アロエの育て方|植物図鑑

植物名
アロエ
学名

Aloe

英名
Aloe
科名
ユリ科
属名
アロエ属
原産地
南アフリカを中心に地中海沿岸やマダガスカル、カナリア諸島

アロエの特徴

アロエは南アフリカを中心に地中海沿岸やカナリア諸島など広く分布し、低木または高木になる多肉植物です。葉は多肉質で先はとがり縁にとげがありますがサボテンの仲間ではありません。アロエの花は赤から黄色で花茎をのばして円錐状の花をつけます。日本には鎌倉時代に伝来したとされ、瀬戸内海や伊豆半島などの海岸に広く帰化しています。夏涼しく、冬は水を控えて凍らせないように保てば栽培できます。

アロエは砂漠周辺の乾燥地から草地、高地に生えるものなど約400種が分布しています。葉の形や草姿がさまざまで20cm程度の小型種から10mを超す大型種まであります。品種にもよりますが戸外でも霜や雪に当たらなければ越冬できます。

アロエの詳細情報

園芸分類 多肉植物、アロエ
草丈・樹高 20cm~10m
耐寒性 普通
耐暑性 強い
花色 オレンジ
開花時期 11月~2月

アロエとは

アロエは葉に水分を蓄える多肉植物で、約500種類ほどあります。代表的な種類は2つ。キダチアロエアロエベラ。鉢植えなどでよく流通しているのはキダチアロエです。

キダチアロエ

学名:Aloe arborescens

観賞用、食用として栽培されます。暖かい地方では屋外でも栽培が可能です。名前の通り木立化し、どんどん増えていきます。鉢からはみ出して伸びている姿をよく目にします。12月ごろにオレンジの花を咲かせます。皮周辺の苦みがつよいですが、中心の透明な部分には苦みはありません。

アロエベラ

学名:Aloe vera

ロゼット状に地表から葉が出ており、キダチアロエに比べると葉の大きさは大きく、また肉厚。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング