秋の花23選~季節の花散歩・秋編

金子三保子

金子三保子

公開日 :

芸術の秋、読書の秋、食欲の秋、ガーデニングの秋・・・。秋は過ごしやすく、お天気も安定しているので、やりたいことやイベントがたくさん。

植物にとっても、初夏から咲き続けている草花が返り咲いたり、日ごとに美しく変化する紅葉など、秋は見ごろがいっぱいです。お散歩にもうってつけの秋、季節ならではの表情を見せてくれる秋の花を探しにお出かけしてみませんか?秋の花、23種類をご紹介します。

目次

秋桜(コスモス)

キバナコスモス

チョコレートコスモス

秋明菊(シュウメイギク)

キク

ホトトギス

孔雀草(クジャクソウ)

バラ

秋色アジサイ

ダリア

十月桜

サルビア・セージ

鶏頭(ケイトウ)

葉鶏頭(ハゲイトウ)

コキア

サフラン

イヌサフラン

桔梗(キキョウ)

リンドウ

ススキ

パンパスグラス

原種シクラメン

金木犀(キンモクセイ)

秋桜(コスモス)

秋桜(コスモス)  漢字で書くと秋の桜と記されるキク科の一年草のコスモス。最近はピンク系濃淡の他、黄色、サーモンピンク、白、など色合いがとても豊富な草花になりました。色の他、咲き方も一般的な咲き方の他、八重咲き、ストロー咲きなど、続々と新品種の秋桜(コスモス)が登場しています。

秋桜(コスモス)

漢字で書くと秋の桜と記されるキク科の一年草のコスモス。最近はピンク系濃淡の他、黄色、サーモンピンク、白、など色合いがとても豊富な草花になりました。色の他、咲き方も一般的な咲き方の他、八重咲き、ストロー咲きなど、続々と新品種の秋桜(コスモス)が登場しています。

▼秋桜(コスモス)は種からも簡単に育てることができます。

目次に戻る≫

キバナコスモス

キバナコスモス  キバナコスモスは、キク科の一年草、メキシコ原産で暑さに強い花。秋のガーデンにはとてもよく植栽されている花です。  キバナコスモスは、コスモス属でコスモスの仲間ですが、葉の形状や花色など、コスモスとは違う植物です。コスモスより草丈が低めで、花の開花時期もコスモスよりは少し早い6月頃から秋までの開花です。もともとのオリジナルの花の色は、花の名前に使われている黄色でしたが、今では赤やオレンジなど種類が豊富になりました。一株でたくさん花がつく多花性で、セミダブルの花で華やかな雰囲気。コスモスより標高の低い地域に自生する草花のため、暑さに強いのが特徴です。性質が強くこぼれ種でも増えるので、環境に合えば毎年開花します。

キバナコスモス

キバナコスモスは、キク科の一年草、メキシコ原産で暑さに強い花。秋のガーデンにはとてもよく植栽されている花です。

キバナコスモスは、コスモス属でコスモスの仲間ですが、葉の形状や花色など、コスモスとは違う植物です。コスモスより草丈が低めで、花の開花時期もコスモスよりは少し早い6月頃から秋までの開花です。もともとのオリジナルの花の色は、花の名前に使われている黄色でしたが、今では赤やオレンジなど種類が豊富になりました。一株でたくさん花がつく多花性で、セミダブルの花で華やかな雰囲気。コスモスより標高の低い地域に自生する草花のため、暑さに強いのが特徴です。性質が強くこぼれ種でも増えるので、環境に合えば毎年開花します。

目次に戻る≫

チョコレートコスモス

チョコレートコスモス  チョコレート色の花がシックで人気のキク科の多年草。花を触ると、ほんのりとチョコレートの香りがします。開花期間は5月~11月くらいと秋遅くまで咲く花です。鉢ものの他、切り花としても流通しています。

チョコレートコスモス

チョコレート色の花がシックで人気のキク科の多年草。花を触ると、ほんのりとチョコレートの香りがします。開花期間は5月~11月くらいと秋遅くまで咲く花です。鉢ものの他、切り花としても流通しています。

 

チョコレートコスモス・ノエルルージュ  チョコレートコスモスの欠点の夏の暑さに弱いこと、うどん粉病に弱いことを改善した新品種、「ノエルルージュ」(フランス語でクリスマスの赤)。チョコレートコスモスとキバナコスモスの交配によってできたルージュ色のチョコレートコスモスです。

チョコレートコスモス・ノエルルージュ

チョコレートコスモスの欠点の夏の暑さに弱いこと、うどん粉病に弱いことを改善した新品種、「ノエルルージュ」(フランス語でクリスマスの赤)。チョコレートコスモスとキバナコスモスの交配によってできたルージュ色のチョコレートコスモスです。

目次に戻る≫

秋明菊(シュウメイギク)

秋明菊(シュウメイギク)  秋明菊(シュウメイギク)は漢字で書くと「秋明菊」となり、菊に似た白やピンクの花を咲かせる宿根草です。キンポウゲ科の宿根草で、花の形はアネモネに似ています。英名ではJapanese anemoneと呼ばれています。  秋明菊(シュウメイギク)は「貴船菊」、「秋牡丹」などの別名でも呼ばれ、背丈もあるので見栄えがすることから、秋のボーダーガーデンには欠かせない植物となっています。ちなみに秋明菊(シュウメイギク)の花はがくが花びら化したもので実際には花びらはありません。

秋明菊(シュウメイギク)

秋明菊(シュウメイギク)は漢字で書くと「秋明菊」となり、菊に似た白やピンクの花を咲かせる宿根草です。キンポウゲ科の宿根草で、花の形はアネモネに似ています。英名ではJapanese anemoneと呼ばれています。

秋明菊(シュウメイギク)は「貴船菊」、「秋牡丹」などの別名でも呼ばれ、背丈もあるので見栄えがすることから、秋のボーダーガーデンには欠かせない植物となっています。ちなみに秋明菊(シュウメイギク)の花はがくが花びら化したもので実際には花びらはありません。

 

秋明菊(シュウメイギク)は最近は苗ものの他、切り花としても流通しています。品種は白、ピンクの他、濃いピンクもあります。咲き方も八重咲き種など、新品種も次々と登場しています。

秋明菊(シュウメイギク)は最近は苗ものの他、切り花としても流通しています。品種は白、ピンクの他、濃いピンクもあります。咲き方も八重咲き種など、新品種も次々と登場しています。

シュウメイギク(秋明菊)

  • シュウメイギクは漢字で書くと「秋明菊」となり、菊に似た白やピンクの花を咲かせる宿根草です。キンポウゲ科の植物で、花の形はアネモネに似ています。

    シュウメイギクは「貴船菊」、「秋牡丹」などの別名でも呼ばれ、欧米ではボーダーガーデンや日本風のガーデンには欠かせない植物となっています。英名や学名も日本の植物のように表記されていますが、実は中国が原産となる帰化植物で、野山に多く自生しています。

    シュウメイギク(秋明菊)は一枝でも見栄えが大変良いため、華道の素材としてや秋の茶花としても大変喜ばれます。花はがくが花弁化したもので実際には花弁はありません。最近では八重咲のものや矮性のものもあります。

目次に戻る≫

キク

ガーデンマム(洋菊)  日本の秋の花の代表と言えば菊。現在では和菊から洋菊まで品種がとてもたくさんある花です。菊は生花としては通年出回る花ですが、本来は秋の花。「ポットマム」、「ガーデンマム」は菊の園芸品種。最近は寄せ植えに使いやすい菊も多数あり、秋の寄せ植え、花壇にとてもよく使われています。

ガーデンマム(洋菊)

日本の秋の花の代表と言えば菊。現在では和菊から洋菊まで品種がとてもたくさんある花です。菊は生花としては通年出回る花ですが、本来は秋の花。「ポットマム」、「ガーデンマム」は菊の園芸品種。最近は寄せ植えに使いやすい菊も多数あり、秋の寄せ植え、花壇にとてもよく使われています。

▼秋の菊まつり、菊花展に出かけてみませんか?

目次に戻る≫

ホトトギス

ホトトギス  ホトトギスは晩夏から秋に咲くユリ科の多年草。花の斑点がホトトギスの羽毛の模様に似ているため、ホトトギスという鳥の名前が付いたそうですが、種類によっては模様のないものもあります。楚々とした風情のある咲き方が人気の秋の山野草です。

ホトトギス

ホトトギスは晩夏から秋に咲くユリ科の多年草。花の斑点がホトトギスの羽毛の模様に似ているため、ホトトギスという鳥の名前が付いたそうですが、種類によっては模様のないものもあります。楚々とした風情のある咲き方が人気の秋の山野草です。

目次に戻る≫

孔雀草(クジャクソウ)

孔雀草(クジャクソウ)  孔雀草(クジャクソウ)は、別名クジャクアスター、宿根アスターとも呼ばれ、種類(品種)がとても多いキク科の多年草です。開花期は夏から11月頃くらいまで。花丈も種類によって様々ですが、小さい花ながら一株からたくさんの花が咲くので、秋の庭でとても目を引きます。

孔雀草(クジャクソウ)

孔雀草(クジャクソウ)は、別名クジャクアスター、宿根アスターとも呼ばれ、種類(品種)がとても多いキク科の多年草です。開花期は夏から11月頃くらいまで。花丈も種類によって様々ですが、小さい花ながら一株からたくさんの花が咲くので、秋の庭でとても目を引きます。

目次に戻る≫

バラ

バラ  秋は四季咲きのバラの開花期。10月~11月は全国のバラ園で様々な種類のバラを見ることが出来ます。朝晩の気温が下がる秋は、花が長持ちするのが魅力のひとつ。初夏は初夏の良さもありますが、秋バラは秋バラならではの美しさがあり、同じ品種でも違った表情を見せてくれます。

バラ

秋は四季咲きのバラの開花期。10月~11月は全国のバラ園で様々な種類のバラを見ることが出来ます。朝晩の気温が下がる秋は、花が長持ちするのが魅力のひとつ。初夏は初夏の良さもありますが、秋バラは秋バラならではの美しさがあり、同じ品種でも違った表情を見せてくれます。

 

秋のバラの楽しみと言えば、バラの実が実りの時を迎えること。主に野生種のバラが、様々なバラの実をつけ、樹全体がとても華やかで美しい秋ならではの光景を見ることができます。

秋のバラの楽しみと言えば、バラの実が実りの時を迎えること。主に野生種のバラが、様々なバラの実をつけ、樹全体がとても華やかで美しい秋ならではの光景を見ることができます。

▼秋バラを見に行ってみませんか?

目次に戻る≫

秋色アジサイ

秋色アジサイ  初夏に咲いたアジサイが気温などの気象変化によって色が変化して、秋色になっていく秋色アジサイ。もともとの色からどうしてこんな色になっていくのだろう?と思ってしまう、素敵な色の変化を見ることができます。ここ最近は、きれいな秋色に変化するように作られた秋色アジサイ系の品種もあります。(西安など)

秋色アジサイ

初夏に咲いたアジサイが気温などの気象変化によって色が変化して、秋色になっていく秋色アジサイ。もともとの色からどうしてこんな色になっていくのだろう?と思ってしまう、素敵な色の変化を見ることができます。ここ最近は、きれいな秋色に変化するように作られた秋色アジサイ系の品種もあります。(西安など)

 

ただし、西洋アジサイを来年も確実に花を楽しみたいのなら、7月くらいまでに花を剪定する必要がありますが、大きなガーデンに行くと、切らずに残している株を見かけることがあり、美しく秋色に変化した花姿に出会えることがあります。

ただし、西洋アジサイを来年も確実に花を楽しみたいのなら、7月くらいまでに花を剪定する必要がありますが、大きなガーデンに行くと、切らずに残している株を見かけることがあり、美しく秋色に変化した花姿に出会えることがあります。

▼秋色アジサイについてご紹介しています

目次に戻る≫

ダリア

ダリア  夏から秋の花と言えばダリア。庭でも生花としても人気の花です。最近は続々と新品種が登場して、色、咲き方など、本当にたくさんのダリアを見ることができるようになりました。  華やかで豪華な雰囲気のダリア。夏は切り戻すのと、暑さで花は休みがちになりますが、秋はダリアが素敵に返り咲く季節です。

ダリア

夏から秋の花と言えばダリア。庭でも生花としても人気の花です。最近は続々と新品種が登場して、色、咲き方など、本当にたくさんのダリアを見ることができるようになりました。

華やかで豪華な雰囲気のダリア。夏は切り戻すのと、暑さで花は休みがちになりますが、秋はダリアが素敵に返り咲く季節です。

▼秋のダリア園も素敵です。

目次に戻る≫

十月桜

十月桜  狂い咲き?いえいえ、こちらは春と秋、年に2回咲く桜、十月桜です。小さくて可憐なうすピンク色の桜を秋に見ることができます。

十月桜

狂い咲き?いえいえ、こちらは春と秋、年に2回咲く桜、十月桜です。小さくて可憐なうすピンク色の桜の花を秋に見ることができます。

目次に戻る≫

サルビア・セージ

アメジストセージ  セージの中でも大きく育つアメジストセージは、晩夏から秋にかけて咲くシソ科の多年草です。もし、実物に出会ったら、花穂をそっと触ってみてください。ビロードのような肌触りは、モフモフの植物が好きな方はきっと気に入るはず。人の身長くらいの花丈、華やかなアメジスト色の花は、ガーデンでとても目を引く秋の花です。

アメジストセージ

セージの中でも大きく育つアメジストセージは、晩夏から秋にかけて咲くシソ科の多年草です。もし、実物に出会ったら、花穂をそっと触ってみてください。ビロードのような肌触りは、モフモフの植物が好きな方はきっと気に入るはず。人の身長くらいの花丈、華やかなアメジスト色の花は、ガーデンでとても目を引く秋の花です。

 

サルビア・アズレア  こちらも晩夏から秋にかけて咲くサルビア・アズレア。シソ科の多年草です。このサルビアもとても大きくなるタイプのサルビアです。澄んだ空色は、秋の花ではなかなかないので貴重かもしれません。

サルビア・アズレア

こちらも晩夏から秋にかけて咲くサルビア・アズレア。シソ科の多年草です。このサルビアもとても大きくなるタイプのサルビアです。澄んだ空色は、秋の花ではなかなかないので貴重かもしれません。

▼サルビア・アズレアについて詳しくご紹介しています。

目次に戻る≫

鶏頭(ケイトウ)

鶏頭(ケイトウ)  鶏頭(ケイトウ)は、ヒユ科の多年草で夏から秋にかけて長く咲く花です。炎のような鮮やかな花色が秋の花壇の彩りとして親しまれています。花の色は、赤・ピンク、オレンジの他、最近は中間色やニュアンスカラーなど色幅も豊富です。鶏頭(ケイトウ)は原産地では多年草ですが、日本の気候では一年草として扱われています。

鶏頭(ケイトウ)

鶏頭(ケイトウ)は、ヒユ科の多年草で夏から秋にかけて長く咲く花です。炎のような鮮やかな花色が秋の花壇の彩りとして親しまれています。花の色は、赤・ピンク、オレンジの他、最近は中間色やニュアンスカラーなど色幅も豊富です。鶏頭(ケイトウ)は原産地では多年草ですが、日本の気候では一年草として扱われています。

 

鶏頭(ケイトウ)は品種(種類)がとても豊富。苗もの、生花ともたくさんの種類の鶏頭(ケイトウ)が流通しています。

鶏頭(ケイトウ)は品種(種類)がとても豊富。苗もの、生花ともたくさんの種類の鶏頭(ケイトウ)が流通しています。

▼鶏頭(ケイトウ)の育て方

目次に戻る≫

葉鶏頭(ハゲイトウ)

葉鶏頭(ハゲイトウ)  葉鶏頭(ハゲイトウ)は、夏から秋の一年草。強烈な色合いが目を引くカラーリーフプランツです。ケイトウと名前はついていますが、ケイトウはケイトウ属、ハゲイトウはヒユ属で植物分類的には違う植物です。とにかく葉の色がインパクトのある彩りなので、広い空間に植栽すると効果的な植物です。

葉鶏頭(ハゲイトウ)

葉鶏頭(ハゲイトウ)は、夏から秋の一年草。強烈な色合いが目を引くカラーリーフプランツです。ケイトウと名前はついていますが、ケイトウはケイトウ属、ハゲイトウはヒユ属で植物分類的には違う植物です。とにかく葉の色がインパクトのある彩りなので、広い空間に植栽すると効果的な植物です。

ハゲイトウ

目次に戻る≫

コキア

コキアは、ふんわりとした球状のユニークな姿がかわいらしく、夏の緑から秋になると赤く紅葉する人気の一年草です。  最近は秋の花の名所として、コキアを一面に植えた植物園が全国に何か所もあります。ちょっと動物みたいなまん丸なコキアが地面一面赤く色づく光景は圧巻です。

コキアは、ふんわりとした球状のユニークな姿がかわいらしく、夏の緑から秋になると赤く紅葉する人気の一年草です。

最近は秋の花の名所として、コキアを一面に植えた植物園が全国に何か所もあります。ちょっと動物みたいなまん丸なコキアが地面一面赤く色づく光景は圧巻です。

▼コキアを見ることのできる場所はこちらをどうぞ。

目次に戻る≫

サフラン

サフラン  サフランはクロッカスの仲間のアヤメ科の球根植物です。10月~12月の秋に開花します。草丈が10cmくらいしかありませんが、淡い紫が地面一面に広がると、とても目を引きます。

サフラン

サフランはクロッカスの仲間のアヤメ科の球根植物です。10月~12月の秋に開花します。草丈が10cmくらいしかありませんが、淡い紫が地面一面に広がると、とても目を引きます。

目次に戻る≫

イヌサフラン(コルチカム)

イヌサフラン(コルチカム)  イヌサフランはイヌサフラン科(ユリ科)の球根植物です。サフランと名前がつきますが、植物分類的には科が違うので別種です。  イヌサフランの品種(種類)はたくさんあり、園芸名だとコルチカムと呼ばれることが多いかもしれません。春に咲く種もありますが、ほとんどは秋が開花時期。サフランと似た花姿のものもあれば、写真のように八重で大型種もあります。

イヌサフラン(コルチカム)

イヌサフランはイヌサフラン科(ユリ科)の球根植物です。サフランと名前がつきますが、植物分類的には科が違うので別種です。

イヌサフランの品種(種類)はたくさんあり、園芸名だとコルチカムと呼ばれることが多いかもしれません。春に咲く種もありますが、ほとんどは秋が開花時期。サフランと似た花姿のものもあれば、写真のように八重で大型種もあります。

 

イヌサフランの球根や葉は有毒で、ニンニクやタマネギと間違えて誤食したことによる死亡事故が複数起きています。花が咲いたあとの葉っぱと球根の姿がギョウジャニンニクと似ていることも事故が多い原因だと思われます。  とてもかわいい花ですが、家庭菜園の近くには植えないようにするとよいでしょう。  サフランとイヌサフランの葉っぱの違い  イヌサフランはユリ科なので、葉っぱがユリの葉に似た細長い葉をしています。一方、サフランは松の葉のような細い葉をしています。

イヌサフランの球根や葉は有毒で、ニンニクやタマネギと間違えて誤食したことによる死亡事故が複数起きています。花が咲いたあとの葉っぱと球根の姿がギョウジャニンニクと似ていることも事故が多い原因だと思われます。

とてもかわいい花ですが、家庭菜園の近くには植えないようにするとよいでしょう。

サフランとイヌサフランの葉っぱの違い

イヌサフランはユリ科なので、葉っぱがユリの葉に似た細長い葉をしています。一方、サフランは松の葉のような細い葉をしています。

目次に戻る≫

桔梗(キキョウ)

桔梗(キキョウ)  秋の七草にも含まれる桔梗(キキョウ)はキキョウ科の多年草。日本でも古くから親しまれている植物です。

桔梗(キキョウ)

秋の七草にも含まれる桔梗(キキョウ)はキキョウ科の多年草。日本でも古くから親しまれている植物です。

▼桔梗(キキョウ)について詳しくご紹介しています。

目次に戻る≫

リンドウ

リンドウ  リンドウはリンドウ科の多年草で、日本原産の植物です。リンドウは日本のほぼ全域に生息しています。秋の野山に釣鐘型の花を咲かせます。

リンドウ

リンドウはリンドウ科の多年草で、日本原産の植物です。リンドウは日本のほぼ全域に生息しています。秋の野山に釣鐘型の花を咲かせます。

▼リンドウの育て方など詳しい情報はこちら

リンドウ(竜胆・りんどう)

  • リンドウは「枕草子」でも記述がある程、日本では古くから親しまれている日本原産の植物です。本州、四国、九州の山野を中心とし自生しています。春に細い葉が新芽を出し秋の始まりと共に花芽をつけて野山に咲きます。花色は品種によって、白や赤紫もありますが、青、水色、紫などの寒色が印象的な花を咲かせます。花の直径は3~5cm程で、釣鐘形で先が5つに分かれ、尖った裂片がある花の形をしています。草丈は品種・種類によって差がありますが10~100㎝と幅があります。日当たりを好みますが気温が高すぎる直射日光が苦手の為、寒冷紗などで日よけをする必要があります。曇りの日には花を閉じる習性があります。

目次に戻る≫

ススキ

ススキ  秋の野原と言えばススキをイメージする方も多いのでは。秋ならではの植物、ススキはイネ科の多年草。秋の七草の一つでもあります。

ススキ

秋の野原と言えばススキをイメージする方も多いのでは。秋ならではの植物、ススキはイネ科の多年草。秋の七草の一つでもあります。

目次に戻る≫

パンパスグラス

パンパスグラス  パンパスグラスはイネ科の多年草。ススキの大型版のようなパンパスグラス。2種は科は同じイネ科ですが、属は違う分類です。矮性種で1m、高性だと3m以上にもなる大型の草花で、最近では生花としても流通しています。

パンパスグラス

パンパスグラスはイネ科の多年草。ススキの大型版のようなパンパスグラス。2種は科は同じイネ科ですが、属は違う分類です。矮性種で1m、高性だと3m以上にもなる大型の草花で、最近では生花としても流通しています。

▼ススキの種類やパンパスグラスとの違いを詳しくご紹介しています。

目次に戻る≫

原種シクラメン

原種シクラメン・ヘデリフォリウム  原種のシクラメンはサクラソウ科の球根植物。通常のシクラメンからは想像もつかない小型のシクラメンです。よく見ないと見落としてしまうサイズながら、発見すると思わずしゃがみこんで写真を撮りたくなる、そんな魅力的でかわいい草花です。種類によって開花の時期が違いますが、ヘデリフォリウムは秋に咲く原種のシクラメン。小さくて楚々とした花も魅力ですが、原種シクラメンのもうひとつの魅力はくるんとした花茎。株もとにくるくるのコイルのような茎が密集し、そこからすっと花茎が伸びてきます。

原種シクラメン・ヘデリフォリウム

原種のシクラメンはサクラソウ科の球根植物。通常のシクラメンからは想像もつかない小型のシクラメンです。よく見ないと見落としてしまうサイズながら、発見すると思わずしゃがみこんで写真を撮りたくなる、そんな魅力的でかわいい草花です。種類によって開花の時期が違いますが、ヘデリフォリウムは秋に咲く原種のシクラメン。小さくて楚々とした花も魅力ですが、原種シクラメンのもうひとつの魅力はくるんとした花茎。株もとにくるくるのコイルのような茎が密集し、そこからすっと花茎が伸びてきます。

▼原種シクラメンの魅力をご紹介しています。

目次に戻る≫

金木犀(キンモクセイ)

秋の花と言えば甘い香りが魅力の金木犀(キンモクセイ)も外せません。花の期間は短いですが、どこからともなく漂ってくる金木犀(キンモクセイ)の香りは秋が来たと感じさせてくれる香りです。

▼金木犀(キンモクセイ)の様々な楽しみ方をご紹介しています。

目次に戻る≫

お散歩日和の日が多い秋。秋ならではの植物を探しに出かけてみませんか?

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

▼関連ワード

「秋の花23選~季節の花散歩・秋編」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

おすすめ