【生育型別】花が咲く多肉植物12選 どんな花、咲いた後は?  

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

多肉植物も花が咲きます。日々見かける花とは一風変わった多肉植物の花は、育てているからこそ見られることもあります。普段見ている多肉植物は一体どんな花が咲くのでしょうか。ここでは多肉植物の生育型に分けてご紹介します。花が咲いた後はどうするのかも合わせてまとめました。

目次

多肉植物も花は咲く?

多肉植物は必ず花が咲くと限りませんが、咲く種類も多くあります。草花のように、次々に咲くというよりは生長期に花芽をつけて数日間咲きます。花の色、形は多肉植物の種類で異ります。「これが花なの?」と目を疑いたくなるような地味な花が咲いたり、菊のような花を咲かせたりと、株だけではなく花も個性豊かです。種類によっては、何年も育ち、大きい株にならないと開花しないものもあります。 

目次に戻る≫

春秋型の多肉植物の花

ポピュラーで人気の種類が多い春秋型。魅力的な花が咲くことも人気の理由かも?

エケベリア

エケベリアの花

株自体がお花のような姿のエケベリア。メキシコ・中米原産のベンケイソウ科エケベリア属の多肉植物です。種類ごとに花の咲く時期は異なりますが、春〜秋が開花時期です。

 

エケベリアの花

ピンク、赤、オレンジの花が咲きます。咲き方もベルのようなシルエットで可愛らしいものもあれば、あまり主張も少なく控えめな花もあります。 カットして生けて飾っても楽しめます。

▼エケベリアの詳しい育て方

エケベリア

  • エケベリアはベンケイソウ科エケベリア属の春秋型種の多肉植物です。原産地はメキシコ・中米など。5、6cmの小型から40cm近くにもなる大型種まで、葉の形も様々あり種類は豊富です。正面から見た時の美しいロゼット型の姿は花のようで華やかな印象があります。そのため、フラワーアレンジやブーケに使われることも多くあります。葉挿しや株分けで増やすことが出来ます。

 

セダム

セダム 小松緑

小ぶりでぷっくりとした小さい葉を連ねるセダム。ヨーロッパ、メキシコなど北半球だけではなく、日本原産の種類もあります。パッと見ではエケベリアのような見た目の「スアベオレンス」や「クラバツム」という種類もあります。星型で黄色、白、ピンクの花が咲きます。 

▼セダムの詳しい育て方

  • セダムは北半球に広く分布し、500種類以上もの品種が確認されています。日本原産の品種は約40種と言われています。日本の山野に自生している野草であり、一番身近な多肉植物です。 虹の玉 セダムにはグランドカバーとして使える品種や「虹の玉」のように葉がぷっくりとしたもの、枝垂れるものなどタイプも色々あり、葉の形や大きさ花もそれぞれ異なります。 セダムは夏期の高温加湿による蒸れに弱い傾向がありますが、日本の気候に馴染みやすく育てやすい多肉植物です。

 

クラッスラ

クラッスラの花

3~4cmの小型から数m近くにもなる大型種まであるクラッスラ。ベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物です。生長期も春秋型だけではなく、種類によっては夏、冬型もあります。

 

金のなる木の花

こちらは金のなる木の花です。大体の種類は白、ピンクの花を咲かせます。セダムに似た星に似た花は、1つの茎に集まって咲きます。

▼クラッスラの詳しい育て方

クラッスラ

  • ベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物で、3~4cmの小型から数m近くにもなる大型種まであり、種類はとにかく豊富。大きさだけでなく形も様々で、幾何学模様に見えるものやユニークな形の種類などあるのでコレクションしがいのある多肉植物です。一番身近な品種は「金のなる木」が挙げられます。中には秋の紅葉した姿がとてもきれいな「紅葉祭り」「火祭り」もよく寄せ植えなどに使われます。花は一つの茎に小さな花が集合して咲きます。多くの種類は白やピンクの花を咲かせ、開花姿もかわいらしいですが、品種によっては花が目立たない種類も。また、夏型・冬型があります。

 

センペルビウム

センペルビウム

ラテン語で「semper」(常に)と「vivum」(生きています)が由来のセンペルビウム。「常に生きています」という名の通り、とても強い品種のため育てやすいです。

 

センペルビウムの花

ヘリクリサムに似た感じの花びらがシャープな花が咲きます。

▼センペルビウムの詳しい育て方

センペルビウム

  • センペルビウムはベンケイソウ科センペルビウム属の春秋型種の植物。ラテン語で「semper」(常に)と「vivum」(生きています)が由来。「常に生きています」という名の通り、とても強い品種のため育てやすいです。高山性の多肉植物なので耐寒性に富んでいます。

 

目次に戻る≫

夏型の多肉植物の花

かっこいい印象の種類が多い夏型の多肉植物は個性派揃いです。

アデニウム

アデニウムの花

アデニウムは主に砂漠などの乾燥地帯に分布している塊根植物です。「砂漠のバラ」という別名は、砂漠で美しい花を咲かせることが由来とされています。夏に鮮やかなディープピンクと白のグラデーションの華やかな花を咲かせます。種類によっては白い花が咲くアデニウムもあります。

▼アデニウムの詳しい育て方

アデニウム(砂漠のバラ)

  • アデニウム(砂漠のバラ)は主に砂漠などの乾燥地帯に分布している植物で、根や幹に水分を多く蓄えることができる塊根植物の一種です。アデニウムの別名である「砂漠のバラ」は、アデニウムが砂漠に生えていることと、開花期に咲かせる花がまるでバラのように美しいことが由来とされています。日本では主にタイなどで繁殖された株が出回っており、斑入りのアデニウム(砂漠のバラ)なども園芸店で販売されることもあります。また、実生で繁殖されていることも多く、個体差があり同じ品種でも見た目の違いでコレクションをする楽しみもあります。

 

グラキリス

グラキリスの花

マダガスカルが自生地のグラキリス。キョウチクトウ科パキポディウム属の塊根植物です。

 

グラキリスの花

どっしりとした株から、ひょろりと花芽が出てきては、シンプルで鮮やかな黄色い花が咲きます。

この花はグラキリスだけではなく「恵比寿大黒」などパキポディウム属の植物でも楽しむことができますが「バロニー」「ウィンゾリー」は赤花が咲きます。

▼グラキリスの詳しい育て方

パキポディウム・グラキリス

  • 「パキポディウム・グラキリス」は塊根植物の一種。夏が生長期の塊根植物です。ボール状の幹から細い枝が分かれ先端に葉を付かせます。乾燥と日光を好み、夏は屋外でも育てられます。冬は休眠期のため葉を落とします。冬の寒さには弱いため注意が必要です。

 

ユーフォルビア

ユーフォルビアはトウダイグサ科ユーフォルビア属の植物です。塊根植物や、サボテンのような見た目をしたものなど、とにかく種類が多いです。黄色、白、赤、ベージュなど花色のバリエーションも豊富です。

 

オベサの花

花はどれも控えめな印象です。オベサの中央にご注目ください。小さいですが、花です。「え、これが花?」と言いたくなるかもしれません。

 

ユーフォルビア ホリダの花

ユーフォルビア・ホリダの花は、目が出ているみたいです。

 

ユーフォルビアの花

ユーフォルビア・ゴルゴニスの花は可愛らしい黄色の花が咲きます。

▼ユーフォルビア・オベサの詳しい育て方

ユーフォルビア・オベサ

  • ユーフォルビア・オベサはサボテンの様に見えますが、実はユーフォルビア属に分類される多肉植物です。ユーフォルビア属は種類がとても多く、中でも多肉質な構造をしたものを多肉系ユーフォルビアと言い表すことがあります。サボテンとユーフォルビアの違いは、見た目ではトゲの付け根にあるアレオーレ(刺座)と呼ばれる毛のようなものがあるか無いかです。サボテンは文字通りトゲですが、ユーフォルビアの場合は花茎が残ったものになります。 また、株を傷つけた際にユーフォルビアは特有の乳液を出します。この乳液は触れるとべた付き感があり、体質によっては皮膚が荒れることがあるため注意が必要です。ユーフォルビア属の中にはこの乳液を矢じりに塗り、狩りの際に毒矢として使っていたもの(矢毒キリン)などがあるため、植え替えの時などはゴム手袋などで防御をすると効果的です。オベサに関してはそこまで強い毒性は無く、過剰に心配する必要はありませんが、ペットや乳幼児が口に入れないように注意しましょう。また、皮膚に付いた場合はすぐに洗い流し、必要と判断した場合は医療機関へ相談することをお勧めします。 ※以後の育て方はあくまで筆者の一例です。

▼ユーフォルビア・白角キリンの詳しい育て方

ユーフォルビア・レシニフェラ(白角キリン)

  • レシニフェラは地味な見た目をした多肉系ユーフォルビアです。トゲも短く色も緑色と特に特徴という特徴のないレシニフェラですが、実は見た目では分からない特徴があります。ユーフォルビアは樹液が有毒なものが多く、レシニフェラも例に漏れず有毒の樹液を持っています。そしてその樹液が最大のポイントで、レシニフェラトキシンという物質を含んでいます。純粋なレシニフェラトキシンは自然界に存在するもので最も辛い物質と言われており、160億スコヴィルという鷹の爪(約5,000スコヴィル)の32万倍の辛さに匹敵します。 ただしこれはあくまで純粋なレシニフェラトキシンの話であって、レシニフェラの樹液自体のスコヴィル値ではないのですが、割と高濃度でレシニフェラトキシンが含まれているという話もありますので、素手で触るのは避けた方が無難でしょう。 また、マカレンシス(Euphorbia makallensis)に類似していますが、レシニフェラとマカレンシスではトゲの付け根の形状が違うため、比較的容易に判別できるかと思います。枝の真ん中に線が入っているかいないかでも判別可能ですので、迷ったときは合わせてご確認ください。枝に線が入っていない方がレシニフェラで、入っている方がマカレンシスです。 ※1スコヴィル=辛さの単位。 ※2下記の育て方はあくまで筆者の一例です。

 

サンスベリア

サンスベリアの花

観葉植物としても人気のサンスベリア。キジカクシ科(リュウゼツラン科)の植物です。サンスベリアも花が咲きます。写真はタイで見つけたサンスベリア。クリーム色っぽい花が集まって咲きます。

主な原産地はアフリカで、乾燥に強く肉厚な葉をしていることから多肉植物としても扱われています。

▼サンスベリアの詳しい育て方

 

アガベ

アガベの花

アガベはキジカクシ科の多肉植物で、メキシコを中心にアメリカ大陸全体に分布しています。ギザギザした鋭い「鋸歯(きょし)」で葉を縁取られている種類や、黄色や白の斑が入ったものなどがあります。

 

写真はアガベ・コロラータ。花の茎は太く、しっかりとしていました。

親株は花が咲くと枯れてしまいますが、花の後には種ができることもあります。枯れてしまっても新たな姿に生まれ変わるということですね。

▼アガベの詳しい育て方

アガベ(リュウゼツラン)

  • メキシコを中心にアメリカ大陸全体に分布している多肉植物です。その品種は300種類以上もあると言われています。先の尖った葉がロゼット状に広がります。直径5cm程度の小さなものから5mを超すような大きなものまでサイズも様々です。耐寒性があり品種によっては屋外で越冬可能です。開花までに10年から数十年かかるのも特徴で、花を咲かせた後に親株は枯死してしまいます。酒のテキーラはアガベ・テキラーナ(Agave tequilana)という種類の樹液を原材料として作られており、テキーラの生産地では多くのアガベ・テキラーナが栽培されています。

目次に戻る≫

冬型の多肉植物の花

ユニークな見た目のメセンとかっこいい塊根植物の花に注目。

コノフィツム

コノフィツムの花

ふっくらまん丸の丸型、鞍型に、足袋のようなシルエットをした足袋型があるコノフィツム。そのままでもかわいらしい見た目をしていますが、その花もまたかわいいんです。

 

コノフィツムの花 ピンク

菊の花に似た花で、黄色、ピンク、白色などがあります。夜咲きの種類もあるので、お見逃しないように。

▼コノフィツムの詳しい育て方

コノフィツム(メセン)

  • コノフィツムとは、多肉植物の総称、メセン(女仙)の代表的な属の一つです。個性的で特異な容姿と興味深い生長過程もあり愛好家が多い種類です。 メセン(女仙)の由来は、サボテン(仙人掌)が男らしさあふれる植物に対して、メセンはつるつるしていて様々な模様を装い、女性のような仙人掌に似た植物という意味から名がついたと言われています。 コノフィツムは南アフリカやナミビア原産のハマミズナ科コノフィツム属の多肉植物です。現地では岩砂漠地帯で生活しています。茎と葉が一体化しているのは、動物の食害を避けるために現地の環境に擬態していることからです。足袋のような姿の足袋型、丸い丸型、鞍型などで分けれます。秋に菊に似た花を咲かせます。花色は黄色、ピンク、オレンジ、白などがあります。 生長期は冬で、春以降に休眠します。表皮がカサカサになり秋頃に皮を破り、中から新芽が出てきます。

 

リトープス

リトープスの花

石のような不思議な見た目のリトープス。上部には「天窓」と呼ばれる部分から中に光を取り込んで光合成をしています。一年に一回春先に脱皮しながら少しずつ大きく生長していきます。中心の割れ目から花芽が出て開花します。黄色、白、ピンクの花が咲きます。

リトープス

  • リトープスとは、多肉植物の総称、メセン(女仙)の代表的な属の一つです。個性的で特異な容姿と興味深い生長過程もあり愛好家が多い種類です。 メセン(女仙)の由来は、サボテン(仙人掌)が男らしさあふれる植物に対して、メセンはつるつるしていて様々な模様を装い、女性のような仙人掌に似た植物という意味から名がついたと言われています。 現地のリトープスは、岩砂漠地帯で自生しています。茎と葉が一体化となり、動物の食害を避けるために現地の環境に擬態していることからです。 石のようなリトープスには「天窓」があり、光を当ててみると透き通っています。この「天窓」だけを上面に出して、中に光を取り込んで光合成をしています。また、一年に一回春先に脱皮しながら少しずつ大きく生長していきます。生長過程が面白いので観察しがいがあるのも魅力のひとつです。 ユニークな姿だけでなく花も魅力的な植物で、真ん中の割れ目から開花します。色も数種類あり、可愛らしい花が咲きます。

 

目次に戻る≫

モンソニア

サルコカウロンの花

フウロソウ科モンソニア属の冬型の塊根植物です。モンソニアは以前は「サルコカウロン属」で分類されていました。南アフリカに自生し、薄紙のような柔らかな花びらの花が咲きます。色は白、ピンク、淡い黄色の花を楽しめます。鋭いトゲがある株に甘い雰囲気の花というギャップもまたグッとくるはず。

▼モンソニアの詳しい育て方

モンソニア・ヘレー(竜骨城)

  • 「モンソニア・ヘレー」は、フウロソウ科モンソニア(旧サルコカウロン)属の塊根植物です。和名は「竜骨城(りゅうこつじょう)」といい、地面を這う蛇のような幹は鋭いトゲに覆われ、その合間に緑のサンゴのような葉が付くという、一度見たら忘れられないユニークな姿をしています。涼しい時期に生長する種で、夏に落葉・休眠し涼しくなる秋から葉が芽吹きます。春には繊細な白い花を咲かせます。年間を通して乾燥を好むため、生育期でも水の与えすぎに注意しましょう。生長は非常に遅く、盆栽風にも楽しめる植物です。

 

目次に戻る≫

花が咲いた後はどうする?

エケベリアの花

種類ごとに対処は異なります。アガベやアエオニウムのように花が咲いた後に枯れてしまうこともあります。

多肉植物も交配することで種ができることがあります。種取りをしたい場合はそのまま花を残しますが、特にそうでない場合は早めにカットするほうが体力消耗を防げます。カットすると決めたらなるべく満開になる前に行ってください。エケベリアの花は生けて楽しむことができました。

ユーフォルビアのように花茎が短いものはそのままで。無理に花を取ろうとすると株を傷めることもあります。花キリンは花茎がベタつくので気になる方はグローブやピンセットを使って花をカットしてください。

切った後の茎は乾燥するとスルッと抜けますので無理して引っこ抜くようなことはしないように。

 

コノフィツムの花

コノフィツムやリトープスは、終わった花をそのままにしておくと株にシミついくことがあります。早めに花がらつみをしてください。

多肉植物の花は他に咲く種類はあります。育てるからもそ楽しめる多肉植物の花。ぜひご自身の目で感じてみては。

目次に戻る≫

 

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【生育型別】花が咲く多肉植物12選 どんな花、咲いた後は?  」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『多肉植物・サボテン』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス