桜の魅力を満喫!桜の種類や生け方、桜の花の食べ方からお酒まで

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

桜を食べよう!

桜が花開く季節、桜の花を体内に入れたくなりますよね。私たち日本人は春になると菜の花の蕾を食べたり、蕗の蕾に当たるフキノトウを食べたり、お花を食べて楽しむことを知っています。桜を使った飲み物や食べ物をご紹介します。体の中から春を感じてください。

染井吉野(ソメイヨシノ)

桜が花開く季節、桜の花を体内に入れたくなりますよね。私たち日本人は春になると菜の花の蕾を食べたり、蕗の蕾に当たるフキノトウを食べたり、お花を食べて楽しむことを知っています。桜を使った飲み物や食べ物をご紹介します。体の中から春を感じてください。

桜の塩漬け

桜の花の塩漬けです。簡単に自宅で作れて、塩漬けだから保存も可能です。長く桜を楽しめます。

桜のお茶

毎年春になると登場する桜の紅茶。いろいろありますが、LUPICIAでは桜を使った紅茶が何種類かあります。気になる方は確かめてみてくださいね。紅茶の葉に桜の葉がブレンドされていて、ふわりといい香りが楽しめます。

目次に戻る≫

桜のお酒

ちょっと大人な楽しみ方をご紹介します。桜にちなんだお酒です。

寒緋桜(カンヒザクラ)

ちょっと大人な楽しみ方をご紹介します。桜にちなんだお酒です。

カクテル・チェリーブロッサム

桜をイメージして作られたカクテルです。実際に桜のエッセンスなどは入っていません。色も桜の花というよりも桜の果実のような鮮やかな色をしています。

ブランデーにオレンジリキュール、グレナデンシロップなど混ぜて作られるショートカクテルです。アルコール度数も25度以上と高めですので、お召し上がりの際は気をつけてください。

ジンジーニャ

ポルトガルの「ジンジャ」というサクランボのお酒です。ジンジャとは、スミミサクラという品種の桜の果実です。このジンジャをアグアルデンテ(ブドウの皮からできたブランデー)とお砂糖に漬け込んで作られます。

このスミミサクラはセイヨウミザクラの近縁種ですが、非常に酸っぱくて食用には向かないため、ジャムにしたりお酒にしたりして利用されます。

色が鮮やかなワインレッドで甘く飲みやすいお酒です。ポルトガルでは街の中に、このジンジーニャが飲めるジンジーニャの立ち飲み屋さんがあるんですよ。

目次に戻る≫

桜が美しい小説

桜の季節に桜を出材とした小説で、心まで桜に酔ってみませんか。特に桜が妖しく美しい小説をご紹介します。  桜の樹の下には 梶井基次郎 「…屍体が埋まっている!」は有名なフレーズです。桜の季節になると繰り返しあちこちで耳にする台詞かもしれません。桜の花の妖艶さと人を酔わすような魅力に溺れたいときにおすすめです。  桜の森の満開の下 坂口安吾 こちらも「桜と言えば、坂口安吾」というくらい有名な小説です。満開の桜の森の中で見たのは夢か現か。桜にも小説にも飲み込まれていくような美しい小説です。

染井吉野(ソメイヨシノ)

桜の季節に桜を出材とした小説で、心まで桜に酔ってみませんか。特に桜が妖しく美しい小説をご紹介します。

桜の樹の下には 梶井基次郎

「…屍体が埋まっている!」は有名なフレーズです。桜の季節になると繰り返しあちこちで耳にする台詞かもしれません。桜の花の妖艶さと人を酔わすような魅力に溺れたいときにおすすめです。

桜の森の満開の下 坂口安吾

こちらも「桜と言えば、坂口安吾」というくらい有名な小説です。満開の桜の森の中で見たのは夢か現か。桜にも小説にも飲み込まれていくような美しい小説です。

目次に戻る≫

▼おすすめ記事

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「桜の魅力を満喫!桜の種類や生け方、桜の花の食べ方からお酒まで」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ