植えっぱなしで毎年開花!庭や花壇におすすめの宿根草(多年草)37選

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

11.ルドベキア

丈夫で放任でもよく育つルドベキア。最近は写真のようなシックな色みの新種も登場しています。また、花の咲き方も一重の他、八重咲など多様になってきました。

開花時期6月~10月

丈夫で放任でもよく育つルドベキア。最近は写真のようなシックな色みの新種も登場しています。また花の咲き方も一重の他、八重咲など多様になってきました。

ルドベキア

  • ルドベキアはキク科の丈夫な一・二年草、または多年草で草丈40~150cmになり、直径4~5センチの花を次々と咲かせます。ルドベキアの花期は6月ごろから始まって8~10月ごろに最盛期を迎えます。ルドベキアは別名マツカサギクと呼ばれ、花が終わると花芯が円柱状に伸びてまるで松かさのように見えることから名づけられました。近年、品種改良がおこなわれ、通常の一重咲きのほかに蛇の目咲きや二重咲き、八重咲きがあるほか花色も黄色だけでなく橙色や褐色などがあります。花壇ではヒルタ種が多く使われ、グラウンドカバーにはフルギダ種が使われることが多いです。いずれも丈夫で育てやすく花期も長いので群植すると見ごたえがあります。

 

12.ガウラ

蝶のような花をたくさん咲かせるガウラ。初夏から秋まで暑さに強く、夏の暑さにも負けずよく咲きます。丈のある花なので地植えにすると見事ですが、コンテナでも育てられます。

開花時期4月~10月

蝶のような花をたくさん咲かせるガウラ。初夏から秋まで暑さに強く、夏の暑さにも負けずよく咲きます。丈のある花なので地植えにすると見事ですが、コンテナでも育てられます。

ガウラ(ハクチョウソウ)

  • ガウラは伸ばした茎の先端に約1.5cmのとても小さな花を咲かせます。ガウラの花は白色が多く、花弁の枚数が4枚で、長い雄しべが目立ちます。これらの特徴から「ハクチョウソウ(白蝶草)」とも呼ばれています。また花色から「ヤマモモソウ」という別名もあります。花は咲いてから3日ほどで散ってしまいますが、春から秋の長い期間、次から次に花を咲かせていくため、長い間観賞することができます。花数が減ってきたら、思い切って半分くらいまで切り戻すと、また開花するようになります。草丈は50~150㎝と背の高い花ですが、近年では品種改良により草丈が低めの品種もあります。耐寒性、耐暑性共に強く、日本全国で栽培可能な植物です。放任でも長い期間花を咲かせる宿根草です。

 

13.宿根フロックス

宿根フロックスは品種によっては春に咲く品種と夏に咲く品種があります。写真は夏に咲く宿根フロックスで高性タイプの宿根草です。年々大株になって見事になります。宿根フロックスは切り花としても出回っています。

開花時期6月~10月

宿根フロックスは品種によっては春に咲く品種と夏に咲く品種があります。写真は夏に咲く宿根フロックスで高性タイプの宿根草です。年々大株になって見事になります。宿根フロックスは切り花としても出回っています。

宿根フロックス

  • 宿根フロックスは、開花期間の長い夏の宿根草です。品種によって、花丈にかなり違いがありますが、高さのある品種は、1メートルを超えるものもあり、群生させると見事です。暑さ、寒さにも強く、性質も丈夫、暑い夏でも休みなく咲きます。年々、新品種が出て、色のバリエーションも増え、最近は複色系の色合いの品種もあります。

 

14.宿根バーベナ

宿根バーベナは這性で丈の低いもの、高性で1m以上の丈になるものなど、品種によって花丈がかなり違います。とても丈夫で植えっぱなしでよく育つ宿根草です。

開花時期6月~10月

宿根バーベナは這性で丈の低いもの、高性で1m以上の丈になるものなど、品種によって花丈がかなり違います。とても丈夫で植えっぱなしでよく育つ宿根草です。

 

15.ユーフォルビア

ユーフォルビアは数千の種類がある植物ですが、耐寒性のある宿根草のユーフォルビアは、春から初夏の花の時期以外はカラーリーフとして楽しめる植えっぱなしにできる丈夫な宿根草です。

開花時期 4月~5月

ユーフォルビアは数千の種類がある植物ですが、耐寒性のある宿根草のユーフォルビアは、春から初夏の花の時期以外はカラーリーフとして楽しめる植えっぱなしにできる丈夫な宿根草です。

 

種類によって花や葉の色、形、花丈などが多様です。フォルムがユニークなので目を引く存在になります。

種類によって花や葉の色、形、花丈などが多様です。フォルムがユニークなので目を引く存在になります。

 

 

16.ランタナ

ランタナはクマツヅラ科の常緑低木。暖かい地域では冬越しも可能で低木になっていきます。ランタナは、次々とわき芽を増やし、横に広がって生長していきます。暑さに強く真夏も休むことなく花が開花し、咲き進むたびに花色が一色だけではなく、グラデーションのような花色が楽しめます。とてもたくさんの花が楽しめる反面、ランタナは「要注意外来生物リスト」(環境省)に登録されるほど、他の植物を一掃してしまうくらい強い生命力を持っています。花が終わった後の花がら摘みをまめにすることが大切です。

開花時期5月~10月

ランタナは暑さに強く真夏も休むことなく花が開花し、咲き進むたびに花色が一色だけではなく、グラデーションのような花色が楽しめます。とてもたくさんの花が楽しめる反面、「要注意外来生物リスト」(環境省)に登録され、他の植物を一掃してしまうくらい強い生命力を持っています。花が終わった後の花がら摘みをまめにすることが大切です。

 

17.ハイブリッドジギタリス

ハイブリッドジギタリスは、ジギタリスとイソフレクシスを交配して作られた新しいタイプの宿根草のジギタリスです。もともとのジギタリスより耐暑性にすぐれ強健、花色の発色がとてもよいのが特徴です。ジギタリスは、東京だと5月~6月が開花時期ですが、ハイブリッドジギタリスは6月~11月と、開花期間が長く、花茎が分枝する性質に優れているので、1株でたくさんの花を立ち上げます。色はピンク系や赤系の複色カラーで、今後新しい色合いのものも続々出てくるのでは。年々、暑くなる日本の夏、耐暑性があって、開花期間が長い花は嬉しいですね。

開花時期6月~11月

ハイブリッドジギタリスはジギタリスとイソフレクシスを交配して作られた新しいタイプの宿根草のジギタリスです。もともとのジギタリスより耐暑性にすぐれ強健、花色の発色がとてもよいのが特徴です。ジギタリスは東京だと5月~6月が開花時期ですが、ハイブリッドジギタリスは6月~11月と開花期間が長く、花茎が分枝する性質に優れているので1株でたくさんの花を立ち上げます。

 

18.キキョウ

キキョウは夏に花を咲かせる宿根草。秋の七草で知られ秋の花のイメージが強いキキョウですが、真夏の暑い時期でも涼しげに咲き続ける丈夫な花です。

開花時期 6月~10月

キキョウは夏に花を咲かせる宿根草。秋の七草で知られ秋の花のイメージが強いキキョウですが、真夏の暑い時期でも涼しげに咲き続ける丈夫な花です。

 

19.オダマキ

オダマキはうつむくような花姿がかわいい春に咲く宿根草です。園芸種としてたくさんのオダマキが出回っています。花の色や咲き方、背丈などバリエーションが豊富なので選ぶ楽しみがあります。

開花時期4~7月

オダマキはうつむくような花姿がかわいい春に咲く宿根草です。園芸種としてたくさんのオダマキが出回っています。花の色や咲き方、背丈などバリエーションが豊富なので選ぶ楽しみがあります。

オダマキ(苧環)

  • オダマキ属は北半球の温帯に分布する宿根草で日本にも数種自生しています。オダマキは交配が盛んで、たくさんの園芸品種が存在しています。ここではセイヨウオダマキを含む、オダマキ属について紹介しています。

    オダマキは古くから栽培されている多年草で、春から初夏に独特の形の花を俯くように咲かせます。日本に昔から自生するミヤマオダマキは本州中部の高山地帯から北部に分布し、直径3cmほどの青紫色で花弁の先が白色を帯びた花をつけます。同じく日本在来種のヤマオダマキは北海道から九州の山野に自生します。セイヨウオダマキと呼ばれている品種は北ヨーロッパ原産のオダマキの交配種で、花色も紫の他にピンク、白、黄色など花色が豊富です。咲き方も一重咲きから八重咲きや、茎の先に複数輪花を咲かせるタイプまでバリエーション豊富です。

 

20.アニソドンテア・マルバストロイデス

ムクゲやフヨウを小さくしたような草花、アニソドンテア・マルバストロイデスの一番特筆すべき特徴としては花の期間がとても長いことです。その年の気象にもよりますが、半年以上連続して開花することもあります。真夏にも真冬にも花が咲く珍しいタイプの花木です。  分類的には花木ですが草花のような雰囲気で、剪定次第で低めに育てることもできます。繊細な見た目と違って性質はとても丈夫で、耐寒性、耐暑性ともにあります。

開花時期 通年

ムクゲやフヨウを小さくしたような草花、アニソドンテア・マルバストロイデスの一番特筆すべき特徴としては花の期間がとても長いことです。その年の気象にもよりますが、半年以上連続して開花することもあります。真夏にも真冬にも花が咲く珍しいタイプの花木です。

分類的には花木ですが草花のような雰囲気で、剪定次第で低めに育てることもできます。繊細な見た目と違って性質はとても丈夫で、耐寒性、耐暑性ともにあります。

目次に戻る≫

 

 

続きを読む

Pages: 1 2 3 4
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「植えっぱなしで毎年開花!庭や花壇におすすめの宿根草(多年草)37選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ