ジャスミンとは?花言葉や育て方、ジャスミンの花や香り、種類、お茶

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

ジャスミンについてどれくらい知っていますか?香りが良いことで有名なジャスミンの花。花言葉や育て方、香り、ジャスミン茶、ジャスミンライス、さらにジャスミンの種類まで。ジャスミンについて詳しく紹介します。

目次

ジャスミンとは?ジャスミン基本情報

ジャスミンとは?ジャスミン基本情報

ジャスミン」と呼ばれる植物にはいくつかの種類があります。ここでは代表的なジャスミンについて紹介します。

  • 植物名:ジャスミン、マツリカ
  • 学名:Jasminum sambac
  • 英名:arabian jasmine
  • 科名、属名:モクセイ科ソケイ属
  • 分類:常緑低木
  • 花期:7月~9月
  • 花色:白

ジャスミンの特徴

ジャスミンは、香りの良い花を咲かせることで有名なモクセイ科ソケイ属の常緑低木です。ジャスミンと呼ばれる植物はあまたありますが、厳密にはこのジャスミンJasminum sambacのことを指します。

ジャスミンという名前は、ペルシャの女性の名前Yasmin(ヤスミン)に由来するとされていて、かつては花の女王と言われていたそうです。原産はアラビア、スリランカ、インドなどの熱帯から温帯。中国へはシルクロードを通って伝わったとされています。

ジャスミンの花の特徴

ジャスミンの花の特徴

ジャスミンの花は一重咲きから八重咲き、花色は白です。その花色は仏陀の歯の白さの例えに使用されています。

葉は丸みを帯びた卵型で、光沢のある濃いグリーン。常緑ですが日本では冬に葉を落とすこともあります。

ジャスミンの花の香りは香水の原料にされたり、お茶に混ぜてジャスミン茶にされたりしています。

ジャスミンの漢字の名前

ジャスミンJasminum sambacの漢字の名前は茉莉花(マツリカ)。これは中国名の茉莉花をそのまま日本語読みしたものです。他のジャスミンと混同しないようにJasminum sambacを区別するときにも、この茉莉花(マツリカ)という漢字の名前を使用します。

ジャスミンの英語の名前

ジャスミンの英語の名前はarabian jasmine(アラビアンジャスミン)です。

茉莉花(マツリカ)

  • 茉莉花(マツリカ)はジャスミンティーの香りづけとして使用されているジャスミンで、白い花からはクチナシのような甘い香りが強くします。半つる性でフェンスや木に絡むように生長します。また、茉莉花(マツリカ)は夕方ごろから開花を始める一日花で、緑茶などに香りを移す場合は開花直前の蕾を摘み取って茶葉に混ぜ、暗所に置いて香りを移す方法などがあります。

 

目次に戻る≫

ジャスミンの花言葉

ジャスミンの花言葉は「愛想の良い」「愛らしさ」。特に白い花のジャスミンには、「温順」「柔和」という花言葉もあります。

 

目次に戻る≫

ジャスミンの花の香り

ジャスミンの花の香り

ジャスミンの花の香りは夜に強く香ると言われています。ジャスミンの花は夕方から明け方にかけて開花し、辺りに芳香を放ちます。このため夜の女神と結びつけられたり、香りに催淫効果があると信じられてきました。

ジャスミンの花の香りを他の花に例えるなら、クチナシやチューベローズといったところでしょうか。夏の花特有の甘い香りは似ていますが、クチナシほど官能的でもなく、チューベローズほどスッキリとした香りでもありません。ジャスミンの花の香りは濃く甘く、でも鼻の奥にまとわりつくようなしつこさもない、いつまでも楽しんでいたくなるような優しい香りです。

目次に戻る≫

こんなにある!ジャスミンの種類と特徴

ジャスミンという名前はモクセイ科ソケイ属に限らず、香りの良い花に名付けられています。だからちょっとややこしいくらいにジャスミンと呼ばれる花の種類はたくさん。

ジャスミンという名前を持つ花を紹介します。見分ける時の参考にしてください。

ハゴロモジャスミン

ハゴロモジャスミンの特徴 ハゴロモジャスミンは、春に香りの良い花を咲かせるつる植物です。一重咲きで、花の外側はピンク、開くと内側は白をしています。開花期はつぼみのピンクと、咲いた花の白さが混ざりあって、美しい眺めになります。民家の庭先や公園などでよく見かけます。  ハゴロモジャスミンも芳香がありますが、ジャスミンJasminum sambacとは花も香りも違います。

  • 学名:Jasminum polyanthum
  • 科名:モクセイ科ソケイ属
  • 分類:つる性半常緑低木
  • 花期:4月~5月
  • 花色:白(外側はピンク)

ハゴロモジャスミンの特徴

ハゴロモジャスミンは、春に香りの良い花を咲かせるつる植物です。一重咲きで、花の外側はピンク、開くと内側は白をしています。開花期はつぼみのピンクと、咲いた花の白さが混ざりあって、美しい眺めになります。民家の庭先や公園などでよく見かけます。

ハゴロモジャスミンも芳香がありますが、ジャスミンJasminum sambacとは花も香りも違います。

ハゴロモジャスミン

  • ハゴロモジャスミンは、モクセイ科ソケイ属の半常緑性つる植物です。花の外側はピンク、内側は白のコントラストが美しく、強い芳香を持ちます。葉を楽しむ斑入りのハゴロモジャスミンも流通しています。薄黄色の斑が入った葉が美しい観賞用のハゴロモジャスミンです。

    ハゴロモジャスミンの他にもジャスミンと呼ばれる花は何種類もあります。ジャスミンティーに使用されているのは、マツリカ( Jasminum sambac) という別な植物です。

    ハゴロモジャスミンは半常緑性なので、冬には多少葉を落としますが緑豊かな姿で越冬します。関東以西ではハゴロモジャスミンの半常緑である特性を活かして、フェンスやトレリスに絡ませる等、目隠しに用いることができます。鉢植えのハゴロモジャスミンは支柱を立てあんどん仕立てにしたり、そのまま近くのトレリスなどに絡ませても楽しめます。

    ハゴロモジャスミンは秋には翌年の花芽を付け始めます。剪定は開花後から遅くても夏の終わりくらいまでに済ませましょう。

カロライナジャスミン

カロライナジャスミンの特徴 カロライナジャスミンは春に黄色の花を咲かせるつる植物です。香りは甘く爽やかで、ボロニアの花に少し似ています。民家の庭先や公園などで見かけます。  カロライナジャスミンは有毒植物です。香りが良いからと言って口に入れないように注意しましょう。

  • 学名:Gelsemium sempervirens
  • 科名:ゲルセミウム科ゲルセミウム属
  • 分類:常緑つる性植物
  • 花期:4月~6月
  • 花色:黄色

カロライナジャスミンの特徴

カロライナジャスミンは春に黄色の花を咲かせるつる植物です。香りは甘く爽やかで、ボロニアの花に少し似ています。民家の庭先や公園などで見かけます。ジャスミンと名前がついていますが、ゲルセミウム科でジャスミンとは違う植物です。

カロライナジャスミンは有毒植物です。香りが良いからと言って口に入れないように注意しましょう。

カロライナジャスミン

  • カロライナジャスミンは、北アメリカ南部から中央アメリカに分布する常緑のつる性植物で、細いつるでからみつきながら6mほどに伸びます。ろうと型の香りのよい濃黄色の花を株全体が覆われるほどたくさんつけ、次々と長期間咲かせます。日当たりの良いフェンスなどに向き、庭に植えて大きく伸ばすと株いっぱいに花をつけ見ごたえがあります。鉢植えのカロライナジャスミンは支柱を立てて育てます。耐寒性が強くマイナス10度まで耐えますが寒い地方では落葉します。葉は光沢のある濃い緑色で、気温が下がると赤褐色に紅葉します。カロライナジャスミンは、ジャスミンと名前がつきますが全草に毒があるのでハーブとしての利用はできません。

マダガスカルジャスミン

マダガスカルジャスミンの特徴 マダガスカルジャスミンは夏に白く少し肉厚な花を咲かせるつる植物です。耐寒性が弱いので露地での越冬が難しく、主に温室や室内で育てられます。葉が大きく表面には光沢があります。マダガスカルジャスミンの花にも芳香があり、ハワイのレイやブライダルブーケにもよく使用されます。

  • 学名:Stephanotis floribunda
  • 科名:ガガイモ科シタキソウ属
  • 分類:つる性常緑低木
  • 花期:7~9月
  • 花色:白

マダガスカルジャスミンの特徴

マダガスカルジャスミンは夏に白く少し肉厚な花を咲かせるつる植物です。耐寒性が弱いので露地での越冬が難しく、主に温室や室内で育てられます。葉が大きく表面には光沢があります。マダガスカルジャスミンの花にも芳香があり、ハワイのレイやブライダルブーケにもよく使用されます。マダガスカルジャスミンジャスミンの名がついていますが、ガガイモ科でジャスミンとは違う植物です。

マダガスカルジャスミン

  • マダガスカル地方原産地の熱帯植物です。成長期は春と夏。マダガスカルジャスミンは常緑性低木なのでほぼ一年中葉が覆い茂り花が咲かない期間でも楽しむことが出来ます。また、つる性植物なので、上へ上へと壁などを伝いつるが成長していきます。つるが伸び、葉が常に茂っているので緑のカーテンとしてもしばしば使用されることがあります。春から夏ごろに掛けて花が咲きます。花は小ぶりで色は真っ白。純白と言える澄んだ色をしています。花びらが5枚ついており、直径は3cmから5cmに満たないほどです。通常一つの茎の先端から別れて、5つ前後同じ個所に花を咲かせます。

     

ジャスミン・ホワイトプリンセス

ジャスミン・ホワイトプリンセス

  • 学名:Jasminum officinale
  • 科名:モクセイ科ソケイ属
  • 分類:つる性常緑低木
  • 花期:5月~11月

ジャスミン・ホワイトプリンセスの特徴

ジャスミン・ホワイトプリンセスはペルシャソケイの園芸品種です。同じモクセイ科ソケイ属のハゴロモジャスミンに似ていますが、花一つ一つが大きく、花数が少ないのが特徴です。また、5月ごろから11月までの長期間開花し続ける四季咲き性があります。ジャスミン・ホワイトプリンセスも香りの良い花を咲かせます。

ジャスミン・ホワイトプリンセス

  • ジャスミン・ホワイトプリンセスは、ハゴロモジャスミンの近縁の園芸種のジャスミンです。ハゴロモジャスミンとの違いは、花の大きさがハゴロモジャスミンより大きいですが、一度に咲く花数はハゴロモジャスミンより少なめです。最も大きな違いは花の開花期間で、ハゴロモジャスミンは春の一季咲きですが、ジャスミン・ホワイトプリンセスの花は、5月ごろから11月までの長期間開花し続ける四季咲き性です。花には香りがあり、特に夕方から夜にかけて強く香ります。香りもハゴロモジャスミンとは違います。

    ジャスミン・ホワイトプリンセスは常緑でつる性(直立性)なので、フェンスやアーチなどに誘因して仕立てると見事な空間を演出できます。つるがとても長く伸びますが、剪定して好みの丈に仕立てることも可能です。つる植物の中には、吸盤のように壁につくタイプのものがありますが、ジャスミン・ホワイトプリンセスはそのようなことがないため、やっかいな存在になるようなことが少なく育てやすいつる植物です。

     

 

目次に戻る≫

ジャスミン茶(ジャスミンティー)とは?ジャスミン茶の楽しみ方

ジャスミン茶とは、緑茶にジャスミンの花の香りを移したお茶のことです。ジャスミンの花だけを煮出したものではありません。ジャスミン茶は花茶の女王とも呼ばれるほど香りが良いのが特徴です。  ジャスミン茶の製法は、早朝に花が開ききる前の状態をていねいに摘み取り、茶葉に香りを移したのち花は取り除かれます。ジャスミン茶の茶葉にジャスミンの花が入っていないのはこのためです。花茶として楽しむために、後から乾燥させた花を混ぜていることもあります。  ジャスミン茶の楽しみ方は、何と言ってもその香り。たまにはきちんと急須で入れてみませんか。しっかりと蒸らして湯気から登る香りまで楽しみましょう。

ジャスミン茶とは、緑茶にジャスミンの花の香りを移したお茶のことです。ジャスミンの花だけを煮出したものではありません。ジャスミン茶は花茶の女王とも呼ばれるほど香りが良いのが特徴です。

ジャスミン茶の製法は、早朝に花が開ききる前の状態をていねいに摘み取り、茶葉に香りを移したのち花は取り除かれます。ジャスミン茶の茶葉にジャスミンの花が入っていないのはこのためです。花茶として楽しむために、後から乾燥させた花を混ぜていることもあります。

ジャスミン茶の楽しみ方は、何と言ってもその香り。たまにはきちんと急須で入れてみませんか。しっかりと蒸らして湯気から上る香りまで楽しみましょう。

ジャスミン茶(ジャスミンティー)のカフェインは?

ジャスミン茶は緑茶がベースとなっているのでカフェインが含まれています。ノンカフェインのハーブティーとは異なりますので注意してください。カフェインの他にカテキンなども含まれます。

目次に戻る≫

ジャスミンライス(ジャスミン米)とは?

ジャスミンライスとは、タイの限られた水田で作られているインディカ米(長粒米)のことです。別名を香り米とも言います。  ジャスミンライスという名前の由来は、焚きあがった状態がジャスミンの花のように白く美しいからだそうです。 日本のお米に比べて、粘りがなく独特な香りがあるのが特徴です。

ジャスミンライスとは、タイの限られた水田で作られているインディカ米(長粒米)のことです。別名を香り米とも言います。

ジャスミンライスという名前の由来は、焚きあがった状態がジャスミンの花のように白く美しいからだそうです。日本のお米に比べて、粘りがなく独特な香りがあるのが特徴です。

目次に戻る≫

ジャスミンの育て方

植え付け、用土

水はけ良く肥沃な土壌を好みます。市販の園芸用培養土で問題なく育てられます。

置き場所

ジャスミンは耐寒性が弱いので、春から夏の間は明るい半日陰、冬は室内の窓辺などで管理しましょう。

水やり

表土が乾いて白っぽくなったら、鉢底から流れ出てくるくらいたっぷりと与えます。

肥料

開花前の2月~3月に緩効性肥料を与えます。

病害虫とその対処法

特に目立った病害虫の被害はありません。

挿し木

ジャスミンは挿し木で増やせます。生長が活発になる6月~9月頃に剪定した枝を2節ほど土に埋まるように挿しておきます。新芽が出てくるまで水を切らさないように管理します。

目次に戻る≫

香りが良く、真白で美しいジャスミンの花。名前や香りばかりが先行してしまっていますが、ジャスミンは見た目にも美しい花です。ジャスミンを育てて、フレッシュの香りも楽しんでみませんか。

 

▼編集部のおすすめ

 

 

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ジャスミンとは?花言葉や育て方、ジャスミンの花や香り、種類、お茶」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料】観葉植物 大型 パキラ 8号 (リビング お祝い 引っ越し祝い 法人 ギフト 開店祝い 移転祝い)

販売価格:13,200円(税込)

【送料無料】おしゃれな鉢ですぐ植え替え アートストーン&ソーサーSS ブラック + evo みどりが鮮やかになる土 2L + evo 水はけをよくする鉢底石 2L セット

販売価格:2,673円(税込)

【送料無料】植物全般用・ストアオリジナル園芸薬剤ベーシックセット (そのまま使える 花工場 液体肥料 × ベニカXファインスプレー × オルトランDX粒剤)

販売価格:3,850円(税込)

SPECIAL

おすすめ

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A