火星人(フォッケア・エデュリス)の育て方|植物図鑑

植物名
火星人(フォッケア・エデュリス)
学名

Fockea edulis

英名
Fockea edulis
和名
火星人
科名
ガガイモ科
属名
フォッケア属
原産地
南アフリカ

火星人(フォッケア・エデュリス)の特徴

火星人(フォッケア・エデュリス)は、ガガイモ科フォッケア属の塊根植物で、ダイコンのような太く長い灰白色の塊根が特徴です。塊根の頭頂から、盛んにツル状の枝を伸ばします。葉はつややかな緑で、成長すると薄い緑色の変わった花を咲かせます。雌雄異体のため、種での繁殖は難しく、挿し木もうまくいかない場合があり繁殖が難しいですが、流通量は多く比較的手に入れやすい品種です。日光を好み、寒さにも比較的強く丈夫で育てやすい品種です。

火星人(フォッケア・エデュリス)の詳細情報

園芸分類 多肉植物、塊根植物
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや強い

火星人(フォッケア・エデュリス)の栽培環境

日当たり・置き場所

光を好むため、年間を通して日当たりと風通しの良い場所で育てます。日差しにも強く、直射日光の当たる場所を好むため、春から秋は屋外で雨風に当てたほうが元気に育ちます。日光不足になると、ツルがだらしなく伸びてしまうため、しっかりと日に当てましょう。冬は室内で育てることをおすすめします。

温度

暑さ、寒さにはある程度絶えます。塊根植物にしては寒さに強いですが、寒風や霜に当たると株が痛むため、基本的には室内で越冬させます。

用土

水はけの良い用土が良いでしょう。ホームセンターや園芸店で購入できる排水の良い多肉植物用土でも大丈夫です。

火星人(フォッケア・エデュリス)の育て方のポイント

水やり

土が乾いてからたっぷりと水を与えます。涼しくなり始めてから水やりを控え、冬に落葉した場合は断水します。室内などの温かい場所では、落葉しない場合もありますが、そのときには完全に断水せず、土を湿らせる程度に少量の水を与えます。春になり温かくなり始めたら徐々に水やりを再開します。

肥料

植え替えの際に用土に含まれる栄養分で十分です。与える場合は、薄めた液肥や緩効性肥料を成長期の春に控え目に与えます。

病害虫

カイガラムシが発生することがあります。カイガラムシがつくと樹液を吸われてしまい、株が弱り生育も悪くなり衰え枯れてしまいます。カイガラムシは国内で約400種が発見されており、大きさや形なども様々であり、カイガラがあるのとないものもいます。野菜や果樹、草花、サボテン、ラン、観葉植物と様々な植物に発生し、吸汁(きゅうじゅう)します。

火星人(フォッケア・エデュリス)の詳しい育て方

選び方

流通している個体は実に様々なものがありますので、気に入った形のものを選ぶと良いでしょう。

植え替え・鉢替え

根詰まり解消のため、1~2年ごとに植え替えをしましょう。気温の上がる春に行うのが良いでしょう。同じ大きさか一回り大きな鉢を選びます。塊茎を楽しみたい場合には、半分以上土から出していても元気に育ちます。

冬越し

基本的には室内の日当たりの良い場所で越冬させます。気温が低いと落葉します。落葉した際には春まで断水し、葉を付けたままの場合には月に数回、天気の良い日に土を湿らせる程度の水やりをします。春になり温かくなったら徐々に水やりを再開します。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

雌雄異体のため、単体では花をつけても種はできず、雌雄用意しても開花のタイミングが合わせにくい場合が多く、種での繁殖は難しいです。基本的には挿し木で増やしますが、成功するとは限らず繁殖の難しい品種です。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング