金運アップ!?風水に良い観葉植物10選。

櫻井彩乃

櫻井彩乃

このライターの記事一覧

公開日 :

金運をアップさせる観葉植物

1.パキラ

パキラは“発財樹”や“money tree”と言われ、財力を高める効果があるといわれています。大きく枝を伸ばすので、広さを確保できるリビングなどの広めのお部屋がおすすめです。家族で集まるリビングに置くことでリラックス効果を生かすことができます。  また風水上、部屋の隅は気が滞りやすい場所と言われており、隅にパキラを置くことでさらに流れをよくすることができそうですね!

パキラは“発財樹”や“money tree”と言われ、財力を高める効果があるといわれています。大きく枝を伸ばすので、広さを確保できるリビングなどの広めのお部屋がおすすめです。家族で集まるリビングに置くことでリラックス効果も期待できます。

また風水上、部屋の隅は気が滞りやすい場所と言われています。部屋の隅にパキラを置くことで気の流れをよくすることができそうですね!

パキラ

  • パキラは原産地では熱帯の日当たりが良い場所に生育する常緑高木です。その高さは20mにもおよびます。大きく育った樹木には果実が実り、その種子は焼いて食用にされています。葉は艶があり5~7枚くらいのボート型の葉が手を広げた様に放射状に広がり個性的な葉をしています。パキラは観葉植物としても育てやすく、室内では日光が当たる明るい場所が適していますが薄日程度でも育てることが出来ます。

    陽があたらない場合は徒長(間伸びして枝が細く長く伸びる)して下の方の葉が落ちます。徒長した枝は水耕栽培や挿し木で増やす事が出来る丈夫な植物です。湿度を好む植物ですが、水やりは表土が乾いたらたっぷりと与えます。冬場は水やりを控えめにし、時々霧吹きなどで水をあたえ、葉や樹木の乾燥を防ぐとよいでしょう。

    パキラはインテリアとの相性も抜群で、樹形の大きさをコントロールしやすく、根もあまり張らないため、大きくさせずに長い期間に渡って育てていくことができます。

    ハイドロカルチャーを使って、ミニサイズで育てることもできます。小さいものから大きいものまで、様々な鑑賞の需要に応えてくれる観葉植物です。

2.モンステラ

モンステラはハワイや南国の植物として“神聖な植物”とされ、魔除けの効果があるそうです。ハワイ語で「湧き出る水」という意味もあります。モンステラを置けない場合は、モンステラモチーフのグッズを置いてみませんか?  風水では特に葉が大きいほど部屋の邪気を払ってくれる効果があるそうで、葉の大きなモンステラは風水にはぴったりの観葉植物です。モンステラの葉は昔から幸を引き寄せるものいわれています。丸みのある葉は穏やかで気を落ち着かせてくれます。

モンステラはハワイや南国の植物として“神聖な植物”とされ、魔除けの効果があるそうです。ハワイ語で「湧き出る水」という意味もあります。モンステラを置けない場合は、モンステラモチーフのグッズを置いてみるのもいいかもしれませんね!

風水では特に葉が大きいほど部屋の邪気を払ってくれる効果があるそうで、葉の大きなモンステラはぴったりの観葉植物です。モンステラの葉は幸を引き寄せる、悪い気は葉の隙間に空いている空間から出ていくともいわれています。丸みのある葉は気分を穏やかに、落ち着かせてくれます。

モンステラ

  • 大人気の観葉植物モンステラ。こんな風に生えている自生地へ行ってみたいと思うほど、迫力があります。モンステラは熱帯アメリカに分布するつる性(または半つる性)の植物で、20~40種類あると言われています。葉は生長するにつれ、縁から切れ込みが入ったり穴があき、独特な面白い姿になります。
    モンステラは水が好きな植物ですが、大きな株になれば乾燥にも比較的強くなる強健な観葉植物です。モンステラは葉の縁に水孔(すいこう)と呼ばれる排水器官があり、朝方モンステラを見てみると葉の縁に水滴が付いていることがあると思います。全ての植物に水孔がついている訳ではないので、初めはビックリしてしまうかもしれませんが、モンステラの状態が悪くなっている訳では無くむしろ健康な証拠なので気にしなくて大丈夫です。

3.ドラセナ・マッサンゲアナ

風水では開運と金運UPのグリーンとしても有名なドラセナ。幸運の木としても販売されています。玄関先にあれば良いことが起こると伝えられ、「幸福」という花言葉を持っています。悪気払いとしても頼もしいグリーンです。

gi_logo_grey

風水では開運と金運UPのグリーンとしても有名なドラセナ。”幸運の木”としても販売されています。玄関先にあれば良いことが起こると伝えられ、「幸福」という花言葉を持っています。悪い気いを払ってくれるものとしても頼もしいグリーンです。

ドラセナ・マッサンゲアナ

  • ドラセナ・マッサンゲアナは、「幸福の木」とも呼ばれ、ネーミングが縁起よいため、新築祝いなどに送られることが多い人気のある観葉植物です。

    ドラセナの中でもポピュラーで、育てやすく初心者の方にもおすすめの観葉植物です。

    稀に白い花を咲かせますが、ドラセナは夜に開花し、強烈な甘い匂いを放ちます。

4.ユッカ

ユッカ

gi_logo_grey

ユッカはお祝いの贈り物などに人気の観葉植物です。ユッカは“青年の木”“成長の木”“発展の木”と呼ばれています。ユッカの尖った葉は邪気を払い、魔よけの効果があるといわれています。気が出入りする玄関や出入り口に向いていますね。

ユッカ・エレファンティペス(青年の木)

  • ユッカ・エレファンティペス(青年の木)は正しくはユッカ・ギガンテアと言います。これは当初ユッカ・ギガンティアとして登録されていたものがイタリアの農学者、Girolamo Molonによって1941年にユッカ・エレファンティペス(青年の木)として紹介されたためです。その後、正式名称のユッカ・ギガンティアではなく、シノニムのユッカ・エレファンティペス(青年の木)が浸透し、今に至ります。なお、ユッカ・エレファンティペス(青年の木)の由来は幹が象のように太くなるからと言われています。

5.金のなる木(カネノナルキ)

英語では“dollar plant”といい、まさにお金を象徴する縁起の良い植物に感じますよね!金のなる木は、中国で、金運や繁栄を招くと、とても縁起のよい植物とされてきたそうです。

その名も”金のなる木”ですが、英語でも“dollar plant”といいます。まさにお金を象徴する縁起の良い植物に感じますよね!もともと中国で金運や繁栄を招く、とても縁起のよい植物とされてきたそうです。

6.ガジュマル

沖縄ではガジュマルの木にキムジナーという精霊が宿っているといわれ幸せがもたらされ、多幸の木ともよばれています。ガジュマルを適当に扱ってしまうと、キムジナーを怒らせてしまう可能性がありますから気をつけてくださいね!  ガジュマルのパワーは生命力が強く、ジャングルでは成長して他の木々を枯らしてしまうほどのエネルギーに満ち溢れています!  風水ではこのパワーに満ちたガジュマルを置くことで良い運気を引き寄せたり、金運アップにつながり、観葉植物の中でも効果があるといわれ人気があります。

観葉植物で人気のガジュマルガジュマルと言えば沖縄というイメージですが、沖縄ではガジュマルの木にキムジナーという精霊が宿っているといわれていますす。ガジュマルが幸せがもたらすと言われ、多幸の木ともよばれています。もしもガジュマルを適当に扱ってしまうと、ガジュマルに住んでいるキムジナーを怒らせてしまう可能性があります。キジムナーを怒らせてしまうとその家は滅びると言われているそうなので、気をつけなければ・・・!

ガジュマルのパワーは生命力が強く、ジャングルでは成長して他の木々を枯らしてしまうほどのエネルギーに満ち溢れています。風水ではこのパワーに満ちたガジュマルを置くことで良い運気を引き寄せたり、金運アップにつながり、観葉植物の中でも効果があるといわれプレゼントでも人気があります。

ガジュマル

  • ガジュマルは人気の観葉植物です。沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる火の精霊が宿るといわれています。ガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布する常緑高木なので暖かくて日光のある場所を好みます。日光にあてること、水のやり方には気を配る必要がありますが、基本的には育てやすい観葉植物です。

    また、ガジュマルは、幹の途中から気根という根をだしています。気根が地中に付くと太くなり、ガジュマルの木を支える支柱根となります。地植えにされているガジュマルはこの気根が多く、風に揺れる気根は不思議な雰囲気を醸し出しています。

    ガジュマルはその太い幹と、まるく厚みがある濃い緑色をしている葉は、生命力を感じさせ、独特な形をしているので人気があります。鹿児島県沖永良部島の国頭小学校の校庭には樹齢100年を超える日本一のガジュマルが植えられています。

 

7.アイビー

アイビーは先が鋭く、葉の上部の柔らかい葉は邪気を祓い、やる気を出してくれて、良い気を招いてくれる効果もるそうです。どんどん成長していくことから“縁起が良い”とされ人気のある植物。  結婚式の花や教会の飾りなど、縁起の良い植物としてよく使われているのを目にするかと思います。アイビーの中で葉のふちに黄色がかっているゴールドチャイルドという葉が金運を呼ぶと言われ人気です。

アイビーも人気の観葉植物です。柔らかい葉は邪気を祓い、やる気を出してくれます。さらに、良い気を招いてくれる効果もあるそうです!つるを伸ばしてどんどん成長していくことから“縁起が良い”とされています。

結婚式の装花や教会の飾りなど、お祝い事にも縁起の良い植物としてよく使われています。アイビーにはたくさん種類が有りますが、葉のふちが黄色がかっている”ゴールドチャイルド”という種類のアイビーが金運を呼ぶと言われて人気です。

アイビー(ヘデラ)

  • アイビー(ヘデラ)はウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物です。葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。アイビー(ヘデラ)は性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。

    また、地面に植えたアイビー(ヘデラ)は家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。アイビー(ヘデラ)は水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。アイビー(ヘデラ)は耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

8.ミリオンバンブー

水は土が乾いてからあげるほうがいいそうです。寒さが苦手です。ミリオンバンブーは竹に似ていますが竹ではなく、幸運を呼ぶ観葉植物ドラセナの仲間です。  ミリオンバンブーは“開運竹”とも呼ばれ、中国では縁起ものとして神棚に飾られているそうです。祝い事の贈り物として人気が高いです。  ミリオンバンブーは節から上向きの葉がたくさん生えてくることから、上がった運気をさらに上昇してくれるという、うれしい効果のある金運を持つ観葉植物だと言われてるそうです。

ミリオンバンブーは竹に似ていますが実は竹ではなく、幸運を呼ぶ観葉植物ドラセナの仲間です。ミリオンバンブーは“開運竹”や”富貴竹”とも呼ばれ、中国では縁起ものとして神棚に飾られているそうです。祝い事の贈り物として人気が高いです。

ミリオンバンブーは節から上向きの葉がたくさん生えてくることから、上がった運気をさらに上昇してくれるという、うれしい効果のある金運を持つ観葉植物だと言われてるそうです。水につけておいて育てることもできます。

ミリオンバンブー

  • ミリオンバンブーは正式名称がドラセナ・サンデリアーナというリュウゼツラン科の常緑低木でバンブーと名前がついていますが竹の仲間ではありません。

    ミリオンバンブーの幹が竹のように見えるため風水でも開運や金運を呼ぶ植物と好まれ富貴竹や開運竹、万年竹という別名が付けられています。

    格子状に仕立てられたものなど様々な形に仕立てられています。

    ミリオンバンブーの葉は緑色地に淡い黄色の覆輪斑が大きく入るものが多く流通しますが、他に鮮やかな黄色の品種や緑色単色の品種があります。

    耐寒温度は5度以上と比較的丈夫で耐陰性に優れているという性質からもインテリアグリーンとして好まれます。また、ハイドロカルチャーなどで水耕栽培も出来ます。

 

9.万年青(オモト)

万年青(オモト)は、日本と中国に自生する多年草です。直射日光が苦手です。万年青は、縁起がよく、金運アップとして有名な植物です。家・オフィス・お店の玄関に飾ることなどで“運を開く”という大きなエネルギーを引き寄せてくれます。

万年青(オモト)は、日本と中国に自生する多年草です。直射日光が苦手です。古典園芸植物として江戸時代から人気のある万年青は、縁起がよく、金運アップとして有名な植物です。家・オフィス・お店の玄関に飾ることなどで“運を開く”という大きなエネルギーを引き寄せてくれるので、開店祝いや開業祝、引っ越し祝いなどに人気の植物です。

オモト(万年青)

  • 万年青(おもと)は日本で古くから、主に青々とした葉を観賞する目的で育成されてきた植物です。江戸時代から続く品種改良によって多彩な葉の形状、模様が生まれ、「葉芸」と呼ばれます。

    品種改良の技術が「芸」として高く評価されているのは万年青だけでしょう。多年草で葉を落とさないことから、長寿を象徴する縁起物として大切にされてきました。

    「縁起草」「辛抱草」の別名もあります。乾燥も過湿も嫌うので水やりに少々コツが必要ですが、覚えてしまえば基本的には育てやすく丈夫です。

    霜が降りず、-5℃以下の気温にならなければ屋外越冬可能です。昼間の日が出ている時間帯は外に出し、夜は玄関にしまうなどをしてもよいでしょう。

    引っ越し祝いに万年青を贈る日本の文化

    万年青(オモト)は1590年、江戸時代に徳川家康が江戸に移る際に3種類の万年青(オモト)を贈られ、家康は大変喜び城にその3鉢の万年青(オモト)を持ち込みました。

    その後、城が大繁栄したというエピソードがあり、そこから日本中に引っ越し祝いとして万年青(オモト)を送る風習が広まったようです。

    江戸時代から現在まで引っ越しの際は縁起を担ぎ、引っ越し先に一番最初に万年青(オモト)を入れる習わしが続き邪気を祓うため鬼門の方角に置かれるようになりました。

     

 

10.サンスベリア

サンスベリアは空気を清浄しマイナスイオンを放出し、身体に害を及ぼす物質を緩和する植物として有名で人気がありますよね。サンスベリアの尖った形状の葉が、邪気を払ってくれます。耐陰性もあるので、トイレなどにおすすめです。

サンスベリアは空気を清浄しマイナスイオンを放出し、身体に害を及ぼす物質を緩和する植物としてNASAも認めたということです。有名ですし、人気がありますよね。サンスベリアの尖った形状の葉が、邪気を払ってくれます。耐陰性もあるので、トイレなどにおすすめです。

植物を置いてきちんと管理することで、気の流れを良くして運気をあげていきましょう!

▼編集部のおすすめ

目次に戻る≫

 

 

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「金運アップ!?風水に良い観葉植物10選。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

櫻井彩乃
櫻井彩乃

小さい頃から花や植物が好きで、自然がある暮らしについて自ら発信する側になりたいと思う中でLOVEGREENと出逢う。ガジュマルを増やしたりジュエルオーキッドの株分けなどで植物の生命力に日々感動。食べられる花エディブルフラワーにも感動し自ら少しずつ育成中。週末は荒れた田舎の庭DIYや家庭菜園、旅行、ショッピングなどアクティブに過ごす。自ら感じたことを通した花植物のあるライフスタイル提案を目指す。

このライターの記事一覧

おすすめ