パキポディウム・ウィンゾリーの育て方|植物図鑑

植物名
パキポディウム・ウィンゾリー
学名

Pachypodium baroni var. windsorii

英名
Pachypodium baronii
科名
キョウチクトウ科
属名
パキポディウム属
原産地
アフリカ、マダガスカル

パキポディウム・ウィンゾリーの特徴

「パキポディウム・ウィンゾリー」は、塊根植物の一種で、球状の幹から細い枝が分かれ、先端に葉が付きます。ウィンゾリーはバロニーの変種とされ、バロニーと同様に太いトゲと赤い花を持ちますが、より茎が丸く太りやすく、小ぶりです。花もバロニーに比べ偏平で、円形に近い花弁を持ち、花の中心が黄色や白色になります。乾燥と日当たりを好むため、夏場は屋外で育てられますが、寒さには弱いので冬場は屋外で育てましょう。種は入手困難なことが多いため、挿し木で増やすのが一般的となっています。

パキポディウム・ウィンゾリーの詳細情報

園芸分類 多肉植物、塊根植物
耐寒性 弱い
耐暑性 やや強い

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング