カランコエ・ベハレンシス・ファングの育て方|植物図鑑

植物名
カランコエ・ベハレンシス・ファング
学名

Kalanchoe behalensis ‘Fang’

英名
Elephant’s ear kalanchoe
科名
ベンケイソウ科
属名
カランコエ属
原産地
マダガスカル

カランコエ・ベハレンシス・ファングの特徴

カランコエ・ベハレンシス・ファングは、銀色がかったグリーンの葉に、ベルベット様の軟毛がみっしり生え、葉の裏はブツブツと突起しています。 葉には茶色の縁取りがあり、産毛が陽に光る様子はまるで動物の耳のよう。大変触り心地のよい植物です。不気味と言えば不気味なのですが、大鉢で育てると迫力満点なその姿を、こよなく愛する人もたくさんいます。カランコエ・ベハレンシス・ファングは多肉植物なので、基本的に日に当てて育てます。しかし夏の蒸れには弱いので、風通しに注意しましょう。

カランコエ・ベハレンシス・ファングの詳細情報

園芸分類 多肉植物、カランコエ
耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや弱い

カランコエ・ベハレンシス・ファングの栽培環境

日当たり・置き場所

カランコエ・ベハレンシス・ファングは多肉植物ですので、日当りの良いところで育てましょう。葉が蒸れてしまうと枯れてしまうので、風通しに注意して下さい。夏の直射日光も苦手です。冬は室内で管理して下さい。

温度

夏の高温・多湿にはくれぐれも注意し、風通しよく育てて下さい。寒さには比較的強い方ですが、お部屋で管理するのが良いでしょう。

用土

蒸れを防ぐため、通気性の良い土を使いましょう。園芸店で売られている、多肉植物用の土などを使用して下さい。

カランコエ・ベハレンシス・ファングの育て方のポイント

水やり

カランコエ・ベハレンシス・ファングは多肉植物ですので、水遣りは乾燥してからするのが基本です。 春・秋が生育期です。その時期は土が乾いたら水をたっぷりあげて下さい。冬・夏は水を控えめに。

肥料

肥料はそれほど必要としません。あげる場合は、春・秋の生育期に液体肥料をあげて下さい。やりすぎは株を痛めます。

病害虫

まれにワタムシが付くことがあります。葉の根元などをよく見て下さい。 付いてしまったら、爪楊枝で取って潰してしまうのが一番です。

カランコエ・ベハレンシス・ファングの詳しい育て方

選び方

カランコエ・ベハレンシス・ファングは葉の美しさを愛でる植物です。葉の状態の良いものを選びましょう。茎がしっかりしているか、鉢と株のバランスが取れているかもチェックして下さい。

植え替え・鉢替え

春または秋が適期です。 鉢に根がいっぱいに張っていたら、植え替えます。根を整理した後、一回り大きな鉢に植え替えると、大きく生長します。

冬越し

カランコエ・ベハレンシス・ファングは比較的寒さに強いです。しかし冬は室内の日の当たる場所に取り込んだ方が無難です。水遣りは控えめに。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

カランコエ・ベハレンシス・ファングは挿し木・葉挿し・株分けで増やせます。カランコエ・ベハレンシス・ファングは繁殖力が強いです。春・秋にするのがお勧めです。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング