鏡餅はいつまで飾る?鏡開きはいつ?鏡餅の飾り方や食べ方を紹介

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

鏡餅はお正月に欠かせません。鏡餅はなぜ飾るのでしょうか。鏡餅はいつから飾るのか、いつまで飾るのか。鏡開きはいつ行うのか、鏡開きの意味。鏡餅の飾り方や食べ方など、鏡餅についてわかりやすく紹介します。

目次

鏡餅とは?鏡餅の由来と意味

鏡餅とは、お正月に飾る2段に重ねられた丸いお餅のことです。なぜ、この2段に重ねたお餅を鏡餅と呼び、お正月に飾るようになったのかを紹介します。

鏡餅とは、お正月に飾る2段に重ねられた丸いお餅のことです。なぜ、この2段に重ねたお餅を鏡餅と呼び、お正月に飾るようになったのかを紹介します。

鏡餅とは?鏡餅の意味

鏡餅は新年の神様である、年神様の依り代、つまり居場所です。

そもそもお正月とは、新年の神様である年神様を自宅に迎え入れるための行事です。年神様は新しい年の幸福を持ってきてくれます。来ていただいた年神様をもてなすために用意するのが鏡餅です。年神様の依り代であり、お供え物でもあります。

鏡餅の由来

鏡餅の由来は、丸く成形したお餅を鏡に見立て、その鏡で陰と陽を表現するために2つ重ねて飾られます。

日本に伝わる3種の神器、八咫鏡(やたのかがみ)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)にも鏡があるように、鏡は神様が宿る神聖なものとされてきました。さらにお餅には稲(お米)の神様が宿っていると考えられていました。お米の神様が宿るお餅を鏡に見立てて、年神様の依り代としたのが由来です。

目次に戻る≫

鏡餅の飾り方

鏡餅の正式な飾り方は、三方の上に半紙、裏白やユズリハを敷き、その上に重ねた丸いお餅を乗せ、色付いた橙や昆布、干し柿を飾ります。さらに周囲に海の幸や山の幸をお供えすることもあります。

三方とは神前に供物を供える際に使用する、台の付いた白木の器のことです。鏡餅は神様への供物です。鏡餅を飾る際には、三方が無くても直接床に置くようなことはせずに、お盆や器の上に半紙を敷いて飾るようにすると神様に失礼がなくてよいでしょう。

▼鏡餅の飾り方についてもっと詳しく

 

目次に戻る≫

鏡餅はいつからどこに飾る?

鏡餅はいつから飾る?

鏡餅をいつから飾るのかについては、諸説色々です。地方によっても異なるようです。一般的に鏡餅を含むお正月飾りなどは、12月29日と31日を避けた、12月の半ば過ぎから飾ります。

今の私たちの生活では、12月25日まではクリスマスです。クリスマスの片づけを済ませて、12月26日以降に始めれば問題ありません。

鏡餅はいつまでに飾ればいいの?

鏡餅は12月29日を避けた、30日までに飾りましょう。29日と31日を避ける理由は、29日は末尾の9という数字が「苦」を連想させる、31日は一夜飾りと言って縁起が悪いとされています。他のお正月飾りも、一夜飾りは縁起がよくないと言われ避けられています。

12月30日には鏡餅以外のお正月飾りも取り付けて、ゆとりをもってお正月を迎えるようにしましょう。

鏡餅はどこに飾る?

鏡餅を飾る場所は、神様に滞在していただく場所です。床の間や神棚に飾るのがベストです。床の間や神棚がなければ、リビングや人の集まる部屋でも問題ありません。

ただしその際は、年神様を見下ろすようなことはしないように、少し高いところに飾るとよいでしょう。年神様とお正月を一緒に過ごすという気持ちで飾ってください。

目次に戻る≫

鏡餅はいつまで飾る?いつ下げる?

鏡餅はいつまで飾る?

鏡餅を飾るのは鏡開きまでです。鏡開きは松の内(1月1日~7日)が明けてから1月11日に行います。地方によっては1月15日というところもあります。松の内というのは年神様が滞在している期間なので、この間は鏡餅を下げないようにしましょう。

鏡餅を片付けるタイミングは?

鏡餅を片付けるタイミングは、松の内が明けて、鏡開きの日です。鏡開きについてはこの後、詳しく説明します。

鏡開きには鏡餅を下げますが、鏡餅は捨てないようにしましょう。年神様の依り代だった鏡餅は最後に食べることに意味があります。

目次に戻る≫

鏡開きとは

鏡開きとは、年神様の依り代として飾ってあった鏡餅を下げて、鏡を開くことで年神様をお見送りし、さらにお餅を食べることで年神様の恩恵を体内に取込み、無病息災を願う儀式です。さらに日数が経過し、固くなった鏡餅を食べることで歯固めと言って、丈夫な歯で長生きしようという意味もあります。

鏡餅はただ飾るだけではなく、最後に食べるところまでに意味があります。

鏡開きはいつ?

鏡開きは松の内(1月1日~7日)が明けた1月11日に行います。なぜ松の内が明けてすぐの1月8日ではないのかについてははっきりしませんが、1が3つ並ぶことから験を担いだとも言われています。

松の内が1月15日という地方では、鏡開きを1月15日や20日に行います。

鏡開きでやってはいけないことは?

鏡開きでやってはいけないことは、刃物で切ることです。理由は、武家の慣わしで刃物は切腹を連想させるからという説や、神様の依り代だった鏡餅に刃物を入れてはいけないからだという説があります。

鏡開きでは下げた鏡餅を木槌等で割ります。木槌で割ったあとは食べやすいように手で細かくしましょう。

目次に戻る≫

鏡餅はいつ食べる?

鏡餅を食べる日付に決まりはありません。鏡開きをしてから何日も放っておくのではなく、その日のうちにいただくようにしましょう。もちろん食べきれなければ翌日に持ち越しても問題ありません。鏡餅は神聖な食べ物です。欠片も捨てたりしないで、きれいに食べきりましょう。

目次に戻る≫

鏡餅の食べ方

鏡餅の食べ方にも決まりはありません。鏡餅はお正月の数日間飾ってあったものなので、とても固くなっています。そのまま食べることは無理です。お雑煮やお汁粉などに入れて柔らかく煮てからいただくのが一般的です。

鏡餅は神聖な食べ物なので、欠片も残さず食べるようにしましょう。お雑煮やお汁粉などにして煮込んでしまえば、小さな欠片も食べやすくなります。

固くなったお餅は加熱することで柔らかくなるので、他にも家庭ごとに素敵なレシピを考案してみてください。

目次に戻る≫

鏡餅はしめ縄やお正月飾りと片付けるタイミングが違います!

鏡餅としめ縄やお正月飾りは片付けるタイミングが違います。鏡餅を下げるのは鏡開きに行います。

しめ縄やお正月飾りは、松の内が明けたら片付けるようにしましょう。松の内は地方によって違いますが、概ね1月1日~7日、または15日までです。松の内が明けると、年神様はお帰りになります。お正月はおしまいです。

しめ縄やお正月飾りは、松の内が明けたら片付けるようにしましょう。松の内は地方によって違いますが、概ね1月1日~7日、または15日までです。松の内が明けると、年神様はお帰りになります。お正月はおしまいです。

しめ縄やお正月飾りは1月8日(地方によっては16日)の朝に下ろして片付けるようにしましょう。

▼正月飾りはいつからいつまで飾る?

 

目次に戻る≫

日本のお正月の風習はちょっと複雑。わかっているようで曖昧なことがはっきりすると気持ちがよいものです。鏡餅の飾り方をマスターして、晴れやかなお正月をお迎えください。

 

 

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「鏡餅はいつまで飾る?鏡開きはいつ?鏡餅の飾り方や食べ方を紹介」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【LOVEGREEN 別注】ハンドクリエーション 生花用はさみ

販売価格:2,695円(税込)

一輪挿し Flowery Tale フラワリーテイル 本のような花瓶 黒

販売価格:3,300円(税込)

【送料無料】胡蝶蘭 パプリカ 5号3本立ち

販売価格:8,690円(税込)

SPECIAL

おすすめ