セダム・虹の玉(ニジノタマ)の育て方|植物図鑑

植物名
セダム・虹の玉(ニジノタマ)
学名

Sedum

英名
Spanish stonecrop
和名
虹の玉
科名
ベイケイソウ科
属名
セダム属
原産地
メキシコ

セダム・虹の玉(ニジノタマ)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え替え
肥料

セダム・虹の玉(ニジノタマ)の栽培環境

日当たり・置き場所

セダムは高温多湿が苦手なので、梅雨時は気を付けましょう。屋外で管理の場合は雨のあたらない風通しの良い場所へ移動させます。寒さに非常に強く、真冬でも凍らない程度であれば、外に置いておいて雪や霜にあたっても大丈夫です。

用土

土は、市販されているサボテン・多肉植物用の培養土がおすすめです。

セダム・虹の玉(ニジノタマ)の育て方のポイント

水やり

水は、土が乾いたら与えましょう。セダムは葉に水分を蓄えるため多少の乾燥には耐えることができます。水が多すぎると、きれいな赤色にならないので、その点に注意しましょう。水のやりすぎは、葉が落ちる原因や、徒長してひょろひょろとした株になってしまいます。気を付けましょう。セダムは「春秋型」の多肉植物なので、休眠期の夏と冬は水やりは控えめに、乾燥気味にします。
春・秋・・・日当たりの良い場所に置き、土が乾いたら鉢底から水が出るくらいたっぷりお水をあげましょう。
夏・・・ほぼ断水します。夏は夕方など涼しくなってから、葉水か、土が半日くらいで乾くくらいの水を与えます。高温多湿が苦手なので、下手に水を与えることで蒸れて株が痛んだり、根腐れを起こしやすくなりますので気を付けましょう。
冬・・・ほぼ断水します。水を切ることで耐寒性を高めることができます。

肥料

肥料は、植えるときに土に混ぜておけば、頻繁にやる必要はありません。液体の物も、頻繁に与える必要はありません。

病害虫

セダムは害虫が付く事はあまりありませんが、風通しが悪い場合はアブラムシカイガラムシがつくこともあります。
アブラムシは3月から5月に多く発生する害虫です。新芽や茎、若い葉や葉の裏にくっついて吸汁して株を弱らせます。春から秋に発生するので見つけ次第、駆除しましょう。
カイガラムシがつくと樹液を吸われてしまい、株が弱り生育も悪くなり衰え枯れてしまいます。カイガラムシは国内で約400種が発見されており、大きさや形なども様々であり、カイガラがあるのとないものもいます。野菜や果樹、草花、サボテン、ラン、観葉植物と様々な植物に発生し、吸汁(きゅうじゅう)します。見つけた場合は早めに駆除しましょう。

セダム・虹の玉(ニジノタマ)の詳しい育て方

選び方

葉がぷっくりとしたものを選ぶと良いでしょう。葉と葉の間隔が長く間延びしていないほうが、秋から春は葉が赤くなる時期なので、赤色がきれいなものを選ぶのをおすすめします。

剪定・切り戻し

どんどん上に伸びていきますので、気になるようであれば好きな位置でカットしましょう。そこから分枝してバランスよくなります。

植え替え・鉢替え

植え替えに適している時期は、春か秋です。年に1回は植え替えるようにしましょう。

株が大きくなると黄色い星型の花を咲かせます。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

適当に切って、増やしたいプランターなどに挿しておくだけです。挿し木に使う部分は、植え替え時や普段の管理で折れてしまったものでもよいです。成長して伸びてしまったときや脇芽が伸びたときなどに行ってもよいでしょう。春か秋に挿すとすぐに根付きます。

基本情報を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング