育ててワクワクたのしいエディブルガーデン|4月の作業

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

2570views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

多年草野菜ミョウガの育て方!

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
苗の植え付け
追肥
収穫

エディブルガーデンとは

野菜や果樹、ハーブなど食べられる植物を取り入れ、育てて収穫を楽しむことができる庭や菜園のことを意味します。

だんだん園芸店やホームセンターに野菜の苗が並んできましたね。あれもこれも育てたい!とついついたくさん買ってしまいたくなりますが、自宅のベランダや菜園でどのくらいの苗を育てることができるのか考えながら購入していますか?

購入する苗の組み合わせを考えながら、菜園のレイアウトを考えてみましょう!

 

目次

家庭菜園のレイアウト

コンパニオンプランツとならもっとたくさん育てられる

多年草野菜ミョウガのすすめ

植え付け1年目のミョウガの生長記録

今後のミョウガのお手入れ

 

家庭菜園のレイアウト

いくらでも作物が植えられるような広い環境ならば、好きなだけ苗を買って育てることができますが、限られたスペースならば効率よく苗を植え付けなければなりません。

そんな小さな菜園でどんなことに注意して、レイアウトを決めなければならないのか考えてみましょう。

小さな菜園でのおすすめのレイアウト

小さな菜園では以下の4つのことに注意して作物をレイアウトしていきましょう。

東西にのびる畝

通常の菜園のレイアウトは、作物にまんべんなく日が当たるようにするため南北にのびる畝に植え付けるが基本のようですが、小さなスペースでいろんな種類の野菜を少しずつ育てる場合には、東西にのびる畝に植え付けることをおすすめします。

通常の菜園のレイアウトは、作物にまんべんなく日が当たるようにするため南北にのびる畝に植え付けるが基本のようですが、小さなスペースでいろんな種類の野菜を少しずつ育てる場合には、東西にのびる畝に植え付けることをおすすめします。

南側から背の低い順

南側から背の低い作物を順々に植え、北側には半日陰を好む作物を植えましょう。

支柱の有無

トマトなど支柱を必要とする作物を1列に畝にまとめて配置すると、支柱も安定し作業もしやすくなります。

科の違う作物

「混植」といって育てる作物にとって相性の良い作物を一緒に育てることで、良い影響を与え合いながら育てることができます。混植する際に有用な植物をコンパニオンプランツといい、病害虫の発生を軽減することができます。

また、「間作」といって家庭菜園くらいの小さな場所では、科の異なる種類の作物を植え付けることで連作障害のリスクを減らすことができます。

※連作障害とは、同じ畑で同じ種類の作物を続けて栽培するうちに、作物が健全に生育できなくなることをいいます。

目次に戻る≫

コンパニオンプランツとならもっとたくさん育てられる

コンパニオンプランツとは一緒に育てることで、互いに良い影響を与え合う植物のことです。病害虫を寄せ付けず、受粉を助け、生育を促進させる働きがあります。

主なコンパニオンプランツの効果

実際にどんな効果がコンパニオンプランツにあるのかみていきましょう。

害虫忌避(バンカープランツ、忌避植物、おとり植物)

害虫被害を押さえる効果が期待できます。ネギ類やパセリ・セロリ、ハーブ類のような匂いの強い野菜で害虫を遠ざけます。

害虫被害を押さえる効果が期待できます。ネギ類やパセリ・セロリ、ハーブ類のような匂いの強い野菜で害虫を遠ざけます。

結実促進

マリーゴールド、ナスタチウム、ボリジ、カモマイルなどを植えると、受粉を助けてくれるハチやアブなどを集めることができます。スイカやズッキーニなどの受粉が結実に欠かせない作物の良い助けになってくれます。

マリーゴールド、ナスタチウム、ボリジ、カモマイルなどを植えると、受粉を助けてくれるハチやアブなどを集めることができます。スイカやズッキーニなどの受粉が結実に欠かせない作物の良い助けになってくれます。

病害予防(対抗植物)

ネギ類やマリーゴールドの根には、病害を防いだり、減らしたりする働きがあります。  特にマリーゴールドは、ネコブ線虫等に対する殺虫効果をもつといわれ、作物に対する病害の抑制にも効果があると考えられているため、一緒に植えたり緑肥として土にすき込むのに使用される植物です。

ネギ類やマリーゴールドの根には、病害を防いだり、減らしたりする働きがあります。

特にマリーゴールドは、ネコブ線虫等に対する殺虫効果をもつといわれ、作物に対する病害の抑制にも効果があると考えられているため、一緒に植えたり緑肥として土にすき込むのに使用される植物です。

相互作用(アレロパシー)

肥料がたくさん必要な野菜は、肥料をそれほど必要としない野菜の余分な肥料分を吸収してくれます。また、日照を多く必要とする野菜の根元に、日陰でも育つ野菜を植え付けることで、お互いを補うことができます。

肥料がたくさん必要な野菜は、肥料をそれほど必要としない野菜の余分な肥料分を吸収してくれます。また、日照を多く必要とする野菜の根元に、日陰でも育つ野菜を植え付けることで、お互いを補うことができます。

コンパニオンプランツの代表格

このように生育が促進されたり、病害虫を防ぐことができる性質を用いてコンパニオンプランツは育てられています。みなさんも試す価値はきっとありますよ。

コンパニオンプランツのなかでも代表格であるマリーゴールドの作用とはどんなものでしょうか。

マリーゴールド

初夏から秋にかけて花壇を鮮やかに彩るマリーゴールドは、家庭菜園ではコンパニオンプランツとして良く育てられています。

初夏から秋にかけて花壇を鮮やかに彩るマリーゴールドは、家庭菜園ではコンパニオンプランツとして良く育てられています。

どんな作用があるの?

マリーゴールドには、ネグサレセンチュウなどの有害な土壌の線虫を殺す物質が体内に含まれているので、一緒に育てると良い影響があるようです。

注意するポイント

コンパニオンプランツとして有用なマリーゴールドも、花が咲いてはオオタバコガの幼虫などが寄ってくるので、花が咲いたらつみ取って部屋に飾りましょう。  オーガニックな種から育てると、マリーゴールドの花もエディブルフラワーとして食べることができます。また、「エバーグリーン」といって花の咲かないマリーゴールドの品種もありますよ。

コンパニオンプランツとして有用なマリーゴールドも、花が咲いてはオオタバコガの幼虫などが寄ってくるので、花が咲いたらつみ取って部屋に飾りましょう。

オーガニックな種から育てると、マリーゴールドの花もエディブルフラワーとして食べることができます。また、「エバーグリーン」といって花の咲かないマリーゴールドの品種もありますよ。

マリーゴールド

  • マリーゴールドは草丈20~100cmの暑さには強く寒さには弱い一年草です。開花時期が長く初心者にも育てやすい花です山吹色、オレンジ色、クリーム色、黄色などの色があります。花の大きさは4~7cmくらいです。日当たりのよい場所であればよく育ちます。マリーゴールドには医療用と観賞用の二つの種類があります。医療用はカレンデュラ、観賞用はフレンチマリーゴールドと呼ばれています。カンデュラの語源はカレンダーの意味を持ちます。花が1か月もつことから月経のサイクルに例えられたともいわれています。

    マリーゴールドは大きく分けて、フレンチマリーゴールドとアフリカンマリーゴールドに分けられます。

    フレンチマリーゴールド

    開花期5~7、9~11月で八重咲きと一重咲きがあります。色は赤・橙・黄で草丈は20~30センチ、 猛暑にはあまり強くない性質です。

    アフリカンマリーゴールド

    開花期5~11月でボール咲き・大輪のものが多いです。色は橙・黄・白で草丈は30~100cm、暑さにはフレンチ系より強いです。

     

組み合わせ

科の違う作物同士でどんなものが相性が良いといわれているのでしょうか。これから植える春夏野菜に適していると考えられている組み合わせについて紹介します。

枝豆とトウモロコシ

なぜ良いの?  枝豆をトウモロコシの側で育てることで、トウモロコシの天敵アワノメイガが寄り付かなくなり、枝豆の天敵コガネムシの飛来も減るようです。  また、枝豆はマメ科の特徴である根粒菌により窒素を固定するため、トウモロコシの生育も良くなります。

なぜ良いの?

枝豆をトウモロコシの側で育てることで、トウモロコシの天敵アワノメイガが寄り付かなくなり、枝豆の天敵コガネムシの飛来も減るようです。

また、枝豆はマメ科の特徴である根粒菌により窒素を固定するため、トウモロコシの生育も良くなります。

きゅうりとネギ

なぜ良いの?  ネギはコンパにコンプランツの代表格です。様々な植物に有益に働きます。  ネギの根についている微生物が、きゅうりのつる割れ病などを予防するといわれています。さらに、ネギ類の独特の臭いはきゅりの害虫ウリハムシが寄り付かなくなる作用があるようです。

なぜ良いの?

ネギはコンパにコンプランツの代表格です。様々な植物に有益に働きます。

ネギの根についている微生物が、きゅうりのつる割れ病などを予防するといわれています。さらに、ネギ類の独特の臭いはきゅりの害虫ウリハムシが寄り付かなくなる作用があるようです。

トマトとバジル

なぜいいの?

トマトは南米地域原産のナス科の野菜で、乾燥に強い野菜です。一方のバジルは、熱帯アジアのインド原産のシソ科のハーブです。そのため、トマトにとって余分な水分をバジルが代わりに吸収してくれることになります。

ナスとパセリ

なぜいいの?

ナスの害虫はヨトウムシ、アザミウマ、ニジュウヤホシテントウ、カメムシ。それに対しパセリの害虫はアゲハの幼虫。

それぞれに発生する害虫がお互い相手の野菜を嫌うので、ナスの害虫もパセリの害虫も寄り付かなくなるといわれています。

ピーマンとニラ

なぜいいの?

ニラはピーマン以外のナス科野菜とも相性が良く、生育を助けるといわれています。萎ちょう病、青枯病などの連作障害にも効果があるようです。

バンカープランツとは

コンパニオンプランツと似たような効果をもたらす「バンカープランツ」というものがあります。  バンカーという言葉は「銀行」という意味があり、植物にやってくる害虫の天敵を増やすために育てる植物を総称してバンカープランツと言います。  このバンカープランツとして有力視されている植物は、ソラマメやオクラ、クローバー、マリーゴールド、ごま、むぎ、一部の雑草やハーブなどがあります。どんな害虫の天敵を引き寄せるのか、各々の植物の組み合わせが重要です。

コンパニオンプランツと似たような効果をもたらす「バンカープランツ」というものがあります。

バンカーという言葉は「銀行」という意味があり、植物にやってくる害虫の天敵を増やすために育てる植物を総称してバンカープランツと言います。

このバンカープランツとして有力視されている植物は、ソラマメやオクラ、クローバー、マリーゴールド、ごま、むぎ、一部の雑草やハーブなどがあります。どんな害虫の天敵を引き寄せるのか、各々の植物の組み合わせが重要です。

そらまめ(そら豆・ソラマメ)

  • 豆の莢(さや)が空に向かって伸びることから、そら豆と呼ばれるようになりました。

    また、蚕を飼う初夏に収穫をむかえるそら豆は、さやの形が蚕に似ていることから「蚕豆」とも書かれます。

    そら豆の実が充実してくると莢(さや)がふくらみ、重みで下を向きだします。

    日本では、主に完熟前の豆を食べます。ビールのお供として人気の野菜です。

    海外では、完熟したものを乾燥させ、煮豆などに使用します。

    特に幼苗期は耐寒性に優れているため、中旬~下旬にかけて種をまき、冬越しをして、翌年の5~6月に収穫時期を迎えます。

オクラ(おくら)

  • オクラはアフリカ北東部が原産のアオイ科の植物で、世界各地共通でオクラ「okra」と呼ばれている野菜です。
    原産地では多年草として生育できますが、四季がある日本では冬越しが厳しいため一年草扱いとなります。

    オクラの花は中心部が濃い紫色になっていて、外側のクリーム色の花びらとのコントラストは、野菜とは思えないほど美しい花です。アオイ科の植物ということもあり、同じ科のハイビスカスやムクゲ、フヨウに似た美しさです。

    このように、花を目立たせることで虫を呼び寄せ、花粉を運んでもらうためですが、こんなに美しくて綺麗な花なのに花の命は短く、たった一日で落ちてしまいます。なんとも潔いお花ですね。

クローバー(シロツメクサ・白詰草)

  • トリフォリウム属は北半球の温帯にかけて230種ある一年草または多年草で、葉は3、5、7の小葉からなります。花色もさまざまで紫、淡紅、白、黄などです。最近は葉色が鮮やかなものや葉に模様が入ったもの、全てが四つ葉のものなど園芸品種も多く作られ観賞用として栽培されるほか、原種は牧草や蜜源植物としても栽培されています。日本で最もよく目にするシロツメクサは、3つの小葉からなる濃い緑色の葉の間からボール状の花を咲かせます。白い集合花で冬に地上部が枯れますが春に茎葉が伸びてくると鮮やかです。牧草のほか公園や河川敷きなどで芝生の代わりに使われることもあります。丈夫でよく育ちますが暑さには弱いです。

目次に戻る≫

多年草野菜ミョウガのすすめ

一般的な野菜は「植える→育てる→収穫する」という一連の流れを半年ほどで終え、枯れていきますが、ミョウガやアスパラガスのように一度植え付けると数年に渡り栽培と収穫を繰り返す多年草野菜があります。

多年草野菜いち押しのミョウガ

何度も繰り返して収穫できる多年草野菜は、植え付けてから2年目からが収穫の本番になります。

今回おすすめしたいミョウガは少量ではありますが、植え付け1年目から収穫できる優れものです。

ミョウガの育て方

ミョウガは種をまくのではなく、小さくて細いごぼうのような地下茎(種茎)を植え付けます。  日当たり 半日陰を好みます。あんまり日の当たらないベランダでも育てることができます。  用土 保水性のある用土を用意しましょう。ミョウガは光に当たると固くなる性質があるので、腐葉土などで株元を覆いましょう。  水やり 湿潤な環境を好みます。水はたっぷり与えましょう(休眠期の水やりは控えます)。

ミョウガは種をまくのではなく、小さくて細いごぼうのような地下茎(種茎)を植え付けます。

日当たり

半日陰を好みます。あんまり日の当たらないベランダでも育てることができます。

用土

保水性のある用土を用意しましょう。ミョウガは光に当たると固くなる性質があるので、腐葉土などで株元を覆いましょう。

水やり

湿潤な環境を好みます。水はたっぷり与えましょう(休眠期の水やりは控えます)。

目次・スケジュールに戻る≫

植え付け1年目のミョウガの生長記録

100均で販売されていたミョウガの苗を1年に渡り育てた画像を生長の順を追って見ていきましょう。

植え付け時(3月下旬)

植え付け時(3月下旬)

 

2週間後(4月)

2週間後(4月)

 

1か月後(5月)

1か月後(5月)

 

4か月後(8月)  1mは軽く超え、大きなミョウガに生長しました。

4か月後(8月)

1mは軽く超え、大きなミョウガに生長しました。

 

5か月後(9月~)  個体差はありますが、ミョウガの収穫が始まります。

5か月後(9月~)

個体差はありますが、ミョウガの収穫が始まります。

 

7ヶ月後(11月)

ミョウガの収穫も終り、来年のための追肥を施し、茎葉は根元近くでカットしました。

カットしたミョウガの茎葉はネットや布で包み、入浴剤として活用できるようですのでお試しください。

目次に戻る≫

2年目からのミョウガのお手入れ

地植えのミョウガは植えっぱなしでも元気に生育しますが、プランターで育てているミョウガを元気に育てるための秘訣は次の2点が重要です。

・乾燥させない。

・3年か4年に一回は、掘り起こし株を分けて移植する。

3月下旬頃~

休眠期が終り生育期に入りますので水を与え始めます。

4~5月

芽が出てきたころ追肥を施します。乾燥しないか気を付けて、必要ならば腐葉土を敷きましょう。

この頃収穫できるのは、新芽を遮光して軟白させて育てる高級食材の「ミョウガダケ」です。

7~10月

ハナミョウガの収穫の始まりです。株の周りに次々とハナミョウガができます。手で折って収穫しましょう。  月に1度の追肥をして株を元気に育てましょう。

ハナミョウガの収穫の始まりです。株の周りに次々とハナミョウガができます。手で折って収穫しましょう。

月に1度の追肥をして株を元気に育てましょう。

 

収穫するタイミングは、必ず花が咲く前の蕾の時期に収穫しましょう。花が咲いてしまったら1日で萎れてしまいます。食べきれなくても早めに収穫して、冷蔵庫で保管しておいた方が美味しくいただけます。

収穫するタイミングは、必ず花が咲く前の蕾の時期に収穫しましょう。花が咲いてしまったら1日で萎れてしまいます。食べきれなくても早めに収穫して、冷蔵庫で保管しておいた方が美味しくいただけます。

11~2月

だんだん収穫も落ち着き休眠期の始まりです。地上部が枯れて根の状態で冬を越す宿根草です。凍結しそうな場合は、株の上に土を少し多めに盛るか、腐葉土をかけるかして防寒対策をしましょう。

gi_logo_grey

だんだん収穫も落ち着き休眠期の始まりです。地上部が枯れて根の状態で冬を越す宿根草です。凍結しそうな場合は、株の上に土を少し多めに盛るか、腐葉土をかけるなどして防寒対策をしましょう。

▼関連記事

目次に戻る≫

▼関連ワード

「育ててワクワクたのしいエディブルガーデン|4月の作業」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ