これは知っておきたい!縁起のいい植物オススメ5選

深見彩乃

深見彩乃

72820views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

引越しや一人暮らしを始める…何か植物を育てたいけどどうせなら縁起のいい植物がいい!という方にオススメの植物5選をお届けします。

 

目次

万年青(オモト)

ガジュマル

金のなる木(カネノナルキ)

胡蝶蘭(コチョウラン)

南天(ナンテン)

 

1.万年青(オモト)

万年青(オモト)は、日本と中国に自生する多年草です。直射日光が苦手です。万年青は、縁起がよく、金運アップとして有名な植物です。家・オフィス・お店の玄関に飾ることなどで“運を開く”という大きなエネルギーを引き寄せてくれます。

「万年青」とかいて「おもと」と読むように、一年中緑の葉を保っている植物です。

昔から縁起物とされる植物で、引っ越し祝いとして贈られることも多いようです。また長寿のお祝いなどにも喜ばれる品です。

葉の美しさ、珍奇さを鑑賞する植物として愛好家も多い植物です。

実のついた万年青は子孫繁栄を象徴し、さらに縁起が良いとされます。

科・属名 ユリ科オモト属
英名 Rohdea japonica
学名 Rohdea japonica Roth
原産地 日本・中国
育てやすさ ★★★☆☆

オモト(万年青)

  • 万年青(おもと)は日本で古くから、主に青々とした葉を観賞する目的で育成されてきた植物です。江戸時代から続く品種改良によって多彩な葉の形状、模様が生まれ、「葉芸」と呼ばれます。

    品種改良の技術が「芸」として高く評価されているのは万年青だけでしょう。多年草で葉を落とさないことから、長寿を象徴する縁起物として大切にされてきました。

    「縁起草」「辛抱草」の別名もあります。乾燥も過湿も嫌うので水やりに少々コツが必要ですが、覚えてしまえば基本的には育てやすく丈夫です。

    霜が降りず、-5℃以下の気温にならなければ屋外越冬可能です。昼間の日が出ている時間帯は外に出し、夜は玄関にしまうなどをしてもよいでしょう。

目次に戻る≫

 

2.ガジュマル

沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる樹木の精霊が宿るといわれています。  ガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布する常緑高木なので暖かくて日光のある場所を好みます。  日光にあてること、水のやり方には気を配る必要がありますが、基本的には育てやすい観葉植物です。

沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる樹木の精霊が宿るといわれています。

ガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布する常緑高木なので暖かくて日光のある場所を好みます。

日光にあてること、水のやり方には気を配る必要がありますが、基本的には育てやすい観葉植物です。

科・属 クワ科・イチジク属(フィカス属)
英名 Chinese Banyan,Malayan Banyan
学名 Ficus microcarpa
原産地 沖縄・東南アジア・ミクロネシア・台湾・オーストラリア
育てやすさ ★★★★☆

ガジュマル

  • ガジュマルは人気の観葉植物です。沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる火の精霊が宿るといわれています。

    ガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布する常緑高木なので暖かくて日光のある場所を好みます。日光にあてること、水のやり方には気を配る必要がありますが、基本的には育てやすい観葉植物です。

    また、ガジュマルは、幹の途中から気根という根をだしています。気根が地中に付くと太くなり、ガジュマルの木を支える支柱根となります。

    地植えにされているガジュマルはこの気根が多く、風に揺れる気根は不思議な雰囲気を醸し出しています。

    その太い幹と、まるく厚みがある濃い緑色をしている葉は、生命力を感じさせ、独特な形をしているので人気があります。

    鹿児島県沖永良部島の国頭小学校の校庭には樹齢100年を超える日本一のガジュマルが植えられています。

目次に戻る≫

 

3.金のなる木(カネノナルキ)

英語では“dollar plant”といい、まさにお金を象徴する縁起の良い植物に感じますよね!金のなる木は、中国で、金運や繁栄を招くと、とても縁起のよい植物とされてきたそうです。

金のなる木、名前からして金運がアップしそうな名前ですね。

ベンケイソウ科のクラッスラという多肉植物ですが、金のなる木という名前の方が有名でしょう。

英語では”doller plants”といいます。葉が硬貨に似ていることから名前がついたといわれています。

縁起の良い名前から、縁起物として開店祝い等の贈りものに利用される事も多い植物です。

科・属名 ベンケイソウ科 クラッスラ属
英名 Crassula portulacea
学名 Crassula ovata
原産国 南アフリカ
育てやすさ ★★★★☆

金のなる木(カネノナルキ)

  • 金のなる木(カネノナルキ)はベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物。南アフリカが原産で、低い木のように育ちます。五円玉を茎に通し成長させて、お金がなったような姿が流行したことも。強健で育てやすく簡単に増やすことも可能です。大株になると花を咲かせることができます。お花は星形の細かい白い花。

目次に戻る≫

 

4.胡蝶蘭(コチョウラン)

「幸福が飛んでくる」を意味する花言葉を持つため、お祝い事や引っ越しなどに贈り物としてよく用いられます。  胡蝶蘭(コチョウラン)とは、その名の通りランの仲間で、花の色は白、ピンク、黄色などがあります。  熱帯地域が原産のため、寒さに弱い植物になります。そのため育てる際には注意が必要です。

「幸福が飛んでくる」を意味する花言葉を持つため、お祝い事や引っ越しなどに贈り物としてよく用いられます。

胡蝶蘭(コチョウラン)とは、その名の通りランの仲間で、花の色は白、ピンク、黄色などがあります。

熱帯地域が原産のため、寒さに弱い植物になります。そのため育てる際には注意が必要です。

科・属 ラン科コチョウラン属
英名 Orchid
学名 Phalaenopsis
原産地 東南アジア
育てやすさ

★★★☆☆ 

コチョウラン(胡蝶蘭)

  • 胡蝶蘭(コチョウラン)は、名前の通りランの仲間で、花の色は白、ピンク、黄色などがあります。

    熱帯地域が原産のため、寒さに弱い植物になります。そのため育てる際には注意が必要です。鉢植えと切り花の両方の楽しみ方がありますが、本来は着生植物です。根が出ているのは、湿度の高い地域で生育し、空気中から水分を吸収しようとしているためです。本来は2月~3月頃に開花しますが、現代では温室の利用により、年中花を咲かせることができます。「幸福が飛んでくる」を意味する花言葉を持つため、お祝い事や引っ越しなどに贈り物としてよく用いられます。

目次に戻る≫

 

5.南天(ナンテン)

南天の赤い実と葉は、お正月に欠かせない縁起物です。  古典的な園芸品種として知られ、現代でも庭木、盆栽として愛され続けています。初夏の開花から冬の紅葉、結実まで長く鑑賞できるのが魅力です。  「難(ナン)を転(テン)ずる」にかけて、南天は昔から厄除け、幸運を招く木として好まれてきました。  料理に南天の葉と添えるのはそのなごりです。また、南天から削り出した箸を使うと運が上向くとされています。  成長がゆっくりなので時間はかかりますが、南天を大きく育てて自前の箸を作ってみてはいかがでしょう。

南天の赤い実と葉は、お正月に欠かせない縁起物です。

古典的な園芸品種として知られ、現代でも庭木、盆栽として愛され続けています。初夏の開花から冬の紅葉、結実まで長く鑑賞できるのが魅力です。

「難(ナン)を転(テン)ずる」にかけて、南天は昔から厄除け、幸運を招く木として好まれてきました。

料理に南天の葉と添えるのはそのなごりです。また、南天から削り出した箸を使うと運が上向くとされています。

成長がゆっくりなので時間はかかりますが、南天を大きく育てて自前の箸を作ってみてはいかがでしょう。

科・属 メギ科ナンテン属
英名 heavenly bamboo
学名 Nandina domestica
原産地 アジア
育てやすさ ★★★★☆

ナンテン(南天)

  • ナンテンは濃い緑の葉に赤い実をつける常緑低木です。冬でも濃い緑が茂っている様子や、赤い実をつける特徴から縁起物として好まれています。マツバランなどともに江戸時代から人気の古典園芸植物の一つ。同じく縁起物とされているフクジュソウ(福寿草)と寄せ植えにするのも良いでしょう。関東以西では自生しているほどなので栽培も容易です。苗木が多く流通しており、種、挿し木でも増やすことができます。観賞するだけでなく、
    民間薬としても利用できます。南天の実を焼酎、氷砂糖とともに漬け込んだ南天酒は咳止めの効用があるそうです。

目次に戻る≫

 

いかがでしたか?

引越しや一人暮らしの方やオススメをするときに参考にしてみてくださいね♪

 

「これは知っておきたい!縁起のいい植物オススメ5選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
深見彩乃
深見彩乃

1996年生まれの横浜育ち。2017年にメディア系の専門学校を卒業。入社後、LOVEGREEN編集部にて動画・写真を担当し、現在はアカウントプランナー。幼少期から植物が溢れるほどのベランダと植物のことを”みどりちゃん”と呼ぶ家で育つ。しかし、自身は植物についてはまだ駆け出し。

オススメ特集