ルッコラの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ルッコラ
学名

Eruca vesicaria

英名
Rocket,Arugula
和名
ルッコラ
科名
アブラナ科
属名
キバナスズシロ属
原産地
地中海沿岸

ルッコラの特徴

ルッコラは地中海沿岸原産の一年草です。ゴマのような風味があり、多少辛みも感じます。若い葉をサラダに入れて食べると大変美味しく、その他おひたしや炒め物、肉料理の付け合せ等、用途は幅広いです。

ルッコラは発芽率が高く、病気等もほとんど無いので初心者にも育てやすいハーブの一つです。種まきの時期をずらせば、ほぼ1年中収穫出来ます。

ルッコラは地中海沿岸が原産といわれています。古代ギリシャや古代ローマ時代には、すでに食用ハーブとして栽培されていたハーブです。古代エジプトでは、クレオパトラが美しさを保つために、好んでルッコラを食べたといわれています。

ルッコラの詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 20~30cm
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや弱い
花色 白色

ルッコラの冷蔵保存

根を付けた状態で濡らしたキッチンペーパーに包んだ後、ポリ袋に入れて冷蔵庫に保存します。この時できるだけ、植わっているときと同じように立てて保存すると長く持ちます。

ルッコラの冷凍保存

ルッコラをたくさん作り過ぎたときは、他の葉物同様に固めに茹でて、冷水で冷やし、しっかりと水けをきって小分けにしてラップに包みます。ルッコラはサラダにするのが一般的ですが、お浸しやペースト状にしてソースに使ってみたり、トマトベースのお鍋にたっぷり入れるなど、ご自宅でたくさん育てたルッコラを存分に活用してみてはいかがですか?

ルッコラの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
収穫

ルッコラの栽培環境

日当たり・置き場所

ルッコラは、日当たりの良い場所を好みます。風通しの良い場所で育てましょう。

温度

ルッコラは生育適温も15~25℃で、比較的寒さに強い植物です。

用土

プランター栽培のルッコラは、野菜用の培養土で育てましょう。

畑栽培のルッコラは、堆肥や元肥を入れる2週間前位には石灰を入れ耕しましょう。その後堆肥と元肥を入れ土になじませましょう。

ルッコラの育て方のポイント

水やり

ルッコラは多湿が苦手です。水やりは土が乾いてからで十分です。土やルッコラの状態をよく観察してあげてください。

肥料

外葉から収穫する場合は、2回目の間引き後、2週間に1度追肥をしましょう。

株ごと収穫するときは、栽培日数が短いため元肥だけで育てても充分育ちます。この時、肥料のあげすぎは禁物です。窒素肥料が多すぎると、葉で合成されるアミノ酸が過多になり、アミノ酸が大好きなアブラムシが集まってくるためです。植物を育てる方なら、この厄介なアブラムシは是非とも避けたいはずです。適量の肥料で元気に育てましょう。

病害虫

アオムシ がルッコラを好んで食べます。葉に濃い緑色の糞(ふん)を見つけたら、それはアオムシがいる証拠です。今後の予防のためにも、木酢やニームなどの忌避剤をスプレーで噴射しながら、丁寧に一枚一枚アオムシがいないかチェックしましょう。

種をまいたはずの場所なのにまったく芽が出ていなかったり、葉が全滅して茎だけになっていたりしたことはありませんか?それは、ヨトウムシ・カブラハバチの仕業です。被害にあったばかりの葉の下の土を1cm程、割りばしなどで土を探ってみてください。茎葉をたっぷり食べて肥えたヨトウムシらが、きっと見つかるはずです。

ルッコラの詳しい育て方

選び方

好きな品種の種か苗で購入します。苗は葉が生き生きとした緑色で、虫に食われていない苗を選びましょう。

種まき

ルッコラの発芽は適温15~25℃です。

深さ1cmの溝を15cm間隔に作り、筋まきで種をまいて下さい。この時丁寧に1cm間隔で種をまくと、その後の間引きが大変楽になります。 最後に、上から軽く土をかけ、手で軽く抑えるようにして、お水をたっぷりあげましょう。

植え付け

ルッコラは苗からというよりも、種で直まきして間引きながら育てることの方が多いかもしれません。

苗で購入したルッコラは、霜が降りる心配のない季節と真夏以外なら植え付け可能です。

間引き

ルッコラの間引き~1回目

ルッコラの本葉が2~3枚になったら、1回目の間引きの時期です。生育の悪いもの、葉が傷んでいるものを選んでそっと間引いてあげましょう。株間2~3cmが目安ですので、生育に合わせて、込み合わない程度に間引きましょう。
仕上げは、根もとに土寄せをして根が地部に出てしまわないように整えてあげましょう。この時、間引いたルッコラはサラダにして食べることができますが、必ずまいた種の袋の裏を確認し、「農薬処理有」という記載があるか確認しましょう。この時、気になるようでしたら双葉の部分を除き、本葉の部分を食べましょう。

ルッコラの間引き~2回目

2回目は本葉が4~5枚になって、隣どうしの葉が重なりあって込み合ってきたときです。株間4~5cmが目安ですので、1回目同様に込み合わない程度に間引きましょう。間引いた後は、根もとに土を寄せルッコラの苗を安定させてあげましょう。間引き後は、1回目同様食べらることができます。

ルッコラは、気温が高くなると、とう立ちして花芽ができ、開花します。 長く収穫するためには、摘蕾してしまいましょう。ルッコラの花や蕾は食べることができます。

ルッコラは、気温が高くなると、トウ立ちして花芽ができ、開花します。
長く収穫するためには、摘蕾してしまいましょう。ルッコラの花や蕾は食べることができます。

収穫

葉の長さが10~15cmになったら収穫の時期です。 ルッコラの収穫方法は2つあります。

1つは、株ごと収穫します。特に、春まきのルッコラは株ごと収穫するとよいとされています。というのも、ルッコラは気温が高くなるとトウ立ちし、そのまま放っておくと花が咲いてしまって、葉がどんどん固くなってしまうからです。

2つめは、外葉からの収穫です。主に秋まきのルッコラは、外葉を収穫しながら育てます。その際は、摘蕾(てきらい)を忘れずに行いましょう。ちなみにルッコラは花や蕾(つぼみ)もサラダやスープにして食べる事が出来ます。外葉からの収穫で長い間、一つの株からルッコラの収穫を楽しむことが出来ます。

2つの収穫方法が楽しめるルッコラですが、初心者の方は長く収穫できる、外葉からの収穫をおすすめします。慣れてきたら、種をまく時期をずらして、順次株ごと収穫できるようにしてみてはいかがでしょうか。

夏越し

夏場は摘蕾(てきらい)することで、長く収穫できますが、かなり葉が硬くなります。

冬越し

秋にまいたルッコラを、冬に外葉から長く収穫することができます。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ルッコラは主に種で増やします。

ルッコラ栽培には寒冷紗を利用しよう

害虫を避けるために、支柱を立てて寒冷紗を被せることをお勧めします。なるべく土と寒冷紗の間に空間ができるように、弓状に曲がるトンネル支柱を90cm位の間隔で土にしっかり差し込みます。その支柱の上に寒冷紗をかけ、風で飛ばないように、しっかりと専用のUピンやレンガ、土などで固定してください。尚、高温多湿が苦手なルッコラなので、蒸れるようでしたら時期をみて寒冷紗を外してください。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング