冬の三大植物特集

前田有紀の一“花”言vol.27「針葉樹とネイティブフラワー」~長く楽しめるクリスマスのスワッグ

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

クリスマスには「針葉樹とネイティブフラワー」をレコメンド!

クリスマスの季節になると、「針葉樹ってどんな花と組み合わせたらいいの?」とよく質問されることが多くなります。  私が針葉樹に合うお花としておすすめしたいのは「ネイティブフラワー」。中でもどこかクリスマスの雰囲気を持つ、リューカデンドロンを中心としたネイティブフラワーと針葉樹の組み合わせのクリスマスのスワッグを紹介します!

クリスマスの季節になると、「針葉樹ってどんな花と組み合わせたらいいの?」とよく質問されることが多くなります。

私が針葉樹に合うお花としておすすめしたいのは「ネイティブフラワー」

今回は、どこかクリスマスの雰囲気を持つ、リューカデンドロンを中心としたネイティブフラワーと針葉樹の組み合わせのクリスマスのスワッグを紹介します!

幸せの象徴!?針葉樹って何?

コニファー・ボールバード(ブルーバード)  葉が針のような細い形をしているものが多い針葉樹。マツやスギ、ヒノキなどが代表的な針葉樹です。クリスマスの頃に出回るのは常緑の針葉樹で、常緑樹は四季を通して生き生きとした葉をつけていることから、緑が保てる、家族の幸せが続く、健康、幸せの象徴という意味を込めて、クリスマスの花材として、とてもよく使われています。

コニファー・ボールバード(ブルーバード)

葉が針のような細い形をしているものが多い針葉樹。マツやスギ、ヒノキなどが代表的な針葉樹です。クリスマスの頃に出回るのは常緑の針葉樹で、常緑樹は四季を通して生き生きとした葉をつけていることから、緑が保てる、家族の幸せが続く、健康、幸せの象徴という意味を込めて、クリスマスの花材として、とてもよく使われています。

クリスマスにおすすめのネイティブフラワーはリューカデンドロン!

左からリューカデンドロン・ジェイドパール、サファリサンセット、ルビーグローブ、プルモサス  リューカデンドロンは、木の実のような形のものも多く、クリスマスらしい雰囲気もかもしだすことができる花です。これ同じ花なの?と思うくらい種類によって、形、咲き方、色もユニークなのもリューカデンドロンの魅力です!

左からリューカデンドロン・ジェイドパール、サファリサンセット、ルビーグローブ、プルモサス

リューカデンドロンは、木の実のような形のものが多く、クリスマスらしい雰囲気をかもしだすことができる花です。これ同じ花なの?と思うくらい種類によって、形、咲き方、色もユニークなのもリューカデンドロンの魅力です!

珍しいネイティブフラワー・ドライアンドラとミメテス

ドライアンドラ(左)、ミメテス(右)  今回はちょっと珍しいネイティブフラワーも選んでみました。リューカデンドロン以外にも素敵なネイティブフラワーはたくさんあります。変わり種を見つけたらぜひ取り入れてみてください。

ドライアンドラ(左)、ミメテス(右)

今回はちょっと珍しいネイティブフラワーも選んでみました。リューカデンドロン以外にも素敵なネイティブフラワーはたくさんあります。変わり種を見つけたらぜひ取り入れてみてください。

正面から見たネイティブフラワー

ネイティブフラワーは色や形が様々でユニークな花材がたくさんあります。特にクリスマスの季節は、一番たくさんの種類のリューカデンドロンが出回っていて、ひとつひとつ面白い花だなと思いながら仕入れをしています。

ネイティブフラワーは色や形が様々でユニークな花材がたくさんあります。特にクリスマスの季節は、一番たくさんの種類のリューカデンドロンが出回っていて、ひとつひとつ面白い花だなと思いながら仕入れをしています。

クリスマスのスワッグを作ってみよう!

1.最初に針葉樹の形を整える

まずはじめにスワッグのベースになる針葉樹の形を整えます。この針葉樹がスワッグの土台になります。

まずはじめにスワッグのベースになる針葉樹の形を整えます。この針葉樹がスワッグの土台になります。

2.土台の針葉樹にネイティブフラワーを重ねていく

土台の針葉樹の上に、ネイティブフラワーを重ねていきます。それそれがきれいに見えるように配置を考えながら入れましょう。今回は最初の花にはミメタスを選んでみました。

土台の針葉樹の上に、ネイティブフラワーを重ねていきます。それぞれがきれいに見えるように配置を考えながら入れましょう。今回は最初の花にはミメタスを選んでみました。

 

続いてリューカデンドロン・プルモーサスをセットします。それぞれの花材が重ならず、きれいに見える場所を考えながら入れていきます。  大げさなくらい思い切り段差をつけてみると逆さにした時にも花材が綺麗に見えます。途中で逆さにして見え方を確認してから、作業を進めるのも大切です。

続いてリューカデンドロン・プルモーサスをセットします。それぞれの花材が重ならず、きれいに見える場所を考えながら入れていきます。

大げさなくらい思い切り段差をつけてみると逆さにした時にも花材が綺麗に見えます。途中で逆さにして見え方を確認してから、作業を進めるのも大切です。

 

入れるときは、花材の大きさや形などのバランスを見ながら配置していきましょう。

花材の大きさや形などのバランスを意識すると、きれいに見えるスワッグになりますよ。

 

だいたい形が出来てきました。

だいたい形が出来てきました。

 

仕上げにリューカデンドロン・ルビーグローブを入れて形を整えます。

仕上げにリューカデンドロン・ルビーグローブを入れて形を整えます。

 

最後に麻ひもでしっかりと縛ります。

最後に麻ひもでしっかりと縛ります。

 

完成です!

完成です!

クリスマスのスワッグの楽しみ方

ツリーを飾るほどのスペースがなくても、針葉樹のスワッグは場所をとらず、気軽にクリスマスの雰囲気を出せるのでおすすめです。出来上がったスワッグは、まずは器に入れてツリー風に飾って、ドライになったらスワッグにしてもよいですね。

ツリーを飾るほどのスペースがなくても、針葉樹のスワッグは場所をとらず、気軽にクリスマスの雰囲気を出せるのでおすすめです。出来上がったスワッグは、まずは器に入れてツリー風に飾って、ドライになったらスワッグにしてもよいですね。

 

スワッグはフレッシュから自然にドライへと変わっていきます。また、なんと言っても針葉樹とネイティブフラワーの組み合わせのスワッグは、長く楽しめますよ!

スワッグはフレッシュから自然にドライへと変わっていきます。また、なんと言っても針葉樹とネイティブフラワーの組み合わせのスワッグは、長く楽しめますよ!

<スワッグを飾る場所>

なるべく短い時間で乾燥できるように、風通しがよく、直射日光を避けて飾ってあげると、きれいに長持ちしやすくなります。

針葉樹の香りも楽しんで!

ツリーを飾ってみたいけどスペース的に余裕がない方でも、針葉樹とネイティブフラワーのスワッグを飾るとクリスマス気分が味わえます。 出来上がったスワッグは、壁以外だとドアにつるすこともできます。お部屋を通るたびに針葉樹の香りをかいで、ほっと一息つくのもおすすめです。是非作ってみてくださいね!

ツリーを飾ってみたいけどスペース的に余裕がない方でも、針葉樹とネイティブフラワーのスワッグを飾るとクリスマス気分が味わえます。
出来上がったスワッグは、壁以外だとドアにつるすこともできます。お部屋を通るたびに針葉樹の香りをかいで、ほっと一息つくのもおすすめです。是非作ってみてくださいね!

——————–

引き続き、隔週金曜日に前田さんの連載の「前田有紀の一花言」を配信。

フラワースタイリスト 前田有紀  2013年イギリスに留学し、帰国後フラワースタイリストとして活躍。イベント装飾やブーケやアレンジメントの制作を手がけ、雑誌やSNSなどでメディアを通して花と緑のある暮らしを提案している。2017年の春以降は積極的にワークショップも行い、花や緑に関わる人々と直接ふれあうことでリアルな声も積極的に取り入れている。また、2017年10月にオープンした「世界の花屋」では、デザイン監修を務め、世界の花々の生産や流通など、花の歴史などの魅力を伝えている。

フラワースタイリスト
前田有紀

2013年イギリスに留学し、帰国後フラワースタイリストとして活躍。イベント装飾やブーケやアレンジメントの制作を手がけ、雑誌やSNSなどでメディアを通して花と緑のある暮らしを提案している。

Facebook/前田有紀『一日一花』

instagram/@yukimaeda0117

 

▼編集部のおすすめ

 

▼関連ワード

「前田有紀の一“花”言vol.27「針葉樹とネイティブフラワー」~長く楽しめるクリスマスのスワッグ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ