母の日に鉢植えを贈りたい。おすすめの花植物の種類は?

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

logo getty

2018年の母の日は5月13日。やはり母の日にはお花を贈りたい気持ちになります。フレッシュなお花は渡したときに相手の顔が輝くのがとても嬉しい気持ちに。自分で育てて楽しめる鉢植えのお花は育てる・愛でる楽しみがあります。母の日に贈りたい!おすすめの鉢植えのお花をご紹介します。

目次

母の日に贈りたい! 鉢植えのお花

1.ボリューム満点! 品種も多いアジサイ

2.母の日といえば、定番のカーネーション

3.気品のあるクレマチス

4.料理でも楽しめるキッチンハーブ

5.小さいお花でも華やかなミニバラ

6.季節の寄せ植え

7.お部屋に飾りたい観葉植物

 

ガーデニング好きな母に贈りたい! 鉢植えのお花

母の日はやっぱりお花を贈りたい!  ガーデニング好きの母に、ベランダやお庭で育てられるお花や植物を贈って、季節のお花で癒されてもらうのもいいですよね。

logo getty

母の日はやっぱりお花を贈りたい!

ガーデニング好きの母に、ベランダやお庭で育てられるお花や植物を贈って、季節のお花で癒されてもらうのもいいですよね。

 

1.ボリューム満点! 品種も多いアジサイ

アジサイは6月~外で花が咲いている印象ですが、鉢植えのお花では4月から流通がピークになります。  人気の秘密は品種の多さです。ガクアジサイや玉アジサイ。特に最近はクラシックな色をしたアジサイなど人気です。日を追うごとに色が変わる品種もありアジサイの魅力のひとつ。  育て方は水切れに注意することです。鉢で育てる場合は夏場の猛暑を考慮して腰水で管理がおすすめ。ふた回り位大きな鉢に植えたり、大きくしたくない場合は鉢ごと庭に植えて夏場をしのぐこともできます。冬には枯れ枝になってしまいますが3月ごろから新芽を吹かせます。

logo getty

アジサイは6月~外で花が咲いている印象ですが、鉢植えのお花では4月から流通がピークになります。

人気の秘密は品種の多さです。ガクアジサイや玉アジサイ。特に最近はクラシックな色をしたアジサイなど人気です。日を追うごとに色が変わる品種もありアジサイの魅力のひとつ。

育て方は水切れに注意することです。鉢で育てる場合は夏場の猛暑を考慮して腰水で管理がおすすめ。ふた回り位大きな鉢に植えたり、大きくしたくない場合は鉢ごと庭に植えて夏場をしのぐこともできます。冬には枯れ枝になってしまいますが3月ごろから新芽を吹かせます。

アジサイ(あじさい・紫陽花)

  • アジサイは、もともとはガクアジサイが日本原産の植物でしたが、西洋にわたり西洋アジサイとして人気が出て日本に逆輸入されてきました。

    最近は西洋アジサイ、ガクアジサイともに、品種、形、色の種類も豊富にあり、次々に新品種が登場しています。アジサイは翌年に花を咲かせるために剪定にコツがありますが、基本的には育て方は簡単です。一度植え付ければ、長い間花を楽しめる寿命の長い植物で年々花数が増えて見事になります。

    最近ではアジサイは鉢花、切り花の他、ドライフラワーとしてもとても人気があります。

目次に戻る≫

2.母の日といえば、定番のカーネーション

やはりこの花は贈りたい! と多い定番の鉢植えカーネーション。母の日あたりで流通しているカーネーションは、ほとんどがスプレー咲きのミニカーネーション。  ミニカーネーションは日当たり良いところで管理をしてください。風通しも良いところに置きましょう。加湿は嫌います。水は土の表面が乾いたらあげること! メリハリが大切です。肥料も液肥などを与えると長く花の期間を楽しめます。

logo getty

やはりこの花は贈りたい! と多い定番の鉢植えカーネーション。母の日あたりで流通しているカーネーションは、ほとんどがスプレー咲きのミニカーネーション

ミニカーネーションは日当たり良いところで管理をしてください。風通しも良いところに置きましょう。加湿は嫌います。水は土の表面が乾いたらあげること! メリハリが大切です。肥料も液肥などを与えると長く花の期間を楽しめます。

カーネーション

  • カーネーションはナデシコ科の多年草です。カーネーションの歴史は古く、17世紀ヨーロッパだけでも300種類以上の品種があったといわれています。その後、日本には江戸時代に輸入されました。鉢花、生花としても世界的にポピュラーで人気が高いです。品種、形、色の種類も豊富にあります。生花では、1本の茎に一輪咲きの「スタンダードタイプ」と、枝分かれし数輪咲きの「スプレータイプ」があります。

    カーネーションは何と言っても「母の日」の象徴。毎年5月の第二日曜日が母の日です。この日には世界中でお母さんにカーネーションを送る風習があります。

目次に戻る≫

3.気品のあるクレマチス

品種改良も進み最近は八重咲きも人気なクレマチスは気品が漂う花。つる性なのでつる性の植物と組み合わせることで一層華やかさを増します。特に深い紫やピンクなど女性に好まれる色も多いのが嬉しいですね。最近、人気の八重咲きはボリュームがあります。  クレマチスは鉢でも管理が可能なのでつる性の性質を利用してベランダの手すりや柱に這わせることが可能です。アジサイと同じく、鉢の管理では水切れには要注意。あんどん仕立てにするとつるの管理がしやすくなります。

logo getty

品種改良も進み最近は八重咲きも人気なクレマチスは気品が漂う花。つる性なのでつる性の植物と組み合わせることで一層華やかさを増します。特に深い紫やピンクなど女性に好まれる色も多いのが嬉しいですね。最近、人気の八重咲きはボリュームがあります。

クレマチスは鉢でも管理が可能なのでつる性の性質を利用してベランダの手すりや柱に這わせることが可能です。アジサイと同じく、鉢の管理では水切れには要注意。あんどん仕立てにするとつるの管理がしやすくなります。

クレマチス(テッセン)

  • クレマチスは、日本、ヨーロッパやアジアが原産の多年草。原種は300種類は存在し、日本では「カザグルマ」「ハンショウヅル」「センニンソウ」などがあります。クレマチスの花びらに見える部分は「がく」であり、花びらがないというちょっと変わったお花で、四季咲き、一季咲きのものがあります。クレマチスは品種によって開花時期も異なり、秋冬に咲くものもあります。

    クレマチスの咲き方は、大きく分けると新しい枝に花が咲く新枝咲き、新しい枝にも古い枝にも花が咲く新旧枝咲き、古い枝に花が咲く旧枝咲きの3つに分けられます。それぞれ剪定の仕方も違うので注意しましょう。

目次に戻る≫

4.料理でも楽しめるキッチンハーブ

料理好きなお母さんには、キッチンハーブを贈りませんか。料理の付け合わせやハーブティーなどに使えるバジル・イタリアンパセリ・タイム・レモングラス・ミントなどがおすすめ!  特にバジルはパスタやソースにもできる万能ハーブ。トマトととも相性抜群なのでいろんな料理に使えます。イタリアンパセリは料理の飾りつけに良いですね。ミントはアイスティーに浮かべたり、お菓子に飾るのもおしゃれ。いつでも使いやすいハーブは料理好きにはたまりません。すてきな鉢に植えてプレゼントするのも喜ばれるはず。

logo getty

料理好きなお母さんには、キッチンハーブを贈りませんか。料理の付け合わせやハーブティーなどに使えるバジル・イタリアンパセリ・タイム・レモングラス・ミントなどがおすすめ!

特にバジルはパスタやソースにもできる万能ハーブ。トマトととも相性抜群なのでいろんな料理に使えます。イタリアンパセリは料理の飾りつけに良いですね。ミントはアイスティーに浮かべたり、お菓子に飾るのもおしゃれ。いつでも使いやすいハーブは料理好きにはたまりません。すてきな鉢に植えてプレゼントするのも喜ばれるはず。

バジル

  • スイートバジルは普段「バジル」とか「バジリコ」と呼ばれているハーブで、イタリア料理には欠かせないハーブの一つです。爽やかな香りが食欲をそそり、生ではもちろんのこと、ジェノベーゼソースやパスタ、ピザの彩りに最適です。6月下旬ころから9月にかけてシソ科らしい花穂をつけ可憐な白い花を咲かせます。

イタリアンパセリ

  • イタリアンパセリは、ヨーロッパ地中海原産のセリ科のハーブ。2年草のハーブです。

    (※2年草とは、種まきした翌年になってから花が咲くというように、生育のサイクルが2年にわたるもの。)

    パセリの中でも、イタリアンパセリは葉が縮れていない平葉種になります。

ミント

  • ミントはハーブの中で最もポピュラーな品種です。どの品種でも基本的に強い性質をもっています。強い香りを放ち天然虫よけ剤のハッカ油の材料になります。ミントというと、スカっとしたさわやかな香りがしますが、中にはアップルミントのようにほんのり甘くすっきりとした香りの品種もあります。ミントティーにしたり、サシェやポプリの材料にしたり、料理にも使うことができたりと様々な活用法があります。摘みたての葉を数枚コップに入れ、熱湯を注ぐだけでハーブティーになります。エスニック料理も使用され、東南アジア料理のスープやサラダなどにも利用できます。

目次に戻る≫

5.小さいお花でも華やかなミニバラ

logo getty

母の日に出回るかわいい小さな花を咲かすミニバラ。春らしい色合いで、おうちが明るくなります。ガーデニング好きのお母さんにぴったりの花鉢ですね。

ミニバラ

  • ミニバラは薔薇のカテゴリーの中で小輪咲きで葉も小さく、丈も大きくならない系統をいいます。この系統は中国の原産の丈の低いロサ・キネンシス・ミニマをもとに交配されて育成され、小型の性質を受け継いでいます。コンパクトな株に小さめの花を咲かせ大半の品種は四季咲き性です。花色は豊富ですが、芳香性品種は少ない傾向にあります。

    バラ科・バラ属の落葉性の低木・花木で、その多くは葉や茎にトゲを持ちます。樹形から株立ち性の枝幹がまっすぐ伸びて花が上向きに咲くタイプのブッシュローズの仲間に入れられます。コンパクトで場所をとらないので気軽に栽培を始められるのもひとつの魅力です。

目次に戻る≫

6.季節の寄せ植え

季節のお花を盛り込んで自分で作れば、世界で一つだけオリジナルのお母さんへのギフトに。寄せ植えにグリーンを入れても、爽やかな雰囲気になるのでおすすめ!

季節のお花を盛り込んで自分で作れば、世界で一つだけオリジナルのお母さんへのギフトに。寄せ植えにグリーンを入れても、爽やかな雰囲気になるのでおすすめ!

目次に戻る≫

7.お部屋に飾りたい観葉植物

室内で植物を楽しみたい!インテリア好きなお母さんには、おうちに合う観葉植物を贈ってみるのもいいですね。

室内で植物を楽しみたい!インテリア好きなお母さんには、おうちに合う観葉植物を贈ってみるのもいいですね。

 

いかがでしたか?  母の日の鉢植えのお花選びに役立てばうれしいです。母の日に鉢植えのいいところは生花よりも長く楽しんでもらえること。母の日ギフトで出回る鉢植えは様々な大きさがあるので、お母さんに合ったサイズや種類のお花を見つけてみてくださいね。

logo getty

いかがでしたか?

母の日の鉢植えのお花選びに役立てばうれしいです。母の日に鉢植えのいいところは生花よりも長く楽しんでもらえること。母の日ギフトで出回る鉢植えは様々な大きさがあるので、お母さんに合ったサイズや種類のお花を見つけてみてくださいね。

目次に戻る≫

▼母の日の関連記事を合わせて読む

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「母の日に鉢植えを贈りたい。おすすめの花植物の種類は?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ