ちょっと暗め?浴室やトイレにオススメ観葉植物5選

松本卓

松本卓

64107views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

浴室やトイレって出窓があってもちょっと暗いことが多いですよね。そこで今回は耐陰性がありちょっと暗い浴室やトイレに置くことが出来る観葉植物をご紹介します!

 

目次

はじめに

おすすめの観葉植物

 

はじめに

植物には耐陰性というものがあります。これは日光不足に耐える性質のことで、耐陰性の高い植物もいれば低い植物もあります。  耐陰性の高い植物は少し暗めの場所でも管理することが出来ますが、日光が嫌いという訳ではありません。そのため、健康な状態を維持するには出来るだけ日当たりのいい場所に置いたり、定期的に日光浴させることが必要です。

植物には耐陰性というものがあります。これは日光不足に耐える性質のことで、耐陰性の高い植物もいれば低い植物もあります。

耐陰性の高い植物は少し暗めの場所でも管理することが出来ますが、日光が嫌いという訳ではありません。そのため、健康な状態を維持するには出来るだけ日当たりのいい場所に置いたり、定期的に日光浴させることが必要です。

 

先ほど日光についてお話しましたが、日光以外にも植物にとってとても重要なものがあります。それは水やりと風通しです。観葉植物の中には乾燥に強いものがありますが、しっかりと水やりをしましょう。  浴室などは湿度が高く、蒸れてしまうことが多いです。そのため、土の表面がしっかり乾燥してから水やりを行うようにし、水やりやお風呂に入った後は換気をするようにしましょう。

先ほど日光についてお話しましたが、日光以外にも植物にとってとても重要なものがあります。それは水やりと風通しです。観葉植物の中には乾燥に強いものがありますが、しっかりと水やりをしましょう。

浴室などは湿度が高く、蒸れてしまうことが多いです。そのため、土の表面がしっかり乾燥してから水やりを行うようにし、水やりやお風呂に入った後は換気をするようにしましょう。

目次に戻る≫

 

おすすめの観葉植物

アスプレニウム

アスプレニウムはシダ植物に分類されており、耐陰性があります。また、高温多湿を好む傾向があるため浴室などの湿度の高い場所に置くことができます。  ただし、日光が極端に少ない場所に置くと徒長してしまったり葉色が悪くなってしまうため、定期的に日光浴をさせてください。そうすることでカビの発生を抑えたり、アスプレニウムの状態異常を察知しやすくなるでしょう。

アスプレニウムはシダ植物に分類されており、耐陰性があります。また、高温多湿を好む傾向があるため浴室などの湿度の高い場所に置くことができます。

ただし、日光が極端に少ない場所に置くと徒長してしまったり葉色が悪くなってしまうため、定期的に日光浴をさせてください。そうすることでカビの発生を抑えたり、アスプレニウムの状態異常を察知しやすくなるでしょう。

アスプレニウム

  • アスプレニウムはアスプレニウム属に分類されるシダ植物の総称で、品種名ではありません。

    代表種としてシマオオタニワタリやアスプレニウム・エメラルドウェーブなどがあります。

    アスプレニウムは世界の熱帯に分布しており、650~700種程度存在していると言われています。シダ植物のため耐陰性が強く室内で育てる事も可能です。

    また、強い日光は苦手なので遮光や日陰に置く必要があります。

    オオタニワタリなどは新葉を食用としておひたしや天ぷらにして食べることがあるようです。

 

ツデー

ツデーはタマシダの仲間で、強健で初心者の方にもおすすめの観葉植物です。アスプレニウム同様に耐陰性があるためちょっと暗めの環境にも置くことができます。  じっくり育てると大きな群生となり浴室などをジャングルにすることが出来るかもしれませんね!

ツデーはタマシダの仲間で、強健で初心者の方にもおすすめの観葉植物です。アスプレニウム同様に耐陰性があるためちょっと暗めの環境にも置くことができます。

じっくり育てると大きな群生となり浴室などをジャングルにすることが出来るかもしれませんね!

タマシダ

  • タマシダは日本にも三種類ほど自生しており、よく観賞用で売られているのはツデーという品種です。

    葉が美しいだけでなく強健で育てやすく、初心者の方にもおすすめのシダ植物です。

 

オリヅルラン

オリヅルランは育てやすい観葉植物と言われており、ランナーと呼ばれる茎を伸ばして繁殖します。また、斑入りの葉が美しく、外斑オリヅルランと中斑オリヅルランがあります。

耐陰性もありますが、日光に当てた方がツヤのある葉になるため、出来るだけ日光を当ててください。

 

オリヅルランはこのように白い六弁花を咲かせます。香りはありませんが可憐でとても可愛い花ですよね。

オリヅルランはこのように白い六弁花を咲かせます。香りはありませんが可憐でとても可愛い花ですよね。

オリヅルラン

  • オリヅルランは丈夫で、初心者でも育てやすい観葉植物です。大株でも小さな鉢植えでも、水耕栽培でも楽しめますので、「一家に一鉢」の基本的な植物と言っていいかもしれません。

    細長い茎(ランナー)を伸ばして、その先に子株をつけるのですが、それがまるで折鶴がぶら下がっているように見えるところから、名前がつきました。

    あまり目立ちませんが、春から夏にかけてランナーの節から、白くかわいい花を咲かせます。葉の縁に斑が入る「ソトフオリヅルラン」と、中央に斑が入る「ナカフオリヅルラン」の他に、斑の入らない種類のものや葉の先がカールする「ボニー」という品種もあります。

 

サンスベリア

空気清浄効果を期待できることで人気なサンスベリアは湿潤な環境を嫌い乾燥を好むため、浴室に置くというよりもトイレに置く方が良いでしょう。  一般的にサンスベリアとして売られているものはサンスベリア・トリファスキアタ・ローレンティというトリファスキアタの斑入り品種で、トラノオとも呼ばれています。

空気清浄効果を期待できることで人気なサンスベリアは湿潤な環境を嫌い乾燥を好むため、浴室に置くというよりもトイレに置く方が良いでしょう。

一般的にサンスベリアとして売られているものはサンスベリア・トリファスキアタ・ローレンティというトリファスキアタの斑入り品種で、トラノオとも呼ばれています。

サンスベリア・トリファスキアタ・ローレンティ

  • サンスベリア(サンセベリア)はキジカクシ科サンスベリア属に分類される熱帯アフリカが原産の観葉植物です。

    和名はチトセランで、トリファスキアタ・ローレンティは覆輪斑であるためフクリンチトセランとも呼ばれています。しかし、ローレンティもフクリンチトセランもあまり一般的ではないようで、流通する場合はサンスベリアやトラノオ(虎の尾)という名前が多いようです。

    トラノオはそのままの意味で、見た目が虎の尾に似ているからそう呼ばれるようになったそうです。

    サンスベリアは空気清浄能力が高く、さらには金運をアップさせる開運植物として売られることもあります。

    葉に水分を蓄えることが出来るため、乾燥に強く、逆に蒸れに弱いです。

 

ゴムノキ

ゴムの木はフィカス属に分類されており、葉が黒いものから緑色のもの、斑が入っているものなど様々です。斑入りのゴムの木は日光によく当たると斑の部分が赤く色づくため、浴室やトイレなどに置くときは日光浴をよく行うと良いでしょう。

徐々に色づいてゆく様を見るのはとても楽しいですよ。

フィカス・アルテシーマ(インドゴムの木)

  • 「インドゴムの木」は日本でもっとも古くから親しまれている観葉植物です。

    そのなじみやすさ、育てやすさに加え、インドゴムの木の「重い印象」をすっきり軽やかに変えたのが、「フィカス・アルテシーマ」です。

    魅力は、その大ぶりの葉を彩る「斑」です。緑の葉の縁を明るいグリーンの斑が不定形に入るので、なんとも明るくやさしい印象を与えてくれます。

    樹形も個性的に仕立てられますので、インテリアグリーンとして最適と言っていいでしょう。ポイントは「置き場所」です。

    明るさによって斑入りの美しさが違ってきます。アルティシマ、アルテシマと言われることもあります。

目次に戻る≫

いかがでしたでしょうか。これを機に浴室やトイレに観葉植物を置いて緑あふれる環境にしてみませんか?

「ちょっと暗め?浴室やトイレにオススメ観葉植物5選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
松本卓
松本卓

趣味はチランジアの管理と爬虫類の世話。些細なきっかけでチランジアを育て始めたが、チランジア好きが派生して現在は日本ブロメリア協会にも所属。チランジアは小型で花の綺麗なものが好きで、チランジアを眺めているときが至福のひと時。最近の悩みは自宅で育てているチランジアが多くなりすぎて置き場所が無くなってきたこと。

オススメ特集