水回りも素敵に!洗面所におすすめの観葉植物8選と飾り方

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

洗面所に植物を飾りたいけど、どの植物が洗面所に置いても大丈夫なのか分からないですよね。そこで今回は洗面所におすすめの観葉植物とおすすめの飾り方をお届けします!

目次

洗面所におすすめの観葉植物8選

洗面所に植物を置く時には、日当たりが気になると思います。耐陰性がある観葉植物をおすすめします。出窓が無く日光が一切入ってこない場合はLEDライトなどで日光不足を解消する方法や、日中は日の当たる場所におくなどの対応が必要になります。

ポトス

ポトスは半つる性の熱帯アメリカ原産のサトイモ科の植物です。斑の入り方や葉色が色々とあるため、自分の好きなポトスを飾ってみてはいかがでしょうか。  耐陰性があり強健なため、洗面所で管理することが出来ます。  土の表面が乾燥したら水をたっぷりあげるようにして、出来るだけ風通しの良い場所に置いて下さい。

ポトスはつる性の熱帯アメリカ原産の植物で、モンステラなどと同じサトイモ科の植物になります。様々な園芸品種が生み出されており、府の入り方や葉色など様々なバリエーションがあります。通常、斑入りの観葉植物は性質が弱く、育てにくい場合が多いのですが、ポトスに関しては問題なく、非常に強健で育てやすい観葉植物です。

熱帯雨林に自生しているため耐陰性が強いため、洗面所など少し暗い場所でも大丈夫です。ただし、長期間薄暗い場所に置いておくと徒長などの原因になるため、定期的に日当たりの良い場所で日光浴をさせてあげると良いでしょう。水やりのタイミングは土の表面が乾燥してからたっぷりとあげてください。受け皿などを使っても良いでしょう。

ポトス

  • ポトスは熱帯地域原産のツル性観葉植物で、モンステラなどと同じ定番の観葉植物です。日本では葉が小さくハンギング用の鉢に植えられていることが多いですが、ヘゴ棒などで上へ向かうように仕立てると葉が大きくなり、モンステラのような切れ込みが入るようになります。逆に、ポトスを下垂させるようにすると葉は小さくなり、よく見かける形状のものになります。

    ポトスの名前で一般的に流通しているのはEpipremnum aureum という種類で、多くの園芸品種が作られています。また、沖縄を含む世界の亜熱帯~熱帯に帰化・定着している例が見られます。

     

 

アジアンタム

アジアンタムは世界の温帯~亜熱帯に分布しているシダ植物です。  高温多湿を好み、耐陰性があるため洗面所に置くことが出来ます。薄く小さい葉がシャワシャワとしている姿は人気が高く、葉のボリュームもあるため存在感も抜群です。  水やりは土の表面が乾燥したらたっぷりと行ってください。

アジアンタムは世界の温帯~亜熱帯に分布しているホウライシダ属の総称ですが、観葉植物としてよく出回っているAdiantum raddianumが単にアジアンタムと呼ばれて流通している場合が殆どです。基本的に高温多湿を好み、水切れを嫌います。また、強い日光に当たると葉がチリチリになってしまうため、注意します。耐陰性があるため洗面所に置くことも出来ます。高温多湿を好み、耐陰性があるため洗面所に置くことが出来ます。薄く小さい葉がシャワシャワとしている姿は人気が高く、葉のボリュームもあるため存在感も抜群です。

夏場など暑い時期に水切れを起こすとすぐに葉が枯れ込んできてしまうため、常に腰水で管理すると良いでしょう。

アジアンタム

  • アジアンタムはイノモトソウ科ホウライシダ属に分類されるシダ植物の総称です。世界の温帯~亜熱帯に分布しており、その数は200種を超えるそうです。

    日本でも温暖な地域にはホウライシダ属が自生しています。

    アジアンタムの特徴は薄く小さい葉です。非常に繊細な雰囲気を持ったものが多く、シャワシャワとした葉は観葉植物として人気が高いです。

    アジアンタムはその葉の薄さから乾燥と寒さに弱いです。しかし、耐乾燥性と耐寒性は品種によって異なり、日本に自生しているようなホウライシダは0℃程度まで耐えられます。

    一般的に観葉植物として販売されているアジアンタムはそこまで耐寒性があるわけではないので、冬場は室内などに入れると良いと思います。

 

トキワシノブ

トキワシノブは中国原産の着生植物です。日本でも盆栽や苔玉などにして楽しまれています。  シダ植物のため耐陰性が高く、洗面所に置くことができます。  葉水を行うようにし、土の表面が乾燥してきたらたっぷりと水やりをしてください。

トキワシノブは中国原産の着生植物で、日本でも盆栽や苔玉などにして古くから楽しまれています。シダ植物のため耐陰性がありますが、よく馴らされた株であれば直射日光にも耐えるほど強健なシダです。もさもさとした毛が生えた根が可愛らしく、鮮やかな緑色をした葉とのコントラストが非常に涼やかで淑やかな印象を与えます。

普通の水やりに加えて葉水を行うようにし、土の表面が乾燥してきたらたっぷりと水やりをしてください。

トキワシノブ

  • トキワシノブは着生植物です。着生植物とは、地面に根を生やし自生するのではなく、他の植物に着生し自生する植物のことです。

    なので通常は土の上で栽培しませんが、コケや水分の多い土を使用することによって鉢植えで育てることが可能です。栽培し年を増すごとに根茎が渦巻き、ぐるぐるになってヘビがとぐろを巻いている格好に見えるのが特徴です。

    またトキワシノブの葉は、葉の根元から先端に掛けて、長い葉から短い葉へと変化していきます。逆三角形の様に生えるのです。これらの形を整えて楽しむことが出来るので、盆栽として需要が非常に増えています。

    また、トキワシノブは生長するにつれて鉢を包み込むように丸くなっていきます。岩にも着生できるのでアイディア次第でとても面白い仕立て方が出来るのも魅力の一つです。

 

アスプレニウム

アスプレニウムはアスプレニウム属に分類されるシダ植物の総称です。うっそうとしたジャングルのような場所に生えているものもあるため、耐陰性が高く洗面所に置くことができます。  代表的なのはアスプレニウム・エメラルドウェーブやタニワタリなどです。  水やりは土の表面が乾燥したらたっぷりと行うようにして、葉水もマメに行ってください。

アスプレニウムアスプレニウム属に分類されるシダ植物の総称です。うっそうとしたジャングルのような場所に生えているものもあるため、耐陰性が高く洗面所に置くことができます。代表的なのはアスプレニウム・エメラルドウェーブやタニワタリなどです。比較的大型のものが多いですが、その分しっかりと育てれば見ごたえ抜群です。水やりは土の表面が乾燥したらたっぷりと行うようにして、葉水もまめに行ってください。

アスプレニウム

  • アスプレニウムは主に熱帯~亜熱帯地域に多く分布しているシダ植物で、約700種存在すると言われています。日本ではオオタニワタリなどが沖縄などに分布しています。その他園芸品種として良く流通するものとしてエメラルドウェーブやアビスというものがあります。いずれも基本的には常緑のシダ植物で、半日陰~日陰を好みます。また、オオタニワタリなど一部のアスプレニウムは新芽を食用とする場合があります。

 

ヘデラ(アイビー

ヘデラは斑の入り方が様々あり、とても数の多い植物になります。  ツル性なので、高い場所から垂らすように飾ることもできます。  水やりは土の表面が乾燥したらたっぷりと行ってください。

つる性植物の定番ヘデラはアイビーという名前で流通することもあり、ポトス同様に非常に多くの葉模様があります。白や黄色の斑だけでなく、迷彩模様のようなグレーのような色が入ったトリカラーの葉模様など、非常に観賞価値が高い植物です。また、繁殖力旺盛でとても強健な植物でもあります。水耕栽培でも育てることが出来、長く伸ばして上から垂らすように飾ることもできます。

アイビー

  • アイビーはウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物で、属名のヘデラの名前でも流通しています。葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。アイビーは性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。

    また、地面に植えたアイビーは家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。アイビーは水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。アイビーは耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

 

サンスベリア

サンスベリアは空気清浄効果が高く、金運アップの開運アイテムとしても売られています。  乾燥にも強く、耐陰性もあるため洗面所に置くことが出来ます。

観葉植物定番中の定番、サンスベリアは熱帯アフリカ原産が原産で、チトセラン、トラノオなどの名前で流通していることがあります。和名であるトラノオはその名の通り葉の模様がトラ模様そっくりだからです。一般的にトラノオとして流通しているのはサンスベリア・トリファスキアタ・ローレンティと呼ばれるものになります。最近では極小型のサンスベリアなどもホームセンター、園芸店に並ぶようになってきており、一口にサンスベリアと言っても選択肢が多数あります。

シダ植物などと比べると耐陰性がやや劣るので、洗面所のなるべく日当たりの良い場所に置き、定期的に日光浴させてあげることが健康な株にするポイントです。

サンスベリア・トリファスキアタ・ローレンティ

  • サンスベリア(サンセベリア)はキジカクシ科サンスベリア属に分類される熱帯アフリカが原産の観葉植物です。

    和名はチトセランで、トリファスキアタ・ローレンティは覆輪斑であるためフクリンチトセランとも呼ばれています。しかし、ローレンティもフクリンチトセランもあまり一般的ではないようで、流通する場合はサンスベリアやトラノオ(虎の尾)という名前が多いようです。

    トラノオはそのままの意味で、見た目が虎の尾に似ているからそう呼ばれるようになったそうです。

    サンスベリアは空気清浄能力が高く、さらには金運をアップさせる開運植物として売られることもあります。

    葉に水分を蓄えることが出来るため、乾燥に強く、逆に蒸れに弱いです。

 

 

\洗面所での飾り方など!/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「水回りも素敵に!洗面所におすすめの観葉植物8選と飾り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ