12月の寄せ植えに使いたい花10選

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

12月の寄せ植えに使いたいメインの花と小花、カラーリーフをご紹介!12月は寒さが本格的になり、寄せ植えに使える花の種類は少なくなりますが、ガーデンシクラメン、パンジー・ビオラなどの冬の定番苗の様々な品種が揃う嬉しい月でもあります。クリスマスをイメージした寄せ植えもおすすめです。12月の寄せ植えづくりのポイントや管理方法についてもお話しします。

目次

12月の寄せ植えづくりのポイント

12月はいよいよ寒くなり、これから咲く花の種類は少なくなっていくシーズンと言えます。でも、12月に入ると園芸店には冬の間も美しく咲くガーデンシクラメン、パンジー・ビオラ、スイートアリッサム、ハボタン、ストックなどの冬のガーデニングの定番花苗の様々な色や形の品種がそろうので、花苗売り場は華やかで苗選びのワクワク感は変わらないのではないでしょうか。  クリスマスの雰囲気は、赤と緑に雪をイメージした白をプラスして苗を合わせるとあっという間にできます。真っ白な花とシルバーリーフで上品なホワイトクリスマスを演出しても素敵ですね。  クリスマスツリーとなるコニファーやモミの木の株元に草花を植える寄せ植えもおすすめです。置く場所によってコニファーのサイズを変えたら、小さなものから大きな寄せ植えまでつくれます。玄関やお庭に飾ると一気にクリスマスムードを楽しめます。

12月はいよいよ寒くなり、これから咲く花の種類は少なくなっていくシーズンと言えます。でも、12月に入ると園芸店には冬の間も美しく咲くガーデンシクラメン、パンジー・ビオラ、スイートアリッサム、ハボタン、ストックなどの冬のガーデニングの定番花苗の様々な色や形の品種がそろうので、花苗売り場は華やかで苗選びのワクワク感は変わらないのではないでしょうか。

クリスマスの雰囲気は、赤と緑に雪をイメージした白をプラスして苗を合わせるとあっという間にできます。真っ白な花とシルバーリーフで上品なホワイトクリスマスを演出しても素敵ですね。

クリスマスツリーとなるコニファーやモミの木の株元に草花を植える寄せ植えもおすすめです。置く場所によってコニファーのサイズを変えたら、小さなものから大きな寄せ植えまで作れます。玄関やお庭に飾ると一気にクリスマスムードを楽しめます。

 

これはガーデンシクラメン、イベリス、チェッカーベリー、カルーナ、ハツユキカズラを使った、育てるタイプのクリスマスリース。リース型のバスケットに苗を植えています。リース型のバスケットは寄せ植えに比べて水が乾きやすいですが、秋冬は乾くスピードが遅いので管理も比較的簡単です。クリスマスはもちろん、お正月の雰囲気にも合うので長い期間飾れます。  定番のクリスマスカラー以外では、白のハボタンにペールトーンのビオラとシルバーリーフをちりばめてホワイトクリスマス。白のガーデンシクラメンにブルーのビオラをメインに組み合わせてホワイト×ブルーのクリスマスなど、組み合わせは好みでいくらでもバリエーションがつくれます。ぜひ、とっておきの組み合わせを見つけて12月の寄せ植えづくりをお楽しみください。

これはガーデンシクラメン、イベリス、チェッカーベリー、カルーナ、ハツユキカズラを使った、育てるタイプのクリスマスリース。リース型のバスケットに苗を植えています。リース型のバスケットは寄せ植えに比べて水が乾きやすいですが、秋冬は乾くスピードが遅いので管理も比較的簡単です。クリスマスはもちろん、お正月の雰囲気にも合うので長い期間飾れます。

定番のクリスマスカラー以外では、白のハボタンにペールトーンのビオラとシルバーリーフをちりばめてホワイトクリスマス。白のガーデンシクラメンにブルーのビオラをメインに組み合わせてホワイト×ブルーのクリスマスなど、組み合わせは好みでいくらでもバリエーションが作れます。ぜひ、とっておきの組み合わせを見つけて12月の寄せ植えづくりをお楽しみください。

▼12月におすすめの育てるリースの作り方はこちら

 

目次に戻る≫

12月の寄せ植えに使いたい花10選

それでは、12月の寄せ植えに使いたい草花を紹介していきます。  12月はクリスマスや年末のイベントで盛り上がるシーズン。12月ならではの草花を使って、家族やお客様はもちろん、道行く人の目も楽しませることができる寄せ植えがつくれたら素敵ですね。

それでは、12月の寄せ植えに使いたい草花を紹介していきます。

12月はクリスマスや年末のイベントで盛り上がるシーズン。12月ならではの草花を使って、家族やお客様はもちろん、道行く人の目も楽しませることができる寄せ植えが作れたら素敵ですね。

ガーデンシクラメン ~サクラソウ科 半耐寒性球根植物~

ガーデンシクラメンは冬に毎年育てたい花苗のひとつ。花色は赤、白、桃、紫などがあり、咲き方も一重、八重、フリル咲きなどバリエーションが豊富です。シンプルな一重咲きタイプはすっきりとした上品さが感じられます。どんな草花とも相性が良いので寄せ植えにとても使いやすいです。  シクラメンといえばお歳暮や贈答用にも用いられる室内で楽しむ鉢花の代表ですが、それに対してガーデンシクラメンは耐寒性があり、寒い冬も屋外で楽しむことができる特長があります。

ガーデンシクラメンは冬に毎年育てたい花苗のひとつ。花色は赤、白、桃、紫などがあり、咲き方も一重、八重、フリル咲きなどバリエーションが豊富です。シンプルな一重咲きタイプはすっきりとした上品さが感じられます。どんな草花とも相性が良いので寄せ植えにとても使いやすいです。

シクラメンといえばお歳暮や贈答用にも用いられる室内で楽しむ鉢花の代表ですが、それに対してガーデンシクラメンは耐寒性があり、寒い冬も屋外で楽しむことができる特長があります。

 

ガーデンシクラメンは毎年のように新しい品種が登場しています。  フリル咲きタイプはとても愛らしく、フリルの咲き方も品種によって様々あります。

ガーデンシクラメンは毎年のように新しい品種が登場しています。

フリル咲きタイプはとても愛らしく、フリルの咲き方も品種によって様々あります。

 

八重咲きで、花弁の先端がグリーンがかっている珍しい品種もあります。

八重咲きで、花弁の先端がグリーンがかっている珍しい品種もあります。

 

このように、傘咲きの花がたくさん咲く品種もあります。  ガーデンシクラメンの咲き終わった花は、茎の根元からひねるようにして抜き取ります。茎が途中で切れてしまうとそこから病気にかかることがあるので、茎は根元から取り除くことがポイントです。

このように、傘咲きの花がたくさん咲く品種もあります。

ガーデンシクラメンの咲き終わった花は、茎の根元からひねるようにして抜き取ります。茎が途中で切れてしまうとそこから病気にかかることがあるので、茎は根元から取り除くことがポイントです。

▼ガーデンシクラメンの詳しい育て方はこちら

 

▼「ガーデンセンターさにべる」の間室みどりさんに教わったガーデンシクラメンを使った寄せ植えはこちら

 

ボタン(白) ~アブラナ科 耐寒性多年草(一年草)~

ハボタンは和のイメージが強く思われるかもしれませんが、見方によってはバラのようにも見えるので洋風にアレンジすることもできます。白いハボタンを使うと清楚な雰囲気に。ホワイトクリスマスも演出できます。リース型のバスケットに植える時は、背が低めのハボタンを選ぶとバランスよく仕上がります。  ハボタンは寒い間はあまり生長しないので、密植ぎみに植えてもそのまま美しい状態が保てます。春になると背丈が伸びたり葉色も悪くなってしまうため一年草扱いされていることが多いです。

ハボタンは和のイメージが強く思われるかもしれませんが、見方によってはバラのようにも見えるので洋風にアレンジすることもできます。白いハボタンを使うと清楚な雰囲気に。ホワイトクリスマスも演出できます。リース型のバスケットに植える時は、背が低めのハボタンを選ぶとバランスよく仕上がります。

ボタンは寒い間はあまり生長しないので、密植ぎみに植えてもそのまま美しい状態が保てます。春になると背丈が伸びたり葉色も悪くなってしまうため一年草扱いされていることが多いです。

ハボタン(葉牡丹)

  • ハボタン(葉牡丹)は冬の殺風景な景色を彩るアブラナ科の植物です。ヨーロッパから輸入された当時のハボタン(葉牡丹)は食用として出回っていましたが、現在では観賞用として栽培されるのが一般的です。見た目、形はキャベツを連想させる造りになっています。キャベツからハボタン(葉牡丹)へ品種改良された為、この様な形になっていると言われています。ハボタン(葉牡丹)の葉は円形状で幾重にも重なっていて、ふちをギザギザや丸でかたどっています。色は外側が緑、内側が白もしくは紫で構成されています。牡丹のようにも見えることから「葉牡丹」と名付けられました。ハボタン(葉牡丹)の茎は種類によっては100㎝を超すものまであります。

▼ハボタンのさらなる魅力についてはこちら

 

シキミア(スキミア) ~ミカン科 耐寒性常緑低木~ 

シキミア(スキミア)は秋にぷちぷちした蕾をつけ、3月頃に小さな白い花がまとまって咲きます。蕾の期間も合わせて秋から春まで長い期間楽しめます。赤い蕾と緑色の葉の組み合わせがクリスマスカラーであることから、海外ではクリスマスシーズンの植物として人気があります。赤い蕾の他にグリーンの品種や、葉にクリーム色の縁取りが入る品種なども流通しています。

シキミア(スキミア)は秋にぷちぷちした蕾をつけ、3月頃に小さな白い花がまとまって咲きます。蕾の期間も合わせて秋から春まで長い期間楽しめます。赤い蕾と緑色の葉の組み合わせがクリスマスカラーであることから、海外ではクリスマスシーズンの植物として人気があります。赤い蕾の他にグリーンの品種や、葉にクリーム色の縁取りが入る品種なども流通しています。

スキミア

  • スキミアは、ミカン科の常緑低木です。地植えにすると1mくらいまで生長します。小さな花が集合して咲いているような咲き方で目立つ花ではありません。 生花としてとても人気がありますが、生花として出回るのは花が咲く前の赤やグリーンのつぼみの状態の時に流通しています。

 

ヘーベ ~ゴマノハグサ科 半耐寒性常緑低木~

ヘーベは様々な種類がありますが、今回紹介するヘーベはカラーリーフとして葉色も楽しめるヘーベです。  ヘーベは秋になり温度が下がるとともに葉色が変わります。緑からピンク→赤→紫に変化するものや、緑から薄茶→赤茶→こげ茶に変化するものなど、品種によって様々です。

ヘーベは様々な種類がありますが、今回紹介するヘーベはカラーリーフとして葉色も楽しめるヘーベです。

ヘーベは秋になり温度が下がるとともに葉色が変わります。緑からピンク→赤→紫に変化するものや、緑から薄茶→赤茶→こげ茶に変化するものなど、品種によって様々です。

 

これはヘーベの春の葉色です。春になると緑色の斑入り葉に戻り、夏の初め頃には小さな紫色の花が咲きます。ヘーベは一年を通じて色々な表情が楽しめるところが魅力的です。

これはヘーベの春の葉色です。春になると緑色の斑入り葉に戻り、夏の初め頃には小さな紫色の花が咲きます。ヘーベは一年を通じて色々な表情が楽しめるところが魅力的です。

 

ヘーベは温暖地であれば屋外で冬越しできるので、寄せ植えのアクセントに人気です。株分けして使うこともできます。暑い時期の多湿が苦手なので、夏越しが上手にできると周年楽しめます。

ヘーベは温暖地であれば屋外で冬越しできるので、寄せ植えのアクセントに人気です。株分けして使うこともできます。暑い時期の多湿が苦手なので、夏越しが上手にできると周年楽しめます。

イベリス ブライダルブーケ ~アブラナ科 耐寒性多年草~

イベリスは、白い花をブーケのように株いっぱいに咲かせます。寄せ植えでは、上品さや爽やかさを出したいときや、雪のイメージをつくりたいときに重宝します。白いスイートアリッサムに雰囲気が似ていますが、イベリスを使った寄せ植えは少し大人っぽい雰囲気に仕上がります。  イベリスブライダルブーケは秋冬に出回り、6月頃まで花を楽しめます。多年草タイプで毎年咲く丈夫な品種です。

イベリスは、白い花をブーケのように株いっぱいに咲かせます。寄せ植えでは、上品さや爽やかさを出したいときや、雪のイメージを作りたいときに重宝します。白いスイートアリッサムに雰囲気が似ていますが、イベリスを使った寄せ植えは少し大人っぽい雰囲気に仕上がります。

イベリスブライダルブーケは秋冬に出回り、6月頃まで花を楽しめます。多年草タイプで毎年咲く丈夫な品種です。

イベリス

  • イベリスの開花期は春、たくさんの小花を咲かせるアブラナ科の草花です。イベリスは一年草と多年草の品種があり、花丈も60cm前後くらいになるもの、グランドカバーなどの用途に使える丈の低い品種と多様です。イベリスの花色は白の他、ピンク系や紫系もあります。花丈が高くなる一年草のイベリス・ウンベラータ(別名キャンディタフト)は、切り花としても流通しています。

 

アイビー白雪姫 ~ウコギ科 耐寒性常緑木本~

アイビー白雪姫は、本葉はグリーンで、寒い時期に新しい葉は雪が積もったように白くなります。グリーンの葉と白い斑が入った葉のグラデーションが上品で美しく人気です。寄せ植えでは株分けして何ヵ所かに植えることもでき、茎が伸びてくると鉢全体に美しい流れをつくってくれます。

アイビー白雪姫は、本葉はグリーンで、寒い時期に新しい葉は雪が積もったように白くなります。グリーンの葉と白い斑が入った葉のグラデーションが上品で美しく人気です。寄せ植えでは株分けして何ヵ所かに植えることもでき、茎が伸びてくると鉢全体に美しい流れを作ってくれます。

アイビー

  • アイビーはウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物で、属名のヘデラの名前でも流通しています。葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。アイビーは性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。 また、地面に植えたアイビーは家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。アイビーは水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。アイビーは耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

▼イベリスとアイビー白雪姫を使った寄せ植えはこちら

 

コニファー ~ヒノキ科、マツ科など  耐寒性常緑低木・高木~

園芸用に用いられるヒノキやマツなどの針葉樹の総称をコニファーと呼びます。コニファーには様々な種類があり、こんもりと生い茂るものから円錐形の姿のもの、シルバーリーフと呼ばれる銀色を帯びた葉や明るい黄緑色、新緑のものまで色も豊富です。

園芸用に用いられるヒノキやマツなどの針葉樹の総称をコニファーと呼びます。コニファーには様々な種類があり、こんもりと生い茂るものから円錐形の姿のもの、シルバーリーフと呼ばれる銀色を帯びた葉や明るい黄緑色、新緑のものまで色も豊富です。

 

コニファーを使った寄せ植えは、小さな森のイメージをつくることができます。コニファーの株元の草花を季節ごとに植え替えると周年その一鉢で楽しめます。株元の草花は春は明るい色、夏は涼し気な色、秋はシックな色を選んだり、冬はコニファーに飾り付けして、クリスマスカラーの草花を植えるといいですね。

コニファーを使った寄せ植えは、小さな森のイメージを作ることができます。コニファーの株元の草花を季節ごとに植え替えると周年その一鉢で楽しめます。株元の草花は春は明るい色、夏は涼し気な色、秋はシックな色を選んだり、冬はコニファーに飾り付けして、クリスマスカラーの草花を植えるといいですね。

コニファー

  • 園芸用に用いられるヒノキやマツなどの針葉樹の総称をコニファーと呼びます。近年ではヨーロッパから入ってきた園芸用の針葉樹を指すことが多いです。コニファーには、様々な種類があります。すっきりとした姿と緑の葉が特徴ですが、たくさんの品種があるため、こんもりと生い茂るものから円錐形の姿のもの、シルバーリーフと呼ばれる銀色を帯びた葉から明るい黄緑色、新緑のものまで色も樹形も千差万別です。鉢植えに適するもの、地植え向きのもの、どちらにも使えるものと用途も幅広く、寄せ植えの引き立て役や庭木、街路樹にと様々な場面で植えられています。またクリスマスシーズンのリースづくりには、材料としてコニファーは欠かせません。

 

プラチーナ(クッションブッシュ) ~キク科 半耐寒性常緑低木~ 

プラチーナ(クッションブッシュ)は、銀白色の細い紐のような茎葉を分枝させて育ちます。寄せ植えにちりばめると、雪が積もった小枝のようなイメージで冬景色をつくることができておすすめです。温暖地では外で冬越しできます。  プラチーナ(クッションブッシュ)は、夏に枝葉と同じ銀白色の丸い蕾から球形で黄色の小さな花を咲かせます。高温多湿を嫌うので、夏に風通し良く上手に管理すると翌年も楽しめます。

プラチーナ(クッションブッシュ)は、銀白色の細い紐のような茎葉を分枝させて育ちます。寄せ植えにちりばめると、雪が積もった小枝のようなイメージで冬景色を作ることができておすすめです。温暖地では外で冬越しできます。

プラチーナ(クッションブッシュ)は、夏に枝葉と同じ銀白色の丸い蕾から球形で黄色の小さな花を咲かせます。高温多湿を嫌うので、夏に風通し良く上手に管理すると翌年も楽しめます。

▼シルバーリーフについてもっと詳しくはこちら

 

ストック ~アブラナ科 耐寒性一年草~ 

ストックは草丈が20~80cmほどで、優しい香りのある花。すっとした花茎に穂状に花が咲きとても華やかです。秋から春まで開花期が長く、香りも同じように長く続きます。寄せ植えに高さを出したい時に使いやすい花苗です。ストックの花は、一重咲きから八重咲きまであり、花色はピンク、紫、赤、黄色、白などがあります。  ストックは本来は多年草ですが、夏の暑さに弱く日本では一年草として扱われています。

ストックは草丈が20~80cmほどで、優しい香りのある花。すっとした花茎に穂状に花が咲きとても華やかです。秋から春まで開花期が長く、香りも同じように長く続きます。寄せ植えに高さを出したい時に使いやすい花苗です。ストックの花は、一重咲きから八重咲きまであり、花色はピンク、紫、赤、黄色、白などがあります。

ストックは本来は多年草ですが、夏の暑さに弱く日本では一年草として扱われています。

ストック

  • ストックは草丈が20~80cmほどで、優しい香りのする春の花です。開花期が長く、香りも同じように長く続きます。本来は多年草ですが日本では夏の暑さに弱いため、一年草として扱われています。比較的手間がかからず、ガーデニング初心者にも育てやすい一年草です。 ストックの花は、一重咲きから八重咲きまであります。さらに、枝分かれせずに咲くタイプと、スプレー咲きと言われる枝分かれした咲き方のものまで、バリエーションが豊富です。花色も豊富で、すっとした直線的な花茎に穂状にたくさんの花が咲くので豪華な雰囲気です。ストックの花は、春の代表的な切り花としても流通しています。

▼ストックを使った寄せ植えはこちら

 

キンセンカ(カレンジュラ) ~キク科 耐寒性一年草~

キンセンカ(カレンデュラ)といえば、オレンジや黄色のビタミンカラーの花を次々と咲かせる一年草。花色は新しくコーヒークリーム色なども出てきています。一重咲きの他、八重咲き品種もあります。  キンセンカ(カレンジュラ)は丈夫で育てやすく、冬から春まで開花して寒い間もお庭を明るくしてくれる花です。

キンセンカ(カレンデュラ)といえば、オレンジや黄色のビタミンカラーの花を次々と咲かせる一年草。花色は新しくコーヒークリーム色なども出てきています。一重咲きの他、八重咲き品種もあります。

キンセンカ(カレンジュラ)は丈夫で育てやすく、冬から春まで開花して寒い間もお庭を明るくしてくれる花です。

 

これは、コーヒークリームという品種です。蕾のときは暗めのオレンジ色をしていますが、咲くとその名のとおり優しいコーヒークリーム色をしています。コーヒークリーム色のキンセンカ(カレンデュラ)は、ナチュラルな雰囲気でどんな草花とも合うので寄せ植えづくりにおすすめです。

これは、コーヒークリームという品種です。蕾のときは暗めのオレンジ色をしていますが、咲くとその名のとおり優しいコーヒークリーム色をしています。コーヒークリーム色のキンセンカ(カレンデュラ)は、ナチュラルな雰囲気でどんな草花とも合うので寄せ植えづくりにおすすめです。

キンセンカ(カレンジュラ)

  • キンセンカ(カレンジュラ)の花色は、花びらに光沢のあるオレンジや黄色で、お日様とともに開花する性質があります。最近ではシックな花色や八重咲きの種類も出てきました。 キンセンカ(カレンジュラ)は性質が強いので育てやすく、冬の花壇や寄せ植えに使われています。またキンセンカ(カレンジュラ)は病気や気温の変化に強く、単体だけでなく寄せ植えとしても楽しまれています。キンセンカ(カレンジュラ)の本来の開花時期は春ですが、最近は冬のうちから花苗が出回るため、冬から春まで長く楽しめる花となっています。一番たくさんの花が楽しめるのは春になってからです。

 

目次に戻る≫

12月の寄せ植えの管理ポイント

置く場所 寄せ植えは屋外の風通しの良い日なたに置きます。日があまり当たらないと、花が咲きにくくなります。  水やり・肥料 土が乾いたら株元にたっぷりと水を与えましょう。水やりは土が凍ってしまわないように、日中の暖かい時間帯に行います。  植え付けるときに肥料入りの培養土を使った場合は、1カ月後から液肥や固形肥料を与えましょう。  花がら取り 咲き終わった花(花がら)や古い葉は、見た目も悪く病害虫の発生も促すので早めに取り除きます。花がらを取ることで、次の花が咲きやすくなります。  冬越し 今回紹介した冬から春まで咲く花苗を使った寄せ植えは、温暖地では屋外で春まで楽しむことができます。日当たりの良い場所に置き、雪が降ったり霜がとても強い場合は軒下に移動させるなど対策をすると状態良く育ちます。

置く場所

寄せ植えは屋外の風通しの良い日なたに置きます。日があまり当たらないと、花が咲きにくくなります。

水やり・肥料

土が乾いたら株元にたっぷりと水を与えましょう。水やりは土が凍ってしまわないように、日中の暖かい時間帯に行います。

植え付けるときに肥料入りの培養土を使った場合は、1カ月後から液肥や固形肥料を与えましょう。

花がら取り

咲き終わった花(花がら)や古い葉は、見た目も悪く病害虫の発生も促すので早めに取り除きます。花がらを取ることで、次の花が咲きやすくなります。

冬越し

今回紹介した冬から春まで咲く花苗を使った寄せ植えは、温暖地では屋外で春まで楽しむことができます。日当たりの良い場所に置き、雪が降ったり霜がとても強い場合は軒下に移動させるなど対策をすると状態良く育ちます。

 

▼編集部のおすすめ

ガーデンシクラメン

  • ガーデンシクラメンとは名前からもわかるように、シクラメンを品種改良した品種です。シクラメンは冬に室内で楽しむ鉢花の代表ですが、ガーデンシクラメンは、耐寒性があり寒い冬も屋外で楽しむことができます。寄せ植えなどに使う冬のガーデニング植物の定番として良く用いられます。 寒さに弱いシクラメンのウィークポイントを克服するため、ミニシクラメンの中から特に耐寒性の強い系統を選抜し、冬に屋外でも育てられるように改良されたものがガーデンシクラメンです。冬から春にかけて次々に花を咲かせ、花の少ない時期のお庭を明るく盛り上げてくれます。花の色はシクラメンとほぼ変わらず赤や白、ピンクなどがあります。花形もバリエーションが豊富で、選ぶ楽しみが広がっています。

 

目次に戻る≫

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「12月の寄せ植えに使いたい花10選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・3~4月発送予約注文】雑草対策のグランドカバー 「タピアン」 (宿根草バーベナ)3色6苗セット

販売価格:3,080円(税込)

【送料無料・12/24以降お届け】春の花 チューリップ 花束 ミックス 15本入り ギフト

販売価格:4,400円(税込)

【送料無料】クリスマスローズ おまかせ3株セット (開花予定株 約13.5cmポット苗)

販売価格:5,940円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A