初夏に咲く一年草、宿根草をご紹介~garden note

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

冷房も暖房もいらない初夏。花壇の草花が一番の見ごろを迎える季節です。今回は初夏に咲く一年草、宿根草の花やつぼみなど草花の様々な表情をご紹介します。

目次

初夏に咲く一年草

ボリジ

ボリジはハーブに分類される一年草。種から育てたところ、ある年から種がこぼれるようになり、今では一年中あちこちで発芽する事態になっています。  こぼれ種で発芽する草花は、自分が一番丈夫に育つ場所を心得ているようで、我が家で種がこぼれたのは花壇からはみ出た日当たりのよい通路。理由は通路の方が日当たりがよいから。植物は賢いですね。

ボリジはハーブに分類される一年草。ある年に種をまいたところ、種がこぼれるようになり、今では一年中あちこちで発芽するようになりました。

こぼれ種で発芽する草花は、自分が一番丈夫に育つ場所を心得ているようで、我が家で種がこぼれたのは花壇からはみ出た日当たりのよい通路。理由は通路の方が日当たりが格段によいからです。植物は賢いですね。

 

白花ボリジ  ボリジで驚くことがもうひとつ。  今年は白花ボリジも種がこぼれたのですが、種がこぼれた位置がもともと植えたところから距離はさほどないものの、家の角を曲がらないと着地しない場所から発芽してしまいました。  いったいどうやって種は角を曲がってそこに着地したのでしょう?自然が見せてくれる出来事は不思議なことだらけです。

白花ボリジ

ボリジで驚くことがもうひとつありました。

今年は白花ボリジも種がこぼれたのですが、種がこぼれた位置がもともと植えたところから距離はさほどないものの、家の角を曲がらないと着地しない場所から発芽してしまいました。

いったいどうやって種は角を曲がってそこに着地したのでしょう?自然が見せてくれる出来事は不思議なことだらけです。

 

白花ボリジ

白花ボリジ

 

ボリジのつぼみ  ボリジはつぼみが凝縮した形ですが、開花とともに花茎が伸びてきます。  かわいい花ですが、葉や茎は産毛のような細かいとげがあるので、素手で触るととげがささってしまい、扱うのはちょっと手ごわいハーブです。

ボリジのつぼみ

ボリジはつぼみの時は密集していますが、開花とともに花茎が伸びてきます。

とてもかわいい花ですが、葉や茎は産毛のような細かいとげがあります。素手で触るととげがささってしまい、扱うのがちょっと手ごわいハーブです。

 

ボリジは地植えにすると1m以上に生長するハーブですが、今年はなんと1.5m以上になりました!過去最高の花丈です。元気なのはよいのですが通路ではボリジで完全にふさがれて通り抜けができなくなってしまいました…。

 

ヤグルマギク

この青いヤグルマギクも今年はいたるところでこぼれ種から開花。ヤグルマギクは背の高い種類から矮性までたくさんの種類があるので花壇におすすめの草花です。

この青いヤグルマギクも今年はいたるところでこぼれ種から開花。ヤグルマギクは背の高い種類から矮性までたくさんの種類があるので花壇におすすめの草花です。

 

ヤグルマギクのつぼみ  草花のつぼみは形がおもしろいものが多いですね。

ヤグルマギクのつぼみ

草花のつぼみは形がおもしろいものが多いですね。

 

咲き始めのヤグルマギク  つぼみがはじけると一気に華やかに。

咲き始めのヤグルマギク

つぼみがはじけると一気に華やかに。

 

青がオリジナルですが、最近は色の種類も豊富です。ピンク、白、紫系濃淡、ブラックなど様々。切り花として様々な色が流通しています。

青がオリジナルですが、最近は色の種類も豊富です。ピンク、白、紫系濃淡、ブラックなど様々。切り花としても様々な色が流通しています。

矢車菊(ヤグルマギク)

  • ヤグルマギクは、キク科の一年草。花びらの形は矢車に似ていて放射状に広がっています。ヤグルマギクの花色は白、青、ピンク、紫などがあります。ヤグルマギクの丈は1m位まで生長する高性から矮性種まで様々です。

    ヤグルマギクは、以前はヤグルマソウと呼ばれていましたが、別の植物で山間部などに自生しているユキノシタ科の「矢車草」が存在することから、最近はヤグルマギクと呼ばれるようになりました。

    ヤグルマギクは、元々雑草でしたが品種改良されてポピュラーな草花の一つになっています。ヤグルマギクの花は乾燥させればドライフラワーにもなるので、生花としてもドライフラワーとしても、楽しむことができる植物です。

 

ビスカリア

ビスカリアは春から初夏にかけて咲く一年草。細い茎で弱そうに見えますが、性質は丈夫。風に揺れながら咲く姿が好きで毎年必ず種まきをする草花のひとつです。

ビスカリアは春から初夏にかけて咲く一年草。細い茎で弱そうに見えますが、性質は丈夫。風に揺れながら咲く姿が好きで、毎年必ず種まきをする草花のひとつです。

 

ピンクのビスカリアはビスカリア・チェリーブロッサムという品種です。

ピンクのビスカリアはビスカリア・チェリーブロッサムという品種です。

 

今年は突然、真っ白な花が咲きました。自然からの贈り物のような嬉しい出来事。近くにブルーのヤグルマギクがあるので、ブルー×白の色合わせがとてもさわやか

今年は突然、真っ白なビスカリアが咲きました。上のチェリーブロッサムと花の形は同じです。純白でとてもきれい。自然からの贈り物のような嬉しい出来事でした。近くにブルーのヤグルマギクがあるので、ブルー×白の色合わせになりさわやかな空間になっています。

ビスカリア

  • ビスカリアは春から初夏にかけて咲く一年草。細い茎で弱そうに見えますが、性質は丈夫な草花です。ビスカリアは1株でたくさんの花が咲くので、たくさんの株を植栽すると見事な光景になります。

 

カリフォルニアポピー

去年蓼科に旅行した時に苗で買ってきたアプリコット色のカリフォルニアポピーが、夏を越して二年草化してしまいました。  カリフォルニアポピーは原産地では多年草扱いの草花ですが、日本のような梅雨と高温多湿の夏が苦手なため、夏前までの一年草扱いされる草花です。ただし、その年の気象によっては多年草化することもあります。  カリフォルニアポピーはお日様に反応する性質で、晴れた日は花が開花しますが、夜や雨の日は花は閉じています。花びらがつやつやしていて、日光に当たるとキラキラと輝いているように見えます。

去年蓼科に旅行した時に苗で買ってきたアプリコット色のカリフォルニアポピーが、夏を越して二年草化してしまいました。

カリフォルニアポピーは原産地では多年草扱いの草花ですが、日本のような梅雨と高温多湿の夏が苦手なため、夏前までの一年草扱いとされる草花です。ただし、その年の気象によっては多年草化することもあります。

カリフォルニアポピーは太陽に反応する性質で、晴れた日は花が開花しますが、夜や雨の日は花は閉じています。花びらがつやつやしていて、日光に当たるとキラキラと輝いてとても美しい草花です。ワイルドフラワーのミックスの種にもよく使われる草花です。

 

こちらはカリフォルニアポピーのつぼみです。咲いた花とは想像がつかない、とんがり帽子のようなユニークなフォルムをしています。

こちらはカリフォルニアポピーのつぼみ。咲いた時の花の形からは想像がつかない、とんがり帽子のようなユニークなフォルムをしています。

 

シャーレーポピー

シャーレーポピーは5月に咲く一年草のポピー。種まきから育てたものですが、咲いた花は去年とは若干違う色あいでした。おそらく交雑したのだと思います。同じ白い花でも、しべの色とポピーシードの部分の色合いが少しずつ違う花が開花して、見ていて飽きないバリエーションです。

シャーレーポピーは5月に咲く一年草のポピー。種まきから育てたものですが、咲いた花は去年とは若干違う色あいでした。おそらく交雑したのだと思います。同じ白い花でも、しべの色とポピーシードの部分の色合いが少しずつ違う花が開花して、見ていて飽きないバリエーションです。

 

薄紙のようなクシャっとした花びらがおもしろいシャーレーポピー

薄紙のようなクシャっとした花びらがおもしろいシャーレーポピー

 

シャーレーポピーは鉢に植えても花丈が60cm以上になるので、とても見栄えがする草花です。茎が細くてゆらゆらと繊細な雰囲気ですが、性質はとても丈夫。アイスランドポピーは切り花として流通していますが、シャーレーポピーはひとつひとつの花の日持ちは3日程度なので、切り花としては流通していないポピーの種類です。

シャーレーポピーは鉢に植えても花丈が60cm以上になるので、とても見栄えがする草花です。茎が細くてゆらゆらと繊細な雰囲気ですが性質はとても丈夫。

アイスランドポピーは切り花として流通していますが、シャーレーポピーはひとつひとつの花の日持ちは3日程度なので、切り花としては流通していないポピーです。

 

シャーレーポピーのつぼみ  なんだか枯れているようにうなだれていますが、これが普通。最初はうなだれているような趣ですが、開花間近になると急に花首が空を向く草花です。

シャーレーポピーのつぼみ

なんだか枯れているようにうなだれていますが、これが普通。最初はうなだれているような趣ですが、開花間近になると急に花首が空を向きます。

 

シャーレーポピーの種  つぼみもおもしろいですが、種もとても素敵な形をしています。

シャーレーポピーの種

つぼみもおもしろいですが、種もとても素敵な形をしています。

 

ギリア・トロコロール

英名ではBird eyeという納得の名前を持つギリア・トリコロール。茎が細くて優しげですが性質はとても丈夫。風に揺れながらそよそよと開花しています。最近は花色も数種類流通しています。花壇や寄せ植えの隙間に植えるとかわいい草花です。

英名ではBird eyeという納得の名前を持つギリア・トリコロール。茎が細くて優しげですが性質はとても丈夫。最近は花色も数種類流通しています。花壇や寄せ植えの隙間に植えるとかわいい草花です。

 

深い紫色の種類もあります。

深い紫色の種類もあります。

 

白花のギリア・トリコロール

白花のギリア・トリコロール

目次に戻る≫

 

\次は宿根草です!/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「初夏に咲く一年草、宿根草をご紹介~garden note」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ