浴室の環境に向いている観葉植物10選と管理で気をつけたいこと

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

logo getty

浴室の環境でも比較的育てやすい観葉植物と、浴室に置く上で気をつけたい管理のこともまとめてご紹介します。浴室に観葉植物を置いてみませんか。

スペースがない場合でも、ゆっくり入浴するタイミングに、その時だけ観葉植物を持ち込んでリラックスタイムを楽しんでみるのもいいかもしれないです。

目次

まずはお風呂チェック!

この2点はお風呂で観葉植物を楽しむためには重要になります。

・窓はありますか?

・日当たり、風通しはどんな感じ?

観葉植物には日光と風通しが大事

日当たり

上記のチェックポイントで、窓がなかったり、日当たり、風通しが悪かったりするお風呂場は、観葉植物を育てるには好ましくはありません。 日当たりが悪く、窓がないお風呂場に観葉植物を飾りたい場合は、ずっとお風呂場に置くことは避けて、日当たりと風通しの良い環境に移動するように。レースのカーテン越しの明るい日陰や半日陰で日に当てて育てることが望ましいです。朝、出かける前に日当たりの良い場所へ移動させるのもよいでしょう。

風通し

窓がある場合は、日頃から窓を開けて換気をしましょう。観葉植物にとって、窓の閉めっぱなしはお風呂場に限らず好ましくありません。 特に浴室内は湿気もこもりがち。この状態が続くと観葉植物は蒸れて、葉を落としたり、病害虫への抵抗力を失ってしまったりと、観葉植物の傷みや枯れる原因になります。

耐寒管理

浴室は気温が低くなりやすい環境です。これからご紹介する浴室に向いている観葉植物は、高温多湿を好みますが、寒さには弱い植物が多いです。

秋以降、窓際に置いている場合は、気温の変化に要注意。夜に急激に温度が下がるので、いつの間にか枯れてしまう可能性があります。 寒くなってきたら植物の様子を見て、浴室から室内の部屋に移動した方がよい場合もあります。

窓がない浴室の場合など、温度があまり下がらない環境もありますので植物の様子を観察しながら調整しましょう。

目次に戻る≫

浴室に向く観葉植物

ここで紹介する観葉植物は、日当たりの悪い場所でも育てることができる「耐陰性」のある種類をピックアップしています。いくら耐陰性が強くても、あまり長期間暗い場所に置き続けると、さすがに弱ってしまいます。日当たりが悪い場合は、お気をつけください。

アジアンタム

アジアンタム

ライトグリーンの細かい葉が空間を明るく演出してくれるアジアンタム。寒さには弱いため、冬場、10℃程度になったら暖かい室内に取り込むようにしてください。冬は生長が緩慢になります。水やりの回数は減らし表面の土が乾燥してから2~3日経ってから水やりをしてください。

▼アジアンタムの詳しい育て方

アジアンタム

  • アジアンタムはイノモトソウ科ホウライシダ属に分類されるシダ植物の総称です。世界の温帯~亜熱帯に分布しており、その数は200種を超えるそうです。 日本でも温暖な地域にはホウライシダ属が自生しています。 アジアンタムの特徴は薄く小さい葉です。非常に繊細な雰囲気を持ったものが多く、シャワシャワとした葉は観葉植物として人気が高いです。 アジアンタムはその葉の薄さから乾燥と寒さに弱いです。しかし、耐乾燥性と耐寒性は品種によって異なり、日本に自生しているようなホウライシダは0℃程度まで耐えられます。 一般的に観葉植物として販売されているアジアンタムはそこまで耐寒性があるわけではないので、冬場は室内などに入れると良いと思います。

 

フレボディウム

青みがかった色と、マットな質感の葉が特徴のシダ植物です。 高温多湿に強く、耐陰性もあるため、日光が入る浴室で育てやすい観葉植物です。 株の中心から広がるように生長し、光が当たると細く繊細な葉脈が透けて見えるところもオススメポイントです。

▼フレボディウムの詳しい育て方

フレボディウム・アウレウム

  • 羽のようにひろがる銀緑色の葉が魅力的なシダの仲間です。 ポイントは「ダイオウウラボシ(大王裏星)」という和名の由来にもなった、葉裏に並ぶ2列の胞子嚢(ほうしのう)です。 日差しに透かして見ると星のように整然と並んでおり、植物でありながら、人工的な美しさを感じさせてくれます。 ヤシのように大きく裂ける葉の形もユニークです。 和でも洋でもなく、熱帯風でありながらクールなアート的雰囲気にあふれています。ブルースターとも呼ばれます。 また、光に当たると青白く輝く葉は非常に美しく、大きな葉ともなるとその存在感は計り知れません。

 

アスプレニウム

アスプレニウム

黄緑色の葉がさわやかな印象のアスプレニウムは、湿気のある環境を好みます。そのため浴室など湿度の高い場所でも育てやすいです。風通しの良い明るい日陰のような場所で管理してください。寒さには弱いので冬は暖かい場所で管理し、こまめに葉水をするのがよいでしょう。

▼アスプレニウムの詳しい育て方

アスプレニウム

  • アスプレニウムは主に熱帯~亜熱帯地域に多く分布しているシダ植物で、約700種存在すると言われています。日本ではオオタニワタリなどが沖縄などに分布しています。その他園芸品種として良く流通するものとしてエメラルドウェーブやアビスというものがあります。いずれも基本的には常緑のシダ植物で、半日陰~日陰を好みます。また、オオタニワタリなど一部のアスプレニウムは新芽を食用とする場合があります。

 

オリヅルラン

オリヅルラン

耐陰性だけではなく、耐寒性も優れ、丈夫で育てやすいことで昔から人気の定番観葉植物です。子株で増やすことができたり、水耕栽培もできたりといろいろ楽しめます。浴室の窓辺に吊るして飾ってもよさそう。

▼オリヅルランの詳しい育て方

オリヅルラン

  • オリヅルランは北欧とヨーロッパ以外に広く分布しています。オリヅルランは200種以上原産しているといわれており、一般的に観葉植物として育てられているオリヅルランは数種類のみです。オリヅルランとして多く流通しているのはChlorophytum comosum という種類とその園芸品種です。中でも斑入り品種であるナカフオリヅルラン、ソトフオリヅルランが代表的なオリヅルランです。その他にアフリカ原産のシャムオリヅルラン、葉の先がカールするボニーという品種なども流通しています。 オリヅルランは春~秋にかけてランナー(匍匐茎)の節から白い花を咲かせます。耐寒性があるため関東以南の暖かい地域であれば屋外越冬することが可能です。また、根茎が生きていれば地上部が枯れても生長期になると芽を出します。

 

セローム

セローム

水を好み、強い日光が苦手なセロームも観葉植物の中ではお風呂での管理はしやすいほうです。水を好むとは言え、常に濡れっぱなしはNG。土が乾いてから水やりをしてください。

▼セロームの詳しい育て方

フィロデンドロン・セローム

  • セロームは直立性のフィロデンドロンで、切れ込みが入った大きい葉と突起の生えた幹が魅力的な観葉植物です。また、幹の途中から気根を出す場合があります。樹液にはシュウ酸カルシウムが含まれているため口に入らないよう注意しましょう。

 

モンステラ

モンステラ

切れ込みの入った大きな葉っぱが特徴のモンステラ。熱帯雨林に自生する植物なので耐陰性があり、日の入る多少暗めの場所や窓から離れた場所でも育てることは可能です。半日影、高温多湿を好むためお風呂に飾るには向いています。

▼モンステラの詳しい育て方

モンステラ

  • 大人気の観葉植物モンステラ。こんな風に生えている自生地へ行ってみたいと思うほど、迫力があります。モンステラは熱帯アメリカに分布するつる性(または半つる性)の植物で、20~40種類あると言われています。葉は生長するにつれ、縁から切れ込みが入ったり穴があき、独特な面白い姿になります。 モンステラは水が好きな植物ですが、大きな株になれば乾燥にも比較的強くなる強健な観葉植物です。モンステラは葉の縁に水孔(すいこう)と呼ばれる排水器官があり、朝方モンステラを見てみると葉の縁に水滴が付いていることがあります。全ての植物に水孔がついている訳ではないので、初めはビックリしてしまうかもしれませんが、モンステラの状態が悪くなっている訳では無く、むしろ健康な証拠なので気にしなくて大丈夫です。

 

コウモリラン(ビカクシダ)

コウモリラン ビカクシダ

コウモリランは東南アジア、オセアニア、アフリカ・マダガスカル、南アメリカに分布していて、「ビカクシダ」とも呼ばれるシダ植物です。高温多湿に強いので、浴室に飾って楽しむことはできます。コウモリランの名前でも流通しています。株元に張りつくように出た「貯水葉(ちょすいよう)」と鹿の角のような形をしている「胞子葉(ほうしよう)」二つの生長が楽しめます。寒さには弱いので、冬は浴室に置きっぱなしにしないで、暖かい室内で管理しましょう。

▼コウモリラン(ビカクシダ)の詳しい育て方

ビカクシダ(コウモリラン)

  • ビカクシダは世界中の熱帯地域に分布する着生シダ植物で、「コウモリラン」とも呼ばれています。「コウモリラン」と呼ばれる由来は、垂れ下がる葉を「羽ばたくコウモリ」に例えたものだと言われています。 自生地では樹木に根を張り、くっつくように生きています。栽培する環境に合った品種を選び、育て方のコツを掴めば栽培は難しくありません。葉は着生状態の形を目指して展開するので、板、コルク、ヘゴ等の着生材に仕立てて栽培すると自然で美しい草体に仕上がります。 ビカクシダは変種や交配種などが多く存在し、愛好家も年々増えています。1株だけでもカッコいいのですが、丸く群生にしたビカクシダはとても迫力があります。自生地では樹木に着生しており、大きな群生株が1つの木に複数ついていたり、枝がビカクシダで覆われていることもあるそうです。数十年生きた大型種のビカクシダは人の背丈を超える事もあり、まさにモンスター級のシダ植物です。

 

ポトス

熱帯地域原産のポトス。日当たりの悪い環境でも育ちますが、日光に当たっているほうが葉色も美しく、間延びしないで締まった株に育ちます。つる性なので吊るして飾るのもおすすめです。

▼ポトスの詳しい育て方

 

セネギネラ

セネギネラ

logo getty

高い湿度を好みます。半日陰、寒さに強く、這うように広がる性質があります。

 

クサソテツ

クサソテツ

logo getty

日陰や半日陰で育ちます。乾燥に弱く葉が枯れてしまうので、水を切らさないようにしましょう!

目次に戻る≫

浴室に観葉植物を飾る時に気をつけたいこと

最後にお風呂に観葉植物を飾る時に気をつけたいことをまとめました。

熱いシャワーはNG

私たちもいきなり熱々のお湯をかけられたらびっくり!それどころか火傷することだってあります。熱いシャワーが直接植物にかかることは避けてください。

シャンプー、ボディーソープの泡からは守ろう

無意識にシャンプーやボディーソープの泡などがはねて植物にかかっていることもあります。できれば泡などがかからないよう意識するほうが望ましいでしょう。

 

気になる観葉植物はありましたか。

植物と一緒に、身も心もリラックスできるバスタイムをお過ごしください。

目次に戻る≫

 

 

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「浴室の環境に向いている観葉植物10選と管理で気をつけたいこと」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス