育てて作ろう!レモングラスのハーブシロップの作り方

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

レモングラスを使ったハーブシロップの作り方をご紹介!ハーブシロップは、ハーブと砂糖を煮詰めて作るシロップのこと。ソーダや水、お湯で割って飲み物としてや料理の甘味料としても利用できます。とても簡単に作れるので、ハーブの切り戻しや冬越し剪定の時などに作ってみませんか。

目次

レモングラスの特徴

レモングラスはイネ科の多年草で、レモンの香りより若干甘い香りのするハーブです。フレッシュハーブやドライハーブとしてお茶や料理の香りづけなどに利用されます。  見た目は地味なレモングラスですが、ハーブティーを飲み慣れていない方でも飲みやすくておすすめのハーブです。レモングラスは、料理のトムヤンクンの材料にも使われることでも有名です。

レモングラスはイネ科の多年草で、レモンの香りより若干甘い香りのするハーブです。フレッシュハーブやドライハーブとしてお茶や料理の香りづけなどに利用されます。

見た目は地味なレモングラスですが、ハーブティーを飲み慣れていない方でも飲みやすくておすすめのハーブです。レモングラスは、料理のトムヤンクンの材料にも使われることでも有名です。

レモングラスの詳しい育て方はこちらをどうぞ

 

目次に戻る≫

ハーブシロップとは

ハーブと砂糖を使って煮詰めて作るハーブシロップ。イギリスでは「ハーブコーディアル」の名でハーブの飲料として親しまれている他、それぞれのハーブの効用を活用した民間療法としても使われ、古くから愛用されてきました。最近では「ハーブコーディアル」の名で、日本でも様々な商品が流通しています。

ハーブシロップは、夏はソーダで割ってハーブソーダ、冬はお湯で割るなどしてドリンクとして使える他、かき氷やヨーグルトのシロップ、お菓子作り、たれやドレッシングを作る時の甘味料としてなど、様々な用途に利用できます。

目次に戻る≫

レモングラスのハーブシロップの作り方

今回はちょうど冬越し剪定するレモングラスを使ったシロップの作り方をご紹介します。  レモングラスのシロップ|材料

今回はちょうど冬越し剪定するレモングラスを使ったシロップの作り方をご紹介します。

レモングラスのシロップ|材料

  • レモングラス 100g程度(今回はフレッシュを使用。ドライハーブの場合は半分程度の量)
  • 砂糖 200g(今回は粗製糖を使用)
  • 水 400cc
  • レモンしぼり汁 1/2個分(大さじ1~2) 

 

レモングラスはフレッシュ、ドライのどちらでも大丈夫。ドライハーブを使用する場合は、フレッシュハーブの半分程度の分量にします。  ハーブは、フレッシュとドライでは味わい、香りにかなり違いがあります。お好みで選びましょう。収穫できる夏の間はフレッシュ、冬はドライハーブで作り分けるのもよいですね。

レモングラスはフレッシュ、ドライのどちらでも大丈夫です。ドライハーブを使用する場合は、フレッシュハーブの半分程度の分量にします。

ハーブは、フレッシュとドライでは味わい、香りにかなり違いがあります。お好みで選びましょう。収穫できる夏の間はフレッシュ、冬はドライハーブで作り分けるのもよいですね。

ハーブの量はあくまでも目安です。色々な分量で作ってみて、自分なりの黄金比を探してみてください。今回はレモングラス一種だけを使いましたが、多種類のハーブを組みあわせるのもおすすめです。レモングラスと相性が良いのは、同じレモンの香りがするレモンバーベナやレモンバーム、アクセントにミントなどもおすすめ。自分なりのフレーバーを作っていく楽しみがありますので色々試してみてください。

レモングラスのシロップ|作り方

保存する容器は煮沸消毒し、レモングラスは細かくカット

保存する容器は煮沸消毒し、レモングラスは細かくカット。

 

鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したらレモングラスを入れる。5分程度煮だし、火を止めてフタをして5分程度蒸らす。

鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら細かくカットしたレモングラスを入れる。5分程度煮だし、火を止めてフタをして5分程度蒸らす。

 

レモングラスをざるやキッチンペーパーなどで濾す。液体を鍋に戻して砂糖を入れ、弱火で5~10分程度煮詰める。砂糖がすべて溶けているのを確認したら、火を止める直前にレモン汁を入れて出来上がり。

レモングラスをざるやキッチンペーパーなどで濾す。液体を鍋に戻して砂糖を入れ、弱火で5~10分煮詰める。砂糖がすべて溶けているのを確認したら、火を止める直前にレモン汁を入れて出来上がり。

 

保存容器に入れて完成。フタをして冷蔵庫で保管。

保存容器に入れて完成。フタをして冷蔵庫で保管します。(保存期間は冷蔵庫で1週間程度)

 

煮だしたレモングラスは、土に埋めて堆肥にしました。

煮だしたレモングラスは、土に埋めて堆肥にしました。

▼簡単!自家製コンポストの作り方

 

目次に戻る≫

組み合わせて好みのハーブシロップを作ろう!

1種だけのハーブシロップ作りに慣れてきたら、様々な材料を組み合わせて自分なりのシロップ作りをしてみてはいかがでしょうか。味覚のよしあしは本当に人それぞれ。日々の体調によっても変わります。自分の「美味しい」を探すのは楽しいです。

レモングラス風味のジンジャーシロップ

ジンジャエールが好きな方におすすめの組み合わせ。作り方はレモングラス単品の分量と同じです。今回は、生姜(ショウガ)、レモングラス、シナモン、クローブの4種類で作ってみました。この他、カルダモンやベイリーフ、八角などのスパイス類を入れるとより深い味わいになります。辛口ジンジャエールが好きな方はトウガラシもおすすめ。

ジンジャエールが好きな方におすすめの組み合わせ。

今回は、生姜(ショウガ)、レモングラス、シナモン、クローブの4種類で作ってみました。分量はレモングラスのシロップの配合割合と同じです。

レモングラスやシナモンなどの材料合計が50gだったので、砂糖 100g、水 200cc、レモンしぼり汁1/2個分で作りました。

この他にもカルダモンやベイリーフ、八角などのスパイス類を入れるとより深い味わいになります。辛口ジンジャエールが好きな方はトウガラシを入れるとピリ辛に。色々な配合で作ってみたくなります。

 

大さじ1/2のシロップをソーダ水で割った自家製ジンジャエール

大さじ1/2のシロップをソーダ水で割った自家製ジンジャエール

目次に戻る≫

ハーブシロップ作り方はとても簡単!短時間で作ることができます。自分の好きなハーブで作ってみませんか。

 

 

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「育てて作ろう!レモングラスのハーブシロップの作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【数量限定・送料無料】"世界で1つだけの苔玉” みんなで作ろう!ストアオリジナル・初めての苔玉DIYキット(ポトス・グローバルグリーン)【10/29発送】

販売価格:3,850円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 スラワ 5球入り

販売価格:660円(税込)

【限定販売・10/27〆切】寒さに強く・長く咲く!フリル咲きビオラ「ミルフル 3苗」栽培セット(鉢・土・鉢底石付き)

販売価格:1,980円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A