ブロッコリーをベランダ菜園で収穫!育て方とプランター栽培のコツ

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

 

ブロッコリー収穫後の抜き取りについて

ブロッコリーは頂花蕾(ちょうからい)を収穫した後も、側花蕾(そくからい)や葉が順次収穫できるため、いつ抜き取ってよいものかなかなか判断がつかない野菜です。

ブロッコリーを抜き取る時期の判断

どう判断していいのか分からない方へ…

でも、育てているのはみなさんです。好きな時期に抜き取ることが一番だと思います。もし、ブロッコリーを抜き取っていいかどうか悩んでいるのなら、次のポイントに注意して、抜き取る時期を決めましょう。

2月中旬~下旬頃

・ブロッコリーが病害虫により、弱っているなら抜き取る。

・収穫量が落ち、苗に力が無くなっているなら抜き取る。

3月中旬~下旬頃

・まだまだブロッコリーの苗が元気な場合、育てる場所に余裕があるなら、そのまま抜き取らずに育てる(花が咲いたとしても菜の花と同じように食べることができる)。

場所に余裕がなく、3~4月から春夏野菜の栽培をスタートさせたいのならブロッコリーの苗を抜き取る。

ブロッコリーの抜き取り

さて、抜き取ることが決まったら、さっそく作業を始めましょう。

大きく生長したブロッコリーの苗を適当な大きさに分けて切っていきます。

これで、抜き取り完了ですが、ゴミ袋に入れて破棄する前に、必ず見て欲しいところがあります。

抜き取ったブロッコリーの苗の根をよく見てみると、太い根と細い根があります。どちらの根も表面に凸凹のない、きれいな根であれば、抜き取るだけで問題ありません。

根こぶ病の病原菌の除去

根こぶ病とは

アブラナ科植物にのみ発生する土壌病害で、病原体はネコブカビ類といわれています。根の表面に凸凹とこぶのようなものが作られるため、根の機能が低下して枯れていきます。

また、土の中で根こぶ病の病原体は休眠胞子の状態で4年以上生存するといわれていることから、排除することが難しい土壌病害です。なかなか排除することが難しい根こぶ病ですが、家庭でできる範囲処理しましょう。

 

土の消毒

①被害を受けた根の除去。

レーキや土ふるいで、被害を受けた苗の根を全て取り除きましょう。

②太陽熱で消毒(主に高温期)。

被害を受けた土を透明ビニール袋に入れ、水分を含ませ、封をして直射日光に2~3日ずつ両面に日を当てます。

寒ざらしで土壌改良

1~2月にかけて晴れた風のない暖かい日を選び、寒ざらしといって土をざっくりと荒おこしします。

プランターの土を掘り返し、1ヶ月ほど寒さに当て、土中の水分の凍結・解凍を繰り返すことで土が団粒化し、通気性の良い土に改良されます。同時に害虫・病原菌を除去することができます。

大根を植える

ダイコン類は根こぶ病の抵抗性が高く、感染しても発病することがありません。大根を根こぶ病の病原体のおとり作物として植え付けることで、土壌中の根こぶ病の発生確率を減少させることができます。

▼大根をおすすめする詳しい理由はコチラ

 

抜き取った後の作業

抜き取りが終了したら、秋冬野菜に向けて準備を開始しましょう。本格的な土壌改良は、来年の春夏野菜の植え付ける前にしますので、今回は軽く整えるような作業になります。  1 プランター内の土をほぐす  2 有機石灰を入れる  有機石灰をおすすめする理由  有機石灰とは、牡蠣殻などの貝殻化石を原料とする石灰肥料のことです。使用されるものによってアルカリ分が異なります。  消石灰や苦土石灰よりもアルカリ分が少なく、効果も穏やかなため速効性はありませんが、有機石灰を撒いた後すぐに種まき・定植ができるため石灰を使い慣れていない初心者さんにはおすすめの石灰です。  また、有機石灰は、土が酸性に傾くと、土中に溶けて中和しますが、中性であればそれ以上溶けることはありませんので、入れすぎの場合も安心して栽培を続けられます。  3 元肥投入  これで、秋冬野菜を安心して植え付けられますね。

抜き取りが終了したら、春夏野菜に向けて準備を開始しましょう。

良い土の条件は、通気性、保水性、排水性この3つの条件が揃うことです。以下の手順で、良い土づくりを行いましょう。

1 プランター内の土をほぐす~通気性UP

▼土壌改良診断シートはコチラ

 

2 堆肥を入れる~保水性、排水性UP

 

3 石灰を入れる~酸度調整

 

4 元肥投入~栄養補給

これで準備は終了です。安心して次の野菜を植え付けられますね。

[post id=80542]

 

秋冬に育てるブロッコリーは寒さに強く、半日陰でもゆっくり育つ野菜です。もともと花の蕾(つぼみ)の部分を食べるため、育てていてもブロッコリーの頂花蕾(ちょうからい)がお花みたいでとても可愛いので、みなさんもぜひ育ててみてはいかがですか?

▼編集部のおすすめ

ブロッコリー

  • ブロッコリーはアブラナ科のケールの仲間です。そのため、ケールやその仲間であるカリフラワーなどと、幼苗の形がとても良く似ています。

    このケールから、突然変異や品種改良を経て、花の蕾を食用に改良したのがブロッコリーや茎ブロッコリー、カリフラワーになります。

    ブロッコリーは野菜ではありますが、花蕾(からい)を食べるため「エディブルフラワー」ということもできます。

    ブロッコリーの花蕾(からい)は、モコモコとした濃い緑色をしています。花蕾のため収穫をせずに育て続けると、黄色やクリーム色の花をたくさんつけます。

    ブロッコリーは古代ローマ時代から親しまれていた野菜ですが、15世紀くらいになってようやく栽培されるようになりました。日本に来たのは明治の初期で、第二次世界大戦後に本格的に栽培されはじめ、1980年頃から普及しました。

目次に戻る≫

 
 

Pages: 1 2 3
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ブロッコリーをベランダ菜園で収穫!育て方とプランター栽培のコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ