綺麗な花には毒がある!?身近で危険な植物たち

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

「綺麗な花には棘がある」なんて言いますよね。それと同じように、身近な植物にも毒を持っている植物はたくさんあります。毒を持っている植物と知らずに植えていて、子どもやペットがうっかりいじってしまったら!なんて考えると怖いですよね。そうならないためにも、身近な毒を持っている植物を紹介します。

 

目次

トリカブト

ジギタリス

スイセン

すずらん

福寿草

クリスマスローズ

シクラメン

 

トリカブト

毒のある部分:全草

症状:下痢・嘔吐・麻痺・呼吸困難など

トリカブトは毒がある植物として有名ですよね。古くからその毒性は知られていて、毒矢に塗って使われたとの記録も残っています。花粉にまで毒があるので要注意。日本三大有毒植物の一種。あとふたつは「ドクゼリ」と「ドクウツギ」。

 

▼育て方などの情報はこちら

 

トリカブト(鳥兜)

  • トリカブトはキンポウゲ科トリカブト属に分類される北半球の温帯~亜寒帯原産の植物です。日本には約30種類ほどのトリカブトがあり、いずれも有毒です。

    トリカブトは日本三大毒草(トリカブト、ドクゼリ、ドクウツギ)の一つで、根を始めとした全草に毒があります。

    このように毒を持つ植物の代表格として知られるトリカブトですが、実は生け花で広く用いられる、ポピュラーで育てやすい園芸種でもあります。

    そのため、毒草と聞いて栽培できるの?と思う方もいらっしゃると思いますが、トリカブトは花や葉の美しさから園芸品種が多くあり、売買も育てるのも問題ありません。

    漢方では附子(ぶし)としてトリカブトの根が使われています。

    開花時期は8月~10月で、湿度が高い森に主に生えています。

    多年草で、冬は地上部を枯らして越冬します。20cmほどの矮性種から1mを超えるものまで、種によって草丈は様々です。

    名前の由来にもなったように、兜のように見える独特の袋状をした花を咲かせます。

    これはミツバチなど虫たちが奥まで入り込むことで効率的に授粉できるようにした工夫です。

    ただし、花粉にも毒があるので、トリカブトが咲く季節になると養蜂家たちはミツバチを巣箱から出さないようにするそうです。

 

ジギタリス

毒のある部分:全草

症状:頭痛・吐き気・下痢など

釣鐘型の花を咲かせる、ガーデニングでは使われることの多い植物です。強心作用もあるため、昔は薬用のハーブとして使われていたようです。毒は全草にありますが、特に葉に多いそう。

 

▼育て方などの情報はこちら

ジギタリス

  • ジキタリスはイングリッシュガーデンの定番として人気の花です。すっくと伸び、ベル状の花を群れさせる姿は存在感抜群です。バラと並べて植えられることが多いのですが、バラの姿にも見劣りしません。花の色は紫を中心に、白、ピンク、イエローなどが揃います。 本来は宿根草ですが、暑さに弱いため春まきの2年草として扱われます。夏越ししやすい東北から北では、秋に種まきして2年越しで立派に成長させることができます。丈夫なので環境に合えば毎年々々、こぼれ種から増え続けてくれます。 日本にはシーボルトによって、江戸時代にもたらされました。

 

スイセン

毒のある部分:全草

症状:嘔吐・下痢・頭痛・皮膚炎など

早春に咲く球根植物で、ガーデニングでは定番の植物です。花の少ない時期から花を咲かせるため、花壇などによく利用されていますが、葉がニラ、球根がタマネギにまちがえられ、毎年数件の誤食の事例がある植物です。特に球根に毒があります。

 

▼育て方などの情報はこちら

水仙(スイセン)

  • 水仙(スイセン)は、香りの良い花を初春に咲かせる球根植物です。草丈は20cm~40cmで白と黄色以外にピンクや緑、オレンジなど、色とりどりの花が咲きます。最近は、八重咲種など、咲き方にも色々な特徴のある品種が出てきました。

    水仙(スイセン)は数年間は植えっぱなしで管理出来て、環境が合えば球根がどんどん増えます。年々増えて行くので、群生した景色は見事です。

 

すずらん

毒のある部分:全草

症状:嘔吐・下痢・不整脈など 酷い場合は心肺停止

ころんと小ぶりで可愛らしい白い花と、鮮やかな緑色の葉が美しい球根植物です。一般的に知られている植物ですが、すずらんの葉には青酸カリの15倍もの強い毒があると言われています。花粉が食べ物に落ちてしまっただけでも毒性を発揮します。

 

▼育て方などの情報はこちら

スズラン(鈴蘭・すずらん)

  • スズラン(鈴蘭・すずらん)は春に開花する多年草です。漢字で書くと「鈴蘭」ですが蘭の属性ではありません。自生するものでは、中部地方より北側の涼しい高原などに生えています。葉は緑色で幅5cm前後のものが2,3枚生えてきます。葉の間から真直ぐに花茎が伸びてきます。葉の長さは10cmほどですが、花茎はそれよりも長く生長します。そして、花茎から10個ほどの花を咲かせます。スズラン(鈴蘭・すずらん)というその名前の通り鈴のようなフォルムの花を下向きに咲かせます。スズラン(鈴蘭・すずらん)の花は真っ白で直径は1cmに見たない程小ぶりです。可憐で素朴なその姿が多くの人に愛されています。

 

福寿草

毒のある部分:全草

症状:嘔吐・下痢・呼吸困難・心臓麻痺など

早春の寒い時期から芽をだし、花を咲かせます。「福寿草」の名前から縁起物としても知られる植物です。トリカブトに並んで注意が必要。同じくキンポウゲ科の植物は毒を持っているものが多くあります。

 

▼育て方などの情報はこちら

フクジュソウ(福寿草)

  • フクジュソウ(福寿草)は、北海道から九州までの照葉樹林の林床に自生している草丈15~30cmほどの宿根草です。根茎が短く、やや太い根を持ちます。早春に芽を出して開花しその後、葉をのばしますが、晩春になると葉が枯れて秋まで休眠します。

    フクジュソウ(福寿草)の花色は黄色ですが江戸時代から花の美しさが着目され園芸品種が多数選抜育成され、白、黄褐色、紫褐色、橙紅色などがあり花形も一重~八重、万八重と変化に富みます。鉢植えで栽培されるほか日本庭園の石組に添えられています。

    フクジュソウ(福寿草)の別名はガンジツソウやガンタンソウといい、正月用に本来の花期よりも促成栽培されて出荷されています。花言葉や花の名前から、お正月の寄せ植えなどに縁起の良い植物としても使用されています。

 

クリスマスローズ

毒のある部分:全草

症状:皮膚炎・水泡・不整脈など

冬のガーデニングで人気の植物です。手入れの際に触ったりするとかゆみが出ることもあります。学名の由来はギリシャ語の「殺す食べ物」。心臓毒などの成分も含まれています。ヨーロッパでは狩猟の際に矢じりに塗る毒として使われていました。

 

▼育て方などの情報はこちら

クリスマスローズ

  • クリスマスローズは、クレマチス、ラナンキュラス、アネモネなどと同じキンポウゲ科の植物です。クリスマスローズは、冬の花が少ない時期に花を咲かせる常緑の植物です。

    日本ではヘレボルス属を全てひとくくりにクリスマスローズと呼びますが、本来のクリスマスローズはクリスマスの頃に開花する「ヘレボルス・ニゲル」を指す名前です。

    他には、咲き方や色が豊富な「ヘレボルス・オリエンタリス」や、グリーンの特徴的な花の形状が面白い「ヘレボルス・フェチダス」等、たくさんの種類があります。

    クリスマスローズにはグリーンの葉を低く繁らせた中から茎を長く伸ばす有茎種と、茎の低い無茎種があります。

    クリスマスローズ・ニゲル

    クリスマスローズ・ニゲル

 

シクラメン

毒のある部分:根・茎

症状:嘔吐・下痢・痙攣・皮膚炎・胃腸炎など

冬の植物として、庭や室内でごく一般的に栽培されています。シクラメンは室内栽培が基本なので、小さいお子さんなどが目を離したすきにいじってしまわないように気をつけましょう。

 

▼育て方などの情報はこちら

シクラメン

  • シクラメンはサクラソウ科シクラメン属の球根植物です。鉢植えで育てられる冬の代表的な花です。青々としたハート形の葉が茂り、葉の中央に細い茎を伸ばして頂点に花を咲かせます。花色は赤やピンク、白等が多く、花びらは丸弁で反り返る様にして咲くのがスタンダード。しかし、愛好家の多いシクラメンは品種改良や新種開発も盛んで今では数々のシクラメンが存在します。花びらの形も、ヒダの多いフリンジ咲きや八重咲きまで多様にあります。花のサイズも両手で抱える大輪もあれば手のひらの上に乗ってしまう小さなサイズまで存在します。

 

これらの植物の中には漢方などに薬用として使われてきた植物や害虫対策などに使われるものもあります。毒性があるからといって、植物には罪はありません。気をつけさえすれば問題はないので、ガーデニングの参考にしてみてください。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「綺麗な花には毒がある!?身近で危険な植物たち」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ