収穫する野菜のため、関東地方では5月初旬に植えつけると6月には収穫時期を迎え、代表的な春夏野菜の中では一番最初に収穫できる野菜です。種から育てても、収穫するまでの日数は2か月間位しかかかりません。

    きゅうりの果実の生長は著しく、1日で3cm以上も大きくなるため採り遅れると巨大化してしまいます。

    きゅうりの外側の表面の白い粉のようなものは、ブルームといって乾燥や雨などからきゅうりを守るために自然にできた物質です。最近のきゅうりの品種は、このブルームがあまりない、艶々のきゅうりが市場に多く出回っています。

    きゅうりの歴史は3000年ほど前と言われており、日本では1000年前から栽培されていたとされています。そんな歴史あるきゅうりも、切り口が徳川家の葵の紋に似ていたことから江戸時代には大変不人気の野菜だったそうです。

スイカ(西瓜・すいか)

  • つる性の植物で、葉は大きく切れ込みが入った形をしています。他のウリ科の野菜と同じように、1株に雌花と雄花が存在する雌雄異花(しゆういか)の植物です。スイカは高温と乾燥を好むため、多湿に弱い性質があります。家庭菜園でスイカを育てるときは、くれぐれも水の与えすぎには注意しましょう。

    スイカの形は日本では球形が主流ですが、海外では楕円形が主に流通しています。

    スイカは紀元前5000年にはすでに南アフリカで栽培されており、3000年前のエジプトでも栽培が行われていたといわれています。その後中国に伝わり、中国から日本へ渡来しました。

    中国語では水分が多く、西域から伝わったため、「西瓜」と呼ばれるようになりました。日本でも漢字で西瓜と書きます。

    南アフリカ中央のカラハリ砂漠から、サバンナ地帯で野生種が見つかっているため、アフリカが起源とされています。あんなにも水分を含むスイカの原産地が、砂漠というのはとても意外ですね。

     

メロン

  • メロンの原産地は、現在アフリカ大陸説とインド説が存在します。というのも、メロンが世界各国に様々な品種、変種が存在するためです。

    高級な果物の代表格ともいえるメロンですが、意外にも分類上ではいちごやスイカと同様に野菜に入ります。つる性の一年生植物で、初夏にキュウリに似た花を咲かせ晩夏〜秋にかけて豪華な果実を実らせます。

    「ネット」と呼ばれるメロンの皮に出来る模様は、メロンの実が大きくなる早さと、皮が伸びる早さの違いから出来るものです。皮よりも実が早く大きくなり、皮が裂けやすいので皮に亀裂が入ります。この亀裂をふさごうとしてできるコルク物質が盛り上がってネット模様になります。

ゴーヤ

  • 正式和名は「ツルレイシ」といいますが、沖縄本島では「ゴーヤー」、宮古島では「ゴーラー」、八重山地方(石垣島や西表島など)では「ゴーヤ」、九州では「レイシ」「ニガゴリ、ニガゴイ」などとよばれており、本州などでは「ニガウリ」とも呼ばれています。テレビ番組をきっかけに全国的に普及し、ゴーヤという名前で親しまれるようになりました。独特な苦味のあるゴーヤは、温かい地方の夏バテ解消のメニューとしても全国的に有名です。

    家庭菜園としてゴーヤを育てる以外にも、つる性植物の特性を利用して夏の緑のカーテンとしても人気のゴーヤです。

    ネットに絡ませてカーテンやシェード風に仕立てるゴーヤのグリーンカーテンは、緑の森の中にいるような気分を味わえるだけでなく、室温を下げる効果もあり、暑い夏を乗り切るための人気ガーデニングアイテムになります。

トマト

  • 夏野菜の代表ともいえるトマト。現在様々な品種が改良され青臭さもなく、まるでフルーツのように甘いトマトの品種もあります。トマトは緑黄色野菜の1つで、トマトの栄養に含まれるクエン酸は疲労回復効果があり、その他にもリコピン、グルタミン酸など栄養も豊富で、健康や美容にも効果があることも人気の理由です。調理方法も生のままいただくサラダから、煮込み料理、ソース、スイーツなど様々な料理に使えます。

    このトマト、じつは植物学者たちの調査によりトマトの原種は大玉トマトではなく、チェリートマト(ミニトマト)ということが分かっています。大玉トマトの方が突然変異として、チェリートマト(ミニトマト)よりも後に生まれました。アンデス高原に自生していたトマトの野生種は、いずれもチェリートマトの種類だったようです。

    原産地では多年草ですが、日本のような温帯で育てると1年草として栽培されます。この野生種のトマトは、メキシコから北米に伝わり、実際に栽培されるようになったのは19世紀に入ってからです。ヨーロッパへ伝わるのは、コロンブスの新大陸発見が大きく影響し、ヨーロッパでトマトを食べるようになったのは、18世紀以降といわれています。

    当初、ミニトマトやトマトは観賞用として育てられ、食用とされることはありませんでした。というのも、新大陸からヨーロッパに伝わった時に、トマトの実がとても赤いために有毒植物と信じられていたからです。

    日本に伝わったのは17世紀の江戸時代ですが、同じように観賞用として伝わってきました。「赤茄子」としての価値しか見出せず、しばらくの間観賞用としてのみ育てられていました。

    トマトの赤い実は毒性ではありませんが、じつはトマトの苗自体には有毒物質が含まれています。完熟のトマトにはほとんど含まれていませんが、「トマチン」といって、花・葉・茎などに多く含まれているため、トマトの葉は食べることができません。

ナス(なす・茄子)

  • 原産はインドです。日本には奈良時代に中国から伝わり、古くから日本人に親しまれた野菜のひとつです。ナスの形は、丸や卵、中長、長形など様々な品種が栽培されています。幅広く料理にも使えるので和洋中問わず、味を楽しむことができます。

    みなさんがよくご存じの縁起の良い初夢の順番「一富士、二鷹、三茄子」ですが、江戸時代の初物のナスは1個がなんと1両。そのため庶民が正月に初物のナスを食べることは、夢のまた夢…叶わぬ夢でした。初夢にナスが登場すると縁起が良いとされるのもこのことからうかがえます。
    現在のようにハウス栽培がない江戸時代で、冬に高温作物のナスを作るためには、油紙障子でハウスのようなものを作り、馬糞や麻屑(あさくず)などを踏み込んだ発酵材でエコに温度を上げるなどして、手間暇かけて栽培していたそうです。

ほうれん草(ホウレンソウ・ほうれんそう)

  • ほうれん草はアカザ科の野菜で、漢字では「菠薐草」と書きます。「菠薐」とはペルシャのことで、ほうれん草の栽培の起源の場所です。

    ペルシャで始ったほうれん草の栽培が中国に渡り、そこで発達していったほうれん草は、葉がぎざぎざで株元が赤くなる東洋種になりました。

    それとは別に、葉の厚みがあり、丸い形をしている西洋種というほうれん草の種類があります。この西洋種も東洋種と同じように、ペルシャから西洋へ伝わったものです。

    この東洋種・西洋種の両方の長所をいかした品種改良も行われたことで、日本でもほうれん草が広まりました。

    ほうれん草の種は硬実種子といって固い殻に包まれています。(ちなみに、ほうれん草の種は、殻の形が角ばった種と丸みのある種とがあります。)そのため、ほうれん草の発芽率が他の野菜と比べ低いため、ネーキッド種子といって硬い殻を取り除き、中の種を取り出した加工をされた種が売られています。ほうれん草の種袋を確認してみましょう。

    冬に生育するほうれん草は、放射状に葉を広げて、まんべんなく太陽の光を浴びることができます。吹き付ける寒風にも耐えられるその形は、素晴らしい植物の進化を物語ります。

    ほうれん草の花は、イチョウなどと同じように、雌株と雄株に最初から分かれています。しかし、ほうれん草は花が咲く前に収穫することから、そのほうれん草が雄株なのか、雌株なのか判断することは難しいです。中には雌・雄両性の花をもつ株もあるようです。

 

いかがでしたか?

秋冬野菜の代表的な作物とコンパニオンプランツを一緒に育てて、昨年の作物の生育状態と比較をしてみてください。

また、コンパニオンプランツの作物をプラスして育てることで、お料理のメニューに幅が出来そうですね。

▼編集部のおすすめ

 

目次に戻る≫ 

 
キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「コンパニオンプランツで病害虫から野菜を守ろう!秋冬野菜編」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ