初心者におすすめの観葉植物! 枯れてしまう原因や室内で育てるポイントをご紹介

櫻井彩乃

櫻井彩乃

公開日 :

一度、植物を枯らしてしまうと、次の植物に手を出すのが怖くなってしまいますよね。また、これからはじめて観葉植物を育てる方は何を育てればいいのか分からない…。そんな初心者の方に、おすすめの観葉植物の種類や育てるときのポイント、枯らしてしまう原因などをご紹介します。

 

目次

初心者の方でも育てやすい観葉植物10種

室内で観葉植物を育てるポイント

観葉植物が枯れる原因とは?

 

初心者の方でも育てやすい観葉植物10種

gi_logo_grey

まず、はじめるなら何の植物がいいの? 育てやすい植物って何? という方に向けて、おすすめの観葉植物を紹介します。

 

ガジュマル

丸坊主に剪定しても数週間後には葉がたくさん生えてくるぐらいの生命力がある観葉植物。ガジュマルにはキムジナーという精霊がいることでも有名です。また多幸の木ともいわれ、風水としては全体の運気UPだけでなく金運に効果があるといわれています。

\育て方ポイント!/

なるべく日当たりのいい場所で管理します。 日光が好きですが、春先から真夏の直射日光で葉焼けしないように気をつけましょう。土が乾いたら、たっぷりと水をあたえてください。 

ガジュマル

  • ガジュマルは人気の観葉植物です。沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる火の精霊が宿るといわれています。

    ガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布する常緑高木なので暖かくて日光のある場所を好みます。日光にあてること、水のやり方には気を配る必要がありますが、基本的には育てやすい観葉植物です。

    また、ガジュマルは、幹の途中から気根という根をだしています。気根が地中に付くと太くなり、ガジュマルの木を支える支柱根となります。

    地植えにされているガジュマルはこの気根が多く、風に揺れる気根は不思議な雰囲気を醸し出しています。

    ガジュマルはその太い幹と、まるく厚みがある濃い緑色をしている葉は、生命力を感じさせ、独特な形をしているので人気があります。

    鹿児島県沖永良部島の国頭小学校の校庭には樹齢100年を超える日本一のガジュマルが植えられています。

 

モンステラ

モンステラは、葉が大きくて切れ目もかっこいいことから人気のある観葉植物です。暖かい季節にはとても成長します。ンステラは、ハワイ語で“湧き出る水”という意味があるそう。ハワイでモンステラは神聖な植物とされ、魔除けの効果があるといわれているそうです。風水では、金運と良縁から恋愛運にも効果があるといわれているそうです。玄関はいい運を呼び込む場所なので玄関に置いてみてはいかがでしょうか。

モンステラは、葉が大きくて切れ目もかっこいいことから人気のある観葉植物です。モンステラは、ハワイ語で“湧き出る水”という意味があるそう。ハワイでモンステラは神聖な植物とされ、魔除けの効果があるといわれているそうです。

\育て方ポイント!/

カーテン越しの明るい室内で管理します。サトイモ科の観葉植物なので、耐陰性があります。土が乾いたらたっぷりとお水を。霧吹きで葉にお水をあげると病害虫予防になります。

モンステラ

  • 大人気の観葉植物モンステラ。こんな風に生えている自生地へ行ってみたいと思うほど、迫力がありますね。

    モンステラは熱帯アメリカに生息するつる性(または半つる性)の植物で、20~40種類あると言われています。葉は成長するにつれ、縁から切れ込みが入ったり穴があき、独特な面白い姿になります。

    乾燥には比較的強く、明るい室内でたまに水やりをするだけで、綺麗に育ちますので、モンステラは総じて観葉植物としては育てやすい品種の一つです。

    日光が入らない部屋でも、たくましく育ってくれる植物は良いですよね!

    モンステラは葉の縁に水孔(すいこう)と呼ばれる排水器官があり、朝方モンステラを見てみると葉の縁に水滴が付いていることがあると思います。

    全ての植物に水孔がついている訳ではないので、初めはビックリしてしまうかもしれませんが、モンステラの状態が悪くなっている訳では無くむしろ健康な証拠なので気にしなくて大丈夫です!

 

ポトス

ポトスはとても増えやすいぐらい丈夫です。水耕栽培でも増やせます。色は黄緑色から斑入りの葉まで様々なのでいくつ置いても飽きないです。また、ハンギングができ吊るすことができますので、試しに一つ小さい鉢から吊るしてみるとおしゃれ感がアップします。ポトスの花言葉にある“永遠の富”や和名の黄金蔓“おうごんかずら”から金運UPを期待できます。垂れ下がる植物なので、リラックス効果もあるといわれ、寝室やリビングにオススメです。

ポトスはサトイモ科の観葉植物です。水耕栽培でも増えるほど、生育旺盛。また。つる性の観葉植物なので吊るして飾るとおしゃれな雰囲気に。

\育て方ポイント!/

直射日光を避けた明るい場所に置きましょう。ある程度の耐陰性もあるので、日光が入りにくい場所でも環境に適応してくれます。土が乾いたらたっぷりお水をあたえましょう。

ポトス

  • ポトスといえば、定番の観葉植物ですよね。初心者でも育てやすく、どんどん品種が増えて、新しい魅力的な品種も開発されているので、ベテランの園芸家も楽しめる植物です。

    仕立て方も、ハンギングで上から垂らしたり、逆にヘゴ仕立てなどで上に這わせていくなど、変化も楽しめますし、切って水に挿しておけば簡単に発根するといった楽しみもあります。

    もっとも飽きのこない観葉植物と言っていいでしょう。

    日本で販売されているポトスのほとんどは幼株で、葉が小さいですが、自生地などに生えている本来のポトスは葉の大きさが1m近くになる大型の観葉植物です。

    また、大きくなった葉はモンステラの様に縁から切れ込みが入ります。斑がマーブル模様に入った大きな葉に切れ込みが入っている姿は非常に美しく、今まで持っていたポトスのイメージを覆すものだと思います。

    一般家庭でそこまで大きくするのは至難の業ですが、温暖な環境下でへゴ支柱や庭木に這わせるようにすれば大きくなることがあるそうです。

     

 

ワイヤープランツ

ワイヤープランツは、茎の部分が針金に見えることからワイヤープランツと呼ばれています。

\育て方ポイント!/

日当たりは半日陰を好み、風通しのいいところで管理。土の乾燥には気をつけて、乾いたらたっぷりお水をあたえましょう。

ワイヤープランツ

  • 初心者でも無理なく育てられる観葉植物「ワイヤープランツ」。最大の特長は、「ワイヤー」という名前のとおり、細く茶色い針金のような茎(枝)のおしゃれなフォルムと、丸く光沢のある小さな葉の可愛らしさです。生育旺盛で育てやすく、初心者でも無理なく育てられる観葉植物です。

    上手に育てると夏から秋にかけて小花を咲かせ、小さな鈴のような実をつけることもあります。仕立てかた次第でいろいろな形を楽しめますし、また、寄せ植えにも最適です。

    ワイヤープランツは生命力が強く、寒さで葉が全て落ちてしまっても根が生き残っていれば春の暖かくなったころにまた新芽を出し始めます。また、剪定のときに出た枝は水に挿しておくことで発根し、水耕栽培をすることが出来ます。

 

パキラ

パキラも人気のあるポピュラーな観葉植物。環境に適応してくれる観葉植物なので、はじめの一鉢にもおすすめ。

\育て方ポイント!/

日当たりと風通しのいいところに置きましょう。お水は、土が乾いたらたっぷりあたえます。病害虫予防に葉水もこまめにやりましょう。

パキラ

  • 原産地では熱帯の日当たりが良い場所に生育する常緑高木です。その高さは20mにもおよびます。大きく育った樹木には果実が実り、その種子は焼いて食用にされています。葉は艶があり5~7枚くらいのボート型の葉が手を広げた様に放射状に広がり個性的な葉をしています。観葉植物としても育てやすく、室内では日光が当たる明るい場所が適していますが薄日程度でも育てることが出来ます。陽があたらない場合は徒長(間伸びして枝が細く長く伸びる)して下の方の葉が落ちます。徒長した枝は水耕栽培や挿し木で増やす事が出来る丈夫な植物です。湿度を好む植物ですが、水やりは表土が乾いたらたっぷりと与えます。冬場は水やりを控えめにし、時々霧吹きなどで水をあたえ、葉や樹木の乾燥を防ぐとよいでしょう。

    インテリアとの相性も抜群で、樹形の大きさをコントロールしやすく、根もあまり張らないため、大きくさせずに長い期間に渡って育てていくことができます。

    ハイドロカルチャーを使って、ミニサイズで育てることもできます。小さいものから大きいものまで、様々な鑑賞の需要に応えてくれる観葉植物です。

 

オリヅルラン

オリヅルランは、蔓のようなランナーから次々と子株を出して増えていく観葉植物。子株が折り鶴のように見えることから、その名がついたようです。花言葉に子孫繁栄とあることから家庭運に◎。

\育て方ポイント!/

乾燥に強いですが、土の表面が乾いたらたっぷりお水をあたえましょう。明るい場所で管理します。

オリヅルラン

  • オリヅルランは丈夫で、初心者でも育てやすい観葉植物です。大株でも小さな鉢植えでも、水耕栽培でも楽しめますので、「一家に一鉢」の基本的な植物と言っていいかもしれません。

    細長い茎(ランナー)を伸ばして、その先に子株をつけるのですが、それがまるで折鶴がぶら下がっているように見えるところから、名前がつきました。

    あまり目立ちませんが、春から夏にかけてランナーの節から、白くかわいい花を咲かせます。葉の縁に斑が入る「ソトフオリヅルラン」と、中央に斑が入る「ナカフオリヅルラン」の他に、斑の入らない種類のものや葉の先がカールする「ボニー」という品種もあります。

 

サンスベリア

サンスベリアの「虎の尾」といわれる模様の種類は、魔除けや厄除けなるといわれ、玄関や窓辺に飾るのがおすすめ。

\育て方ポイント!/

サンスベリアは日光を好みますが、ある程度の耐陰性もありますので、光の入るお部屋なら環境に適応してくれます。乾燥に強いですが、夏場など土が乾きやすい季節は、乾いたらたっぷりと水やりをしましょう!

サンスベリア・トリファスキアタ・ローレンティ

  • サンスベリア(サンセベリア)はキジカクシ科サンスベリア属に分類される熱帯アフリカが原産の観葉植物です。

    和名はチトセランで、トリファスキアタ・ローレンティは覆輪斑であるためフクリンチトセランとも呼ばれています。しかし、ローレンティもフクリンチトセランもあまり一般的ではないようで、流通する場合はサンスベリアやトラノオ(虎の尾)という名前が多いようです。

    トラノオはそのままの意味で、見た目が虎の尾に似ているからそう呼ばれるようになったそうです。

    サンスベリアは空気清浄能力が高く、さらには金運をアップさせる開運植物として売られることもあります。

    葉に水分を蓄えることが出来るため、乾燥に強く、逆に蒸れに弱いです。

 

アイビー

アイビーはお庭の植栽や寄せ植えアレンジに使われたり、室内で育てる観葉植物としても人気があります。

\育て方ポイント!/

比較的どんな環境でも適応してくれます。明るい場所で風通しをよくして管理しましょう。

アイビー(ヘデラ)

  • アイビー(ヘデラ)はウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物です。

    葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。

    アイビー(ヘデラ)は性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。

    また、地面に植えたアイビー(ヘデラ)はが家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。

    アイビー(ヘデラ)は水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。

    アイビー(ヘデラ)は耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

 

ペペロミア

ぺぺロミアは種類も豊富でその数は1000種類以上もあり、バリエーション豊かな観葉植物。

\育て方ポイント!/

葉が多肉質なので、お水のやりすぎに注意します。土が乾いてからお水をあたえましょう。

ペペロミア

  • ペペロミアは熱帯地域を中心に千種類ほどの原種があるといわれる、コショウ科を代表するグループで匍匐性から直立性、ロゼットタイプ、着生植物まで様々な形態がある常緑多年草です。

    ペペロミアは小型の種類が多く、管理しやすいのでインテリアグリーンとして人気があります。葉や茎が多肉質の品種も多く、個性的な葉の模様や色、草姿も魅力のひとつ。

    国内でも多くの種類が栽培されています。仕立て方も様々でヘゴ付けにしたり、茎が匍匐するタイプはつり鉢にしたり、小型品種はミニ観葉として楽しみます。乾燥には強いのですが多湿を好むので葉にまめに霧吹きをしてやるとよく育ちます。

    ペペロミアは「コショウに似た」という意味があります。

 

ウンベラータ

フィカス・ウンベラータはインテリアショップなどにもよく置かれている観葉植物で、大きな葉とスタイルの良い幹が魅力的な品種です。  強健なため育てやすく、初心者の方にもおすすめな観葉植物です。フィカス属(ゴムの木の仲間)に分類されているため樹液には注意が必要です。  耐陰性もあるため明るいリビングならば置くことが出来ます。

大きいハート型の葉が可愛らしいファンの多い観葉植物。リビングなどのシンボルツリーとして大きめのサイズが人気あります。

\育て方ポイント!/

明るい窓辺で、風通しをよくして管理。大きい葉の上には埃がたまりやすいので、葉水をこまめにします。冬の寒さには弱いので暖かいところで管理しましょう。

フィカス・ウンベラータ

  • フィカス・ウンベラータは熱帯アフリカの低地が原産の常緑樹です。葉が広く、ハート型をしており人気の高い観葉植物です。

    ウンベラータは美容室や各種サロン、雑貨屋、インテリアショップ、オフィスグリーンなどの定番の観葉植物となっており、CMや雑誌、マンション広告などにもウンベラータが出ており「ハイグレードな暮らし」をイメージさせる観葉植物となっているようです。

    ウンベラータは強健で日本の気候にも馴染みやすく、育てやすい観葉植物と言われています。生長も遅くはないので、しっかり仕立てると非常に美しい草姿になります。

 

▼初心者におすすめ! 観葉植物の記事はこちら

目次に戻る≫

室内で観葉植物を育てるポイント

gi_logo_grey

観葉植物を育てるときに知っておきたい3つのポイントをご紹介します。

 

①日光

gi_logo_grey

日光がどのくらい必要な種類なのか調べましょう。室内や日陰で植物を育てる場合は要注意。日光が好きな植物は日当たりが足りないと徒長(細くひょろひょろに育ってしまうこと)する確率が高いです。室内や日陰で育てる場合は「耐陰性」がある植物を選びましょう。

日当たりの良いところを好む植物もいれば、明るい室内で育てた方が良い植物もいます。葉が薄い植物には半日陰や明るい日陰を好むものもあり、逆に直射日光を当ててしまうと、葉焼け(日光が強すぎて葉が焼けてしまうこと。人間でいう日焼け)を起こしてしまいます。

 

②水やり

gi_logo_grey

水やりは「土が乾いたらたっぷりと」が原則

表面の土や鉢底の土を触ってみたら乾いている。これはわかりやすいですね。しかし、内側まで乾いているかは分かりにくいもの。割りばしなどを土に挿してみて、抜いた時に湿っていたら中の土は湿っている証拠。指で表面の土を(植物に影響のない程度で)掘り返してみても良いと思います。

「たっぷりと」

基本的には「鉢の底から水が滴ってくるまであげること」をたっぷりと、と表現します。水が鉢底まで滴ってきている=鉢全体に水がいきわたっている、ということですね。さらっと水をあげただけだと、表面の方しか湿らず、肝心の根がある底の部分まで水がいきわたりません。水が足りないと枯れる原因になります。

基本的に水やりは「乾いたらたっぷりと」しますが、たまに乾燥が大好きで乾いてから数日は水をやらない植物や、水が大好きで乾いたら枯れてしまうので乾く前にあげ続ける植物もあります。そういった特殊な植物は育て方に記載されていると思うので、まずは「乾いたらたっぷりと」で育ててみましょう。

葉にも水やりをしよう

植物の水やりというと、一般的には土水をかけること。ですが、植物によっては葉にも水やりが必要な植物がいます。

葉の表裏に霧吹きを使って水を吹きかけましょう。これを「葉水」と呼び、乾燥が好きな害虫「ハダニ」の予防になったり、葉にハリが出たりします。根からあまり水を吸わない観葉植物やエアプランツなどは、葉水をして必要な水分を補ってあげましょう。

 

③風通し

gi_logo_grey

植物を育てる際に必要な要素として、風通しがあります。日光、水やりと違って間違ったら枯れるということはあまりありません。しかし、風通しを良くすることは、病気やカビ対策にも繋がります。

風通しが悪いと空気が悪くなり、虫や病気が蔓延して病害虫被害で枯れてしまったり、暑い日の水やりをした後などは水が蒸発して湿度が高くなり、植物にとって悪い状況になってしまいますので注意しましょう。

目次に戻る≫

観葉植物が枯れる原因とは?

水やり

育てていた観葉植物が枯れてしまうと悲しいですよね。特に初めて買った観葉植物や思い出のある植物ならなおさら。観葉植物が枯れてしまう原因は様々ですが、一番多いのが「水のやりすぎ・水やりが足りない」だと思います。

日照不足

必要な光が足りていないと、ひょろひょろとした姿(徒長)になってしまいます。徒長した観葉植物は体力のない植物になってしまい、枯れる原因となります。

温度

寒さや暑さの管理です。多くの観葉植物は暖かい地域の植物なので夏期は大丈夫です。注意する箇所は直射日光に当てないこと。直射日光に当ててしまうと葉が焼けてしまいます。冬の寒さが苦手な観葉植物の種類も多いです。冬は暖かい場所で管理しましょう。

風通し

室内の窓がいつも締めっぱなしですと、空気がこもります。水をあげたあとに、ほどよく風の通りがないと土が乾かず根腐れとなって枯れる原因に。またコバエなど病害虫の発生にもなります。観葉植物を育てるときに風通しをよくすることを頭に入れておきましょう。

————————————————

観葉植物を育てるときに
大切なポイントは、
毎日の観察をすること!

————————————————

毎日、観察することで育てている観葉植物のこまかな変化に気づくようになります。

ぜひ、お気に入りの観葉植物を見つけてすてきな暮らしをお過ごしください♪

目次に戻る≫

▼初心者におすすめ! 観葉植物の記事はこちら

▼関連ワード

「初心者におすすめの観葉植物! 枯れてしまう原因や室内で育てるポイントをご紹介」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
櫻井彩乃
櫻井彩乃

小さい頃から花や植物が好きで、自然がある暮らしについて自ら発信する側になりたいと思う中でLOVEGREENと出逢う。ガジュマルを増やしたりジュエルオーキッドの株分けなどで植物の生命力に日々感動。食べられる花エディブルフラワーにも感動し自ら少しずつ育成中。週末は荒れた田舎の庭DIYや家庭菜園、旅行、ショッピングなどアクティブに過ごす。自ら感じたことを通した花植物のあるライフスタイル提案を目指す。

おすすめ