ナスの更新剪定|枯れそうな状態から復活して再び収穫できました!

アバター画像

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

撮影協力/アグリス成城

ナスの更新剪定から再収穫までの体験レポートです。酷暑で枯れそうになってしまった畑のナスを思い切って剪定し、水やりと追肥を続けると、3週間後には株が復活してツヤツヤしたナスが収穫できました!更新剪定と同時に行う根切りと追肥についてもお話しします。

目次

ナスの更新剪定とは

更新剪定って何?

7月下旬頃、なり疲れの苗を1~2節残して切り戻しましょう。

5月頃に植え付けたナスの苗は、6月頃から収穫が始まり、次々収穫できるようになります。ナスは暑さが大好きですが、7月末頃になるとたくさんの実をつけたことによる「なり疲れ」をおこして徐々に勢いが衰えます。花が咲かなくなったり、受粉がうまくできなくなったりして石のように固い実がなることもあります。

そんな時、いったん株を休ませて新しい芽を育てるために行う剪定のことを「更新剪定」と言います。更新剪定の適期は7月下旬~8月上旬くらいで、枝の半分から1/3ほどをばっさり切り戻します。剪定の度合いにもよりますが、切り戻してから20~30日ほどで、再びナスを収穫できるようになります。

根切りと追肥も大切

更新剪定と同時に、根切りと追肥をすることでさらに元気を回復させることができます。

根切りとは?

根切りは、根を切ることで新しい根を発根させて株に勢いをつけるために行う作業です。根切りを行うと、固くなった土に空気を含ませることもできます。

鉢植えの場合は、プランターのふちまわりにスコップを差し込んで軽く根を切ります。畑で育てている場合は、株元から30cmくらいの場所にシャベルを垂直に深く入れて根を切りましょう。

根切りした部分に追肥を行い、たっぷり水やりします。株が回復してくるまで、水やりと2週間に1回の追肥を続けましょう。

▼更新剪定について詳しくはこちら

 

目次に戻る≫

酷暑で枯れそうになった畑のナス

ナス なす 更新剪定 枯れそうなナスが復活 酷暑 水不足 肥料不足 水やり  

7月25日 

ナスは、水で育つと言われるくらい水やりが大切です。

暑すぎる日が続き、水やりしてもあっという間に土が乾いてしまって、畑はまるで砂漠のようです。週2回水やりするくらいでは全く足りなくなってしまいました。順調に収穫できていた畑のナスが、茎葉をだらんと垂らして枯れそうな勢いです(涙)

 

ナス なす 更新剪定 枯れそうなナスが復活 酷暑 水不足 肥料不足 水やり  

7月25日

ピンク色の〇で囲んだ部分に実がなっています。つやが無く、色がくすんでぶよぶよしていたり、黒くて石のように固い美味しくなさそうな実ばかりです。高温と水分不足でいっきに生育不良になってしまいました。

慌ててたっぷり水やりをして、念のため周りの土を掘ってどれくらい深くまで水が浸透したか確認してみると、スコップで1かきするとすぐに乾燥した土が見えてきます。このままでは毎週同じ繰り返しになってしまうと思い、いったん株を休ませて新しい芽を育てるために更新剪定を行うことにしました。

更新剪定の方法は、「強剪定」「弱剪定」などありますが、私は全体の1/3くらいを切り戻しました。それと同時に株の周りの根をシャベルで垂直に切り、追肥と水やりを行いました。

▼順調に収穫できていた頃の様子はこちら

 

目次に戻る≫

更新剪定から2週間後のナスの様子

ナス なす 更新剪定 枯れそうなナスが復活 酷暑 水不足 肥料不足 水やり  

8月8日

更新剪定後、週2回の水やりを続けました。新芽が出て茎葉が立ち上がり、葉色も良く、見るからに元気になっている様子がうかがえます。追肥してたっぷり水やりしました。

 

ナス なす 更新剪定 枯れそうなナスが復活 酷暑 水不足 肥料不足 水やり  

8月8日

小さいけれど、つやのある瑞々しいナス(千両2号)が1本、久々に採れました。(^^)

目次に戻る≫

更新剪定から3週間後のナスの様子

ナス なす 更新剪定 枯れそうなナスが復活 酷暑 水不足 肥料不足 水やり  

8月18日

更新剪定から約3週間後の様子です。畑に来ていないときに何度かスコールのような雨が降ったので、水やりを応援してもらった感じでナスはしっかり復活することができました!千両2号の実もふっくらツヤツヤしています。

 

ナス なす 更新剪定 枯れそうなナスが復活 酷暑 水不足 肥料不足 水やり  

8月18日

クリーミー揚げナスも、まん丸の大きな実をつけました!葉色も美しいです。

 

ナス なす 更新剪定 枯れそうなナスが復活 酷暑 水不足 肥料不足 水やり  

8月18日

この日は、クリーミー揚げナス、千両2号、庄屋大長が収穫できました。やっぱりナスはつやつやしていると魅力的ですね~。

目次に戻る≫

更新剪定から5週間後のナスの様子

ナス なす 更新剪定 枯れそうなナスが復活 酷暑 水不足 肥料不足 水やり  

8月29日

1週間に2回の水やりと、2週間に1回の追肥を続けています。今日は、庄屋大長がよく育っていますね。

 

ナス なす 更新剪定 枯れそうなナスが復活 酷暑 水不足 肥料不足 水やり  

8月29日

庄屋大長は、大きいと長さ30cmくらいもあります。こんな立派なナスが再び収穫できるなんて、感動です!早速、麻婆茄子にして美味しくいただきました。(^^)

目次に戻る≫

更新剪定した感想

ナス なす 更新剪定 枯れそうなナスが復活 酷暑 水不足 肥料不足 水やり  

今年の夏は本当に暑いですね。毎年思いますが(笑)

7月25日に行ったナスの更新剪定は、我ながら成功だったと思います!砂漠のように暑い畑で、うなだれて枯れそうになっているナスを見た時は、もう終わりかと諦めかけましたが、いちかばちか剪定してできる限り水やりと追肥を続けたことで、再びツヤツヤしたナスを収穫することができました。ナスは本当に水やりが大切なんだなと痛感するとともに、更新剪定して株にパワーを蓄えさせることの大切さを実感しました。

目次に戻る≫

 

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ナスの更新剪定|枯れそうな状態から復活して再び収穫できました!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス