つる植物の色気を堪能。アレンジメントにおすすめのつる植物4選

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

個人的につる植物が大好きです。つる植物は、見ているものに華奢で繊細な印象を与えます。自力で真直ぐ立つことも出来ず、しなだれかかるように他の植物に寄りかかって生長する姿。まとわりつき絡みつき、それでもまだ足りないかのようにさらに先へとつるを伸ばして行く姿は、物憂げで儚げで、且つしたたかな女性のように見えます。

そんな魅力的なつる植物を、切り花でも楽しんでみませんか。今回は初夏に使いやすいつる植物4種を厳選し、それぞれの個性と使い方による効果の違いについてお話をします。

目次

つる植物の魅力

ツル植物というのは、他の植物が一所懸命に太陽を求めて上へ上へと自ら茎や幹を伸ばしているところに、絡みつき生長していく植物です。ちょっとした要領の良さすら感じていまいます。 ところが、カットしてしまうと急に水の吸い上げが悪くなって枯れてしまうような繊細なものも多いのです。なんともわがままで気難しい植物といえるのではないでしょうか。 そんなツル植物のなかから、初夏に出回るきれいなツル植物を使って、花束やアレンジメントに活かしてみましょう。

つる植物というのは、他の植物が一所懸命に太陽を求めて上へ上へと自ら茎や幹を伸ばしているところに、絡みつき生長していく植物です。ちょっとした要領の良さすら感じていまいます。

ところが、カットしてしまうと急に水の吸い上げが悪くなって枯れてしまうような繊細なものも多いのです。なんともわがままで気難しい植物といえるのではないでしょうか。

そんなつる植物のなかから、切花で出回っているつる植物を使って、花束やアレンジメントに活かしてみましょう。

目次に戻る≫

ライトグリーンのつるが可愛い「リキュウソウ」

学名:Stemona japonica 科名:ビャクブ科 分類:多年草  もともとは薬草として日本にやってきた植物です。学名に「japonica」とついていますが、中国原産です。 明るく生命力を感じさせるグリーンの茎と先端の華奢なツルの動きがきれいな植物です。その身をくねらすようなツルの先端を、外に大きく飛び出すように使います。躍動感や自由な雰囲気を出したいときに効果的です。 茎も柔らかく明るいグリーンなので、ダリアやアジサイのような顔の大きな花に絡ませても邪魔をしません。

  • 学名:Stemona japonica
  • 科名:ビャクブ科
  • 分類:多年草

もともとは薬草として日本にやってきたつる植物です。学名に「japonica」とついていますが、中国原産です。

明るく生命力を感じさせるグリーンの茎と先端の華奢なつるの動きがきれいな植物です。その身をくねらすようなつるの先端を、外に大きく飛び出すように使います。躍動感や自由な雰囲気を出したいときに効果的です。

茎も柔らかく明るいグリーンなので、ダリアやアジサイのような顔の大きな花に絡ませても邪魔をしません。

リキュウソウ

  • リキュウソウは中国原産の、ツル性多年草です。学名に「japonica」とついていますが、日本原産ではありません。もとは薬草として日本に入ってきました。

    明るいグリーンで、細く長く伸びたツルに3㎝程度の薄く軽やかな葉を付けます。伸びていった先端がツル状になり、他の植物に巻き付きます。初夏に小さな花を咲かせますが、葉や茎と同じ色をしているため、気付かないこともあります。

    切り花として、茶花やブーケ、アレンジメントとして人気です。鉢植えでの流通は少なめではありますが、山野草として販売されています。

目次に戻る≫

南国風にも山野の雰囲気にもなる「トケイソウ」

学名:Passiflora 科名: トケイソウ科 分類:ツル性多年草  手のひらのような形の特徴的な葉と、バネのようにくるくるとした巻きひげが特徴的です。亜熱帯原産の植物ですので、ちょっと南国のような雰囲気を出したいときに活躍してくれます。品種が豊富なので、葉の小さなものは野花のような雰囲気のなかでも上手に馴染んでくれます。 花や蕾がついていることもあります。花期が短く、すぐにぽろっと落ちてしまいますが、とても可愛らしい花が咲くので、咲いているのを見ると得したような幸せな気持ちになれます。 小花のなかに馴染ませても、大きなお花に絡ませるようにしても表情に複雑さを出してくれます。

  • 学名:Passiflora
  • 科名: トケイソウ科
  • 分類:つる性多年草

手のひらのような形の特徴的な葉と、バネのようにくるくるとした巻きひげが特徴的なつる植物です。亜熱帯原産の植物ですので、ちょっと南国のような雰囲気を出したいときに活躍してくれます。品種が豊富なので、葉の小さなものは野花のような雰囲気のなかでも上手に馴染んでくれます。

花や蕾がついていることもあります。花期が短く、すぐにぽろっと落ちてしまいますが、とても可愛らしい花が咲くので、咲いているのを見ると得したような幸せな気持ちになれます。

小花のなかに馴染ませても、大きなお花につるを絡ませるようにしても表情に複雑さを出してくれます。

トケイソウ(時計草)

  • 亜熱帯を中心に分布される、ツル性多年草です。トケイソウという和名の由来は、大きな3つの雄しべが時計の針に見えることからきています。非常にユニークな形の花で、その品種は500種以上と言われています。さらに掛け合わせた園芸品種もあるので、とてもたくさんの品種があるということになります。

    南米原産の植物ですが、日本でも暖地では露地で越冬します。挿し木が容易な植物であり、長く伸びたツルが地面に下垂し、そのまま根付くということも多々あります。

    南国の果物で有名なパッションフルーツ(Passiflora edulis)もこのトケイソウの仲間のひとつです。

目次に戻る≫

 

\まだまだつる植物の色気は続きます!/

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「つる植物の色気を堪能。アレンジメントにおすすめのつる植物4選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ