育ててみない?料理に使えるハーブ22選!使い方と育て方

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

生活に取り入れるといいことづくめのハーブ。今回はお茶や料理に使えるハーブとそれぞれの利用法、育て方をご紹介します。

料理に使うハーブを自分で育てると、使いたい時に使いたい量だけ収穫することができます。庭やベランダで自分が料理によく使うハーブを育ててみませんか?

目次

ハーブとは?

「ハーブ」とは、「暮らしに役立つ香りのある植物」を総称する言葉。昔から生活のあらゆるシーンで薬草や料理など様々な用途で利用されてきました。  現在ではハーブは園芸用に改良されて、主に利用目的が観賞用のハーブも多数流通しています。様々なハーブの苗は、ハーブショップなどの専門店の他、花屋さん、園芸店などで購入することができます。

「ハーブ」とは、「暮らしに役立つ香りのある植物」を総称する言葉。昔から生活のあらゆるシーンで薬草や料理など様々な用途で利用されてきました。

現在ではハーブは園芸用に改良されて、主に利用目的が観賞用のハーブも多数流通しています。様々なハーブの苗は、ハーブショップなどの専門店の他、花屋さん、園芸店などで購入することができます。

ハーブを「料理用」として利用する時に気を付けたいこと

料理やお茶など、食材として利用するためのハーブを育てる場合は、品種名と利用用途(食用か観賞用か)がきちんと書かれている苗を選ぶと安心です。

一般に流通している園芸用の花苗と、野菜やハーブ苗などの食用の苗では、使用している薬剤が違うことがあります。料理用のハーブを購入する際はプランツタグを確認するか、お店の方に「食用にできるか?」を確認してみましょう。

目次に戻る≫

料理に使えるハーブ22選

1.ミント

ミントはハーブの中では最も知っている人が多いハーブではないでしょうか。最近は八百屋さんやスーパーでもミントを販売しているお店も多くみかけます。ミントの利用法はお茶の他、最近はモヒートなども人気があります。

ミントはハーブの中では最も知っている人が多いハーブではないでしょうか。最近は八百屋さんやスーパーでもミントを販売しているお店も多くみかけます。ミントの利用法はお茶の他、最近はモヒートなども人気があります。

ミントの収穫は5月下旬~9月が一番の収穫適時ですが、ほぼ通年を通して収穫を行うことができます。ミントはたくさんの品種がありますが、料理に使うミントとしては「スペアミント」や「ペパーミント」が一般的です。最近はこの2種の系統でもたくさんの品種が流通しています。

ミントの育て方

ミントは苗で購入するのが一般的です。一苗でたくさんのミントの葉を収穫するためのポイントは、どんどん収穫すること。まめに摘み取ると、枝分かれしてたくさんの茎数になります。

 

ミントのハーブウォーターとローズマリー風味のオレンジジュース

ミントのハーブウォーターとローズマリー風味のオレンジジュース

 

2.バジル

バジルは普段「バジル」という呼び名以外に「バジリコ」とも呼ばれているハーブで、イタリア料理には欠かせないハーブの一つです。さわやかな香りが食欲をそそり、生ではもちろんのこと、ジェノペーゼソースやパスタ、ピザにもよく使われます。トマトとの相性も抜群。たくさんあるハーブの中で庭やベランダで育てておくと便利なハーブのひとつです。

バジルは「バジリコ」とも呼ばれているハーブで、イタリア料理には欠かせないハーブの一つです。さわやかな香りが食欲をそそり、生ではもちろんのこと、ジェノベーゼソースやパスタ、ピザにもよく使われます。トマトとの相性も抜群。たくさんあるハーブの中で庭やベランダで育てておくと便利なハーブのひとつです。フレッシュバジル、ドライバジル、それぞれに香りと風味が違います。

料理に直接使う他、乾燥させて単体でドライバジルにしたり、塩と混ぜて「ハーブソルト」にするのもおすすめ。

バジルの育て方

バジルは種まきをするか苗で購入するのが一般的です。一苗でたくさんのバジルの葉を収穫するためのポイントは、どんどん収穫すること。まめに摘み取ると枝分かれしてたくさんの茎数になります。

 

3.タイム

タイムは無農薬で育てられる性質が丈夫なハーブ。利用法としては、肉料理や魚料理の臭み消し、防腐効果、殺菌効果などがあります。タイムをポット苗で購入した時は草っぽく見えますが、1年以上育てると古い枝は木質化してくる低木に分類されるハーブです。

タイムは無農薬で育てられる性質が丈夫なハーブです。タイムの利用法は、肉料理や魚料理の臭み消し、防腐効果、殺菌効果などがあります。また、タイムは「ブーケガルニ」としてシチューやポトフなどの煮込み料理の風味付けにも使われます。

タイムはポット苗で購入した時は草っぽく見えますが、1年以上育てると古い枝は木質化してくる低木に分類されるハーブです。

タイムは品種がたくさんあるハーブのひとつですが、料理に使うなら「コモンタイム」を選びましょう。

タイムの育て方

タイムは株元が蒸れやすく、蒸れると株元が茶色くなっていきます。伸ばし放題にしておくと蒸れやすいので、まめに収穫をかねて株元で刈り込んでおくと、きれいな株を保つことができます。刈り込んだタイムは天日干しでドライハーブにすると長期保存が可能です。

 

4.月桂樹(ローリエ)

月桂樹(ローリエ)は、クスノキ科の常緑樹。  月桂樹(ローリエ)の一般的な利用法は、カレーやシチュー、スープなどの煮込み料理、肉料理、ピクルスなどの香り(風味)づけに使われます。月桂樹(ローリエ)の葉は少し苦みがありますが、乾燥させると苦みがなくなり香りもマイルドになります。

月桂樹(ローリエ)は、クスノキ科の常緑樹。

月桂樹(ローリエ)の一般的な利用法は、カレーやシチュー、スープなどの煮込み料理、肉料理、ピクルスなどの香り(風味)づけに使われます。月桂樹(ローリエ)の葉は少し苦みがありますが、乾燥させると苦みがなくなり香りもマイルドになります。

月桂樹(ローリエ)は常緑樹なので、いつでも好きな時に収穫できるのも魅力です。使いたい分を少しずつ収穫して天日干しで乾燥させて保存しておくといいですね。

月桂樹(ローリエ)の育て方

月桂樹(ローリエ)は10mを超えることもある常緑の高木ですが、刈り込みに堪える植物なので丈や樹形を自由にデザインできます。鉢植えで育てることも可能です。料理に使うために育てるなら、収穫しやすい高さに毎年剪定して仕立てていくとよいでしょう。風通しをよくするために剪定し、剪定した葉は天日干しでドライハーブとして保存しておくと一年中、自家製のドライローリエが楽しめます。

 

5.パクチー

パクチー(コリアンダー)はセリ科の一年草です。  パクチーの利用法はサラダやスープ、お肉やお魚料理のトッピング、刻んで調味料の中に入れると、エスニックの風味になるハーブです。葉、根、種と余すことなく使うことができます。

パクチー(コリアンダー)はセリ科の一年草です。

パクチーの利用法はサラダやスープ、肉や魚料理のトッピング、刻んで調味料の中に入れると、エスニックの風味になるハーブです。葉、根、種と余すことなく使うことができます。

独特な香りや味わいは好みがはっきりと分かれるハーブですが、好きな人にとってはやみつきになるハーブで、都内にはパクチー料理専門店もあります。

パクチーの育て方

パクチーは花もかわいいハーブですが、葉っぱを収穫する目的で育てるなら、花は咲かせない方が長くたくさん収穫することができます。パクチーは種まきか苗で購入するのが一般的です。収穫は葉が固くなる前に外葉から摘み取ります。

 

6.ルッコラとセルバチコ

ルッコラはゴマの風味のするアブラナ科の一年草です。サラダ、おひたし、炒め物、肉料理の付け合せ、等、利用用途が幅広いハーブです。

ルッコラ

ルッコラはゴマの風味のするアブラナ科の一年草です。サラダ、おひたし、炒め物、肉料理の付け合せ等、利用用途が幅広いハーブです。

 

ルッコラ同様、ゴマの風味がするハーブはもうひとつ、セルバチコというハーブがあります。ルッコラとセルバチコの違いと言えば、葉の形、花などの見た目の他、大きく違うのがルッコラは一年草、セルバチコは多年草です。

セルバチコ

ルッコラ同様、ゴマの風味がするハーブでセルバチコというハーブがあります。ルッコラとセルバチコの違いは、葉の形、花などの見た目の他、大きく違うのがルッコラは一年草、セルバチコは多年草です。味はセルバチコの方が少し辛味が強いような気がしますが、ほぼ同じです。

ルッコラとセルバチコの育て方

ルッコラとセルバチコは種まきをするか苗で購入するのが一般的です。外側の葉っぱからどんどん収穫しましょう。どちらも花もかわいいハーブですが、花を咲かせると葉が固くなるので、料理用として育てるなら花は咲かせない方がよいでしょう。

ルッコラ

  • ルッコラは地中海沿岸原産の一年草です。ゴマのような風味があり、多少辛みも感じます。若い葉をサラダに入れて食べると大変美味しく、その他おひたしや炒め物、肉料理の付け合せ等、用途は幅広いです。

    ルッコラは発芽率が高く病気等もほとんど無いので初心者にも育て易いハーブの一つです。種まきの時期をずらせば、ほぼ1年中収穫出来ます。

    ルッコラは地中海沿岸が原産といわれています。古代ギリシャや古代ローマ時代には、すでに食用ハーブとして栽培されていたハーブです。古代エジプトでは、クレオパトラが美しさを保つために、好んでルッコラを食べたといわれています。

目次に戻る≫

7.ローズマリー

ローズマリーはシソ科の常緑低木のハーブです。辛みと甘みの両方を兼ね備えた清涼感のある香りがします。ローズマリーはたくさんの品種があって、それぞれ同じローズマリーでも香りが違うので、香りに敏感な方は葉っぱを手でこすって好みの香りの品種を選びましょう。

ローズマリーはシソ科の常緑低木のハーブです。辛みと甘みの両方を兼ね備えた清涼感のある香りがします。ローズマリーはたくさんの品種があって、同じローズマリーでも香りが違うので、香りに敏感な方は葉っぱを手でこすって好みの香りの品種を選びましょう。

ローズマリーの利用法は、オイルやバター、塩などに混ぜたり、香りづけをして調味料として使う他、タイム同様、「ブーケガルニ」にも利用されます。その他、豚肉や鶏肉料理の臭み消しや香りづけ、ハーブポテトなど様々な料理に使うことができます。

ローズマリーの育て方

枝が密集すると株元が蒸れたり、葉が黄色くなったりするので、枝の更新をかねて定期的に剪定をして風通しのよい株に仕立てます。剪定した枝は葉を枝から取り去って、天日干しで乾燥させるとドライハーブとして保存できます。

 

8.しそ

しそは和のハーブの代表的存在。料理やお刺身のつまなど、夏には欠かせない葉ものです。市販のものは10本で一組になっていることが多いので使いきれない葉をダメにしてしまった経験のある方も多いのでは。一株育てておくと必要な時に必要な枚数だけ摘んで使えるので便利です。

しそは和のハーブの代表的存在。料理やお刺身のつまなど、夏には欠かせない葉ものです。市販のものは10本で一組になっていることが多いので使いきれない葉をダメにしてしまった経験のある方も多いのでは。一株育てておくと必要な時に必要な枚数だけ摘んで使えるので便利です。

しその育て方

しそは種まきか苗で購入するのが一般的です。一苗でたくさんのしその葉を収穫するためのポイントは、どんどん収穫すること。まめに摘み取ると枝分かれしてたくさんの茎数になります。

 

9.パセリ

パセリと言えば料理の付け合わせというイメージですが、最近ではオリーブオイルの中にパセリやニンニクを刻みいれてハーブオイルにしたり、料理のソースなどにも使われるようになりました。栄養素を丸ごと取り入れられるスムージーなどでも使われています。

パセリと言えば料理の付け合わせというイメージですが、最近ではオリーブオイルの中にパセリやニンニクを刻みいれてハーブオイルにしたり、料理のソースなどにも使われるようになりました。栄養素を丸ごと取り入れられるスムージーなどでも使われています。

パセリの育て方

パセリは種まきをするか苗で購入するのが一般的です。収穫は外葉から摘み取りましょう。収穫しすぎると株が衰えてしまいます。常に10枚前後、葉を残しておくと次から次へと葉を出し、1年中収穫できます。長く収穫するためには花は咲かせないようにしましょう。

パセリ

  • パセリの原産地は地中海沿岸といわれています。パセリがヨーロッパ全土で栽培されるようになったのは17世紀頃で、日本には18世紀末にオランダ船により長崎に持ち込まれたため、オランダゼりとも呼ばれていました。

    日本でパセリといえば、料理の付け合せに出てくる縮葉種(モスカールドパセリ)が一般的ですが、パセリの原型はイタリアンパセリのような平葉種です。他にも根を食用とする、根パセリもあります。

 

10.フェンネル、ディル

独特の風味で、魚料理やハーブビネガーなどに使われているハーブです。細かく刻んで、ドレッシングやマヨネーズなどの調味料にも使えます。葉以外に種もピクルスやお茶などに利用されています。  見た目がとても似たハーブ、ディルとフェンネル。見た目の違いは、葉はディルの方が葉の密集度が高いです。植物的には同じセリ科ですが、ディルはイノンド属、フェンネルはウイキョウ属です。また、ディルは一年草、フェンネルは多年草です。ディルとフェンネルを近くで育てると交雑しやすいので植え場所には注意しましょう。

フェンネルやディルは、独特の風味で魚料理やハーブビネガーなどによく使われるハーブです。細かく刻んで、ドレッシングやマヨネーズなどの調味料にも使えます。葉以外に種もピクルスやお茶などにも利用されています。

とてもよく似たハーブ、ディルとフェンネル。見た目の違いは、葉はディルの方が葉の密集度が高いです。同じセリ科ですが、ディルはイノンド属、フェンネルはウイキョウ属です。また、ディルは一年草、フェンネルは多年草です。

ディルとフェンネルを近くで育てると交雑しやすいので植え場所には注意しましょう。

フェンネルとディルの育て方

どちらも直根性なので苗で植え付ける場合は、根を崩さないようにして植え替えましょう。花は初夏に黄色い花が開花します。花の後の種もピクルスなどに利用されています。花が咲いて種が出来ると葉は堅くなり株が弱ります。料理用に育てているのならば、花は極力咲かせず葉をどんどん収穫した方が長い期間収穫できます。

フェンネル

  • 草丈が1m以上になる大型の多年草で別名をウイキョウといいます。葉、花、茎、種をハーブとして古くから世界各地で栽培・利用されてきました。日本には平安時代に中国から伝わったといわれています。葉は糸状でアスパラガスの葉のように細かく分かれ、折ると香りが立ち、魚料理などに利用されます。茎は直立して分枝し、頂部にはせり科独特の傘を開いたような小さな黄色い花を初夏に多数咲かせます。長さ8ミリほどの長い楕円形の果実を完熟手前で収穫したものは料理だけでなく消化促進のための生薬にも使われます。フェンネルシード(種)と呼びますが、実際は果実で、種はさらに中に入っています。

ディル

  • ディルは独特の風味で、魚料理やハーブビネガーなどに使われているハーブです。細かく刻んで、ドレッシングやマヨネーズなどの調味料にも使えます。ディルは葉以外に、種もピクルスなどに利用されています。ディルは種からでも苗からでも育てることができますが、一回の料理で大量に使うハーブではないので、自宅で料理に使う用途であれば、1株でも十分に楽しめることから、苗での購入の方が一般的です。

 

11.レモンバーム

レモンバームはレモンに似た香りのシソ科の多年草のハーブです。別名メリッサとも呼ばれます。一番よく使われるのはお茶。単体でもレモンの香りがして飲みやすいですが、ミントやレモングラスなどとブレンドすると、おいしくて飲みやすいハーブティーになります。

レモンバームはレモンに似た香りのシソ科の多年草のハーブです。別名メリッサとも呼ばれます。一番よく使われるのはお茶。単体でもレモンの香りがして飲みやすいですが、ミントやレモングラスなどとブレンドすると、おいしくて飲みやすいハーブティーになります。

レモンバームの育て方

レモンバームは主に苗で購入するのが一般的です。レモンバームは花を咲かせると香りが落ちます。葉っぱを収穫するために育てている場合は、花が咲く前に切り戻しをしましょう。

レモンバーム

  • レモンバームはシソ科の多年草のハーブです。レモンに似たさわやかな香りがするのでハーブティーや料理の香りづけとして使われています。レモンバームの香りは乾燥するととんでしまうため、利用するのは主にフレッシュハーブとしてになります。

    レモンバームは初夏に小さな白い花が開花します。レモンバームの花はミツバチが好むことから、ギリシャ語でミツバチを意味する「メリッサ」という名でも呼ばれています。

    レモンバームは葉の色が明るい緑色なので、明るい雰囲気の植栽になります。性質がとても強い多年草なので、初心者でも簡単に育てることができます。

     

 

12.レモンバーベナ

レモンバーベナはクマツヅラ科の落葉低木。フランスでは「ベルベーヌ」の名前で親しまれ、食後に飲むハーブティーとして有名です。レモンバーベナ単体でもおいしいハーブティーになりますが、飲みなれないうちは紅茶とブレンドするとよいかもしれません。お茶としての利用が一番一般的ですが、その他、料理やお菓子の香りづけなどにも使われます。

レモンバーベナはクマツヅラ科の落葉低木。フランスでは「ベルベーヌ」の名前で親しまれ、食後に飲むハーブティーとして有名です。レモンバーベナ単体でもおいしいハーブティーになりますが、飲みなれないうちは紅茶とブレンドするとよいかもしれません。お茶としての利用が一番一般的ですが、その他、料理やお菓子の香りづけなどにも使われます。

レモンバーベナは寒さには弱いハーブなので、東京でも地植えよりは鉢植えで育てた方が安全です。私は都内で鉢植えで育てていますが、室内に取り込まなくても戸外で越冬しています。落葉樹なので冬場は葉っぱが落ちて枯れ木のような見た目になります。葉っぱの芽吹きは他のハーブと比較すると遅い方で、毎年だいたいゴールデンウィークごろに芽吹いてくる感じです。

レモンバーベナの育て方

レモンバーベナは冬場は落葉して枯れ木のような見た目になりますが、根は生きているので鉢の表面を観察して土が乾いたら水やりをするようにしましょう。

目次に戻る≫

13.レモングラス

 レモングラスはイネ科の多年草のハーブで、レモンの香りより少し甘い香りのするハーブです。レモングラスはフレッシュハーブやドライハーブとしてお茶や料理の香りづけなどに利用されます。レモングラスを使った料理ではトムヤンクンが有名ですね。

レモングラスはイネ科の多年草のハーブで、レモンの香りより少し甘い香りのするハーブです。レモングラスはフレッシュハーブやドライハーブとしてお茶や料理の香りづけなどに利用されます。レモングラスを使った料理ではトムヤンクンが有名ですね。

レモングラスの見た目は地味ですが、とってもよい香りのする葉っぱです。どのハーブにも言えることですが、フレッシュハーブの香りや風味とドライのそれとでは、まったく香りや味わいが変わります。フレッシュで採れるうちはフレッシュで、冬越しを兼ねた剪定の時にまとめて乾燥させてドライハーブとして保存しておくとよいでしょう。

レモングラスの育て方

レモングラスの苗は5月ごろから流通が始まります。暑いのが好きなハーブなので、地域によっては地植えで多年草として育てることもできますが、寒冷地では鉢植え、もしくは一年草として育てることになります。東京でも地植えで育てていると、越冬できる年とできない年があります。

レモングラスは葉がとても鋭いので、素手で葉の両側に触れると手を切ってしまうことがあるのでご注意。

レモングラス

  • レモングラスは、レモンの香りがするために「レモングラス」と呼ばれるハーブの一種です。タイ料理のトムヤンクンの材料にも使われることでも有名です。レモングラスは熱帯地方原産なので、高温多湿を好みます。地植えにすると年々大株に生長します。

 

14.カモミール

リンゴのような甘さとさわやかさを兼ね備えた優しい香りがするカモミール。カモミールティーは、ヨーロッパで安眠効果のあるハーブとして就寝前に飲むハーブティーとして愛用されてきました。日本でもドライハーブとして花の部分が販売されている他、数種のメーカーからティーパックでも販売されているほど普及しているハーブのひとつです。

リンゴのような甘さとさわやかさを兼ね備えた優しい香りがするカモミールカモミールティーは、ヨーロッパで安眠効果のあるハーブとして就寝前に飲むハーブティーとして愛用されてきました。日本でもドライハーブとして花の部分が販売されている他、数種のメーカーからティーパックでも販売されているほど普及しているハーブのひとつです。

カモミールはいくつかの種類がありますが、お茶に使われるカモミールは一年草のジャーマンカモミールです。

カモミールの育て方

カモミールは種まきをするか苗で購入するのが一般的です。苗は花が開花する前の若いうちに定植した方がしっかりとした株立ちになります。

カモミール(カミツレ)

  • 「カモミール」は、地中海沿岸原産のハーブの一種です。現在では世界中に帰化しています。花や葉を乾燥させお茶にしたり薬用として昔から使われています。育て方は苗と種がありますが、比較的育てやすいため種から育てるのもおすすめです。 ハーブティーにする場合は、飲みやすいジャーマン種をおすすめします。甘い香りは林檎にも似ており、品種は一年草の「ジャーマンカモミール」と、多年草の「ローマンカモミール」があります。花はデイジーのような白い小花を咲かせます。

    カモミールは地植えでも鉢植えでも育てる事ができます。地植えにするとこぼれ種で増えていくので群生するカモミールの美しい光景が見られます。

 

15.マロウ

マロウはアオイ科の宿根草です。マロウの花はハーブティーにして飲むことができます。マロウティーは鮮やかな青色が特徴的です。さらにレモンを入れるとピンクに変化することから、とても人気のあるハーブティーです。マロウはたくさんの種類があり、中には園芸メインの品種もあるので購入時に確認すると安心です。

マロウはアオイ科の宿根草です。マロウの花はハーブティーにして飲むことができます。マロウティーは鮮やかな青色が特徴的です。さらにレモンを入れるとピンクに変化することから、とても人気のあるハーブティーです。マロウはたくさんの種類があり、中には園芸メインの品種もあるので購入時に確認すると安心です。

マロウの育て方

マロウは種まきか苗で購入するのが一般的です。マロウは直根性なので、植え付けをする際は根をいじらないようにしましょう。花をお茶などに利用する場合は、開花した日に摘み取ります。

マロウ

  • マロウはアオイ科の宿根草です。マロウの種類には、ゼニアオイ、コモンマロウ(ウスベニアオイ)、ムスクマロウなどがあります。マロウの花はハーブティーにして飲むことが出来ます。マロウティーは鮮やかな青色が特徴的です。さらにレモンを入れるとピンクに変化することから、とても人気のあるハーブティーです。

    他にもモーブカラーと呼ばれる青紫色はマロウの花の色からきています。モーブ(mauve)とはフランス語でマロウを指す言葉です。

 

16.ワイルドストロベリー

ワイルドストロベリーは、バラ科の常緑多年草のハーブです。ワイルドストロベリーという名前からもわかるように、イチゴの野生種なので性質がとても丈夫なハーブです。  料理としては実の部分をお菓子やジャムなどに利用できます。

ワイルドストロベリーは、バラ科の常緑多年草のハーブです。ワイルドストロベリーという名前からもわかるように、イチゴの野生種なので性質がとても丈夫なハーブです。料理としては実の部分をお菓子やジャムなどに利用できます。

ワイルドストロベリーの育て方

ワイルドストロベリーは苗で購入するのが一般的です。とても丈夫で地植えにすると、株元からランナーを出して広がるように増えていきます。生長の仕方からハンギングや少し高い位置に植栽しても見栄えがします。

ワイルドストロベリー

  • ワイルドストロベリーは、バラ科の常緑多年草のハーブです。ワイルドストロベリーという名前からもわかるように、イチゴの野生種なので性質がとても丈夫な植物です。

    ワイルドストロベリーは地植えから寄せ植え、ハンギングなど、様々な用途で利用できます。ワイルドストロベリーは葉の色が若緑色で明るく、ガーデニングの素材としても人気があります。

     

 

17.ラベンダー

ラベンダーはハーブの中でもとても人気のあるハーブのひとつ。初夏に薄紫色の穂状の花が開花します。色の表現でも最近では「ラベンダー色」という表現をされるほどです。  料理としてのラベンダーは、お茶やお菓子などの香りづけや、花の部分を利用するのが一般的です。また、「エルブ・ド・プロヴァンス」と言って、南仏地方のミックスハーブの調味料の中にもラベンダーが入っていることもあります。

ラベンダーはハーブの中でもとても人気のあるハーブのひとつ。初夏に薄紫色の穂状の花が開花します。色の表現でも最近では「ラベンダー色」という表現をされるほど認知度が高いハーブです。

料理としてのラベンダーは、お茶やお菓子などの香りづけや、花の部分を利用するのが一般的です。また、「エルブ・ド・プロヴァンス」と言って、南仏地方のミックスハーブの調味料の中にもラベンダーが入っていることもあります。

ラベンダーはいくつかの系統がありますが、お茶や料理に使うのなら、イングリッシュラベンダーの系統のラベンダーがおすすめ。最近流通しているレースラベンダーは、ラベンダーの香りがしないガーデニング専用のラベンダーです。

ラベンダーの育て方

ラベンダーは苗で購入するのが一般的です。乾燥気味を好むので水のやりすぎには注意しましょう。株が蒸れると株元が茶色くなって見苦しくなってくるので、花が終わったら収穫をかねてバッサリと剪定し、梅雨と真夏に株が蒸れるのを防ぐときれいな株を保ちます。その後、冬前にも地際で剪定をします。

ラベンダー

  • ラベンダーはすばらしい香りを漂わせる人気のハーブです。ヨーロッパでは古くから栽培され、お風呂や衣類の香りづけに利用されてきました。ラベンダーは地中海沿岸が原産地であるため、高温多湿を嫌う性質を考えてお世話をすれば、しっかりと良い香りのする花を咲かせて楽しませてくれます。ラベンダーの語源は、lavareという「洗う」を意味するラテン語だと言われています。その精油はリラックスや精神安定にも使われており、とても人気があります。ラベンダーには種類がたくさんあり、それぞれに精油が作られているため、ラベンダーと名のつく精油はたくさんあります。花の色は薄紫や濃い紫、白があり、葉には芳香があり、ハーブとして蒸留して得られたオイルは香水などの成分となり、花を乾燥させたものはポプリとなります。

目次に戻る≫

18.オレガノ

オレガノは、シソ科の多年草のハーブ。7月~8月にピンクの花が開花します。オレガノは、つぼみの色は左の写真のようなえんじ色のような色をしていますが、開花すると淡いピンクになります。花は切り花やドライフラワーにもなります。

オレガノはシソ科の多年草のハーブ。7月~8月にピンクの花が開花します。オレガノはつぼみの色は左の写真のようなえんじ色のような色をしていますが、開花すると淡いピンクになります。花は切り花やドライフラワーにもなります。

料理としてのオレガノは、葉の部分をドライにしたものをスパイスやお茶として使われることが多いハーブです。オレガノはトマトとの相性がよいハーブなので、ピザやパスタなどのイタリア料理、フランス料理、タコスなどのメキシコ料理にもよく使われます。またミックスハーブの調味料の中にもオレガノが入っていることも多いので、機会があれば市販のミックスハーブのボトルの原材料を見てみてください。

ハーブの中には、フレッシュとドライの両方で使用するものもありますが、オレガノはドライで使われることの方が多いハーブです。

最近「花オレガノ」という名前で、園芸種のオレガノが多数流通しています。(代表的なものとしては、オレガノ・ケントビューティー)こちらは香りがしないのでガーデニング用です。

オレガノの育て方

オレガノは種まきか苗で購入するのが一般的です。草丈30~60cm以上になるので、庭植え向きのハーブです。蒸れには弱く乾燥気味を好むハーブです。冬前になったら地際で刈り込んでおきます。

オレガノ

  • オレガノは、ヨーロッパ地中海原産のシソ科のハーブ。和名は「ハナハッカ」と呼ばれてます。オレガノは大きく「オリガヌム類」「マヨラナ類」「アマラクス類」の3つに分かれてます。一般的にオレガノといわれているのはワイルドマジョラムで、オリガヌム類になります。種類が多く、花や葉が違い、香りも甘いものから強い香りまで様々。葉には抗菌作用があったり何かと使えるハーブの1つです。

 

19.ナスタチウム

ナスタチウムの花の色は鮮やかな暖色。オレンジ、黄色、赤と鮮やかな色合いが中心です。葉や花を食せるエディブルフラワーとして重宝されています。葉が丸くてかわいい形なのでサラダに入れると引き立ちます。花の色がカラフルなので料理の彩におすすめ。観賞用としても人気のナスタチウムです。

ナスタチウムの花の色は鮮やかな暖色。オレンジ、黄色、赤と鮮やかな色合いが中心です。葉や花を食せるエディブルフラワーとして重宝されています。葉が丸くてかわいい形なのでサラダに入れると引き立ちます。花の色がカラフルなので料理の彩におすすめ。観賞用としても人気のナスタチウムです。

 

ナスタチウム

ナスタチウムの育て方

ナスタチウムは日当たりがよく、風通しのよい場所で育てます。夏の花ですが、真夏の暑さは苦手です。真夏は日が当たりすぎない場所で管理しましょう。夏前に一度切り戻しをして株を休ませると秋に再び開花します。

ナスタチウム(キンレンカ)

  • 初夏から晩秋にかけて花が咲くナスタチウム。ペルーで発見されたこの植物ですが、日本にナスタチウムが輸入されたのは江戸時代。以来観賞用として親しまれてきています。

    ナスタチウムの葉は丸い形をしています。この葉が蓮に似ていることから、蓮の漢字を使い金蓮花(キンレンカ)との別名がついています。

    ナスタチウムの花の色は鮮やかな暖色。オレンジ、黄色、赤と鮮やかな色合いが中心です。観賞用として楽しまれているナスタチウムですが、近年は食用としても利用されていて流通もしています。葉や花を食せるエディブルフラワーとしても重宝されています。

 

20.サラダバーネット

サラダバーネットの葉は、キュウリに似た爽やかな香りがします。サラダやスープの風味付け、お茶の他、クリームチーズやバターなどに練り込んで、ハーブバターとして使うこともできます。

サラダバーネットの葉は、キュウリに似た爽やかな香りがします。サラダやスープの風味付け、お茶の他、クリームチーズやバターなどに練り込んで、ハーブバターとして使うこともできます。

サラダバーネットの育て方

サラダバーネットは日本に自生するワレモコソウの仲間で、生育環境さえ合えばとても育てやすいハーブのひとつです。サラダバーネットの葉のふちは、ギザギザとした波上の形態で、ロゼット状に広がりながら生育します。

サラダバーネットの開花期は主に初夏で、細長い茎を伸ばし球状の緑色のガクから、赤いひも状の雄しべを出します。サラダバーネットの花は切り花やドライフラワーとしても楽しむことができますが、花を咲かせると葉が固くなるので、食用として育てるなら花は早めに株元から摘み取ります。葉が20枚以上になったら外葉から摘んで収穫し、一気に収穫して株を弱わらせないようにするために、収穫する際は最低でも10枚以上の葉を残しましょう。

サラダバーネット

  • サラダバーネットは、ヨーロッパでは古くから親しまれているハーブの一つです。化学薬品のなかった時代は、薬草として傷口に止血止めとして使われていました。

    サラダバーネットの葉は、キュウリに似た爽やかな香りがします。サラダやスープの風味付け、お茶の他、クリームチーズやバターなどに練り込んで、ハーブバターとして使うこともできます。

    サラダバーネットは日本に自生するワレモコソウの仲間で、生育環境さえ合えばとても育てやすいハーブのひとつです。サラダバーネットの葉のふちは、ギザギザとした波上の形態で、ロゼット状に広がりながら生育します。

    サラダバーネットの開花期は主に初夏で、細長い茎を伸ばし球状の緑色のがくから、赤いひも状の雄しべを出します。

    サラダバーネットはタイム、ミント、パセリ、ナスタチウムと相性がよく、コンパニオンプランツになります。

 

21.バタフライピー

バタフライピーは、マメ科のツル性のハーブです。原産地では多年草扱いですが、冬の寒さに弱いため、日本では一年草として扱われています。バラフライピーは暑さにはとても強く、真夏でもツルをぐんぐんと生長させ、たくさんの花を咲かせます。

バタフライピーはマメ科のツル性のハーブです。原産地では多年草扱いですが、冬の寒さに弱いため、日本では一年草として扱われています。バラフライピーは暑さにはとても強く、真夏でもツルをぐんぐんと生長させ、たくさんの花を咲かせます。

バタフライピーの花の青にはアントシアニンという天然の青い色素が含まれ、お茶として煎じるときれいな青いお茶になります。ハーブのマロウティーと同じく、レモンなどの酸性の液体を垂らすと、青からピンクに変化します。また、バタフライピーの若いさやも食べることができます。花はフレッシュでもドライでも利用できます。最近、メディアでバタフライピーの美容や健康効果が紹介されて、一気に人気になったハーブのひとつです。

バタフライピーの育て方

バタフライピーはツル性のハーブなので、ツルを這わせる何かが必要です。(行燈仕立て、トレリス、フェンスなど)直根性なので移植の際は根をいじらないようにして植え付けましょう。バタフライピーの丈が10cm以上になったら茎の先を摘芯すると、摘んだ下のからわき芽が伸びてくるので、これを何度か繰り返し、茎の数を増やしボリュームを出していくことによってたくさん収穫できる株になります。

バタフライピー(チョウマメ、クリトリア)

  • バタフライピーは、マメ科のツル性のハーブです。原産地では多年草扱いですが、冬の寒さに弱いため、日本では一年草として扱われています。バラフライピーは暑さにはとても強く、真夏でもツルをぐんぐんと生長させ、たくさんの花を咲かせます。

    バタフライピーの花の青にはアントシアニンという天然の青い色素が含まれ、お茶として煎じると、きれいな青いお茶になります。ハーブのマロウティーと同じく、レモンなどの酸性の液体を垂らすと、青からピンクに変化します。また、バタフライピーの若いさやも食べることができます。花はフレッシュでもドライでも利用することができます。

    最近、メディアでバタフライピーのの美容や健康効果が紹介されて、一気に人気になったハーブのひとつです。

 

22.チャイブ

チャイブはネギの仲間のハーブ。5月~7月に写真のようなボール状の花がたくさん開花します。草丈が低いので鉢植えでも地植えでも育てることができます。

チャイブはネギの仲間のハーブ。5月~7月に写真のようなボール状の花がたくさん開花します。草丈が低いので鉢植えでも地植えでも育てることができます。

一般的な利用法としては、日本のネギやニラのような使い方です。細かく刻んで薬味や風味づけとして、サラダ、スープ、卵料理など、幅広い料理に利用できます。バターなどに練り込んで、ハーブバターとして使うこともできます。

チャイブの育て方

チャイブは種で育てることもできますが、苗での購入が一般的です。チャイブは酸性土壌を嫌います。鉢植えとして草花用やハーブ用の土に植え付ける場合は問題ありませんが、庭に植える場合、土が酸性に傾いているようなら、事前に有機石灰などをすき込んで土壌改良してから植え付けましょう。冬場のチャイブは地上部分がなくなりますが、適切な処理をしていれば春になると株元から芽吹きます。チャイブは花の部分もエディブルフラワーとして利用できます。ただし、花を咲かせると一般的なハーブ類と同じく葉が固くなります。葉を利用することが主な目的な場合は、花を咲かせない方がよいでしょう。

チャイブ

  • チャイブはネギ科のハーブで、薬味として主に用いられます。原産地の中国や地中海地方で2000年も前から栽培されてきました。チャイブが ヨーロッパで本格的に用いられるようになったのは、マルコポーロが中国から持ち帰ってから。帰国後も彼は大いにチャイブを好んだといわれています。 香りの秘密は「硫化アリル(アリシン)」という成分。食欲増進、疲労回復、新陳代謝の活性化といった効果があります。 ネギの仲間なのでネギ坊主のような球形の花をつけます。赤紫色の可憐な花なので、料理用とは別に株分けして、花壇の一角に植えておいてもよいでしょう。

 

料理に使うハーブを自分で育てると、使いたい時に使いたい量だけ収穫することができます。庭やベランダで自分が料理によく使うハーブを育ててみませんか?

料理に使うハーブを自分で育てると、使いたい時に使いたい量だけ収穫することができます。庭やベランダで自分が料理によく使うハーブを育ててみませんか?

 

▼ハーブの関連記事

目次に戻る≫

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「育ててみない?料理に使えるハーブ22選!使い方と育て方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ