レッツ、おしゃれなハンギング!プラントハンガーで観葉植物を飾ろう。

熊木健二

熊木健二

このライターの記事一覧

公開日 :

植物のある暮らしって憧れますよね。たくさんの植物があると、とてもリラックスできる空間に変わると思います。ただ、植物を置いて飾るのではなく、ハンギング(吊るすこと)で植物たちの存在感がでてきます。風で揺れる姿も愛らしく、癒しの空間へと変わりますよ。

目次

おしゃれなプラントハンガー

吊るして飾る、みんなのコーディネート

吊るして飾りたい観葉植物の種類

 

おしゃれなプラントハンガー

植物を吊り下げて飾れる画期的なアイテム、プラントハンガー

さまざまな大きさの植物、プラントハンガーのいろいろな種類が並ぶと、おしゃれな花屋さんのような空間になります。風で揺れる姿も、癒されます。

 

▼プラントハンガーの作り方はこちら

 

吊るして飾る、みんなのコーディネート

窓辺でお気に入りの一鉢を吊るして飾ってみると、いつもと違う空間に変身!奥のティランジア(エアプランツ)もかっこいいですね。

 

植物のもりもりの窓辺、自然のグリーンカーテン。

 

流木を巧みに使った飾り方。ナチュラルな雰囲気が、とてもすてきな空間です。

 

植物だけでなく、ドライフラワーも一緒に!アトリエのようなデスクは、みんなの憧れです。

 

プラントハンガーではなく、ヒンメリにティランジア(エアプランツ)を入れると、おしゃれな窓辺に。風に揺られるティランジア(エアプランツ)たちは心地よさそう!

 

吊るして飾りたい観葉植物の種類

imgp2508

1.ビカクシダ

最近、テレビでも取り上げられている注目の植物。大きい葉っぱは、まるでシカの角のよう。そんな容姿から鹿の角のシダと書いて、ビカクシダ(鹿角羊歯)と呼ばれています。部屋の中に置くと、とてもインパクトがありますね!

▼育て方はこちら

ビカクシダ(コウモリラン)

  • 樹木に着生しているシダの仲間で、「コウモリラン」とも呼ばれています。

    「コウモリラン」と呼ばれる由来は、垂れ下がる葉を「羽ばたくコウモリ」に例えたものだと言われています。

    独特な容姿が特徴ですが、葉の一つは株元に張りつくように出た「貯水葉(ちょすいよう)」または「外套葉(がいとうよう)」、もう一つは、鹿の角のような形をしている「胞子葉(ほうしよう)」になります。

    貯水葉は水を蓄えておくことだけでなく、木などに絡みつく役割もあります。また、品種によってはこの貯水葉の凹凸が非常に美しく、観賞ポイントになります。

    ハンギングバスケットやヘゴ板づけでお部屋に飾るととてもカッコイイです。

    ビカクシダは変種や交配種などが多く存在し、ビカクシダの愛好家も多いです。1株だけでもカッコいいのですが、丸く群生にしたビカクシダはとても迫力があります。

    自生地では樹木に着生しており、大きな群生株が1つの木に複数ついていたり、枝がビカクシダで覆われていることもあるそうです。

    数十年生きた大型種のビカクシダは人の背丈を超える事もあり、まさにモンスター級のシダ植物です。

 

2.アイビー

初心者でも丈夫で育てやすいアイビー(ヘデラ)。いろいろな種類があり、葉の模様がおしゃれでかわいいです。

▼育て方はこちら

アイビー(ヘデラ)

  • アイビー(ヘデラ)はウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物です。葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。アイビー(ヘデラ)は性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。

    また、地面に植えたアイビー(ヘデラ)は家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。アイビー(ヘデラ)は水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。アイビー(ヘデラ)は耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

 

Houseplant on a chair

gi_logo_grey

3.シュガーバイン

ブドウ科のつる性植物なので、つる状に伸びていきます。その垂らした葉っぱがとても素敵です。

▼育て方はこちら

シュガーバイン

  • インテリアグリーンとしても人気のシュガーバイン。爽やかな常緑つる性植物で、ブドウ科の仲間です。シュガーバインは、パルテノシッサスの交配種であり、オランダでの品種改良されたと言われています。葉の裏に甘い樹液をつけるから、sugar(砂糖)vine(つた)と名付けられたようです。

 

indoor plants

gi_logo_grey

4.グリーンネックレス

人気の多肉植物。まるまるとした多肉質の葉っぱが好きな方多いと思います。

▼育て方はこちら

グリーンネックレス

  • グリーンネックレスは名前の通り、グリーンピースのような玉状の葉が連なる姿が可愛らしい、人気の植物です。幅広い世代から知られる多肉植物で、観葉としても親しまれています。丈夫で育てやすく関東以南では戸外での管理も可能です。またお花も咲き、ほのかな芳香があります。 

 

ポトス

gi_logo_grey

5.ポトス

丈夫で強い観葉植物といえば、ポトス。明るいグリーンの葉が部屋を明るくしてくれるはず。

▼育て方はこちら

ポトス

  • ポトスといえば、定番の観葉植物ですよね。初心者でも育てやすく、どんどん品種が増えて、新しい魅力的な品種も開発されているので、ベテランの園芸家も楽しめる植物です。

    仕立て方も、ハンギングで上から垂らしたり、逆にヘゴ仕立てなどで上に這わせていくなど、変化も楽しめますし、切って水に挿しておけば簡単に発根するといった楽しみもあります。

    もっとも飽きのこない観葉植物と言っていいでしょう。

    日本で販売されているポトスのほとんどは幼株で、葉が小さいですが、自生地などに生えている本来のポトスは葉の大きさが1m近くになる大型の観葉植物です。

    また、大きくなった葉はモンステラの様に縁から切れ込みが入ります。斑がマーブル模様に入った大きな葉に切れ込みが入っている姿は非常に美しく、今まで持っていたポトスのイメージを覆すものだと思います。

    一般家庭でそこまで大きくするのは至難の業ですが、温暖な環境下でへゴ支柱や庭木に這わせるようにすれば大きくなることがあるそうです。

     

 

oriduru 

gi_logo_grey

6.オリヅルラン

丈夫で強い観葉植物。寒さにも強く、環境が良いとオリヅルのような元気な子株を出してくれます。

▼育て方はこちら

オリヅルラン

  • オリヅルランは丈夫で、初心者でも育てやすい観葉植物です。大株でも小さな鉢植えでも、水耕栽培でも楽しめますので、「一家に一鉢」の基本的な植物と言っていいかもしれません。

    細長い茎(ランナー)を伸ばして、その先に子株をつけるのですが、それがまるで折鶴がぶら下がっているように見えるところから、名前がつきました。

    あまり目立ちませんが、春から夏にかけてランナーの節から、白くかわいい花を咲かせます。葉の縁に斑が入る「ソトフオリヅルラン」と、中央に斑が入る「ナカフオリヅルラン」の他に、斑の入らない種類のものや葉の先がカールする「ボニー」という品種もあります。


15503057_1228142557271105_1885334602_o

7.リプサリス

森林性サボテン。直射日光は苦手なので、明るいカーテン越しのところで管理しましょう。風通しの良いところが好きです。

▼育て方やリプサリスについてはこちら

リプサリス

  • リプサリスは紐のような見た目が特徴的なサボテンです。主に熱帯雨林に分布しており、樹木の幹や枝に着生していることから森林サボテンとも呼ばれています。サボテンの一種ではありますが、とげは無く、多肉植物のような見た目をしています。開花時期になると葉先に可愛らしい花を咲かせます。

風通しがいいことは、植物の生育にいいです。人間にとっても、新鮮な風が入ることで空間もよくなります。置いて飾るときよりも、スペースを取らないのでおすすめです。ぜひ吊るし飾ってみて、植物のある暮らしをお楽しみください。

 

▼プラントハンガーって、どうやって作るの?

 

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「レッツ、おしゃれなハンギング!プラントハンガーで観葉植物を飾ろう。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

熊木健二
熊木健二

幼少期から瓦屋根の家の庭や野山で昆虫を探す少年でした。高校は農業高校へと進み、野菜の栽培や植物バイオテクノロジー、ビオトープや植栽管理等を学べる生物生産科に入る。大学進学は土木を専攻。公共空間の設計演習や農業・農村、まちづくりについて取り組む。大学卒業後は小田急ランドフローラへ入社し小田急フローリストで2年半店舗勤務。週末はたまに知り合いの花屋を手伝う。趣味は珈琲・写真・イラスト、植物を育てること。

このライターの記事一覧

おすすめ