2018年の寒露(二十四節気)は10月8日!暦のある生活

小野寺葉月

小野寺葉月

このライターの記事一覧

公開日 :

暦(こよみ)は中国から日本に渡ってきたものです。季節を記録するものとして太陽暦(新月の日を1日としてひと月を定めたもの)を用いていました。太陽暦の一年間、春夏秋冬を二十四分割したものを、二十四節気(にじゅうしせっき)と呼びます。この場合、一年は二十四節気の「立春」から始まり「大寒」で終わります。季節をより身近に感じることのできる、二十四節気をご紹介します。

目次

二十四節気とは?

寒露(かんろ)とは? どういう意味?

寒露(かんろ)はいつごろ? 2018年はいつ?

季節を感じる花

季節を感じることば

寒露に旬を迎える食べ物

二十四節気とは?

二十四節気とは、春夏秋冬一年間を二十四分割したもののことです。

二十四節気は、小寒・大寒・立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至です。春分や夏至、秋分や冬至などよく耳にすることばもありますね。中国から伝わった二十四節気は日本の気候に合わないものもあったので、農耕が盛んだった日本では「雑節(ざっせつ)」という暦を合わせて、日本では旧暦として用いていました。雑節には節分や彼岸などがあります。

七十二侯もある

二十四節気をそれぞれ三分割したものを七十二侯(しちじゅうにこう)といいます。

24 × 3 = 72

一年間を七十二個に分けたもので、初侯・次侯・末侯という三つの侯があります。春分も初侯・次侯・末侯に分けることができます。

寒露の場合

初侯-鴻雁来る(がんきたる) 
北のほうで鴻雁(がん)が繁殖し、日本へ飛んできて越冬する時期。

次侯-菊花開く(きっかひらく) 
旧暦の9月9日前後、菊の花が開花する時期。各地で菊祭りなどが開催される時期でもある。

末侯-蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり) 
きりぎりすが戸口で鳴くころ。虫の声で秋を感じる時期。

その年始めて訪れる雁のことを「初雁(はつかり)」といいます。雁は秋に来て春に変える渡り鳥の代表です。菊花開く、は、ちょうど旧暦のこの時期は9月9日の重陽の節句でした。菊が開花し、菊祭りや菊人形などが飾られます。中庸の節句以後の菊のことを「残菊」といい、季語にもなっています。きりぎりす、とありますがこの字は蟋蟀(こおろぎ)。ここで出てくるきりぎりすは、コオロギだとも、ツヅレサセコオロギという種類だとも、諸説あります。秋に鳴く虫が、戸口付近で鳴いていて、姿は見えないけれどその虫の声に秋を感じる、という情景が浮かびます。

目次に戻る≫

寒露(かんろ)とは? どういう意味? 

寒露は二十四節気の第17節目です。

「陰寒の気におうて、露むすび凝らんとすればなり也」

という言葉が江戸時代に発行された暦便覧(こよみびんらん)にあります。朝、霧があたりに立ち込め、空気がひんやりし、息を吸い込むと喉がすうと冷えるような、陰の寒気が朝晩広がるころです。

目次に戻る≫

寒露(かんろ)はいつごろ? 2018年はいつ?

二十四節気は日付固定ではないので、日付は変動します。2018年の寒露は10月8日です。また、10月8日から次の二十四節気の次の第18節、霜降の10月23日までの15日間ぐらいを指します。

目次に戻る≫

季節を感じる花

二十四節気の寒露である新暦の10月8日ごろに咲く花を見てみましょう。

キク

植物名 キク(菊)
学名 Chrysanthemum
英名 Chrysanthemum、Mum
科名

キク科

属名

キク属

原産地

中国

皇室の御紋にも用いられている菊は、奈良時代に中国から伝来し、江戸時代の園芸ブームで品種改良が盛んに行われました。

▼キクについてはこちらの記事もチェック!

キク(菊)

  • キクは皇室の紋にも使われている日本を象徴する花のひとつです。中国から奈良時代に伝わり、江戸時代に入ってから盛んに品種改良されるようになりました。こうしたキクを「古典菊」と呼び、「江戸菊」「嵯峨菊」「美濃菊」など地名を冠してカテゴリー分けされています。スプレーギク、ピンポンマムなど、イギリスを中心に欧米で生み出された小輪でたくさんの花をつけるキクは「洋菊」と呼ばれています。花弁の形状は様々。伝統的な白、黄色にはじまり赤、ピンク、オレンジ、複数の色を合わせたものなど数多くの品種があります。古典菊、洋菊どちらも丈夫で育てやすいのが特長。品評会を目指すもよし、色とりどりの寄せ植えにしてもよし、様々な楽しみ方ができます。

フジバカマ

植物名 フジバカマ(藤袴)
学名 Eupatorium fortunei
英名 Thoroughwort
科名

キク科

属名

ヒヨドリバナ属

原産地

東アジア

フジバカマは10月の初旬から開花する、多年生の草本です。万葉集や源氏物語にも登場するフジバカマ。乾燥させると、桜餅の葉のような香りがしますが、剪定したり根を掘ったりしてもその香りがすることがあります。地下茎で増えるタイプの草本で、環境が合えばどんどん増えます。秋の七草の一つでもあります。

▼フジバカマについてはこちらの記事もチェック!

フジバカマ(藤袴)

  • 東アジア原産の藤袴。勿論日本でも自生しておりその存在は万葉集、源氏物語にも示されている通りです。しかし、現在では日本の環境も変わり藤袴が生息するには良い環境とは言えなくなってしまいました。数は激減し、日本で自生していた藤袴も今では絶滅危惧種に指定されています。藤袴の花は小さく細長いものが茎の先端に密集するようにしてついています。その直径は一センチにも満たないのです。細長く密集しているので、その咲き方はまるで線香花火の様にも見えます。縦に長く成長する藤袴。50cm程の草丈になります。もっと大きく成長すると1mを優に超えます。

チャノキ

植物名 チャノキ
学名 Camellia sinensis
英名 Tea plant
科名 ツバキ科
属名

ツバキ属

原産地

インド・ベトナム・中国

チャノキは、ツバキ科の低木ですが、アッサム種など種類によっては10mの高木となるものもあります。葉を加工して緑茶・紅茶・ウーロン茶になることが知られています。

目次に戻る≫

季節を感じることば

十三夜

十三夜(じゅうさんや)とは、旧暦9月13日に見られる月のことです。旧暦8月15日の十五夜(新暦2018年は9月24日)が終わった後にくる、十三番目のつきのことです。十五夜と十三夜はセットで考えられており、十五夜のお月見を楽しんだら、必ず同じ場所でお月見をするべきと考えられていました。片方しか月見をしないことは、片月見といい、縁起が悪い(忌事)として避けれらていました。

目次に戻る≫

寒露に旬を迎える食べ物

柿はカキノキ科カキノキ属の果実で、熟した果実を食べます。甘柿と渋柿がありますが、もともとは渋柿の実だったところを、日本国内で品種改良し、甘柿ができました。

ザクロ

ザクロはこの時期が一番出回ります。ザクロザクロ属の落葉樹になる果実で、こぶしほどの果実で中に赤い小さな実をたくさんつけます。ジュースに加工したものや、グレナデンシロップは、ザクロの果汁から作られるものです。

目次に戻る≫

季節が変わるとき、特に寒くなるときは冷やさないようにしたり暖かいものを取るなどして体も大切にしましょう!

▼関連記事

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「2018年の寒露(二十四節気)は10月8日!暦のある生活」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

小野寺葉月
小野寺葉月

中高短で美術を学び、卒業後観葉植物も扱う雑貨店で店長、バイヤーを担当。産後LOVEGREEN編集部で季節や庭木、虫の記事担当しつつ、説明や挿絵などで再び絵を描き始める。Botapiiでもエディブルガーデン他のイラストを担当。縁あって現在はフィリピンのセブ在住。ダイビングリゾートで広報も担当している為、海の中やマクロダイビングの世界に夢中。魚より珊瑚やホヤ、海藻など植物寄りの世界が好き。勘と勢いで生きている。

このライターの記事一覧

おすすめ