お花屋さんの定番の花10選と切り花の管理方法

清水ヨシミ

清水ヨシミ

このライターの記事一覧

公開日 :

お花屋さんにある定番の花と魅力、長持ちさせるための切り方や水量などの管理方法をご紹介いたします。

目次

お花屋さんの定番の花10選

切り花の管理方法

お花屋さんの定番の花10選

バラ

バラの色の種類と花言葉 花色…赤、ピンク、白、黄緑、黄、オレンジ、紫、青、アンティークカラーなど  花言葉…「愛」「美」  ▼詳しいバラの情報  <div class="posttype-library shortcode"><div id="postMain" class="full"><article class="library-list-tax"><a href="https://lovegreen.net/library/flower/p93235/" class="clickable"></a>
   <div class="library-list-ttl clearfix">
   <h2 class="library-list-ttl-text"><span class="library-list-ttl-text-inner">バラ(ブッシュ・ローズ)</span></h2>
    <div class="library-list-types">
    <a href="/library/type/flower" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">草花</a>    </div>
 </div>
  <div class="thumbnail" style="background:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/05/325f9a66e284888fcd558972d8d1e799-300x225.jpg) no-repeat center/cover;"></div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
          <ul class="library-list-list">
          <li class="library-list-item"><p>バラはその豪華な美しさと芳香で花の女王ともいわれ、紀元前の昔から人々を魅了してきました。愛と美の象徴ともいわれ神話や宗教、芸術や文学にも数多く登場し、いつの時代にも文化の中心に咲き続けています。バラ科・バラ属の落葉性の低木・花木で、その多くは葉や茎にトゲを持ちます。樹形からブッシュローズ(木立ち性)、シュラブローズ(半つる性)、クライミング・ローズ(つる性、つるバラ)の3タイプに分けられています。ブッシュローズは株立ち性の枝幹がまっすぐ伸びて花が上向きに咲くタイプで、「ハイブリットティー」「フロリパンダ」「ミニュチュア」「パティオ」「ポリアンサ」が含まれます。</p>
</li>
      </ul>
      </div>
</article></div></div>  バラの魅力 何といっても華やかなバラは、時代が変わっても花屋でトップの人気を誇っています。花束はもちろん、1輪だけでもしっかりと存在感を発揮しますね。 バラの花色は赤、白、ピンク、黄、青、紫、緑、黒など様々で、香りも色や種類によって異なります。また、バラは贈り物として大変人気があることから、色別だけではなく、種類や本数、部位によっても花言葉がつけられています。  ▼バラの色や数ごとの花言葉  <div class="posttype-post shortcode"><div id="posts" class="default-posts"><article><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p21463/" class="clickable"></a>
    <div class="thumbnail" style="background-image:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2016/02/GettyImages-494083234-e1481003962864.jpg);">
        <a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p21463/"></a>
  </div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
    <h2><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p21463/">バラ(薔薇)の花言葉|バラ(薔薇)の種類、特徴、色別の花言葉</a></h2>
    <p><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p21463/">バラ(薔薇)は言わずと知れた愛を象徴する花。バラ(薔薇)の花言葉と種類別、色別、本数別のバラ(薔薇)の花言葉…</a></p>
    <p class="top-post-name">LOVEGREEN編集部</p>
    <time class="top-post-date" datetime="2019-03-01">2019.03.01</time>
    <span class="post-cat"><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/">誕生花・花言葉</a></span>  </div>
</article></div></div>  ワンポイント バラの水の吸い上げを良くするには、茎を斜めにカットし、深水に生けましょう。切花栄養剤も効果的です。バラの開花期は初夏から秋ですが、切り花は冬場の寒い時期の方が長持ちします。

バラの色の種類と花言葉

花色…赤、ピンク、白、黄緑、黄、オレンジ、紫、青、アンティークカラーなど

花言葉…「愛」「美」

▼詳しいバラの情報

バラ(ブッシュ・ローズ)

  • バラはその豪華な美しさと芳香で花の女王ともいわれ、紀元前の昔から人々を魅了してきました。愛と美の象徴ともいわれ神話や宗教、芸術や文学にも数多く登場し、いつの時代にも文化の中心に咲き続けています。バラ科・バラ属の落葉性の低木・花木で、その多くは葉や茎にトゲを持ちます。樹形からブッシュローズ(木立ち性)、シュラブローズ(半つる性)、クライミング・ローズ(つる性、つるバラ)の3タイプに分けられています。ブッシュローズは株立ち性の枝幹がまっすぐ伸びて花が上向きに咲くタイプで、「ハイブリットティー」「フロリパンダ」「ミニュチュア」「パティオ」「ポリアンサ」が含まれます。

バラの魅力

何といっても華やかなバラは、時代が変わっても花屋でトップの人気を誇っています。花束はもちろん、1輪だけでもしっかりと存在感を発揮しますね。 バラの花色は赤、白、ピンク、黄、青、紫、緑、黒など様々で、香りも色や種類によって異なります。

バラの色や数ごとの花言葉

ワンポイント

バラの水の吸い上げを良くするには、茎を斜めにカットし、深水に生けましょう。長持ちさせたいときは切花栄養剤もおすすめです。バラの開花期は初夏から秋ですが、切り花は冬場の寒い時期の方が長持ちしやすいです。

ガーベラ

ガーベラの色の種類と花言葉 花色…赤、ピンク、白、緑、黄、オレンジ、紫、複色など  花言葉…「希望」「前進」  ▼詳しいガーベラの情報  <div class="posttype-library shortcode"><div id="postMain" class="full"><article class="library-list-tax"><a href="https://lovegreen.net/library/flower/p88878/" class="clickable"></a>
   <div class="library-list-ttl clearfix">
   <h2 class="library-list-ttl-text"><span class="library-list-ttl-text-inner">ガーベラ</span></h2>
    <div class="library-list-types">
    <a href="/library/type/flower" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">草花</a>    </div>
 </div>
  <div class="thumbnail" style="background:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/04/2eea61986028b6640cfe0f0741808815-300x200.jpg) no-repeat center/cover;"></div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
          <ul class="library-list-list">
          <li class="library-list-item"><p>ガーベラはキク科の多年草で、まっすぐに伸びた花茎から5~10cm程度の花をたくさん咲かせてくれます。切り花として活用できる大輪のものから、「ミニガーベラ」の別称で販売されている3cmほどの改良種まで多彩な品種があります。花は赤、オレンジ、黄色、白、ピンク、紫など豊富な色幅があり、春と秋の2度、開花を楽しめるのが特長です。冬には地上部分は枯れてしまいますが、東京以西であれば上手に冬越しさせると翌年の春に再び芽を出してくれます。最近では、暑さ、寒さ、病害虫に強く改良され、早春から晩秋まで咲くガーデンガーベラ(宿根ガーベラ)も販売されており、丈夫で育てやすく人気があります。</p>
</li>
      </ul>
      </div>
</article></div></div>  ガーベラの魅力 ガーベラは、イラストにもよく描かれるかわいらしい見た目で、特に女性から人気があります。ネガティブな花言葉がなく、プレゼントもしやすいですよ。ビビッドカラーから深みのある色まで発色の良い色が豊富で、色ごとにも花言葉があります。  ▼ガーベラの色ごとの花言葉  <div class="posttype-post shortcode"><div id="posts" class="default-posts"><article><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p22176/" class="clickable"></a>
    <div class="thumbnail" style="background-image:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2016/12/108195173-e1481005774773.jpg);">
        <a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p22176/"></a>
  </div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
    <h2><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p22176/">ガーベラの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉</a></h2>
    <p><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p22176/">ガーベラの花言葉と種類についてご紹介。ガーベラは元気でキュートなイメージで人気の花。飾ると周囲が明るくなり、…</a></p>
    <p class="top-post-name">LOVEGREEN編集部</p>
    <time class="top-post-date" datetime="2018-06-20">2018.06.20</time>
    <span class="post-cat"><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/">誕生花・花言葉</a></span>  </div>
</article></div></div>  ガーベラは、よく見かけるミニガーベラだけではなく、八重咲き、スパイダー咲きといわれる細い花弁のもの、10センチ以上もある大輪、パスタのように波打った形の花弁をもつパスタシリーズなど、実は様々な形があります。  ▼様々な形のガーベラの写真  <div class="posttype-post shortcode"><div id="posts" class="default-posts"><article><a href="https://lovegreen.net/flower/p72712/" class="clickable"></a>
    <div class="thumbnail" style="background-image:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/01/2017012113.jpg);">
        <a href="https://lovegreen.net/flower/p72712/"></a>
  </div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
    <h2><a href="https://lovegreen.net/flower/p72712/">品種が豊富!ガーベラを上手く生けるコツ</a></h2>
    <p><a href="https://lovegreen.net/flower/p72712/">生花としては、1年中、出回っているガーベラ。ガーベラは色の種類も豊富で、明るくて元気なイメージの人気の花です…</a></p>
    <p class="top-post-name">金子三保子</p>
    <time class="top-post-date" datetime="2018-08-15">2018.08.15</time>
    <span class="post-cat"><a href="https://lovegreen.net/flower/">花</a></span>  </div>
</article></div></div>  ワンポイント ガーベラは茎が柔らかく腐りやすいため、茎先が潰れないように花バサミで茎に対して直角にまっすぐカットし、茎が2~3センチ浸かる程度の浅めの水に生けましょう。

ガーベラの色の種類と花言葉

花色…赤、ピンク、白、緑、黄、オレンジ、紫、複色など

花言葉…「希望」「前進」

▼詳しいガーベラの情報

ガーベラ

  • ガーベラはキク科の多年草で、まっすぐに伸びた花茎から5~10cm程度の花をたくさん咲かせてくれます。切り花として活用できる大輪のものから、「ミニガーベラ」の別称で販売されている3cmほどの改良種まで多彩な品種があります。花は赤、オレンジ、黄色、白、ピンク、紫など豊富な色幅があり、春と秋の2度、開花を楽しめるのが特長です。冬には地上部分は枯れてしまいますが、東京以西であれば上手に冬越しさせると翌年の春に再び芽を出してくれます。最近では、暑さ、寒さ、病害虫に強く改良され、早春から晩秋まで咲くガーデンガーベラ(宿根ガーベラ)も販売されており、丈夫で育てやすく人気があります。

 

ガーベラの魅力

ガーベラは、イラストにもよく描かれるかわいらしい見た目で、特に女性から人気があります。ネガティブな花言葉がなく、プレゼントもしやすいですよ。

ガーベラの色ごとの花言葉

 

ガーベラは、よく見かけるミニガーベラだけではなく、八重咲き、スパイダー咲きといわれる細い花弁のもの、10センチ以上もある大輪、パスタのように波打った形の花弁をもつパスタシリーズなど、実は様々な形があります。

▼様々な形のガーベラの写真

 

ワンポイント

ガーベラは茎が柔らかく腐りやすいため、茎先が潰れないように花バサミで茎に対して直角にまっすぐカットし、茎が2~3センチ浸かる程度の浅めの水に生けましょう。

カーネーション

カーネーションの色の種類と花言葉 花色…赤、ピンク、白、緑、黄色、オレンジ、紫、複色など  花言葉…「無垢で深い愛」  ▼詳しいカーネーションの情報  <div class="posttype-library shortcode"><div id="postMain" class="full"><article class="library-list-tax"><a href="https://lovegreen.net/library/flower/p88877/" class="clickable"></a>
   <div class="library-list-ttl clearfix">
   <h2 class="library-list-ttl-text"><span class="library-list-ttl-text-inner">カーネーション</span></h2>
    <div class="library-list-types">
    <a href="/library/type/flower" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">草花</a>    </div>
 </div>
  <div class="thumbnail" style="background:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/04/70-300x200.jpg) no-repeat center/cover;"></div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
          <ul class="library-list-list">
          <li class="library-list-item"><p>カーネーションの歴史は古く、17世紀ヨーロッパだけでも300種類以上の品種があったといわれています。その後、日本には江戸時代に輸入されました。鉢花、生花としても世界的にポピュラーで人気が高いです。品種、形、色の種類も豊富にあります。生花では、1本の茎に一輪咲きの「スタンダードタイプ」と、枝分かれし数輪咲きの「スプレータイプ」があります。</p>
</li>
      </ul>
      </div>
</article></div></div>  カーネーションの魅力 カーネーションは母の日の印象が強く、他にはあまり使われていないイメージを持たれることもありますが、実はブーケやアレンジメントを作る際に色味を調整したり、全体のボリュームを出したり、他の花を支えたりと、お花屋さんで影ながらも大活躍しています。発色が良い色が豊富なのに主張しすぎない見た目は、まさしく影の立役者ですね。  近年はニュアンスカラーも多く出回るようになり、そのフリルの多い見た目と相まって、アンティークなイメージも楽しめるようになりました。  ▼カーネーションの色ごとの花言葉  <div class="posttype-post shortcode"><div id="posts" class="default-posts"><article><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p24321/" class="clickable"></a>
    <div class="thumbnail" style="background-image:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2016/03/GettyImages-626503186-e1481253568442.jpg);">
        <a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p24321/"></a>
  </div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
    <h2><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p24321/">カーネーションの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉</a></h2>
    <p><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p24321/">カーネーションは「母の日」を象徴する花。カーネーションの花言葉と種類についてご紹介。   カーネー…</a></p>
    <p class="top-post-name">LOVEGREEN編集部</p>
    <time class="top-post-date" datetime="2018-07-02">2018.07.02</time>
    <span class="post-cat"><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/">誕生花・花言葉</a></span>  </div>
</article></div></div>  ワンポイント カーネーションは茎が傷みやすいため、茎が数センチ浸かる程度の浅めの水に生けましょう。節の部分で折れやすいものは短めに切って、生ける時に節部分が花瓶の淵にかからないように生けると、折れるのを防ぐ事が出来ます。

カーネーションの色の種類と花言葉

花色…赤、ピンク、白、緑、黄色、オレンジ、紫、複色など

花言葉…「無垢で深い愛」

▼詳しいカーネーションの情報

カーネーション

  • カーネーションの歴史は古く、17世紀ヨーロッパだけでも300種類以上の品種があったといわれています。その後、日本には江戸時代に輸入されました。鉢花、生花としても世界的にポピュラーで人気が高いです。品種、形、色の種類も豊富にあります。生花では、1本の茎に一輪咲きの「スタンダードタイプ」と、枝分かれし数輪咲きの「スプレータイプ」があります。

 

カーネーションの魅力

カーネーションは母の日の印象が強いですが、母の日以外もブーケやアレンジメントを作る際に色味を調整したり、全体のボリュームを出したり、他の花を支えたりと、お花屋さんで活躍しています。発色が良い色が豊富なのに主張しすぎない見た目は、まさしく影の立役者ですね。

近年はニュアンスカラーも多く出回るようになり、そのフリルの多い見た目と相まって、アンティークなイメージも楽しめるようになりました。

カーネーションの色ごとの花言葉

 

ワンポイント

カーネーションは茎が傷みやすいため、茎が数センチ浸かる程度の浅めの水に生けましょう。節の部分で折れやすいものは短めに切って、生ける時に節部分が花瓶の縁にかからないように生けると、折れるのを防ぐ事が出来ます。 

トルコキキョウ

トルコキキョウの色の種類と花言葉 花色…紫、ピンク、白、緑、黄、茶、複色など  花言葉…「優美」「すがすがしい美しさ」  ▼詳しいトルコキキョウの情報  <div class="posttype-post shortcode"><div id="posts" class="default-posts"><article><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p10890/" class="clickable"></a>
    <div class="thumbnail" style="background-image:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2016/05/GettyImages-470623936-e1481683203230.jpg);">
        <a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p10890/"></a>
  </div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
    <h2><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p10890/">8月18日の誕生花|トルコキキョウ</a></h2>
    <p><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p10890/">8月18日の誕生花は「トルコキキョウ」です。「トルコキキョウ」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知…</a></p>
    <p class="top-post-name">LOVEGREEN編集部</p>
    <time class="top-post-date" datetime="2018-07-01">2018.07.01</time>
    <span class="post-cat"><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/">誕生花・花言葉</a></span>  </div>
</article></div></div>  トルコキキョウの魅力 トルコキキョウは、様々な色や形があり華やかな見た目で、日持ちが良く、日常から冠婚葬祭までシーンを問わないなどと、かわいらしいだけではなくとても使い勝手のいい花です。  バラのような丸い形ですが、はっきりした紫や花弁の縁取りをするようなバイカラーなど、バラにはないカラーバリエーションがあるのも魅力的ですね。 以前は一重で、ピンクや紫、白い花が主流でしたが、近年では華やかな八重咲きが多く出回り、ニュアンスカラーや黒に近い色まで様々な色も増えました。  ▼トルコキキョウの色ごとの花言葉  <div class="posttype-post shortcode"><div id="posts" class="default-posts"><article><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p31162/" class="clickable"></a>
    <div class="thumbnail" style="background-image:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2016/05/GettyImages-470623936-e1481683203230.jpg);">
        <a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p31162/"></a>
  </div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
    <h2><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p31162/">トルコキキョウの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉</a></h2>
    <p><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p31162/">トルコキキョウは優雅で気品あふれる、バラに並んで美しい花。トルコキキョウの花言葉と種類についてご紹介。 トル…</a></p>
    <p class="top-post-name">LOVEGREEN編集部</p>
    <time class="top-post-date" datetime="2018-06-22">2018.06.22</time>
    <span class="post-cat"><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/">誕生花・花言葉</a></span>  </div>
</article></div></div>  ワンポイント トルコキキョウは、茎を手で折るか、花バサミで斜めにカットしましょう。通常~やや浅めの水に生けましょう。

トルコキキョウの色の種類と花言葉

花色…紫、ピンク、白、緑、黄、茶、複色など

花言葉…「優美」「すがすがしい美しさ」

▼詳しいトルコキキョウの情報

 

トルコキキョウの魅力

トルコキキョウは、様々な色や形、大きく華やかな見た目、日持ちが良い、日常から冠婚葬祭までシーンを問わないなどたくさんの長所を持ち、かわいらしいだけではなく様々なシーンで活躍する花です。

バラのような丸い形ですが、はっきりした紫や花弁の縁取りをするようなバイカラーなど、バラにはないカラーバリエーションがあるのも魅力的ですね。 以前は一重で、ピンクや紫、白い花が主流でしたが、近年では華やかな八重咲きが多く出回り、ニュアンスカラーや黒に近い色まで様々な色も増えました。

▼トルコキキョウの色ごとの花言葉

 

ワンポイント

トルコキキョウは、茎を手で折るか、花バサミで斜めにカットしましょう。通常~やや浅めの水に生けましょう。

▼トルコキキョウの種類、生け方

 

カラー

カラーの色の種類と花言葉 花色…白、黄色、紫、ピンクなど  花言葉…「乙女のしとやかさ」「清浄」  ▼詳しいカラーの情報  <div class="posttype-library shortcode"><div id="postMain" class="full"><article class="library-list-tax"><a href="https://lovegreen.net/library/bulb/p88887/" class="clickable"></a>
   <div class="library-list-ttl clearfix">
   <h2 class="library-list-ttl-text"><span class="library-list-ttl-text-inner">カラー</span></h2>
    <div class="library-list-types">
    <a href="/library/type/bulb" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">球根</a>    </div>
 </div>
  <div class="thumbnail" style="background:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/04/85-300x200.jpg) no-repeat center/cover;"></div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
          <ul class="library-list-list">
          <li class="library-list-item"><p>カラーは、草丈30cm~100cmのサトイモ科の多年草です。地中は球根(塊根)です。葉の形は三角形のやじり形やほこ形があり、長く太い茎が特徴です。すっとしたフォルムが印象的な植物で、切花でブーケやアレンジメントに良く使用されます。</p>
<p>カラーは切花として出回ることが多い印象ですが、育て方はそれほど難しいものではありません。庭植や鉢植えで育てることが出来ます。湿地を好む湿地性と乾燥気味を好む畑地性がありますので、購入時に必ず確認してください。秋と冬は地上部が枯れ、休眠して越冬します。春から初夏にかけて開花します。</p>
<p> </p>
<p>カラーの花に見える部分は花ではなく、仏炎苞と言われる萼(がく)が変化したものです。中心部の黄色い部分が花の集合体となります。仏炎苞の色は赤、オレンジ、黄、ピンク、白、紫など様々で、バイカラ―の品種もあります。</p>
</li>
      </ul>
      </div>
</article></div></div>  カラーの魅力 他にはないスタイリッシュなラインがおしゃれなカラー。カラーというと白をイメージすることが多いですが、黄色やオレンジ、紫など様々な色があります。  花弁のように見える部分は仏炎苞(ぶつえんほう)という、萼(がく)が変化したもので、中にある白~黄色の棒状のものが肉穂花序(にくすいかじょ)という花が集まったものです。  ▼カラーの色ごとの花言葉  <div class="posttype-post shortcode"><div id="posts" class="default-posts"><article><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p29328/" class="clickable"></a>
    <div class="thumbnail" style="background-image:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2016/04/GettyImages-499438697-e1481530838573.jpg);">
        <a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p29328/"></a>
  </div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
    <h2><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p29328/">カラーの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉</a></h2>
    <p><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p29328/">カラーは修道女のように清く美しい、凛とした姿の白い花。色別のカラーの花言葉と種類についてご紹介。 &nbsp…</a></p>
    <p class="top-post-name">LOVEGREEN編集部</p>
    <time class="top-post-date" datetime="2018-06-21">2018.06.21</time>
    <span class="post-cat"><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/">誕生花・花言葉</a></span>  </div>
</article></div></div>  ワンポイント カラーは水の吸い上げが良いので浅めの水に生けましょう。茎が柔らかく裂けやすいので、横にまっすぐカットします。

カラーの色の種類と花言葉

花色…白、黄色、紫、ピンクなど

花言葉…「乙女のしとやかさ」「清浄」

▼詳しいカラーの情報

カラー

  • カラーは、草丈30cm~100cmのサトイモ科の多年草です。地中は球根(塊根)です。葉の形は三角形のやじり形やほこ形があり、長く太い茎が特徴です。すっとしたフォルムが印象的な植物で、切花でブーケやアレンジメントに良く使用されます。

    カラーは切花として出回ることが多い印象ですが、育て方はそれほど難しいものではありません。庭植や鉢植えで育てることが出来ます。湿地を好む湿地性と乾燥気味を好む畑地性がありますので、購入時に必ず確認してください。秋と冬は地上部が枯れ、休眠して越冬します。春から初夏にかけて開花します。

     

    カラーの花に見える部分は花ではなく、仏炎苞と言われる萼(がく)が変化したものです。中心部の黄色い部分が花の集合体となります。仏炎苞の色は赤、オレンジ、黄、ピンク、白、紫など様々で、バイカラ―の品種もあります。

 

カラーの魅力

他にはないスタイリッシュなラインがおしゃれなカラーカラーというと白のイメージが印象的かもしれませんが、黄色やオレンジ、紫など様々な色があります。

花弁のように見える部分は仏炎苞(ぶつえんほう)という、萼(がく)が変化したもので、中にある白~黄色の棒状のものが肉穂花序(にくすいかじょ)という花が集まったものです。

カラーの色ごとの花言葉

 

ワンポイント

カラーは水の吸い上げが良いので浅めの水に生けましょう。茎が柔らかく裂けやすいので、横にまっすぐカットします。

ユリ

ユリの色の種類と花言葉 花色…白、ピンク、黄、オレンジ、赤、黒など  花言葉…「純粋」「無垢」  ▼詳しいユリの情報  <div class="posttype-library shortcode"><div id="postMain" class="full"><article class="library-list-tax"><a href="https://lovegreen.net/library/bulb/p123335/" class="clickable"></a>
   <div class="library-list-ttl clearfix">
   <h2 class="library-list-ttl-text"><span class="library-list-ttl-text-inner">百合(ユリ)</span></h2>
    <div class="library-list-types">
    <a href="/library/type/bulb" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">球根</a>    </div>
 </div>
  <div class="thumbnail" style="background:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/10/65a90b0e6d436c4e41abe0ea72c97647-300x200.jpg) no-repeat center/cover;"></div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
          <ul class="library-list-list">
          <li class="library-list-item"><p>百合(ユリ)は、主に初夏から夏にかけて香りの良い花を咲かせる球根植物です。ユリは非常に種類が多い上に園芸品種もたくさん作られています。ヤマユリのような大輪咲きからオトメユリのような小ぶりな花まであります。</p>
<p>テッポウユリやヤマユリなどは、日本の山野でも見かけることができます。香りが良く、花の形状も美しいので、世界中で人気です。特に白ユリは「聖母マリアの花」とされており、神聖な花とみなされています。</p>
</li>
      </ul>
      </div>
</article></div></div>  ユリの魅力 大きく華やかな立ち姿は美人の歩く姿にも例えられるほど美しいユリの花。見た目だけではなく豊かな甘い香りも魅力のひとつです。夏が旬のユリは切花にしても暑さに強く、下から順に花を咲かせるため長い期間楽しめます。  真っ白なカサブランカをはじめ、ピンク、赤、黄、黒など様々な色があり、八重咲きや反り返るように咲くものなど形も様々です。  ▼ユリの色ごとの花言葉  <div class="posttype-post shortcode"><div id="posts" class="default-posts"><article><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p30784/" class="clickable"></a>
    <div class="thumbnail" style="background-image:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2016/05/GettyImages-105813631-e1481680735313.jpg);">
        <a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p30784/"></a>
  </div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
    <h2><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p30784/">百合(ユリ)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉</a></h2>
    <p><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p30784/">百合(ユリ)の色別の花言葉と種類についてご紹介。百合(ユリ)は華麗に咲き誇る、聖母マリアに捧げられた「純潔の…</a></p>
    <p class="top-post-name">LOVEGREEN編集部</p>
    <time class="top-post-date" datetime="2018-08-20">2018.08.20</time>
    <span class="post-cat"><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/">誕生花・花言葉</a></span>  </div>
</article></div></div>  ワンポイント 茎は斜めにカットして、通常~やや少なめの水に生けましょう。花が開いたら、花粉はできるだけ早めに取り除くのがおすすめです。  ▼詳しい管理方法やユリの種類のご紹介  <div class="posttype-post shortcode"><div id="posts" class="default-posts"><article><a href="https://lovegreen.net/flower/p174290/" class="clickable"></a>
    <div class="thumbnail" style="background-image:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2018/06/IMG_3663-2-e1528768838509.jpg);">
        <a href="https://lovegreen.net/flower/p174290/"></a>
  </div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
    <h2><a href="https://lovegreen.net/flower/p174290/">夏の花の「ユリ」は、生け方を工夫して長く楽しもう!</a></h2>
    <p><a href="https://lovegreen.net/flower/p174290/">初夏から夏に旬を迎えるユリ。よく見かける花の一つですが「大きすぎて飾れない」「蕾が咲かない」などのお悩みはあ…</a></p>
    <p class="top-post-name">清水ヨシミ</p>
    <time class="top-post-date" datetime="2018-06-28">2018.06.28</time>
    <span class="post-cat"><a href="https://lovegreen.net/flower/">花</a></span>  </div>
</article></div></div>

ユリの色の種類と花言葉

花色…白、ピンク、黄、オレンジ、赤、黒など

花言葉…「純粋」「無垢」

▼詳しいユリの情報

百合(ユリ)

  • 百合(ユリ)は、主に初夏から夏にかけて香りの良い花を咲かせる球根植物です。ユリは非常に種類が多い上に園芸品種もたくさん作られています。ヤマユリのような大輪咲きからオトメユリのような小ぶりな花まであります。

    テッポウユリやヤマユリなどは、日本の山野でも見かけることができます。香りが良く、花の形状も美しいので、世界中で人気です。特に白ユリは「聖母マリアの花」とされており、神聖な花とみなされています。

 

ユリの魅力

大きく華やかな立ち姿は美人の歩く姿にも例えられるほど美しいユリの花。見た目だけではなく豊かな甘い香りも魅力のひとつです。夏が旬のユリは切花にしても暑さに強く、下から順に花を咲かせるため長い期間楽しめます。

真っ白なカサブランカをはじめ、ピンク、赤、黄、黒など様々な色があり、八重咲きや反り返るように咲くものなど形も様々です。

▼ユリの色ごとの花言葉

 

ワンポイント

茎は斜めにカットして、通常~やや少なめの水に生けましょう。花が開いたら、花粉はできるだけ早めに取り除くのがおすすめです。

▼ユリの種類、生け方

 

ブルースター(ツイーディア ) 

ブルースターの色の種類と花言葉 花色…青、白、ピンク  花言葉…「幸福な愛」「信じあう心」  ▼詳しいブルースターの情報  <div class="posttype-library shortcode"><div id="postMain" class="full"><article class="library-list-tax"><a href="https://lovegreen.net/library/flower/p91977/" class="clickable"></a>
   <div class="library-list-ttl clearfix">
   <h2 class="library-list-ttl-text"><span class="library-list-ttl-text-inner">ブルースター(オキシペタラム)</span></h2>
    <div class="library-list-types">
    <a href="/library/type/flower" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">草花</a>    </div>
 </div>
  <div class="thumbnail" style="background:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/05/91672323b13b86e23c080b04a2d032bc-300x200.jpg) no-repeat center/cover;"></div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
          <ul class="library-list-list">
          <li class="library-list-item"><p>ブルースター(オキシペタラム)は、南米原産で暑さに強く、初夏から秋まで咲き続け、暖地では戸外でも冬越し出来るほど比較的丈夫な多年草です。全体に短い白い毛がはえています。葉は長い楕円形で長さ9cmほどあり、基部は木質化し、花は3cmほどで咲き始めは水色、咲き終わりに近づくにつれて青が濃くなります。青い5枚の花弁が星のように見えることからブルースターの名前がついています。</p>
<p>庭植えよりも切り花としてよく用いられます。切ると茎から白い乳白色の液体を出します。人にによってはかぶれることがあるので注意が必要です。異名のオキシペタラムで流通することもあります。またキョウチクトウ科ではなくガガイモ科に分類されることもあります。</p>
<p> </p>
</li>
      </ul>
      </div>
</article></div></div>  ブルースターの魅力 ブルースターは、他にはない明るく鮮やかな水色で程良い大きさのため、どのような花とも合わせやすく、ポイントやアクセントになり他の花を引き立てたりまとめたりする立役者です。合わせる花の色によって、かわいく、さわやかに、鮮やかになど表情を変えるのも魅力ですね。  ワンポイント 茎をカットすると白い液が出てきます。そのまま生けると導管が詰まってしまい水の吸い上げが悪くなるので、拭き取るか、数ミリ潰して液が流れ出すのを止めましょう。通常~やや深めの水に生けましょう。

ブルースターの色の種類と花言葉

花色…青、白、ピンク

花言葉…「幸福な愛」「信じあう心」

▼詳しいブルースターの情報

ブルースター(オキシペタラム)

  • ブルースター(オキシペタラム)は、南米原産で暑さに強く、初夏から秋まで咲き続け、暖地では戸外でも冬越し出来るほど比較的丈夫な多年草です。全体に短い白い毛がはえています。葉は長い楕円形で長さ9cmほどあり、基部は木質化し、花は3cmほどで咲き始めは水色、咲き終わりに近づくにつれて青が濃くなります。青い5枚の花弁が星のように見えることからブルースターの名前がついています。

    庭植えよりも切り花としてよく用いられます。切ると茎から白い乳白色の液体を出します。人にによってはかぶれることがあるので注意が必要です。異名のオキシペタラムで流通することもあります。またキョウチクトウ科ではなくガガイモ科に分類されることもあります。

     

 

ブルースターの魅力

ブルースターは、他にはない明るく鮮やかな水色で程良い大きさのため、主役としてはもちろん、どのような花とも合わせやすく、ポイントやアクセントになり他の花を引き立てたりまとめたりする立役者としても活躍します。

ピンクと合わせてかわいく、白と合わせてさわやかに、ビビッドカラーと合わせて鮮やかになど、合わせる花の色によって表情を変えるのも魅力ですね。

ワンポイント

茎をカットすると白い液が出てきます。

そのまま生けると白い液が固まり、導管が詰まってしまい水の吸い上げが悪くなるので、拭き取るか数ミリ潰し、液が流れ出すのを止めましょう。今回はハサミの柄の固い部分で叩くようにして潰しました。

潰したあとは、写真のように液の流出が止まります。潰した時に多少割れてしまっても大丈夫ですよ。通常~やや深めの水に生けましょう。

カスミソウ

カスミソウの色の種類と花言葉 花色…白、薄ピンク  花言葉…「無垢の愛」「感謝」  ▼詳しいカスミソウの情報  <div class="posttype-library shortcode"><div id="postMain" class="full"><article class="library-list-tax"><a href="https://lovegreen.net/library/flower/p88882/" class="clickable"></a>
   <div class="library-list-ttl clearfix">
   <h2 class="library-list-ttl-text"><span class="library-list-ttl-text-inner">カスミソウ(かすみそう・かすみ草)</span></h2>
    <div class="library-list-types">
    <a href="/library/type/flower" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">草花</a>    </div>
 </div>
  <div class="thumbnail" style="background:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/04/77-300x200.jpg) no-repeat center/cover;"></div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
          <ul class="library-list-list">
          <li class="library-list-item"><p>カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は、背丈が1m以上に育ち、白い小さな花を沢山咲かせます。種類によっては、花の色が薄いピンク色をしているものや、花の大きさも大きいものもあります。カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は 一年草と宿根草の2種類があり、高温多湿を嫌い、移植も好まない特性を持っています。また、花のイメージからは想像しにく独特な匂いがあるので、他の花と一緒に植えたり、切り花として利用する場合は、匂いに配慮が必要です。多くの植物は肥料を必要としますが、カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は肥料なしでも花を咲かせてくれる植物です。</p>
</li>
      </ul>
      </div>
</article></div></div>  カスミソウの魅力 長く親しまれているカスミソウは、以前はバラなどの周りに添える使い方が一般的でしたが、近年はカスミソウのみのブーケや、グリーンや小花同士でまとめたブーケも人気が出てきています。  カスミソウはドライフラワーにしやすいので、ドライフラワーにして長く楽しむことができますね。  ワンポイント 生花のまま飾る場合はやや深めの水に生けましょう。ドライフラワーにする場合は、食者日光が当たらず、風通しの良い所に逆さに吊るします。

カスミソウの色の種類と花言葉

花色…白、薄ピンク

花言葉…「無垢の愛」「感謝」

▼詳しいカスミソウの情報

カスミソウ(かすみそう・かすみ草)

  • カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は、背丈が1m以上に育ち、白い小さな花を沢山咲かせます。種類によっては、花の色が薄いピンク色をしているものや、花の大きさも大きいものもあります。カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は 一年草と宿根草の2種類があり、高温多湿を嫌い、移植も好まない特性を持っています。また、花のイメージからは想像しにく独特な匂いがあるので、他の花と一緒に植えたり、切り花として利用する場合は、匂いに配慮が必要です。多くの植物は肥料を必要としますが、カスミソウ(かすみそう・かすみ草)は肥料なしでも花を咲かせてくれる植物です。

 

カスミソウの魅力

長く親しまれているカスミソウは、以前はバラなどの周りに添える使い方が一般的でしたが、近年はカスミソウのみのブーケや、グリーンや小花同士でまとめたブーケも人気が出てきています。

カスミソウはドライフラワーにしやすい花材です。ドライフラワーにすれば長く楽しむことができますね。

ワンポイント

生花のまま飾る場合はやや深めの水に生けましょう。ドライフラワーにする場合は、直射日光が当たらず、風通しの良い所に逆さに吊るします。

アルストロメリア

アルストロメリアの色の種類と花言葉 花色…赤、ピンク、白、黄色、オレンジ、紫など  花言葉…「持続」「エキゾチック」  ▼詳しいアルストロメリアの情報  <div class="posttype-library shortcode"><div id="postMain" class="full"><article class="library-list-tax"><a href="https://lovegreen.net/library/flower/p88855/" class="clickable"></a>
   <div class="library-list-ttl clearfix">
   <h2 class="library-list-ttl-text"><span class="library-list-ttl-text-inner">アルストロメリア</span></h2>
    <div class="library-list-types">
    <a href="/library/type/flower" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">草花</a>    </div>
 </div>
  <div class="thumbnail" style="background:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/04/34-300x180.jpg) no-repeat center/cover;"></div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
          <ul class="library-list-list">
          <li class="library-list-item"><p>アルストロメリアは球根の植物です。鉢植えでも地植えでも育てられます。</p>
<p>球根から伸びた茎はおよそ50cmまで伸びます。葉は茎からその背を伸ばしますが、根元の所でぐるりと反転してたまま育ちます。私たちが見ている葉は実は裏返しなのです。そして、茎の先端に花がついており、特徴的な色合いを見せています。</p>
<p>原種は50種類ほどだと言われていますが、交配、品種改良が行われ現在ではその数は100種類ほど。アルストロメリアの咲かせる花は花弁が6枚。外側と内側3枚ずつ形が違います。外側は大きく丸みを帯びた花びら、外側よりも一回り小さな花びらが内側に3枚。花びらにはまだら模様、縞模様がついているのが特徴です。</p>
</li>
      </ul>
      </div>
</article></div></div>  アルストロメリアの魅力 ふんわりとした咲き方のアルストロメリアは、ボリュームや軽やかさを出したアレンジにしたい時にピッタリですね。また、花ごとにカットして小さく分けて生けることもできます。大きめのツボミは開くことが多く、花持ちもいいので、長く楽しむことができますよ。  ▼アルストロメリアの色ごとの花言葉  <div class="posttype-post shortcode"><div id="posts" class="default-posts"><article><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p29584/" class="clickable"></a>
    <div class="thumbnail" style="background-image:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2016/04/GettyImages-530485428-e1481533000361.jpg);">
        <a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p29584/"></a>
  </div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
    <h2><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p29584/">アルストロメリアの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉</a></h2>
    <p><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p29584/">アルストロメリアは存在感抜群の色鮮やかな花びらを持つ初夏の花。色別のアルストロメリアの花言葉と種類についてご…</a></p>
    <p class="top-post-name">LOVEGREEN編集部</p>
    <time class="top-post-date" datetime="2018-06-22">2018.06.22</time>
    <span class="post-cat"><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/">誕生花・花言葉</a></span>  </div>
</article></div></div>  ワンポイント 茎はやや斜めにカットして、通常~やや浅めの水に生けましょう。花ごとに咲き終わるタイミングが違うので、咲き終わった花から取り除くときれいな状態を保てます。

アルストロメリアの色の種類と花言葉

花色…赤、ピンク、白、黄色、オレンジ、紫など

花言葉…「持続」「エキゾチック」

▼詳しいアルストロメリアの情報

アルストロメリア

  • アルストロメリアは球根の植物です。鉢植えでも地植えでも育てられます。

    球根から伸びた茎はおよそ50cmまで伸びます。葉は茎からその背を伸ばしますが、根元の所でぐるりと反転してたまま育ちます。私たちが見ている葉は実は裏返しなのです。そして、茎の先端に花がついており、特徴的な色合いを見せています。

    原種は50種類ほどだと言われていますが、交配、品種改良が行われ現在ではその数は100種類ほど。アルストロメリアの咲かせる花は花弁が6枚。外側と内側3枚ずつ形が違います。外側は大きく丸みを帯びた花びら、外側よりも一回り小さな花びらが内側に3枚。花びらにはまだら模様、縞模様がついているのが特徴です。

 

アルストロメリアの魅力

ふんわりとした咲き方のアルストロメリアは、ボリュームや軽やかさを出したアレンジにしたい時にピッタリですね。また、花ごとにカットして小さく分けて生けることもできます。大きめのツボミは開くことが多く、花持ちもいいので、長く楽しむことができますよ。

アルストロメリアの色ごとの花言葉

 

ワンポイント

茎はやや斜めにカットして、通常~やや浅めの水に生けましょう。花ごとに咲き終わるタイミングが違うので、咲き終わった花から取り除くときれいな状態を保てます。

菊(マム)

菊(マム)とは? 花色…白、ピンク、黄緑、黄、オレンジ、赤など  花言葉…「高貴」「高尚」  ▼詳しい菊(マム)の情報  <div class="posttype-library shortcode"><div id="postMain" class="full"><article class="library-list-tax"><a href="https://lovegreen.net/library/flower/p93105/" class="clickable"></a>
   <div class="library-list-ttl clearfix">
   <h2 class="library-list-ttl-text"><span class="library-list-ttl-text-inner">キク(菊)</span></h2>
    <div class="library-list-types">
    <a href="/library/type/flower" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">草花</a>    </div>
 </div>
  <div class="thumbnail" style="background:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/05/271b5b0a07e7d6f2a69e1a04e3593922-300x200.jpg) no-repeat center/cover;"></div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
          <ul class="library-list-list">
          <li class="library-list-item"><p>キクは皇室の紋にも使われている日本を象徴する花のひとつです。中国から奈良時代に伝わり、江戸時代に入ってから盛んに品種改良されるようになりました。こうしたキクを「古典菊」と呼び、「江戸菊」「嵯峨菊」「美濃菊」など地名を冠してカテゴリー分けされています。スプレーギク、ピンポンマムなど、イギリスを中心に欧米で生み出された小輪でたくさんの花をつけるキクは「洋菊」と呼ばれています。花弁の形状は様々。伝統的な白、黄色にはじまり赤、ピンク、オレンジ、複数の色を合わせたものなど数多くの品種があります。古典菊、洋菊どちらも丈夫で育てやすいのが特長。品評会を目指すもよし、色とりどりの寄せ植えにしてもよし、様々な楽しみ方ができます。</p>
</li>
      </ul>
      </div>
</article></div></div>  菊(マム)の魅力 菊(マム)は日持ちが抜群に良く、形や色の種類が豊富です。古くから親しまれていますが、近年では丸い形のピンポンマムや、ダリアのような咲き方のもの、花弁が細い個性的なものが人気です。アンティークカラーの菊(マム)は秋の花との相性がよく、落ち着いたおしゃれなイメージになるのでおすすめです。  ▼菊(マム)の色ごとの花言葉  <div class="posttype-post shortcode"><div id="posts" class="default-posts"><article><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p135069/" class="clickable"></a>
    <div class="thumbnail" style="background-image:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2018/01/5606a43e256d274100ed9856a32fa2b6-e1516005749701.jpg);">
        <a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p135069/"></a>
  </div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
    <h2><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p135069/">菊(キク)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉</a></h2>
    <p><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/p135069/">菊(キク)は古くから愛され親しまれてきた”日本の花”。菊(キク)の花言葉と種類につい…</a></p>
    <p class="top-post-name">LOVEGREEN編集部</p>
    <time class="top-post-date" datetime="2018-07-01">2018.07.01</time>
    <span class="post-cat"><a href="https://lovegreen.net/languageofflower/">誕生花・花言葉</a></span>  </div>
</article></div></div>  ▼様々な種類の菊(マム)の写真  <div class="posttype-post shortcode"><div id="posts" class="default-posts"><article><a href="https://lovegreen.net/flower/p128883/" class="clickable"></a>
    <div class="thumbnail" style="background-image:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/12/061507.jpg);">
        <a href="https://lovegreen.net/flower/p128883/"></a>
  </div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
    <h2><a href="https://lovegreen.net/flower/p128883/">お正月は縁起物の花“菊(マム)”を!種類や長持ちさせるポイント</a></h2>
    <p><a href="https://lovegreen.net/flower/p128883/">もうすぐお正月。クリスマスが終わると、街は新しい年を迎える準備一色。そこで今回はお正月の花屋さんに欠かせない…</a></p>
    <p class="top-post-name">金子三保子</p>
    <time class="top-post-date" datetime="2018-12-27">2018.12.27</time>
    <span class="post-cat"><a href="https://lovegreen.net/flower/">花</a></span>  </div>
</article></div></div>  ワンポイント 茎は手で折るか、花バサミで斜めにカットしましょう。茎が腐りやすいので、やや浅めの水に生けましょう。

菊(マム)とは?

花色…白、ピンク、黄緑、黄、オレンジ、赤など

花言葉…「高貴」「高尚」

▼詳しい菊(マム)の情報

キク(菊)

  • キクは皇室の紋にも使われている日本を象徴する花のひとつです。中国から奈良時代に伝わり、江戸時代に入ってから盛んに品種改良されるようになりました。こうしたキクを「古典菊」と呼び、「江戸菊」「嵯峨菊」「美濃菊」など地名を冠してカテゴリー分けされています。スプレーギク、ピンポンマムなど、イギリスを中心に欧米で生み出された小輪でたくさんの花をつけるキクは「洋菊」と呼ばれています。花弁の形状は様々。伝統的な白、黄色にはじまり赤、ピンク、オレンジ、複数の色を合わせたものなど数多くの品種があります。古典菊、洋菊どちらも丈夫で育てやすいのが特長。品評会を目指すもよし、色とりどりの寄せ植えにしてもよし、様々な楽しみ方ができます。

 

菊(マム)の魅力

菊(マム)は日持ちが抜群に良く、形や色の種類が豊富です。古くから親しまれていますが、近年では丸い形のピンポンマムや、ダリアのような咲き方のもの、花弁が細い個性的なものが人気です。アンティークカラーの菊(マム)は秋の花との相性がよく、落ち着いたおしゃれなイメージになるのでおすすめです。

▼菊(マム)の色ごとの花言葉

 

▼様々な種類の菊(マム)の写真

 

ワンポイント

茎は手で折るか、花バサミで斜めにカットしましょう。茎が腐りやすいので、やや浅めの水に生けましょう。

目次に戻る≫

切り花の管理方法

はじめに、切花を長持ちさせる共通のポイントと用語をご紹介します。

葉の処理

葉に水分を取られすぎないようにするため、半分から下の葉は葉の付け根からカットして取り除きましょう。花瓶の中に入ってしまう葉、花瓶の水に浸かってしまう葉も傷みやすいので取り除きます。  葉が多すぎたり大きすぎるなど花とのバランスが悪い場合や、傷んでいる葉、他の花と生けるとき邪魔になる葉は取り除いてしまって構いません。

切花に葉をたくさんつけたままにしていると、葉に水分を取られ花に十分な水が行き渡らないため、半分から下の葉は葉の付け根からカットして取り除きましょう。花瓶の中に入ってしまう葉、花瓶の水に浸かってしまう葉も傷みやすいので取り除きます。

もし葉が多すぎたり大きすぎるなど花とのバランスが悪い場合や、傷んでいる葉、他の花と生けるとき邪魔になる葉は取り除いてしまって構いません。

茎のカットの仕方

花瓶の長さに合わせてカットしましょう。花や花瓶によっても違いますが、メインの花の中心:花瓶の長さ:水の量が等分になるように生けるのが基本の生け方です。

花瓶の長さに合わせてカットしましょう。  基本的に、茎が固いものは花バサミかフラワーナイフで斜めにカットすると、断面積が大きくなり水の吸い上げが良くなります。茎が柔らかいものは、斜めにカットすると花の重さで先端から潰れて水の吸い上げが悪くなってしまうので、花バサミで横にまっすぐカットして先端にかかる重さを分散させましょう。

基本的に、茎が固いものは花バサミかフラワーナイフで斜めにカットすると、断面積が大きくなり水の吸い上げが良くなります。茎が柔らかいものは、斜めにカットすると花の重さで茎の先端から潰れ、水の吸い上げが悪くなってしまうので、花バサミで横にまっすぐカットして茎の先端にかかる重さを分散させましょう。

花瓶の水の量

 

基本的に水の吸い上げが良いもの、茎が柔らかく腐りやすいものは、花瓶に数センチ程度の浅めの水=浅水(あさみず)に生けます。今回ご紹介する花の中で浅水に向くものはガーベラ、カーネーション、カラーです。他にはアリウム(ネギボウズ)やチューリップ、ヒヤシンスのような球根植物などは浅水に生けましょう。  水の吸い上げが悪いものは花瓶にたっぷりの深めの水=深水(ふかみず)に生けましょう。今回ご紹介する花の中で深水に向くものはバラです。他にはアジサイや草花など、すぐに花がしおれてしまうものは深水に生けましょう。  どちらでもない花は、全体の長さの1/3程度の深さの水に生けましょう。また、他の花に合わせたり、花の状態を見てすぐにしおれてきそうなら水を深めにするなど調整をしましょう。  また、夏場は水に浸かった部分の茎が腐りやすくなるため、「どちらでもない花」もできるだけ浅めの水に生けます。30センチ以下の長さのものは数センチ、7~80センチの長いものでも10センチ程茎が浸かる程度の水量にしましょう。気温が高いと水が汚れやすく、雑菌が繁殖すると茎が腐る原因になってしまうため、こまめに水換えをするようにしましょう。

基本的に水の吸い上げが良いもの、茎が柔らかく腐りやすいものは、花瓶に数センチ程度の浅めの水=浅水(あさみず)に生けます。今回ご紹介した花の中で浅水に向くものはガーベラ、カーネーション、カラーです。他にはアリウム(ネギボウズ)やチューリップ、ヒヤシンスのような球根植物などは浅水に生けましょう。

水の吸い上げが悪いものは花瓶にたっぷりの深めの水=深水(ふかみず)に生けましょう。今回ご紹介した花の中で深水に向くものはバラです。他にはアジサイや草花なども、深水の方が水をしっかりと吸い上げることができます。

浅水も深水にも該当しない花は、全体の長さの1/3程度の深さの水に生けましょう。また、他の花に合わせたり花の状態を見て水を吸い上げられていないようであれば、深水にするなど調整をしましょう。

また、夏場は水に浸かった部分の茎が腐りやすくなるため、深水でないとしおれてしまう花以外はできるだけ浅めの水に生けます。30センチ以下の長さのものは数センチ、7~80センチの長いものでも10センチ程茎が浸かる程度の水量にしましょう。

気温が高いと水が汚れやすく、雑菌が繁殖すると茎が腐る原因になってしまうため、どのような水量であってもこまめに水換えをするようにしましょう。

水換え

水換えはできれば毎日するのが理想ですが、難しければ切花用の鮮度保持剤を利用すると雑菌の発生を抑えることができ、花が長持ちしやすくなります。鮮度保持剤をいれても水を取り換えなくていいということではないので、水が濁ってきたらしっかりと水換えをしましょう。

こまめに水を換えるのは少し面倒にも感じますが、花瓶の水を清潔に保つことは花を長持ちさせるためにとても効果的な方法です。

茎の切り戻し

生けて数日経つと、茎の先端から黒くなってきます。

生けて数日経つと、茎の先端から黒くなってきます。

水換えの際や黒くなった時に、黒くなった部分プラス5ミリ~1センチほどカットしましょう。切り口が新しくなり、水の吸い上げがよくなります。茎がヌルヌルしている場合は流水で洗い流しましょう。茎の色が黄みがかり柔らかくなって腐ってしまっていたら、その部分は全部カットしましょう。  切り戻しをして茎が短くなってしまったら、小さな花瓶に生けなおすとまた違った雰囲気を楽しめますよ。

水換えの際や黒くなった時に、黒くなった部分プラス5ミリ~1センチほどカットしましょう。切り口が新しくなり、水の吸い上げがよくなります。茎がヌルヌルしている場合は流水で洗い流しましょう。茎の色が黄みがかり柔らかくなって腐ってしまっていたら、その部分は全部カットしましょう。

切り戻しをして茎が短くなってしまったら、小さな花瓶に生けなおすとまた違った雰囲気を楽しむことができます。

飾る場所

水が温まらないように、直射日光の当たらない、涼しい場所が理想です。花や葉の乾燥を防ぐために、エアコンや扇風機の風が当たらないようにしましょう。

目次に戻る≫

定番の花も品種改良され、次々と新しい色や形のものがお店に並びます。時代に合わせて変化しているのも長く愛されるポイントなのかもしれません。そんな魅力を考えながら、あらためて定番のお花を飾ったり、プレゼントしてみるのもいいですね!

 

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「お花屋さんの定番の花10選と切り花の管理方法」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

清水ヨシミ
清水ヨシミ

農家の祖父母、ガーデニングや家庭菜園が趣味の両親の植物一家に育ち、幼い頃から植物に親しむ。学生時代、卒業してすぐは音楽やファッションなどの芸能業界の職に就きましたが、海外での一人暮らしを機に花の仕事を始めました。青山フラワーマーケットや個人の花屋で製作やワークショップの経験を積み、世界に向けて情報を発信したいとの思いからストロボライトに入社。個人では生け花を習い4年目になり、自宅には季節の花や観葉植物を飾ったり、ハーブなどを育てて食べる事も趣味になっています!

このライターの記事一覧

おすすめ