新生活グリーン特集

斑入り植物に最初に注目したのは日本人だった!

古幡真恵

古幡真恵

公開日 :

みなさんは「斑入り植物」ってご存知ですか?知らないと思っていても、必ず目にしている斑入り植物。意識して葉の好みを考えたことがない方でも、改めて植物の葉を観察してみたら、「斑入り植物」がじつは大好きな植物だったなんてことも可能性大です。今回はそんな斑入り植物の中でも育てやすくて、ガーデニングやお部屋のインテリアにもぴったりな斑入り植物をご紹介します。

目次

斑入り植物に最初に注目したのは日本人だった!

斑入りの代表的な植物

斑入り植物に最初に注目したのは日本人だった!

斑入り植物とは葉や花の色が2色以上混ざったもので、葉の緑が一部薄くなったり白色化したものをいいます。斑入りの原因は明確には解明されていませんが、ウィルスによるものではないかといわれています。  斑入り植物は葉の表情に変化があり、植物各々の個性を感じるため、あえて斑入りの品種を好む方も多いのではないでしょうか。

斑入り植物とは葉や花の色が2色以上混ざったもので、葉の緑が一部薄くなったり白色化したものをいいます。斑入りの原因は明確には解明されていませんが、ウィルスによるものではないかといわれています。

斑入り植物は葉の表情に変化があり、植物各々の個性を感じるため、あえて斑入りの品種を好む方も多いのではないでしょうか。

斑入り植物を広めた水野忠暁(みずのただとし)

斑入り植物の発展に尽力した人物は、江戸時代の植物の奇品愛好家の筆頭ともいえる水野忠暁(みずのただとし)です。水野忠暁(みずのただとし)が、葉や茎に斑入りのあるものなど奇態を見つけては集め、栽培しました。斑入り植物以外には万年青(おもと)栽培に力を注いでいたことでも有名です。当時たんなる奇形と思われていた斑入り植物に価値を見出した人物として、日本のみならず海外の斑入り植物への再認識をもたらしたといっても過言ではない人物です。水野忠暁(みずのただとし)が斑入り植物を解説した「草木錦葉集」も文政12年(1829年)に出版されています。

私たちが斑入り植物を好む理由として、もしかしたらもう既に日本人の遺伝子に含まれているのかもしれませんね。

目次に戻る≫

斑入りの代表的な植物

斑入り植物の魅力は、何と言っても緑一色の単調になりがちな葉の表情に白味を帯びることで変化させてくれることです。花が咲かない観葉植物でも、斑入りの品種は華やかさがあります。育てやすい斑入り植物は、ガーデニングにもお部屋のインテリアとしても大変おすすめです。

斑入り植物の魅力は、何と言っても緑一色の単調になりがちな葉の表情に白味を帯びることで変化させてくれることです。花が咲かない観葉植物でも、斑入りの品種は華やかさがあります。育てやすい斑入り植物は、ガーデニングにもお部屋のインテリアとしても大変おすすめです。

フィカスプミラ

初心者にも大変育てやすいプミラは、ガーデニングの名脇役です。うっかり枯らしてしまいがちな方にも安心しておすすめ出来る植物です。

科・属 クワ科フィカス属
和名 オオイタビ
英名 Creeping fig
学名 Ficus pumila
原産地 日本、東アジア
出回り時期 通年
育てやすさ ★★★★★

フィカス・プミラ

  • 濃い緑の地に、白く縁どるような斑がポイントの観葉植物です。

    枯らしてしまう心配がほとんどなく、むしろ伸びすぎて少々困ってしまうほどです。

    ガーデニング初心者にうってつけの種で、枝から活着力の高い気根を伸ばし、這うように広がっていきます。この特性を生かしハンギング仕立てにしたり、アーチ状に這わせてみたり、寄せ植えのアクセントにしてみたりと様々な楽しみ方があります。

    日当たりのよくない場所でも育つので、ベッドサイドに置いて眺めるのもよいでしょう。 垂直方向にもぐんぐん枝葉をひろげるので、建物の緑化にも用いられています。

 

▼グランドカバーにもおすすめのプミラならコチラ

 

ヘデラ(アイビー

暑さにも寒さにも強いヘデラ。英名のアイビーという名でもお馴染みです。プミラ同様名脇役であるとともに、壁面を埋め尽くす主役にもなれる植物です。

科名・属 ウコギ科キヅタ属
和名 アイビー,西洋木蔦(セイヨウキヅタ)
英名 ivy
学名 Hedera
原産地 北アフリカ、ヨーロッパ、アジア
育てやすさ ★★★★★

アイビー(ヘデラ)

  • アイビー(ヘデラ)はウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物です。

    葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。

    アイビー(ヘデラ)は性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。

    また、地面に植えたアイビー(ヘデラ)は家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。

    アイビー(ヘデラ)は水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。

    アイビー(ヘデラ)は耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

 

▼へデラ(アイビー)を使った可愛いギャザリングならコチラ

 

オリヅルラン

細長い茎(ランナー)を伸ばして子株を付けるその姿からオリヅルランと名付けられた縁起のいい植物です。出来た子株を植え付けて簡単に増やす事も出来るため人気の植物です。

科・属 キジカクシ科オリヅルラン属
和名  オリヅルラン
英名  spider plant
学名  chlorophytum
原産地  南アフリカ
育てやすさ ★★★★★

オリヅルラン

  • オリヅルランは丈夫で、初心者でも育てやすい観葉植物です。大株でも小さな鉢植えでも、水耕栽培でも楽しめますので、「一家に一鉢」の基本的な植物と言っていいかもしれません。

    細長い茎(ランナー)を伸ばして、その先に子株をつけるのですが、それがまるで折鶴がぶら下がっているように見えるところから、名前がつきました。

    あまり目立ちませんが、春から夏にかけてランナーの節から、白くかわいい花を咲かせます。葉の縁に斑が入る「ソトフオリヅルラン」と、中央に斑が入る「ナカフオリヅルラン」の他に、斑の入らない種類のものや葉の先がカールする「ボニー」という品種もあります。

 

▼どんどん増えるオリヅルランについてはコチラ

 

ポトス

室外の冬期間の寒さには耐えられませんが、室内で育てる分には本当に育てやすい植物です。風水的にとても良い植物ですのでお部屋で育てたい植物です。

科・属 サトイモ科ハブカズラ属(エピプレナム属)
和名 ポトス,黄金葛(オウゴンカズラ)
英名 pothos
学名  Epipremnum aureum
原産地  東南アジア熱帯雨林地帯など
育てやすさ

★★★★★

ポトス

  • ポトスといえば、定番の観葉植物ですよね。初心者でも育てやすく、どんどん品種が増えて、新しい魅力的な品種も開発されているので、ベテランの園芸家も楽しめる植物です。

    仕立て方も、ハンギングで上から垂らしたり、逆にヘゴ仕立てなどで上に這わせていくなど、変化も楽しめますし、切って水に挿しておけば簡単に発根するといった楽しみもあります。

    もっとも飽きのこない観葉植物と言っていいでしょう。

    日本で販売されているポトスのほとんどは幼株で、葉が小さいですが、自生地などに生えている本来のポトスは葉の大きさが1m近くになる大型の観葉植物です。

    また、大きくなった葉はモンステラの様に縁から切れ込みが入ります。斑がマーブル模様に入った大きな葉に切れ込みが入っている姿は非常に美しく、今まで持っていたポトスのイメージを覆すものだと思います。

    一般家庭でそこまで大きくするのは至難の業ですが、温暖な環境下でへゴ支柱や庭木に這わせるようにすれば大きくなることがあるそうです。

     

 

ポトスの飾り方や種類、詳しい育て方ならコチラ

 

ドラセナ

ドラセナの種類の中でドラセナ・マッサンゲアナは、「幸福の木」とも呼ばれ新築時のプレゼントに贈られることも多い植物です。ストライプの斑入りがシャープなイメージで男性の方にも好まれる観葉植物ではないでしょうか。ドラセナは大きさも様々の品種があるので選ぶ楽しみもあります。

科・属 リュウゼツラン科ドラセナ属
和名 ドラセナ
英名 Dracaena
学名 Dracaena
原産地 熱帯アジア、熱帯アフリカ
育てやすさ ★★★★★

ドラセナ・マッサンゲアナ

  • ドラセナ・マッサンゲアナは、「幸福の木」とも呼ばれ、ネーミングが縁起よいため、新築祝いなどに送られることが多い人気のある観葉植物です。

    ドラセナの中でもポピュラーで、育てやすく初心者の方にもおすすめの観葉植物です。

    稀に白い花を咲かせますが、ドラセナは夜に開花し、強烈な甘い匂いを放ちます。

 

▼水耕栽培でも楽しめるドラセナならコチラ

 

ユキノシタ

観葉植物とは趣を変え、自然の渓谷沿いの湿った斜面の岩陰に分布しているユキノシタは、庭のグランドカバーとしても植えられます。常緑の多年草で半日陰から日陰のやや湿った環境を好む花の形が特徴的な植物です。

科・属 ユキノシタ科ユキノシタ
和名 ユキノシタ(雪の下)
英名 Strawberry saxifrage
学名 Saxifraga stolonifera
原産地 日本・中国・朝鮮半島
出回り時期 4月~6月
育てやすさ ★★★☆☆

ユキノシタ(雪の下)

  • ユキノシタ(雪の下)は、本州から九州にかけての渓谷沿いの湿った斜面の岩陰に分布し、人家周辺にも庭の下草としてよく植えられます。常緑の多年草で半日陰から日陰のやや湿った環境を好みます。葉は直径3cm~8cmほどで丸く葉裏は褐茶色で葉脈上に白い斑が入るのが特徴的です。株の中心から20cm~50cmほどの花茎をのばし、春から初夏のころに白色の花をつけます。5枚の花弁のうち上に3枚ある小さな花弁には赤紫色の斑点がはいるのが特徴です。根元から赤いランナーを伸ばして繁殖します。かつて医者や薬がなかった時代には民間薬として重宝され、食用としても利用されたためどこの家の井戸周りにもある生活になじみの深い植物でした。

    園芸素材のユキノシタ(雪の下)としては一度根付けば肥料などの世話もいらない手間いらずの植物です。花の時期以外のユキノシタ(雪の下)は丈の低い植物なので、半日陰から日陰の雑草除けのグランドカバーとしておすすめの植物です。根の張り方が浅く、スコップなどの道具を使うことなく、手で簡単に抜けて、力はほとんど必要いので、増えすぎた時に整理しやすい植物です。

 

▼シェードガーデンにもおすすめなユキノシタならコチラ

 

オモト

最後に水野忠暁(みずのただとし)が熱中し、愛したオモトです。水野忠暁によりオモトは7つのグループに分類され74種という数のオモトを紹介しています。オモトの品種の出版だけではなく、オモト好きな仲間を集めた展示会も開催しており、オモトを江戸時代に広めました。おかげで人気の植物になったオモトは高値で売買され、水野忠暁が自費出版した「小万年青名寄」の絵師には当時植物を描かせたら天下一品と言われていた関根雲停に描かせる息の入れようだったと言います。

科・属 ユリ科オモト属
英名 Rohdea japonica
学名 Rohdea japonica Roth
原産地 日本、中国
出回り時期 通年
育てやすさ ★★★☆☆

オモト(万年青)

  • 万年青(おもと)は日本で古くから、主に青々とした葉を観賞する目的で育成されてきた植物です。江戸時代から続く品種改良によって多彩な葉の形状、模様が生まれ、「葉芸」と呼ばれます。

    品種改良の技術が「芸」として高く評価されているのは万年青だけでしょう。多年草で葉を落とさないことから、長寿を象徴する縁起物として大切にされてきました。

    「縁起草」「辛抱草」の別名もあります。乾燥も過湿も嫌うので水やりに少々コツが必要ですが、覚えてしまえば基本的には育てやすく丈夫です。

    霜が降りず、-5℃以下の気温にならなければ屋外越冬可能です。昼間の日が出ている時間帯は外に出し、夜は玄関にしまうなどをしてもよいでしょう。

    引っ越し祝いに万年青を贈る日本の文化

    万年青(オモト)は1590年、江戸時代に徳川家康が江戸に移る際に3種類の万年青(オモト)を贈られ、家康は大変喜び城にその3鉢の万年青(オモト)を持ち込みました。

    その後、城が大繁栄したというエピソードがあり、そこから日本中に引っ越し祝いとして万年青(オモト)を送る風習が広まったようです。

    江戸時代から現在まで引っ越しの際は縁起を担ぎ、引っ越し先に一番最初に万年青(オモト)を入れる習わしが続き邪気を祓うため鬼門の方角に置かれるようになりました。

     

 

▼プレゼントにもおすすめ!縁起の良いオモトのことならコチラ

 

いかがでしたか?

斑入りの植物がなんとなく気になっていた方は、江戸時代から続く斑入り植物文化に思いを馳せながら、斑入り植物を育ててみませんか?

▼編集部のおすすめ

 

目次に戻る≫

▼関連ワード

「斑入り植物に最初に注目したのは日本人だった!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

デイリーアクセスランキング

おすすめ