爽やかな香りのハーブ!レモンバーム(メリッサ)の育て方や楽しみ方

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

レモンバーム、別名をメリッサと呼ばれるハーブをご存知ですか?レモンを思わせる香りのよさが魅力のハーブです。レモンバームの花の咲く季節、名前の由来、ハーブとしての使い方や楽しみ方、育て方や増やし方まで紹介します。

目次

レモンバーム(メリッサ)とは?レモンバーム基本情報

学名:Melissa officinalis 科名:シソ科 属名:メリッサ属 分類:多年草 レモンバーム(メリッサ)の特徴 レモンバームは地中海地方原産の多年草のハーブです。今では、ヨーロッパ各地やアメリカなどまで広がり自生しています。レモンバームの花色は白、草丈は60㎝くらいまで生長します。品種には明るい黄緑色の葉をもつ‘オーレア’等があります。

  • 学名:Melissa officinalis
  • 科名:シソ科
  • 属名:コウスイハッカ(メリッサ)属
  • 分類:多年草

レモンバーム(メリッサ)の特徴

レモンバームは地中海地方原産の多年草のハーブです。今では、ヨーロッパ各地やアメリカなどまで広がり自生しています。レモンバームの花色は白、草丈は60㎝くらいまで生長します。品種には明るい黄緑色の葉をもつ‘オーレア’等があります。

レモンバームはレモンを思わせるような爽やかな香りが特徴です。摘み取ったばかりのフレッシュな香りはもちろん、ドライフラワーにしたり、アロマオイルにしても楽しまれています。

レモンバームの別名はメリッサ

レモンバームはメリッサという別名でも呼ばれています。メリッサは学名のMelissaに由来しています。レモンバーム(Lemon balm)というのは英名です。

この学名のMelissaはギリシャ語でミツバチを指すmelittenaが由来とされています。

レモンバーム

  • レモンバームはシソ科の多年草のハーブです。レモンに似たさわやかな香りがするのでハーブティーや料理の香りづけとして使われています。 レモンバームは初夏に小さな白い花が開花します。レモンバームの花はミツバチが好むことから、ギリシャ語でミツバチを意味する「メリッサ」という名でも呼ばれています。この学名のMelissaはギリシャ語でミツバチを指すmelittenaが由来とされています。 レモンバームは葉の色が明るい緑色なので、庭や花壇に植栽すると明るい雰囲気の植栽になります。性質がとても強い多年草で、初心者でも簡単に育てることができます。  

 

目次に戻る≫

レモンバーム(メリッサ)と蜂蜜の関係

レモンバームの花にはミツバチが集まるので、かつては大切な蜜源とされていたそうです。レモンバームはハーブとして楽しむだけでなく、蜂蜜を採取するためにも利用されていました。

さらに果樹の近くにレモンバームを植えておくと、ミツバチが寄ってくるので受粉されやすくなるというメリットもあったようです。

もちろんレモンバームティーに蜂蜜を加えてもおいしくいただけます。

目次に戻る≫

レモンバーム(メリッサ)の使い方、楽しみ方

レモンバームはとっても香りのよいハーブです。レモンバームの使い方、楽しみ方を紹介します。

レモンバームはとっても香りのよいハーブです。レモンバームの使い方、楽しみ方を紹介します。

レモンバーム(メリッサ)ティーの作り方

レモンバーム(メリッサ)ティーの作り方

レモンバームの葉をティーポットに入れて、熱湯を注ぎます。ティーコゼーなどがあれば冷めないように被せて、5分程蒸らしたら出来上がりです。

 

カップに注いでレモンバームの爽やかな香りのお茶を楽しみましょう。暑い季節はアイスティーにしても楽しめます。

カップに注いでレモンバームの爽やかな香りのお茶を楽しみましょう。暑い季節はアイスティーにしても楽しめます。

レモンバーム(メリッサ)ウォーターの作り方

レモンバーム(メリッサ)ウォーターの作り方

レモンバームとレモングラスは適当なサイズにカットして、手で叩いて香りを出してから容器に入れます。ミネラルウォーターや湯冷ましを注ぎます。冷蔵庫で1晩冷やしたら出来上がりです。

朝一番に飲むお水の香りがよいと、1日を気持ちよく始められます。

レモンバーム(メリッサ)ポプリの作り方

レモンバームが育ちすぎてしまった時や、剪定時に切った枝をポプリにして楽しみの一つです。

レモンバームを枝のままミニブーケのように束ねて、風通し良く直射日光の当たらない場所で数日吊るしておきます。触ってカリカリになっていると感じたら完成です。そのままベッドサイドや玄関に吊るしても、崩して小さな布袋に詰めて枕元に置いても楽しめます。

レモンバームは乾燥させると香りが弱くなります。しっかり香りを楽しみたいのであれば、レモンバームのアロマオイルを数滴垂らす方法もおすすめです。

目次に戻る≫

レモンバーム(メリッサ)のアロマの魅力

香りが魅力のハーブ、レモンバーム。ただし、レモンバームの精油は非常に希少価値が高いため値段も高価です。レモンバームはまずフレッシュでその香りを楽しむことをおすすめします。

レモンバーム(メリッサ)のアロマオイルの楽しみ方

レモンバームの精油(100%のエッセンシャルオイル)は高価ですが、レモンバームのブレンドされたオイルも流通しています。肌につけたりお風呂に入れたりするのでなければ、ブレンドされたアロマオイルでも十分に香りは楽しめます。

目次に戻る≫

レモンバーム(メリッサ)の花の季節

レモンバームの花咲く季節は初夏から夏です。白い小さな花を咲かせます。

レモンバーム(メリッサ)の花が咲いたら?

レモンバームは他のハーブ同様に花が咲くと、株全体の香りが弱くなってしまいます。葉の爽やかな香りを楽しむのであれば、花が咲く前につぼみを摘み取ったほうがいいでしょう。

レモンバーム(メリッサ)のタッジー・マッジー

レモンバームの花が咲いたら、タッジー・マッジーにして親しい人に贈ってみるのはどうでしょう。

タッジー・マッジーとは、ステム(茎の部分)が手のひらに納まるくらいの小さなブーケのことです。イギリスに昔から伝わるもので、華やかな花を中心にハーブを一緒に円形に束ねます。かつては悪霊や病魔から身を守るために贈られる花束だったそうです。

レモンバームの花が咲いたらタッジー・マッジーにして、身近な人の幸せを祈る為に贈るというのも素敵なプレゼントです。

目次に戻る≫

レモンバーム(メリッサ)の育て方

レモンバームはとても育てやすいハーブです。レモンバームの育て方を紹介します。

レモンバームはとても育てやすいハーブです。レモンバームの育て方を紹介します。

レモンバーム(メリッサ)の植え付け、用土

レモンバームは日当たりと水はけの良い土壌を好みます。真夏は直射日光を避けられる木陰のような場所に移動させます。

鉢植えのレモンバームは市販の園芸用培養土で問題なく育ちます。

レモンバーム(メリッサ)の水やり

レモンバームの水やりは植え付け時と表土が乾いたタイミングでたっぷりと与えます。株が大きく生長し、葉が混み合ってきたら加湿にならないように気を付けましょう。株元の土を確認し、白っぽく乾いていたら鉢底から水が流れ出るくらいにたっぷりと水やりを行います。

レモンバーム(メリッサ)の肥料

レモンバームは植え付け時に元肥を与えます。レモンバームは肥料が切れると葉が黄ばんできます。こまめに様子を見て適宜緩効性肥料を与えます。

レモンバーム(メリッサ)の病害虫と対処法

レモンバームは比較的病害虫の被害が少なく育てやすい植物ですが、夏の乾燥が続くような時はハダニが発生しやすくなります。こまめに霧吹きなどで葉裏にも水分を与えるようにしましょう。

たくさん収穫できる!レモンバーム(メリッサ)の摘心方法

レモンバームは春に枝の先端の方を摘み取ると、そこから枝分かれして株が大きくなるので、収穫量も増えます。

 

レモンバームの切り戻し

定期的にレモンバームの株を全体的に切り戻しておくと、そこから枝分かれして新しい葉が出てくるので、シーズン中にたくさんの葉を収穫することができます。また、切り戻しは梅雨や猛暑の間の株の蒸れ対策にもなります。

定期的にレモンバームの株を全体的に切り戻しておくと、そこから枝分かれして新しい葉が出てくるのでシーズン中にたくさんの葉を収穫することができます。また、切り戻しは梅雨や猛暑の間の株の蒸れ対策にもなります。

 

レモンバームの新しい葉は、茎の節のところから芽吹きます。葉が痛んだりしたら、どんどん切り戻をして葉っぱを更新しましょう。

レモンバームの新しい葉は、茎の節のところから芽吹きます。葉が痛んだりしたら、どんどん切り戻をして葉っぱを更新しましょう。

 

目次に戻る≫

レモンバーム(メリッサ)を挿し木で増やしてたくさん収穫しましょう

レモンバームは挿し木で増やすことができます。レモンバームの挿し木を行うなら真夏と真冬を避けた、春か秋の暖かいときに行います。

レモンバームの枝を3節くらいで切り取り、下2節は葉を取って水に浸け、しっかりと吸水させます。

葉を取り除いた2節がしっかりと地面に埋まるように土に挿し、水を切らさないようにこまめに水やりを行います。先端から新しい葉が出てきたら根付いた証拠です。あとは大きくなるのを待って、収穫を楽しみましょう。

目次に戻る≫

爽やかな香りが魅力のハーブ、レモンバーム。育て方も増やし方も簡単です。この機会にレモンバームを育てて、暮らしに取り入れてみませんか。

 

 

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「爽やかな香りのハーブ!レモンバーム(メリッサ)の育て方や楽しみ方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・3~4月発送予約注文】雑草対策のグランドカバー 「タピアン」 (宿根草バーベナ)3色6苗セット

販売価格:3,080円(税込)

【送料無料・12/24以降お届け】春の花 チューリップ 花束 ミックス 15本入り ギフト

販売価格:4,400円(税込)

【送料無料】クリスマスローズ おまかせ3株セット (開花予定株 約13.5cmポット苗)

販売価格:5,940円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A