春を包もう、お庭のお花で手作りミニブーケの作り方と生け方

峰亜由美

峰亜由美

公開日 :

春一番が吹く季節、どこからともなく甘いお花の香りが運ばれてきたり、日差しも明るい芽吹きの季節、植物達は蕾を咲かせて目を覚ましはじめます。お庭やプランターの植物達も可愛い新芽を見せはじめ、花々も春の陽気の中、明るく咲き始めますね。今回は春に咲く草花で作る、ギュッとかわいいブーケの作り方と徒長したビオラの剪定と生け方をご紹介致します。

目次

お庭のお花でミニブーケを作ろう

お庭の草花を摘んでみよう

お庭の草花を束ねてみよう

完成したミニブーケを包んでみよう

お庭のビオラを摘んで生けてみよう

お庭に植えたいブーケに入れると素敵な草花のご紹介

お庭のお花を摘んで花束を作ろう

春になるとお庭やプランターに植えた植物達が芽を出して、かわいい花々を咲かせます。  新芽ならではの色合いや、蕾のかわいらしさは、お庭やプランターでしか見られない愛おしい姿です。  新緑も溢れる様に芽吹き、明るいグリーンと爽やかな風に急かされる様に心も弾みます。  気持ちの春の陽気に誘われるように、ガーデンパーティやご自宅に招かれてのティーパーティーも多くなってきませんか?  そんな時のお土産に、手作りのブーケはいかがでしょうか?ホッコリ優しい気持ちと一緒に、お庭に咲いた小さな花々をギュッとブーケにつめこんで季節のプレゼントにするのも素敵ですね。  春を楽しみながら、かわいいお花達にふれてみましょう。

春になるとお庭やプランターに植えた植物達が芽を出して、かわいい花々を咲かせます。新芽ならではの色合いや、蕾のかわいらしさは、お庭やプランターでしか見られない愛おしい姿です。

新緑も溢れる様に芽吹き、明るいグリーンと爽やかな風に急かされる様に心も弾みます。気持ちのいい春の陽気に誘われるように、ガーデンパーティやご自宅に招かれてのティーパーティーも多くなってきませんか?

そんな時のお土産に、手作りのブーケはいかがでしょう?ホッコリ優しい気持ちと一緒に、お庭に咲いた小さな花々をギュッとブーケにつめこんで季節のプレゼントにするのも素敵ですね。

春を楽しみながら、かわいいお花達にふれてみましょう。

目次に戻る≫

お庭の草花を摘んでみよう

1.花を摘んでみましょう。  花はお庭を見渡して入れたいお花を選びましょう。  お花の選び方ですが、お庭にあるお花ならどんなお花でもかわいいブーケに仕上がります。  マスフラワー(面の大きな花)とフィラフラワー(小さなお花が集まる様に咲いている花)を合わると、よりバランス良く仕上がると思いますが、無い場合でも一緒に合わせるグリーンを花の形に合わせて小さな葉の物を合わせたり、大きめの葉の物を合わせたりすると全体が整ってきます。  背丈の低いお花しかなくても、大丈夫です。掌の中で包めるほどの小さなブーケもまた素敵です。  お水が入ったグラスなどを用意して、どのお花も摘んだらすぐにお水に入れるようにしましょう。

1.花を摘んでみましょう。

花はお庭を見渡して入れたいお花を選びましょう。

お花の選び方ですが、お庭にあるお花ならどんなお花でもかわいいブーケに仕上がります。

マスフラワー(面の大きな花)とフィラフラワー(小さなお花が集まる様に咲いている花)を合わると、よりバランス良く仕上がると思いますが、無い場合でも一緒に合わせるグリーンを花の形に合わせて小さな葉の物を合わせたり、大きめの葉の物を合わせたりすると全体が整ってきます。

背丈の低いお花しかなくても、大丈夫です。掌の中で包めるほどの小さなブーケもまた素敵です。

お水が入ったグラスなどを用意して、どのお花も摘んだらすぐにお水に入れるようにしましょう。

2.花に合わせてグリーンを摘みます。

ハーブ等、ミントの葉やゼラニウムの葉、ユーカリ、ミモザの葉など、葉の色や形が少し違う種類を集めると、色々な花に合わせやすく、草花のふわっと優しい雰囲気に仕上がります。

3.花に水を吸わせます。

摘んだお花は、葉が水につかると腐りやすくなる為、水につかる部分の葉を落とします。

葉をおとしたら、新聞紙や包装紙を花の丈に合わせて準備で軽くまいて30分程、吸水させて下さい。

目次に戻る≫

お庭の草花を束ねてみよう

1. 花を種類別にならべる。  2.マッスフラワー(面の広いお花)を手にもちます。その周りにフィラフラワー(細かい花が集まる様に咲いているお花)  又は細かい葉のグリーンを合わせます。  3.その後、最初に持った花を中心に周りに好みで花を合わせてみましょう。  4.花を合わせたら、花の丈を切り揃えて、麻紐で花束を作っているときに手で持っていた支点の部分をしばります。

1. 花を種類別にならべる。

2.マッスフラワー(面の広いお花)を手にもちます。その周りにフィラフラワー(細かい花が集まる様に咲いているお花)又は細かい葉のグリーンを合わせます。

3.最初に持った花を中心に周りに好みで花を合わせてみましょう。

4.花を合わせたら、花の丈を切り揃えて、麻紐で花束を作っているときに手で持っていた支点の部分をしばります。

目次に戻る≫

完成したブーケを包んでみよう

1.準備するもの  ・ワックスペーパー(花束の丈に対して縦1.5倍×幅2倍の大きさのもの) ・アルミホイル(茎の1/3が隠れる大きさ) ・キッチンペーパー ・リボン又は麻紐  2.準備したキッチンペーパーを、花束の茎に巻き、お水を吸わせます。  3.茎に巻いたキッチンペーパーを包むようにお水が外に漏れないようにアルミホイルを巻きます。  4.ワックスペーパーでお花を包みます。  ・ワックスペーパーをテーブルの上に広げます。 ・ワックスペーパーの中央にブーケを上から2cm程下に下げて置きます。上を2cmあけるのは花がワックスペーパーの内側に花が収まる様に保護するために下げます。 ・ワックスペーパー下の部分をアルミホイルが隠れる位置までブーケとは垂直に折り曲げます。 ・ワックスペーパーの両端を中央に向かって丸くブーケに沿わすように包みこみます。 ・麻紐をとめたあたりで、ワックスペーパーをしぼってリボン又は麻紐で結びます。

1.準備するもの

・ワックスペーパー(花束の丈に対して縦1.5倍×幅2倍の大きさのもの)
・アルミホイル(茎の1/3が隠れる大きさ)
・キッチンペーパー
・リボン又は麻紐

2.準備したキッチンペーパーを、花束の茎に巻き、お水を吸わせます。

3.茎に巻いたキッチンペーパーを包むようにお水が外に漏れないようにアルミホイルを巻きます。

4.ワックスペーパーでお花を包みます。

・ワックスペーパーをテーブルの上に広げます。
・ワックスペーパーの中央にブーケを上から2cm程下に下げて置きます。上を2cmあけるのは花がワックスペーパーの内側に花が収まる様に保護するために下げます。
・ワックスペーパー下の部分をアルミホイルが隠れる位置までブーケとは垂直に折り曲げます。
・ワックスペーパーの両端を中央に向かって丸くブーケに沿わすように包みこみます。
・麻紐をとめたあたりで、ワックスペーパーをしぼってリボン又は麻紐で結びます。

ガーデンのお花を集めたブーケ

LOVEGREEN編集部のバルコニーで育てているお花を集めたブーケ。

目次に戻る

お庭のビオラを摘んで生けてみよう

お庭で育てたビオラの花が徒長してきたら剪定して生けてみましょう。

お庭で育てたビオラの花が徒長してきたら剪定して生けてみましょう。

 

冬に植えた苗は暖かい季節になってくると少しずつ、茎が伸びてしまい徒長してきます。  生長期を迎える、春の始まりから次々と花芽を出し始めますので、伸びてしまった枝はカットします。

冬に植えた苗は暖かい季節になってくると少しずつ、茎が伸びてしまい徒長してきます。

生長期を迎える、春の始まりから次々と花芽を出し始めますので、伸びてしまった枝はカットします。

 

カットしたビオラを花器に生けてみましょう。

カットしたビオラを花器に生けてみましょう。

 

カットしたビオラは短い為、ガラスのお皿に植えてみます。

カットしたビオラは短い為、ガラスのお皿に生けてみます。

 

ビオラはガラスの器に水を入れて添わす様に、一本ずつ生けていきます。器いっぱいにビオラを寄り添わす様に生けてみましょう。色々な方向に向いても自然でかわいらしいと思います。

ビオラはガラスの器に水を入れて添わす様に、一本ずつ生けていきます。器いっぱいにビオラを寄り添わす様に生けてみましょう。色々な方向に向いても自然でかわいらしいと思います。

 

器いっぱいに生けたら出来上がりです。テーブルの上に小さなお花畑を飾ったみたいに、お部屋に春を運べます。

器いっぱいに生けたら出来上がりです。テーブルの上に小さなお花畑を飾ったみたいに、お部屋に春を運べます。

目次に戻る≫

お庭に植えたいブーケに入れると素敵な草花をご紹介

パンジー

スミレ科スミレ属

パンジー

  • パンジーは春に咲く一年草。最近ではパンジーの流通は10月ごろから始まるため、上手に育てれば半年以上も開花しています。寄せ植え、花壇など、いろいろな用途で春の園芸には欠かせない草花のひとつです。

    パンジーはビオラと間違われることが多いですが、見た目の大きさで判断出来ます。パンジーは花が小輪から大輪まで。小輪は4cm~5cm、中輪は5cm~7cm、大輪は7cm~10cm。10cm以上のものも存在します。

    現在は品種改良が進み、何百種ものパンジーが存在していて、毎年新品種が出ています。色合いも豊富ですが、咲き方もフリル咲きなど、変わったパンジーも流通するようになりました。

 

ビオラ

スミレ科スミレ属

ビオラ

  • ビオラは開花期間がとても長く適切な手入れをすれば、次々と花が咲くので、初心者が大変育てやすい植物です。品種が豊富で、原色に近い黄色、鮮やかなオレンジ、薄い青から濃い紫、赤、白、黒等。単色の他、複色もあり、その数は数えきれません。毎年新品種が作りだされています。花の大きさは大まかに分けて2種類あります。花径は小輪で2~3cm、中輪で3~4cm。パンジーと比べて小ぶりなのがその特徴です。

 

ミモザ

マメ科オジギソウ属

ミモザ(ギンヨウアカシア)

  • 「ミモザ」とはアカシア属のなかでも、黄色の房状の花を咲かせる種類の俗称です。

    中でもギンヨウアカシアはミモザとして、人気の庭木です。常緑高木で、名前の通りの銀葉が一年中楽しめます。鳥の羽のように軽やかで銀色がかったグリーンの葉と、春先に咲く明るい黄色の花のコントラストが美しい樹木です。

    3/8は国際女性デーといって、女性の政治的自由と平等を訴える日として国連が制定しています。この日はイタリアでは「女性の日」とされ、女性への日頃の感謝を込めて、男性から女性へミモザ(ギンヨウアカシア)の花を贈る習慣があります。

 

ノースポール

キク科フランスキク属

ノースポール

  • 見た目はマーガレットのような花をつけるノースポール。同じキク科なので間違えてしまうのも無理はありませんが、マーガレットはモクシュンギク属でノースポールはフランスギク属です。花の大きさは直径にすると5cm未満の花が多いです。平均して直径3cm~5cmの花をつけます。中心が黄色、花弁が白。薄ボケた黄色と白ではなく、はっきりとした濃い色の黄色と白の花をつけます。特徴的なのは花だけではありません。その葉も特徴的です。葉丈は20cm前後まで成長し、四方に葉を茂らせます。葉は丸みを帯びた形状ではなく、ギザギザとしたのこぎりのような形を成します。

 

アゲラタム

キク科アゲラタム属

アゲラタム(カッコウアザミ)

  • さわやかな青や紫を中心に、アザミに似たつつましく、1~1.5㎝程の可憐な花を咲かせる熱帯アメリカ原産の、非耐寒性の多年草です。日本では冬越しできないため1年草として扱います。 花期が長く、花つきもよいので花壇から切り花として飾ったり、使い勝手のよさが特長です。青系の花でこれほど花期が長いものはアゲラタムだけでしょう。矮性種と高性種の二系統があり、特に高性種は切り花向き。寄せ植えや前景としても活躍します。 真夏以降は開花ペースが落ち、花色もやや鮮やかさが無くなるので、よりきれいに咲かせたい場合は開花を秋に合わせます。 英名は「プッシーフット」。激しく自己主張せず咲き続ける姿は、まさに忍び足(プッシーフット)ですね。

 

イベリス

アブラナ科マガリハナ属

イベリス

  • イベリスの開花期は春、たくさんの小花を咲かせるアブラナ科の草花です。イベリスは一年草と多年草の品種があり、花丈も60cm前後くらいになるもの、グランドカバーなどの用途に使える丈の低い品種と多様です。イベリスの花色は白の他、ピンク系や紫系もあります。花丈が高くなる一年草のイベリス・ウンベラータ(別名キャンディタフト)は、切り花としても流通しています。

 

ホワイトセージ

ホワイトセージ

  • ホワイトセージは正式名称がサルビア・アピアナで高さ1.5mほどになる常緑の低木です。アメリカのカリフォルニア州南西部に分布しており、茎や葉など全体が白っぽく見えることからホワイトセージと呼ばれています。葉は長さ15センチほどの楕円形で両面に細かな毛が生えています。葉には油分を含み、こするとセージの香りを一層強くしたような芳香があります。1mほど花茎をのばした先端に春に咲く花は白から淡いラベンダー色になり、ミツバチにとっての蜜源植物でもあります。特にネイティブアメリカンの生活に利用される機会が多く、宗教儀式の香として焚いたり薬草として葉を食べたり煙をかぶったり、また食用にも用いられています。

 

アイビー

ウコギ科キヅタ属

アイビー(ヘデラ)

  • アイビー(ヘデラ)はウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物です。

    葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。

    アイビー(ヘデラ)は性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。

    また、地面に植えたアイビー(ヘデラ)は家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。

    アイビー(ヘデラ)は水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。

    アイビー(ヘデラ)は耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

目次に戻る≫

 

▼編集部のおすすめ

アゲラタム(カッコウアザミ)

  • さわやかな青や紫を中心に、アザミに似たつつましく、1~1.5㎝程の可憐な花を咲かせる熱帯アメリカ原産の、非耐寒性の多年草です。日本では冬越しできないため1年草として扱います。 花期が長く、花つきもよいので花壇から切り花として飾ったり、使い勝手のよさが特長です。青系の花でこれほど花期が長いものはアゲラタムだけでしょう。矮性種と高性種の二系統があり、特に高性種は切り花向き。寄せ植えや前景としても活躍します。 真夏以降は開花ペースが落ち、花色もやや鮮やかさが無くなるので、よりきれいに咲かせたい場合は開花を秋に合わせます。 英名は「プッシーフット」。激しく自己主張せず咲き続ける姿は、まさに忍び足(プッシーフット)ですね。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS 10%OFFキャンペーン実施中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「春を包もう、お庭のお花で手作りミニブーケの作り方と生け方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

峰亜由美
峰亜由美

幼少の頃から植物に詳しい両親に育てられ自然と植物や昆虫に興味を持つ環境で育った私は自然に花の世界で仕事をするようになっていました。現在は各地にてワークショップを開いたりイベントなどで移動花屋を開いたり、帽子作家さんとドライフラワーを使ったコサージュ展や陶芸家さんとの2人展等、幅広く花に携わるお仕事をしています。自宅では野菜を作ったりガーデニングをしたり植物三昧な日々です。何よりお花と共に過ごして思う事はお花のある場所ではたくさんの笑顔に出会える事が幸せです。植物と共に暮らす素敵さをお伝えして行きたいと思っています。

おすすめ