安心の庭作り!予算やお悩みに合わせて実践してみよう

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

庭作りをするときに不安なのが、予算や広さ、日当たりではないでしょうか?おしゃれに楽しめるお悩み別の庭作りやデザイン事例をご紹介します。これからお庭作りを始めようかな、お庭作りしたいんだけど悩んでいるという方、参考にしてみてください。

目次

お庭作りの予算目安

「お庭のあるお家に引っ越した」あるいは「自宅の庭のリフォームをしたい」などなど、理由はそれぞれかと思いますが、お庭作りたい熱が上がった先に最初にぶつかるのが予算の壁ではないでしょうか。お庭作りなんてそんなに何度も経験するものではありません。予算も目安も手探りですよね。  施工業者に依頼をした時のおおよその料金目安を載せておきます。芝やウッドデッキは特に、素材や品質によって金額も大きく変わります。こちらはあくまで一例です。参考にしてください。  実際に施工業者に依頼する前に、何か所かの業者に問い合わせを行って、合い見積もりを取ることをおすすめします。業者によって見積もりも違ってきますから、後のトラブルを避けるためにも合い見積もりは取っておいた方がいいでしょう。

「お庭のあるお家に引っ越した」あるいは「自宅の庭のリフォームをしたい」など、理由はそれぞれかと思いますが、お庭作りたい熱が上がった先に最初にぶつかるのが予算の壁ではないでしょうか。お庭作りなんてそんなに何度も経験するものではありません。予算も目安も手探りですよね。

施工業者に依頼をした時のおおよその料金目安を載せておきます。芝やウッドデッキは特に、素材や品質によって金額も大きく変わります。ウッドデッキやレンガも種類によってピンからキリまで差があります。こちらはあくまで一例です。参考にしてください。

実際に施工業者に依頼する前に、何か所かの業者に問い合わせを行って、合い見積もりを取ることをおすすめします。業者によって見積もりも違ってきますから、後のトラブルを避けるためにも合い見積もりは取っておいた方がいいでしょう。

目安

  • 人工芝→4~5,000円/㎡
  • 天然芝→3~5,000円/㎡
  • 砂利敷き→5,000~7,000円/㎡
  • アンティーク耐火煉瓦敷き17,500円/㎡
  • フェイク煉瓦10,000円/㎡
  • 天然ウッドデッキ敷き 約20,000円/㎡
  • 人工ウッドデッキ敷き 100,000~200,000円/1坪

目次に戻る≫

やってみようDIYガーデニング

ではでは、お庭は自分の手でコツコツと作ってこその楽しみ!とお考えの皆様、時間をかけてお庭を作って行きませんか。お庭作りを始めるにあたって、最初に気をつけなければいけないことをお伝えいたします。

ではでは、お庭は自分の手でコツコツと作ってこその楽しみ!とお考えの皆様、時間をかけてお庭を作って行きませんか。お庭作りを始めるにあたって、最初に気をつけなければいけないことをお伝えいたします。

注意事項その1 マスは埋めてはいけない

お庭には雨水マスというものが存在します。円形か四角形の蓋が付いている小さなマンホールのようなものです。これは、雨を貯めて地下の排水管に流すためのものです。設置は義務付けられていて、埋めてしまうことは出来ません。

この雨水マスは時々土に隠れていて見落としてしまいがちですが、お庭にマスが1つもないということはありませんので、見当たらない場合は一度確認した方がいいでしょう。砂利や植木鉢など、移動させることが出来るもので隠すことは可能ですが、完全に埋めてしまわないように気をつけてください。

注意事項その2 バルコニー避難口は埋めてはいけない

集合住宅のバルコニーには必ず避難口があります。ウッドデッキなどで工事をする場合、この避難口を埋めてしまうのはNGです。消防法違反となってしまいます。避難口は避けるように施工を行います。

目次に戻る≫

お庭のテーマを決めるとお庭作りが楽しくなる!

お庭を作るに当たってどんなお庭にしようか悩みますよね。お庭での過ごし方やお庭の使い方からテーマを決めてしまうと、計画がどんどん進んでいきます。お庭でどんな風に過ごすのか、お庭に出ている時間は長いのか、眺めて楽しむのか、土いじりをしたいのか、などなどテーマを考えてみましょう。

お庭を作るに当たってどんなお庭にしようか悩みますよね。お庭での過ごし方やお庭の使い方からテーマを決めてしまうと、計画がどんどん進んでいきます。お庭でどんな風に過ごすのか、お庭に出ている時間は長いのか、眺めて楽しむのか、土いじりをしたいのか、などなどテーマを考えてみましょう。

アウトドアリビングとして楽しむ

リビングの延長のようにお庭を楽しむ、アウトドアリビングとしてのお庭も人気のテーマです。  アウトドアリビングとして楽しむのであれば、室内の床と高さを合わせることでより一体感が得られます。ウッドデッキで施工をするなら、リビングの窓の吐き出し口と高さをフラットにしましょう。お庭のウッドデッキも室内の床と色や木目を合わせればさらにお部屋の延長といった雰囲気を楽しめます。

リビングの延長のようにお庭を楽しむ、アウトドアリビングとしてのお庭も人気のテーマです。

アウトドアリビングとして楽しむのであれば、室内の床と高さを合わせることでより一体感が得られます。ウッドデッキで施工をするなら、リビングの窓の吐き出し口と高さをフラットにしましょう。お庭のウッドデッキも室内の床と色や木目を合わせればさらにお部屋の延長といった雰囲気を楽しめます。

コンクリートの上にテラコッタタイルを貼り付けて、ちょっとエキゾチックなアウトドアリビングも素敵です。

ガーデニングを楽しむ

お庭はお庭、土いじりや季節の移ろいを感じたいという方には見て触れて楽しめるお庭がおすすめです。四季を感じられる樹木や、収穫を楽しめる果実が付くような樹をシンボルツリーとするのも1年を通して楽しめますね。

最初に宿根草や多年草類でお庭の全体を形作って、どこかに一年草花壇を作ることをおすすめします。毎年の植え替えや育てる楽しみというのを味わうにはやっぱり一年草です。せっかくお庭を作るのですから、土と植物に触れて楽しむ過ごし方を実感してください。

さらには収穫を楽しめるものを植えるようにすると、お庭に出るのも楽しくなりますよ。

目次に戻る≫

狭いお庭もおしゃれに変身

お庭が狭い、あるいはマンションでバルコニーしかないからといってあきらめていませんか。お庭が狭くてもバルコニーしかなくてもおしゃれスペースにすることはできます。せっかくのスペースを殺さず活かして心地いい時間を過ごしてください。

お庭が狭い、あるいはマンションでバルコニーしかないからといってあきらめていませんか。お庭が狭くてもバルコニーしかなくてもおしゃれスペースにすることはできます。せっかくのスペースを殺さず活かして心地いい時間を過ごしてください。

バルコニーのおしゃれな楽しみ方

狭いバルコニーでも大丈夫です。無理に植物を飾るのではなく、潔くリビングのように使ってしまいましょう。人工芝のシートを敷いて、小さなテーブルとイスを置くだけ。真冬と真夏以外は毎朝の食事や夜のちょっとした時間を贅沢に過ごせます。

スモールスペースのおしゃれな楽しみ方

玄関前のちょっとしたスペースなど、庭と言うには小さいし何か植えたくても場所がない、なんていうスペースは横に鉢を並べるだけでも解決できます。植えこんでしまうと場所を取りますから、鉢植えで管理すればレイアウト変更も容易です。

他にも写真のようにガーデンライトを照らすだけでも日本じゃないような雰囲気が楽しめます。無理に植物を植えることにこだわらなくても、いろいろ素敵な楽しみ方があります。

目次に戻る≫

 

\まだまだお庭作りの楽しみ方は続きます!/

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「安心の庭作り!予算やお悩みに合わせて実践してみよう」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ