ユーフォルビア・ディディエレオイデスの育て方|植物図鑑

植物名
ユーフォルビア・ディディエレオイデス
学名

Euphorbia didiereoides

科名
トウダイグサ科
属名
ユーフォルビア属
原産地
マダガスカル

ユーフォルビア・ディディエレオイデスの特徴

ディディエレオイデスはマダガスカル原産のハナキリン系ユーフォルビアです。枝には長く鋭いトゲが生えところどころから葉が生えて新しい枝が伸びようとしています。また、名前のディディエレオイデスは同じくマダガスカル原産のディディエレア(Didierea)に見た目が似ていることから付けられました(~oidesは~に似た、~もどきという意味)。

トゲや葉にはうっすらと毛が生えており、触ると少しフワッとした触感があります。トゲは固く鋭いので手などに刺さらないように注意しましょう。

トゲや葉にはうっすらと毛が生えており、触ると少しフワッとした触感があります。トゲは固く鋭いので手などに刺さらないように注意しましょう。

ユーフォルビア・ディディエレオイデスの詳細情報

園芸分類 多肉植物、ユーフォルビア
耐寒性 普通
耐暑性 強い
耐陰性 弱い
花色
開花時期 藤の花が咲く頃~紅葉が始まる頃

ユーフォルビア・ディディエレオイデスの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え替え
挿し木
開花

ユーフォルビア・ディディエレオイデスの栽培環境

日当たり・置き場所

ディディエレオイデスは日当たりの良い場所を好むので、通年直射日光の当たる場所がおすすめです。休眠期で葉が落ちた後も日当たりの良い場所で管理することで健康な株を維持できます。

温度

暑さに強く、寒さにもユーフォルビアの中では強い方ですが、葉が紅葉し、落葉を始めたら暖かい場所に移動させましょう。

用土

ディディエレオイデスは水はけの良い土を好みます。市販の多肉植物用の土か、山野草の土がおすすめですが、日向土や赤玉土など水はけの良い土を自分で配合しても良いでしょう。

ユーフォルビア・ディディエレオイデスの育て方のポイント

水やり

ディディエレオイデスは水が好きなユーフォルビアです。生長期は土の表面が乾燥したら水やりを行います。梅雨の長雨に気を付ければ雨ざらしにしても問題ありません。

肥料

特に必要ありませんが植え替えの時に緩効性の肥料を少々混ぜ込むか、半月に1度程度、適正濃度に希釈した液肥を施肥しても良いでしょう。肥料の与えすぎは徒長を促す要因になるので注意しましょう。

病害虫

カイガラムシが付着しやすいです。風通しを良くし、見つけ次第捕殺しましょう。

ユーフォルビア・ディディエレオイデスの詳しい育て方

選び方

ディディエレオイデスは枝がしっかりとしていて発根している株を選びましょう。

植え替え・鉢替え

毎年春に植え替えを行うと良いでしょう。鉢の大きさは小さくても問題ありません。

ディディエレオイデスは緑色の可愛らしい花を咲かせます。今回は4輪ほどしか咲いていませんが、株の調子が良いと10輪以上の花を咲かせることがあるようです。

ディディエレオイデスは緑色の可愛らしい花を咲かせます。今回は4輪ほどしか咲いていませんが、株の調子が良いと10輪以上の花を咲かせることがあるようです。

夏越し

特に気にすることはありませんが葉焼けに注意しましょう。

冬越し

寒さには比較的強い方ですが、ディディエレオイデスの紅葉が始まったぐらいの気温になったら暖かい室内などに移動した方が無難です。休眠期中も週に1度程度軽く水やり(鉢底から水は流れ出ない、もしくは少しだけ染み出て土は湿っている程度)をすると良いでしょう。また、日当たりの良い窓辺などに置いておくと良いでしょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

挿し木と実生で増やすことが出来ます。ディディエレオイデスは枝を切るとユーフォルビア特有の白い乳液が出るため、流水か水を溜めて乳液を洗い流してから挿し木してください。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング