グリーンカーテンにもなるミニトマトとブラックベリーの仕立て方~garden note

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

私が園芸をしているスペースは、通路沿いに作った細長い花壇2つとコンテナです。その1つの花壇の後方、お隣との境界の塀沿いにトレリスを設置しています。今回はトレリスにグリーンカーテンとして這わせた植物をご紹介します。

 

目次

トレリスに這わせる植物の選び方

グリーンカーテン・ブラックベリー

グリーンカーテン・ミニトマト

グリーンカーテン・リーフチコリ

トレリスにツル植物を複数組み合わせてみよう

 

トレリスに這わせる植物の選び方

トレリスに這わせる植物を選び方として重要なのは、植物を這わせるのが「目隠しの目的なのか?」ということです。

もし目隠しの目的なら、1年中葉っぱが落ちないツル性の常緑の植物を選びます。

ちなみに私の場合は、塀沿いの花壇の奥にトレリスを設置しているので、夏はグリーンカーテンとして涼しげにしたいのですが、冬はただでさえ日当たりの悪い花壇で暗くなりがちで、少しでも明るくしたいので、落葉性のツル植物を選んでいます。

目隠しかそうでないのか、トレリスに這わせる植物を選ぶ上でとても大切なポイントです。

 

ブラックベリー、クレマチス

冬場は葉っぱはなく、春以降に葉っぱが出る植物を選んでいます。

目次に戻る≫

グリーンカーテン・ブラックベリー

ブラックベリーはツル性の落葉植物。昨年伸びたツルに、春に花を咲かせた後に実になります。

冬場は葉っぱが落ちているので、トレリスにあるのはツルのみ。それが春になると、写真のような明るい緑色の若葉が出て、つぼみがつきます。春のトレリスは明るい感じになります。

 

花の後の6月半ばごろ。

葉っぱの色は、落ち着いた緑になります。

 

7月前半。実が赤くなりだします。

 

7月半ば。赤い実が少しずつ黒く色づいてきます。

 

トレリスは、深い緑と赤や黒い実で、一気に華やか。

 

触ってぽろっとなった頃が甘みがのった食べごろ。

 

矢印の茎が今年伸びた新しいシュートで、来年の実はこの茎になります。

7月後半になると、ぐんぐん伸びるので、ところどころひもで留めて折れないように誘因していきます。

まだ今年実がついている茎があるので、今は仮止め状態。実が終わったら、どこに這わせるか決めます。

新しいシュートから出た葉は若々しい緑色できれいです。

ブラックベリーは、半日陰でも育てることができますが、日当たりによって実つきにかなり違いが出ます。

そのため誘因は、日当たりが良いほうにしていくのがおすすめです。

目次に戻る≫

グリーンカーテン・ミニトマト

ミニトマトは、ツル性ではないのですが、性質が強く伸びるので、毎年トレリスにグリーンカーテンとして這わせています。とにかく伸びるので、グリーンカーテンとしてもおすすめです。

日当たり的に決してトマト向きの環境ではなく、塀の高さになるまでは環境がかなり厳しいのですが、今年も無事成長して塀を超え、実が色づき始めました。

 

6月後半。やっと塀の高さを超えました。

7月になると、どんどん伸びるので、トレリスの日が当たる方へと誘因して、ひもで留めていきます。

 

 

ミニトマトで気を付けているのはただひとつ。「脇芽かき」です。

脇芽が小さいうちに、手で摘み取ります。

 

ミニトマトの仕立て方はこちらで詳しくご紹介しています。

目次に戻る≫

グリーンカーテン・リーフチコリ

這わせる気はなかったのですが、昨年植えたリーフチコリが予想外に伸びてきてしまい、直立させることができないので、トレリスに這わせることにしました。

 

とても透明感のある淡いブルーの花がきれいです。

残念なのは、チコリの花は半日花なこと。花がきれいに咲いている様子を見られるのはお昼くらいまでです。

目次に戻る≫

トレリスにツル植物を複数組み合わせてみよう

地面に植える立性の植物は、敷地の広さによって植えられる数が限られてきますが、ツル植物は誘因次第で、いろいろな植物を複数絡ませることができ、スペースに奥行きや広がりを感じさせることができるので、1種類、2種類、3種類と、複数を組み合わせて植栽していくと、それぞれが絡まりあって色合いに奥行きが出ます。複数を這わせる時は、それぞれの植物がどれくらい伸びるのかを調べてから、組み合わせを決めることをおすすめします。

目次に戻る≫

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「グリーンカーテンにもなるミニトマトとブラックベリーの仕立て方~garden note」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ